ローチケ 譲渡。 電子チケットは行けなくなった場合に譲渡できる?渡し方や本人確認の仕組みについても

チケット買取・譲渡サイト【4選】チケット売る・譲る方法まとめ

ローチケ 譲渡

また、仲介手数料以外にも売上を受け取る際の振込手数料も各社違うので、それを考慮した上で以下にシュミレーションをしていきます。 チケスト チケ流 チケジャム 5,001円の場合 550円 440円 430円 10,001円の場合 800円 770円 860円 30,001円の場合 1,800円 990円 2,580円 チケット転売サイト/公式リセール 安心感があるのは、公式リセールを使う事なのですが、公式リセールは、 「定価でしか販売出来ない上に、手数料は取られる」というモデルです。 なので、簡単に言えば、 「買い手が見つかれば、キャンセル手数料だけで。 見つからなければ全額負担でよろしく!」 という仕組みですね。 一方で、購入者からしてみると、正規販売と手数料が変わらないので、非常にいい仕組みです。 手数料を含めて、プラスマイナスゼロにするには チケット代金+プレイガイドへの手数料+(配送料)+転売サイトへの手数料 を価格に含めて、転売サイトへ出品するのが正解です。 プレイガイドのリセールや公式リセールでは、実質キャンセル料程度の金銭負担が発生することに注意して下さい。 例えば、3,500円のチケットを負担ゼロで誰かに譲ろうと思ったら、• 転売サイトを使うメリットとは• 友達へ譲る場合 : 4,018円• 転売サイトを使う場合 : 4,828円 が購入者側の負担金額なので、転売サイトを使うには800円 紙チケットで郵送が必要だと更に発券手数料と郵送料で720円程度 が必要ということになります。 「Twitterとかで探せば、この手数料いらないのでは??? 」 と思う方がいるかもしれませんが、実はTwitterではが絶えないという実情もあります。 なので、ユーザーから見ると、転売サイトを使うことは、詐欺トラブルのリスク回避手数料を払っているのと同じだと言えるでしょう。 本当に詐欺トラブルが転売サイトで減るのか、という問題に関しては、更に購入者側が、実質ゼロになりますが、これには更に1,080円掛かります。 さすがにここまで行くと、合計5,908円、元の値段から1. 5倍近くになっているので、3回に1回以上の確率で詐欺に合うのであれば、転売サイトを使った方が良い計算になります。 ちなみに、通常であれば1. 2倍なので、5回に1回以上の確率で詐欺に合う場合には転売サイトを使った方がいいという計算になります。 これに加えて、• 人を探す手間• 支払いや郵送確認の手間 なんかを加味すると、まぁ仕方ないかなと思うのが転売サイトの機能ですね。 結論 つまり不要なチケットが発生した場合には、• 職場や学校の友人など、よく顔を合わせる人に譲る• Twitterなどで、「顔見知りの人」に譲る• 転売サイトに出品する という順番で処分を決めるのが現実的ですね。 チケットのやり取りをする場合は"時間"に注意 ケース別で、チケットの受け渡しの注意点を書いていきます。 仮に転売サイトで販売が決まっても、相手が受け取れない場合は悲劇ですよね。 これは 1. 紙チケットの場合 紙チケットの場合は、ケースによって 何日前まで販売が可能か変わってくるので注意が必要です。 1-1. 発券済み:紙チケットの場合 自分がイベントに参加する場合には、当日の手渡しという選択肢もあります。 コストゼロなのと、例え前日に譲渡が決まっても対応出来るのがいい所ですね。 郵送は、実際に受け渡しの手間が無いのはいいのですが、送料がかかってくるのと、開催日まで数日は余裕を見る必要があります。 1-1-1. 当日手渡し:発券済み:紙チケットの場合 自分のチケットとは別にチケットが余っている場合、当日に手渡しをする事も出来ます。 この場合には、 待ち合わせ場所と 時間に注意が必要です。 待ち合わせ場所 会場のキャパが大きい場合、どこで待ち合わせていいか分かりにくくなる場合があります。 着いたばかりだと、会場の地図も頭に入っていない為、迷ってしまうことも。 加えて、入場口等は人がたくさん並んでしまっていて、顔が分からない相手との待ち合わせは中々難しいことも。 駅での待ち合わせもかなり混み合ってしまっている場合があるので、駅から会場に行く間にあるコンビニや飲食店の前など分かりやすい場所を事前に調べておくといいでしょう。 時間 相手によっては、事前に物販に並びたい、というニーズがあったり、逆にフェスだとオープニングアクトは見なくてもいいかな、というケースもあります。 入り時間は人によってマチマチですし、再入場不可の会場の場合には、一緒に入らないといけないのでやや面倒です。 再入場の可否は公式サイトに書いてあることも、書いていないこともありますので、当日行ってみないと分からない想定をしておきましょう。 譲渡が決まってから時間を調整するのは面倒なこともあるので、販売段階で、受け渡しの時間も記載しておくとスムーズです。 個人情報 お互いに電話番号の交換が必要になります。 LINE等でも可ですが。 1-1-1. 事前郵送:発券済み:紙チケットの場合 当日まで日数がある場合には、郵送するという選択肢もあります。 郵送の場合に気をつけるべきポイントは、 郵送時間と 受取時間です。 郵送時間 お互いの住所に依存します。 同じ都道府県内であれば、最速翌日に到着することもありますし、場合によっては数日掛かることもありますね。 受取時間 郵送する際に、レターパックプラスで送る場合には、宅急便と同じように自宅にいる際に受取が必要です。 不在中に届いてしまった場合、再配達依頼をしなくてはいけないということです。 悲惨なケースは、前日に到着したものの、時間が合わなくて受け取れないというケースです。 郵送時間と合わせて受取に掛かる時間も考慮して、余裕を持って発送出来るといいですね。 尚、レターパックライトの場合はポスト投函なので、開催まで時間が短く、お互いに合意出来る場合にはこちらで送った方が受取は簡単です。 個人情報 別途料金を払って、転売サイトに発送依頼()をしない場合には、お互いの名前・住所・電話番号が伝わることになります。 1-2. 未発券:紙チケットの場合 発券番号だけ伝えて、購入者の方に発券してもらうパターンです。 やり取りとしてはとても簡単です。 ただし、発券しないと席番が分からないので、販売する際にやや販売しにくくなるという問題もあります。 個人情報 販売者側の氏名が券面に記載されているケース、発券の際に販売者側の電話番号が必要になるケースがあります。 電子チケットの場合 オンラインで完結しますし、とてもスムーズな方法です。 ただし、• ローソンチケットのローソン電子チケット• チケットぴあのtixeebox など 多くの電子チケットが譲渡不可なので、事前に譲渡可能かの確認が必要なので要注意です。

