将棋まとめ 2ch。 将棋まとめた@2ch

藤井聡太が凄いのは間違いないけどプロ棋士全体で見るとどうなんや?「昼飯がね」「今の七段になるまでに大半の棋士が一生をかけるレベルやぞ」 2ch反応まとめ

将棋まとめ 2ch

第3局生配信の「AbemaTV」約520万の視聴数マーク/将棋 先手の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は142手で渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に敗れ、通算2勝1敗となった。 あと1勝としている最年少タイトル獲得記録の更新は、第4局以降に持ち越された。 カド番の渡辺棋聖は三冠保持者の意地を見せ、タイトル戦でストレート負けがない「現役最強」棋士が逆襲を開始。 第4局は16日、大阪・関西将棋会館で行われる。 第3局は、インターネットテレビ局「AbemaTV」の将棋チャンネルがライブ配信した。 投了時の午後7時12分前後には、約520万の視聴数がカウントされた。 同局の視聴数はチャンネルへの生配信開始からのアクセス数の総計を示したもの。 同日午後の民放のニュースで、藤井七段が最年少タイトル獲得を目指していることが取り上げられたこともあり、急上昇したとみられる。 5 公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。 使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。 また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。 当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。 また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。 直ちに対処致します。

次の

【将棋】藤井七段、棋聖戦第3局生配信の視聴数約520万wwwwwww

将棋まとめ 2ch

第3局生配信の「AbemaTV」約520万の視聴数マーク/将棋 先手の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は142手で渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に敗れ、通算2勝1敗となった。 あと1勝としている最年少タイトル獲得記録の更新は、第4局以降に持ち越された。 カド番の渡辺棋聖は三冠保持者の意地を見せ、タイトル戦でストレート負けがない「現役最強」棋士が逆襲を開始。 第4局は16日、大阪・関西将棋会館で行われる。 第3局は、インターネットテレビ局「AbemaTV」の将棋チャンネルがライブ配信した。 投了時の午後7時12分前後には、約520万の視聴数がカウントされた。 同局の視聴数はチャンネルへの生配信開始からのアクセス数の総計を示したもの。 同日午後の民放のニュースで、藤井七段が最年少タイトル獲得を目指していることが取り上げられたこともあり、急上昇したとみられる。 5 公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。 使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。 また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。 当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。 また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。 直ちに対処致します。

次の

【将棋】藤井七段、棋聖戦第3局生配信の視聴数約520万wwwwwww

将棋まとめ 2ch

藤井 聡太 藤井聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 -は将棋棋士。 杉本昌隆七段門下。 棋士番号は307。 愛知県瀬戸市出身。 名古屋大学教育学部附属中学校に在学中、2018年4月に名古屋大学教育学部附属高等学校に進学予定(2018年1月現在)[1]。 2017年4月4日、王将戦1次予選で小林裕士に勝ち、プロデビューからの連勝記録を更新した(11連勝)[18][19]。 その後も連勝は続き、2017年6月26日に行われた竜王戦本戦1回戦で5組優勝の増田康宏に勝ち、神谷広志が30年近く保持していた28連勝の記録を抜き、デビューから無敗のまま歴代最多連勝記録を更新した[20]。 しかし、連勝記録更新の6日後の2017年7月2日に行われた竜王戦本戦2回戦での佐々木勇気との対局で、プロデビュー後初の負けを喫し、連勝記録は29連勝でストップした[21]。 藤井の連勝中は各メディアが広く取り上げ、大きな注目を浴びた[22][23][24]。 引用・出典:.

次の