ポケモン 剣 盾 コータス 育成 論。 ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】コータスの育成論

ポケモン 剣 盾 コータス 育成 論

「コータス」と「カバルドン」起点作り有能はどっち? 今回は「コータス」の育成論です。 「コータス」は「カバルドン」と同じように「あくび」「ステルスロック」を両立し、対面操作が可能です。 「あくび」「ステロ」戦術の強いところ ポケモン剣盾起点作りポケモンの代表といえば「カバルドン」ですが、 同じく「コータス」も耐久面では、なかなかの数値を誇ります。 「あくび」で相手の交代を誘い、苦手なポケモンを流したり、眠らせたりすることでバトルの展開を有利に進めることができます。 相手を交代させ、裏に控えているポケモンを見ることができることで、自分の後続のポケモンをどう活かすか作戦を立てやすくなります。 カバルドンの育成論はこちら コータスの種族値 HP 70 攻撃 85 防御 140 特攻 85 特防 70 素早さ 20 合計種族値 470 「HP」種族値はカバルドンに劣りますが、防御種族値はカバルドンより圧倒的に高く、物理ポケモンに対してはかなり優位に仕事をすることができます。 特性「ひでり」と「すなおこし」 「コータス」の特製「ひでり」は「すなおこし」と比較して良い面が沢山あります。 これらの技の威力が1. 5倍になる為、「とくこう」種族値がそこまで高くないコータスでも、高威力で通りの良い炎技を打つことができる。 カバルドンには出来ないこと 「だっしゅつパック」で独特のムーブが可能 コータスのメインウエポンとなる「オーバーヒート」は攻撃を打った際に、とくこうが2ランクダウンします。 「コータス」に「だっしゅつパック」を持たせれば、「オーバーヒート」を打った直後に、道具の効果が発動し、有利なポケモンに交代することができます。 「てっぺき」「ボディプレス」型 高い物理防御力に加えて、「てっぺき」と「ボディプレス」の技を両立できる為、特殊技を受けにきた「カビゴン」などに強く出ることができます。 「ソーラービーム」で役割破壊 「コータス」の弱点の「みず」「いわ」「じめん」タイプに抜群で刺さる草タイプの高威力技「ソーラービーム」をひでりの効果でタメなしで打つことができる為 「ほのお」技を受けにきた上記の3タイプに一矢報いることができる。

次の

コータスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 コータス 育成 論

生半可な火力では突破できないほどの耐久力に加えて「じこさいせい」による回復で多くのポケモンの技を受けながら戦うことができます。 後続のサポートとして優秀 受けを崩しにくるかくとうタイプへの打点として優秀 ドラゴンタイプへの打点。 ドラパルトやサザンドラ対策として活躍 S0個体を使用する場合は採用。 耐久力の高さと「トリックルーム」による素早さの入れ替えでダイマックスへの切り返しや後半戦で逆転を狙うことができます。 また、技範囲の広さも優秀なので自分のパーティに合った技を採用することで、多くのパーティで活躍できる点も魅力のポケモンです。 ダイサイコを打つことで先制技を封じられる ほうでんとの選択。 威力重視の場合はこちらを採用 高い耐久力と相性の良い回復技。 採用する際はPPを増やしておくと便利 ポリゴン2の役割と立ち回り 圧倒的な耐久力 ポリゴン2は最終進化前のポケモンに持たせると防御・特防が1. 生半可な火力では突破できない耐久力を持つ上に、ノーマルタイプのため弱点がかくとうのみでタイプにも恵まれていることから、多くのポケモンの技を受けながら戦うことができます。 技範囲が広い特殊アタッカー ポリゴン2は覚える技範囲が広いため特殊アタッカーとしても活躍できるポケモンです。 技範囲の広さと持ち前の耐久力の高さから、多くのポケモンと対面で戦える攻防ともに優秀なアタッカーとして活躍できます。 ポリゴン2の対策 タイプ一致で弱点を突く ポリゴン2は耐久力が非常に高いため、弱点であるかくとう技をタイプ一致で打てるポケモンで対策しましょう。 特にかくとうタイプの中で攻撃種族値が高い「ルカリオ」と「ローブシン」がおすすめです。 「はたきおとす」や「トリック」などを活用するのがおすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】ハピナスの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【鎧の孤島】

ポケモン 剣 盾 コータス 育成 論

キョダイマックスリザードンは普通に使用するなら晴れに出来るダイバーンが使える通常個体の方が強いですが、この型だとキョダイゴクエンを打ったあとならタスキポケモンと対面しても上から空を飛ぶで勝てるので強かったです。 サポート役に関してはトリトドンも相性がいいと思います。 その場合、身代わり持ちや挑発持ちに何も出来なくなる恐れがあるのでサーナイトなんかの他の起点作りと組み合わせるのがいいかもしれません。 持ち物をオボン以外にする場合でも、厚底ブーツで運用するならステロは関係無いのでやはり偶数で大丈夫だと思います。 所感を書かせていただきます。 まず、本論は仮想敵や技構成をはらだいこ前提として話を進めておりますが、積めなかった場合の戦い方を考慮していません。 ある程度順位が上がると展開構築にリザードンがいる時点ではらだいこもケアしてくる為、積まずにDMを切ったりすることもあります。 この場合、本論の技構成だと詰みとなる仮想敵が多く存在する為(ロトム、バンギ、竜タイプ大半)、そのリスクもケアしようとすると選出時点で除外することが多くなりました。 展開できなければ負けるので考慮しない、というのは育成論とした如何なものかと私は思いますので、以下技を採用候補として挙げさせていただきます。 ・ドラゴンクロー、鋼の翼 (耐久を補うダイドラグーン・ダイスチル) ・シャドークロー、瓦割り (火力を底上げするダイホロウ・ダイナックル) ・雷パンチ (欠伸で流しに来る受けポケ対策のダイサンダー) (ダイジェットを先に撃たれた場合の打開策) 私個人として最も使いやすかったのがドラゴンクローでした。 次点で雷パンチ、シャドークローです。 キョダイラプラスが増えた場合は、瓦割りも有効かもしれません。 以上となります。 参考になれば幸いです。 ちなみに、ダイサンダーの眠る妨害を書き加えたのはこの前ラプラスでダイサンダー撃った後に眠るで回復しようとしたら眠れなくて負けた時に着想を得たものです、、それじゃあリザードン欠伸で流しに来る奴に刺したらどうかと。 それはそれでカバに効かないし微妙な意見ではあったのですが。 傷口に塩が沁みます。 失礼しました。 EFやMFの眠り無効はカビの多い今の環境にはマッチしてるのですがリザには恩恵がないという点が残念です。 リザは積むかダイマックスを切らないと全ての数値がたりてないのでダイマックス技の考察が欲しいという点は同意です。 両壁を貼れて、マジックミラーで相手の変化技防げる上に、S110ととても速いです。 どこの育成論にもないんです😭.

次の