次の

「チケット マッチングシステム」のご案内

ローチケ 譲渡

「コンサートに行きたいが、一般発売のチケットは完売してしまった…。 」というあなたに。 チケットを安心・安全に譲ってもらうための9つの方法をまとめました。 2019. 07更新• まずやってほしいこと チケット発売日の当日「戻り」を狙う 一般発売開始から数分も経たずに完売してしまった場合、 何回もページを更新していると チケットが復活する場合があります。 サーバーが安定しないため、チケットを確保していたが最後まで取引されなかった…とチケットが 「戻る」ことがあるのです。 コンビニからチケットを申し込んだものの入金されなかった場合は、 30分後にチケットの在庫が復活します。 一般発売開始から数分で完売してしまった場合も、 一般発売時刻の30分後〜1時間後 程度までは諦めずに何度もページを更新してみましょう。 コンビニ支払いを選択したが入金されなかった、システムの都合でダブった、などの 「戻り」のチケットです。 一般発売当日にチケットが完売してしまった場合もあきらめず、まずは 「戻り」のチケットを待ってみてください。 公式チケット流通サービス 公式トレード(ファンクラブなどの本人確認が必要なチケット) 本人確認が必要なファンクラブチケットは、必ず 公式トレード制度を利用しましょう。 転売目的でなくても、公式トレード以外での融通は禁止されています。 公式トレード以外の方法で譲ってもらった場合、入場できないことも増えていますのでご注意ください。 メリット:公式なので安心・安全。 定価で購入できる デメリット:良席を手に入れられるかどうかは運次第 定価リセールサービス「Cloak」 チケットぴあの定価リセールが「Cloak」という新サービスになりました。 行きたい公演に対してアラートを設定できるので、リセールが開始された場合も見逃しません。 対象は発券前のチケットのみ。 完売していない公演の場合は、出品者はリセールサービスを使うことでラクに譲渡することができ、購入者は通常よりも良席を購入できるためおトクです。 メリット:定価で購入できる。 公式サービスなので安心。 デメリット:対応している公演や出品数がまだ少ない チケトレ チケットぴあが中心となって作った新サービス。 ぴあのリセールが 発券前のチケットのみなのに対し、チケトレでは発券済のチケットも融通できます。 ただし取引は定価のみに限られ 取得時にかかった手数料の上乗せも不可 出品者へのメリットが少ないため、流通数は少ないです。 基本的には 本人確認が必要なチケットを合法的に売買するためのサービスと言えると思います。 メリット:定価で購入できる。 公式サービスなので安心。 デメリット:手数料が高い。 チケットぴあ以外のプレイガイドで購入したチケットは出品期間に制限があるなど、使い勝手が悪い。 チケット売買専用掲示板 チケットの売買専用の掲示板も多く存在します。 ただ、筆者の経験上おけぴ以外はメールを送っても返ってこないということが多く、Twitterなどでやりとりした方が反応が早くて確実です。 メリット:定価~定価以下で取引できる デメリット:メールやコメントの返信がないことが多い おけぴ メリット:定価以下で取引できる デメリット:演劇系の出品が多く、コンサートのチケットは余りない。 手数料を含めることも禁止されているため、出品者が必ず損となってしまう SNS SNSでの取引は、住所などの登録や手数料などが不要な代わりに詐欺のリスクが高まります。 SNSでチケットを取引する場合は、手渡しや代引きを利用した方が安全です。 Twitter 「アーティスト名 チケット」「公演名 チケット」などで検索。 「譲ってください」ツイートを出してもいいが時間が経つと埋もれてしまうため、「譲ります」ツイートを探した方が確実。 