ツチノコ 新聞。 ネトウヨの書き込みを読んだ後に、東スポの記事(ツチノコ発見!…など...

神戸新聞NEXT|総合|見つからないので ツチノコ“体感”し取材

ツチノコ 新聞

37歳初体験 かつてツチノコの捕獲に2億円の懸賞を掛けた兵庫県千種町(現宍粟市)のマスコット「ツッチーくん」。 鮮やかな青が目を引くツチノコボディーが、37歳にして初体験となる着ぐるみのお相手だ。 ゆるキャラの中でもかなりの古株で、ピンクの「ノッコちゃん」とペアで1990年代前半に制作されたそう。 「道の駅ちくさ」に置いてあるのを、運営する社会福祉法人や千種市民局が特別に貸してくれた。 着付けは意外に簡単だ。 下半身を股引(ももひき)で覆い、剣道の小手のようなカバーを腕に装着する。 手足に手袋と靴をはめ、最後に胴体をかぶって出来上がり。 鼻や胸の一部がほつれているぐらいで、体に接する内側の布も含め、状態はよい。 視界は、両目と、通気口の役割を兼ねた口の3カ所のみ。 側面から背後にかけて270度ぐらいは一切見えず、前方の90度も、足元が視野に入らないため、段差が怖い。 一歩、二歩…。 ややぎこちないが、平らな場所なら何とか動ける。 胴体の重さもそれほど感じない。 かなり蒸し暑いが、5分ぐらいなら何とかなる。 「いける」。 先輩カメラマンの大山伸一郎記者(43)とうなずき合い、最初の取材先に向かった。 旧千種町長の小原朗さん(89)。 ツチノコによる町おこしを主導し、思い入れも深いそうで、ツッチーに対してもおおらかに応じてくれると踏んでいた。 「こんにちは」。 小原さん宅の門をくぐった時はワイシャツにスラックスという通常のいでたちで。 さすがに、のっけからツッチーで上がり込む度胸はない。 しばらく話し、くだけた雰囲気になったところで、「ちょっと失礼します」と中座する。 ドキドキしながらツッチー姿で戻ると、「なんや、これ」。 驚きながらも、和やかに迎えてくれた。 町長時代に制作したはずのツッチーを覚えていなかったのは想定外だったが。 握手を交わして写真撮影。 庭のベンチで向き合い、談笑する。 着ぐるみだと声がこもってやり取りできないと思ったが、声を張り上げれば、そこそこ普通に会話できる。 手応えを感じ、行く先々で変身を繰り返す。 温かい対応にも恵まれ、恥ずかしさは消し飛んだ。 取材相手と抱き合ったり、ツチノコの像の前で飛んだり跳ねたりできるまでになったが、数々の被写体と向き合ってきた百戦錬磨の大山記者は厳しかった。 調子に乗って「これ、面白くなりそうですね」と軽口をたたくと、真顔で一言。 「インタビューのとき、手を振ったり首をかしげたりしてくれへんか。 動画にならんぞ」 確かに、インタビューの場面になると、素に戻り、ただ質問を投げ掛けているだけになっていた。 これでは、微動だにしない着ぐるみの前で、取材相手が身ぶり手ぶりを交えて話すというシュールな映像に仕上がってしまう。 それからは、受け答えに合わせ、手を上下したり、うなずいたり、名札を指さしたり、噴き出す汗に耐えながら、必死で動きをつけた。 「逆に不自然かも」と思ったが、こちとら着ぐるみの素人だ。 もし不自然に見えたとしたら、大山記者の編集技術に問題があったということで……、いや、何でもありません。 ツッチーは、もう一つのツチノコの里、美方町(現兵庫県香美町)にも足を運んだ。 地元有志でつくる「つちのこ探険隊」の宮脇壽一さん(72)も、温かく応対してくれた。 ツチノコに関わる人は、官民を問わず、例外なくおおらかで優しい。 こちらの注文を全て聞いてくれた宮脇さんだったが、インタビューの最中、何度か首をかしげた。 理由を尋ねると、「いやぁ、全国に伝承はいろいろあるけど、青いツチノコっていうのは聞いたことないんだよね」。 そ、それは、千種町のセンスの問題で……、いえ、何でもありません。 せっかく但馬に来たのだからと、道の駅つながりで「あゆの里矢田川」にも立ち寄った。 出迎えてくれたのは、経営難を自虐的に表現したキャッチフレーズ「マジでつぶれる5日前(MT5)」で注目を集める駅長の阿瀬大典さん(40)。 神戸新聞但馬版の記事によれば、「手当たり次第に新企画を打ち出」し、「(経営を)立て直し、地位と名誉を手にしてみせます」と宣言してはばからない人だ。 阿瀬さんに限っては「着ぐるみ取材に応じないはずがない」と高をくくっており、事実そうだった。 「色物は任せてください」と半笑いで引き受けてくれたが、逆にこのコメントに違和感を抱く。 「こんなにかわいいツッチーを色物扱いするとは…」。 着ぐるみで過ごす時間が長くなるにつれ、いつしか愛着が湧いていた。 とはいうものの、阿瀬さんの対応は極めて紳士的で、サービス精神にあふれていたので、念のため。 2日間の着ぐるみ取材を終え、道の駅ちくさに戻ってきた。 夕暮れが迫る中、ツッチーを相方「ノッコちゃん」の元へと返す。 本来の目的だったツチノコらしき生物に出会う強運にも恵まれたが、それ以上に、何かをやり遂げた充実感が強い。 同時に、別れの寂しさと、快く対応してくれた関係者への感謝の思いがこみ上げる。 2体の着ぐるみは、道の駅ちくさにずっといる。 今回の貸し出しは特例だったが、営業時間中の現地での着用ならば、誰でもOKとのこと。 またいつか、涼しい時にでもプライベートで訪ねてみよう。 人気者になっているであろうツッチーを再び着込み、旧交を温めて…、でも、やっぱり次はノッコちゃんにしようかな。 道の駅ちくさTEL0790・76・3636 (小川 晶).