チケットストリートなどで売れ残ったチケットは公演当日Twitterに定価で譲りに出されることも多いため、 絶対に定価以上の転売に手を出さないようにしましょう。 1万円を超えるフェスやアイドルのチケットの場合はSNSを利用した詐欺も確認されているため、 手渡しでの取引を推奨します。 メリット:公演日が迫っている場合、SNSでお譲り先を募集する人が多いため便利。 普段からファンアカウントをフォローしておいたり、交流して相互フォローになっておくと、優先して融通してもらえることがある。 デメリット:信用できる相手か見分ける必要がある。 普段のツイートややり取りの文面などから、信用できる相手か判断しましょう。 経験上、少しでも 「ん?」と思った場合は取引しない方が安全です。 mixi アーティストのコミュニティでチケット譲渡・交換希望トピックを探す。 メリット:使用者が減っているので、見ている人が少なくて穴場 デメリット:信用できる相手か見分ける必要がある 筆者はmixiで当日手渡しを約束していた相手に、「やっぱり友達が行けることになったので譲渡できない」と当日約束を反故にされるということがありました。 メッセージで苦情は伝えましたが、会ったことない相手なので泣き寝入りです。 公演日前に取引する場合は、当日手渡しではなく事前にチケットを受け取っておいた方が安心です。 金券ショップ 意外と穴場なのが 金券ショップです。 転売屋が売れなかったチケットを一気に金券ショップに持ち込み、公演直前に定価以下のチケットが入荷する場合があります。 基本的には Twitterで検索すると入荷情報をキャッチできます。 店舗にもよりますが、 電話で取り置きをすることも可能です。 メリット:わざわざ電話する人が少ないため、取り置きできることがある デメリット:店舗まで行く必要があり、交通費がかかる フリマアプリ(メルカリ、ヤフオク、ラクマなど) チケットがフリマアプリに出品される場合もあります。 メルカリの流通量が圧倒的に多い印象ですが、ヤフオクやラクマなどのフリマアプリでも出品される場合もあるのでこまめにチェックしましょう。 メリット:商品を受け取ってから入金されるため、詐欺の心配がない デメリット:発券前のチケットは売買できない チケット専門の取引サイト チケット専門の取引サイトでは、 出品数が多いというメリットがある一方で 定価以上の取引が多いというデメリットがあります。 定価以上での転売は違法です。 定価以上で買う人がいると、転売屋も 「このアーティストは売れる」と目をつけて、ますますファンが入手しにくくなってしまいます。 筆者からのお願いですが、どうかチケットを焦って定価以上で購入せず、このページに記載した方法でチケットを定価で譲ってもらえないかどうか試してみてください。 どんなプラチナチケットでも、公演直前に行けなくなる人は必ずいます。 体調を崩した、家族の具合が悪くなった、急な仕事が入った…。 予定は変わります。 人間ですから。 サイトをこまめにチェックして、定価での取引が出品されていないか確かめましょう。 定価以上での取引が多い、注意すべきチケットの二次取引サイト• チケットストリート• チケット流通センター• チケットジャム• Viagogo 高額転売の温床となっている二次チケット販売サイトでは、くれぐれも高額転売の購入はしないようお願いいたします。 まとめ 公演日まで余裕がある場合はオークションや取引サイト、余裕がない場合はSNSなど、時期に応じて使い分けてみてください。 プラチナチケットの譲渡を見つけた場合も飛びつかず、詐欺ではないか落ち着いて確認してみてくださいね。 皆さんがチケットをGETしてコンサートを楽しめることを祈っております! bitokosubcul.

次の

個人で安全にライブチケットを譲る・譲ってもらう売買方法10つとコツ

ローチケ 譲渡

複数名義・重複応募に関して勘違いしている人があまりにも多いのでまとめました。 現行の規約・今回改定されたもの・チケット応募の際に届く紙に書かれていることを分かり易くまとめたつもりです。 疑問質問あればお気軽にどうぞ。 でも少しは自分で考えてからにしてくださいね。 家族間の名義貸与は不可。 また、当選したチケットを高値で譲渡・転売(サイト・全てを含む)する行為は、 現行のチケット販売規約5条(禁止事項)、改定されたチケット販売規約9条(転売などの禁止)に違反。 しかし、今の段階で名義人が、「申し込みの段階で行く気が合ったけど都合が悪くなりいけなくなった」のか、「最初から行く気がなかった」のかを見分けることは難しい。 相手指定の譲渡・交換制度だと、FC会員同士のチケ交換ネットワークの輪に入れていない会員が不利である上に、条件の良い人との取引になる可能性が高いため、再抽選が一番平等であると考えた。 キャンセル回数の制限をすることで、とりあえず応募も減少するのではないかという期待を込めて。 つまり、、10月6日の公演に関して、上図の申し込みをした際には、Bさんを代表者にしてAさん、Cさん、Dさんを同行者として申し込むことはできない。 それに加え、新しくEさんから誘いを受けても、Aさん、Bさん、Cさん、Dさんは代表者にも同行者にも書けないわけである。 申し込み回数に制限はないので、一名義で複数会場にに申し込みが可能、当選の可能性もある。 同行者が非会員の場合は、同行者を代表者にすることは不可。 同行者・代行者は入れ替えでなくてもOK。 ただ、どちらも使えるのは各1回までですよ。 ってこと。 例3)代表・同行どちらか1回までの場合。 これらの3つの申し込み方法で、重複申込が発覚した場合、チケットの申し込みは全て無効になる可能性がありますのでご注意ください。 申込の際に同行者を決めないまま、2枚で申込、当選してから同行者を探すのは、転売目的の申込となるので、本来はチケット販売規約(現行の5条、改定の9条)に違反。 だが、その取締りは不可能に近い。 個人的にここは、 幅を持たせている部分。 今までと変わらないお慈悲の部分だと考えている。 今はうまくすり抜けられていても、 この同行者枠の転売が続けば今後同行者の本人確認も厳しくなると思われる。 この部分をどう使うかは会員に委ねられているというか、、。 まぁ、どちらにせよ 代表者は必ず参加できることが必須。 万が一同行者を後で探す、変更することになった場合も高額転売することはやめましょう。 つまり、前者だと「私」か「親」がツアーに2回参加できるわけで。 これだと「一人でも多くのお客様に」っていうのに引っかいうか。 人気公演の場合ね 今は、同行者の記入が要らないケースが多くて、その区別がつかないから、家族名義ってどちらかしか当たりにくいってことなのかと。 これはただの予想だけど。 簡単に言えば、申込の時点で参加することが可能な公演、当選したら仕事を休める公演にだけ申込みましょう!! ってこと。 申込の際に「どこでも良い」を選ぶと、追加公演とかに回されるパターンもあるから気を付けてくださいね。 友人や家族と申し込む際も、自分がどの公演で代表者なのか、同行者なのかを考えて申し込んでくださいね。 本来「友人と被ったので譲ります」ってあり得ないはずなので。 被ってあたった時には、それぞれで同行者決めていけよ!ってことかと。 よく、FC会員同士で、「同行予定の人でみんなで同じ日希望で申し込もう!チケット被ったら誰かに譲ればいいし!! 」っていうのを見かけますが、名義人がいかないのであれば、 転売行為ですよ、、。 っていう。 このやり方に置ける多ステは 認められています。 重複応募・譲渡をしなければ、友達や家族と代表者・同行者をどうするのか相談してチケットを取ることは、なんの違反でもないわけです。 あくまで、故意的に行く気のない人の名義を使って多ステをすること、行けるかわからない日程でとりあえず応募して結果行けなくて名義人不在のまま譲渡することなどがです。 mari52smaV.

次の