次の

ネトウヨの書き込みを読んだ後に、東スポの記事(ツチノコ発見!…など...

ツチノコ 新聞

ツチノコとは? ツチノコは北海道や南西諸島を除く、全国で目撃例が出ている未確認生物 UMA です。 全国各地で呼び名が異なりまして、ツチノコという呼び名は京都や奈良で呼ばれている名前です。 東北地方などではバチヘビ、他にもノヅチ、ツチンボ、タテクリカエシなど様々な呼び名で呼ばれています。 (漢字で「槌の子」と書く地域もあります。 ) またツチノコを妖怪としている地域もあります。 目撃例は古くから非常に多くあり、2000年代に入ってからも後を絶ちません。 特に岐阜県の東白川村では多くの目撃証言があり、ツチノコ捜索のイベントまでも開催されていて、つちのこ神社までもが存在します。 さらに歴史もあり縄文時代の石器にツチノコとおぼしき姿があり、今昔から様々な場面に登場するのに未だ確実な姿を確認することができていない謎めいた存在なのです。 まさしく日本を代表する未確認生物 UMA ですね。 では続いて「ツチノコの特徴」についても詳しく見ていきましょう。 ツチノコの特徴 ツチノコはパッと見た感じではヘビのような姿をしていて、体長は30〜50cmほど。 足はなく、頭は三角でお腹の部分が膨れているというのが定説です。 色は茶色に黒のまだら模様が入っているとされることが多くあります。 移動する時にはヘビのように蛇行するのではなく、シャクトリムシと同じように移動したり、輪っか状になって転げるとも言われていて、移動方法に関してはその時で変わるのかもしれませんね。 また動きはとても素早く、2〜10m以上もジャンプするとされています。 ヘビのような見た目からはちょっと想像しがたいですが、10メートルも一気に飛ぶとなると衝撃的です。 猛毒を持つともいわれているので、もし実際にツチノコが目の前に現れても素手で触ったりはしない方が良さそうです。 またツチノコには可愛らしい一面もあり、鳴き声は「チー」と鳴くとされ、いびきをかいて眠り、日本酒・スルメ・味噌が好物という情報もあるんです。 さらには髪の毛を焼いた臭いも好きというマニアックな情報も言われいてます。 『和漢三才図会』の「野槌蛇」(1712年ごろ) 和漢三才図絵自体は、挿絵付きの百科事典のようなもので、医師である寺島良安氏により作られた類書です。 和漢三才図絵ではツチノコは山奥に生息し、人の脚を噛む、上り坂では遅いなどの特徴が記されています。 和漢三才図絵はさまざまな事象を掲載していて、必ずしも現実のものだけが記されているのではなく、空想的なものもあるそうですので、野槌蛇が当時実際に存在していたかどうかは謎のままです。 また和漢三才図絵の約100年後の江戸時代末期ごろには、「信濃奇勝録」という長野県に関する十数年に及ぶ実地調査をした地誌では、野槌に関する解説があります。 そこでは、8月ごろに出没する、人に害はないとされています。 このように、古くからの書物にも度々登場しているのです。 その後1972年に作家 田辺聖子の「すべってころんで」という小説が朝日新聞に連載され、ツチノコの名前が全国区となりました。 翌年の1973年には漫画家 矢口高雄の「幻の怪蛇バチヘビ」でツチノコをメインに描いていてツチノコブームが到来しました。 その後はツチノコブームによって知名度があることから、目撃証言も多く今日に至ります。 ツチノコの歴史を紐解くと、特に古事記などの古い書物に登場しているというのは、興味深い点です。 以前は存在していたとも思えますし、今も目撃されていることから現在もいるともとることができますね。 また、人を襲うとの記述があるということは、襲われた人がいると思われますので、昔から目撃証言があった可能性もあります。 ツチノコはいるのか? ここまでツチノコの特徴や歴史について見てきましたが、実際にいるのかと言われると証明がされていません。 逆にいないとも証明できない、そんな不思議なロマン溢れるツチノコですが、実は〇〇なのではないかという説は多く存在しています。 ここでは、その諸説ある中からいくつかご紹介します。 デスアダー ヘビ 説 デスアダーというのはオーストラリアの毒ヘビですが、このヘビだったという説は多くあってまことしやかに囁かれています。 デスアダー説が唱えられたのは、とある事件がきっかけです。 2007年山形県のある牧場の干草から、ツチノコらしき死骸が発見されたことから始まりました。 このツチノコらしき死骸は、今までのツチノコの死骸と思しき中ではかなり信憑性が高いとされていましたが、ジャパンスネークセンターがデスアダーの可能性があるとしています。 デスアダーではなかったとしても、ヘビなのではないかというのは多く唱えられていて、大きな獲物を食べた直後のヘビはツチノコの特徴と酷似するとされています。 その状態を見た人が、ヘビとは思えずツチノコという他の生物のように見間違えたという説です。 また妊娠しているヘビも、ツチノコの形状に酷似しています。 実際に2004年の兵庫県でツチノコ状の生物が発見され、一時期はツーちゃんの名前で親しまれたものの、卵を産むと普通のヘビ ヤマガカシ に戻ってしまい、ツチノコ騒ぎは沈静化しました。 これらの説は、確かに合点がいってしまうものではありますが、未確認生物 UMA として古くから存在が言われているのがツチノコです。 そんな古くから、ずっとヘビと勘違いを続けていたとも考えにくいです。 オオサンショウウオ説 オオサンショウウオは、水生ですが夜行性ですので昼間は水辺の巣穴で休んでいます。 また人里の近くや市街地などに住んでいることもあり、人に見つかることも多くあります。 姿形がツチノコとよく似ていて、頭が三角でお腹が膨れているヘビのようです。 オオサンショウウオには手足がありますが、非常に小さいのでパッと見ただけでは手足が無いように見えてしまうのも、無理がありません。 体長も50〜70cmほどが多いのも、ツチノコととっても似ている部分です。 このオオサンショウウオが休んでいる時などに、うっかり起こしてしまったりしたらツチノコと間違えてしまうことも大いに考えられます。 オオサンショウウオというと、動かないようなイメージがありますが、意外にも機敏な動きをすることもあるようです。 特に夜の水中では、遭遇した生物には襲いかかり共食いをすることもあるほどだとか。 またオオサンショウウオは約3千万年前から、ほとんど姿が変わっていない生物としても知られています。 ですので、縄文時代のころにも存在していたと考えられます。 ともすると、「もしや縄文時代の石器に描かれていたのは、オオサンショウウオ?」なんて思えてしまいます。 このように、ツチノコとオオサンショウウオを間違えてしまう可能性も考えられます。 この説も可能性として挙げられる説ですね。 本物の未確認生物(UMA) 上記の2つの説を見ていると、本物の未確認生物 UMA ではなく単なる見間違いなのでは?と思ってしまう気持ちも分かります。 その気持ちも分かるのですが、やはりずっと他の生物とツチノコを勘違いし続けているというのも、少々無理があるかと思わずにはいられません。 縄文時代の石器に描かれているツチノコにしろ、古事記に登場する野の神にしろ、やはり他の生物と見間違えているとも言い難いです。 ですが、確実にツチノコと言える個体が発見されていないというのも事実です。 いると確認されていませんが、いないという証明もできないのが現状です。 ですが、その現状こそが未確認生物 UMA であるという証明でもありますね。 ツチノコ目撃情報 ツチノコの目撃情報は、非常に多くの件数があります。 ここでは、主な情報をご紹介していきます。 ぜひチェックしてみてください。

次の

神戸新聞NEXT|連載・特集|新五国風土記 ひょうご彩祭

ツチノコ 新聞

ツチノコの目撃で知られる町・兵庫県宍粟市千種町で、ツチノコが発見・捕獲されていた! ムー編集部にもたらされた衝撃の情報を受けて、その真偽を確認するために、長らくツチノコを取材する研究家・山口直樹が現地へと飛んだ。 1992年に当時の小原朗町長が、古くから目撃情報があり、1970年代から有志らが捜索をつづけていたツチノコの捕獲に2億円の賞金を懸け、ツチノコでの町おこしを始めた。 しかし「平成の大合併」を受け、2005年4月に一宮町、千種町、波賀町、山崎町が合併して宍粟市が発足。 千種町は宍粟市の周辺部となり、ツチノコ捕獲の賞金は「現実性のない予算は組めない」との理由で廃止され、捜索イベントなども行われなくなった。 そのため、以後、ツチノコ関連の話題で千種町が取り上げられることはなくなってしまったのである。 その宍粟市千種町に暮らす元町職員の阿曽茂夫さん(64歳)から、ムー編集部に次のような連絡が入ったのは、2019年9月初旬のことだった。 「宍粟市になって、ツチノコの町・千種は忘れ去られてしまった。 地元でもツチノコは過去の遺産になりつつあります。 『千種町のツチノコ目撃史』をきちんと資料化したいので、『ムー』で取材し、記事にしてくれませんか」そこで筆者が阿曽さんと連絡を取ったところ、なんと千種町でツチノコの子供と見られる謎の生き物を捕獲し、そのミイラ化した死体を保管している方がいるとの驚きの情報を得たのだ。 2018年6月には「神戸新聞」が兵庫県内の「ツチノコ捜索騒動」を振り返る特集記事を組み、問題の死体の写真を1枚、掲載している。 それをインターネットで見ると、全長20センチほどでやや小さいものの、太めの胴体に手足はなく、三角形の大きな頭と細くて短い尾を持つヘビのような姿は、まさにツチノコだ。 しかも、死体の所有者は、かつて千種町ツチノコ捜索隊の中心メンバーだった平瀬景一さん(83歳)の親友で、平瀬さんにお願いすれば、おそらく実際に見せてもらえるだろうという。 そこで筆者は、平瀬さんが稲刈りなどの農作業を終えるのを待ち、10月15日に現地へと向かったのである。 千種(ちくさ)町(現在の兵庫県宍し 粟そう市)の風景。 名水百選に選ばれた清流、千種川の源流がある自然豊かな町だ。 崩れた土砂のなかから顔を出す奇妙な生き物 山陽新幹線を姫路駅で下車し、レンンタカーに乗り込み、中国自動車道を経由して約1時間30分で指定された千種市民局(元千種町役場)に到着した。 元町長室に入ると、かつては屋外に立てられていた「ツチノコ手配書」の看板が壁に立て掛けられており、捜索は過去のものと実感させられた。 しかし、ほどなくお会いできた死体の所有者の体験談は、千種町のツチノコ・ミステリーが今も終わっていないことをはっきりと示すものだった。 ただ、所有者は騒がれるのを嫌い、名前も住所も伏せたいというので、Aさんと記す。 また、捕獲現場を明らかにすると、近隣の方に迷惑がかかる恐れがあるため、Aさんの希望に即して明示を避けたことを了承してほしい。 Aさん(81歳)がツチノコを捕獲したのは2001年2月のことだった。 その日の午後、用があって千種町を車で訪れたAさんは、ある山道に入った。 すると、前方の山の斜面が崩れている。 徐行して進むと、崩れ落ちて積もった土砂の上から何かが頭を突きだしているのが見えた。 そこで、車を降りて近づくと、開いた穴から小さな生き物が頭を出している。 軽く足で踏んでみたが動かない。 Aさんは、何だろうと思いながらも先を急ぎ、用をすまして現場に戻ってみると、まだ生き物はそこにいた。 好奇心が旺盛なAさんは、車内にあったヒモをその首に巻き、穴から生き物を引きだした。 それは、太くて短い見たこともないヘビだった。 まだ生きているようだったので、レジ袋に入れてそのまま家に持ち帰ったという。 「これが、そのとき家で撮った写真です。 使い捨てカメラ(レンズ付きフィルム)だったので、うまく写ってはいないのですが……」 そういってAさんが見せてくれたサービスサイズの10枚ほどのプリント写真は、驚きのものばかりだった。 あえてその生き物をツチノコと呼ばせてもらうと、写真は「穴から顔を出したツチノコ」「ガラス窓に貼りついたツチノコ」といった衝撃的なものだったのである。 と、そのとき、信じられないことが起こった。 ふと見ると、窓から40〜50センチ離れた畳の上に置いていた生き物が、ガラス窓に貼りついていたのだ。 残念ながら、Aさんも友人も生き物が動いている姿は見ていない。 だが、時間的にみて、畳を這(は)っていったのではなく、外に逃げようとしてジャンプしたと思ったそうだ。 Aさんは生き物を手でつかんで畳の上に置いたが、何の抵抗もなくガラスからはがれたので、粘液などは出していなかったらしい。 こうして友人にすすめられ、Aさんが写真を撮りはじめると、じきにまったく動かなくなって死んだそうだ。 そこでAさんは、記憶を確かなものにしておこうと考え、窓ガラスに生き物が貼りついていた様子を死体で再現し、写真を撮った。 また、庭の土の斜面に穴を掘り、穴から顔を出していた発見時の姿の再現写真も撮影したのだ。 そこでAさんは、記憶を確かなものにしておこうと考え、窓ガラスに生き物が貼りついていた様子を死体で再現し、写真を撮った。 また、庭の土の斜面に穴を掘り、穴から顔を出していた発見時の姿の再現写真も撮影したのだ。 その後Aさんは、物置状態で暖房を入れていない2階に死体を吊るして干した。 すると、いい具合いに乾燥し、やがてきれいにミイラ化したという。 その後Aさんは、物置状態で暖房を入れていない2階に死体を吊るして干した。 すると、いい具合いに乾燥し、やがてきれいにミイラ化したという。 捕獲されたときに撮影された、生きた状態のツチノコ。 死体のように頭をあまり傾けてはいない。 目も大きそうに見える。 このような生物は日本にはいない.

次の