外科医 年収。 医師の仕事・働き方・キャリアプラン|医師求人のe

医師転職エージェントが解説!美容外科医の年収

外科医 年収

Contents• はじめに 整形外科の開業医の年収は2500万円程度となっています。 内科の開業医がだいたい2500万円を超える程度と言われているのでさほど変わりません。 自由診療の利く美容整形医や眼科医ほどは高くないものの、まずまずの年収を稼ぐことができそうです。 また勤務医の年収が1500万円程度となっていますので、開業することで年収自体は上がる医師の方が多くなっています。 ただ整形外科は検査機器購入のための初期費用がかなりかかってくることもあります。 開業のために5000万円から1億円程度の借金をする医師も多く、その返済のためにかなりの金額と期間がかかるケースも多くなっています。 実質収入ということを比較していくと、開業医と勤務医での差はあまり大きくはないのかもしれません。 それでも整形外科では内科等と比較して、患者の生命に直接関わる診療をすることは多くありません。 足腰の弱くなってしまった高齢者は骨折などで寝たきりになってしまうと生命に関わることもありますが、整形外科で生死を分けるような診療や手術はほとんどありません。 その上で内科医と同程度の年収を取れる可能性があるというのはそれなりに魅力があるといえます。 とにかく整形外科は集患をどれだけできるかにかかっていると言われています。 患者さんを多く確保して検査・診療などを行うことが、病院の経営の大きなポイントになってきそうです。 勤務医の年収との比較 整形外科で働く勤務医の年収は平均すると1500万円程度となっています。 20・30代の若い方は年収1000万円から1300万円程度、40代以上だと1400万円から2000万円程度になってくる方も多くいます。 一般に年齢と年収は比例する傾向があります。 また、地域ごとの比較でいくと、北海道・東北地方が群を抜いて高くなっています。 この地域ではおよそ4割の方が年収2000万円を超えています。 特に東北地方では病院の数が少なく、さらに他の地域よりも高齢化が顕著に進んでいます。 一般に高齢の方は足腰の痛みを訴えている方も多く、整形外科に通う患者も多くなっています。 そうなると整形外科医の仕事量も多くなることが予想されるので、整形外科医の年収が高くなることは必然的ともいえます。 次に中国四国地方・関西地方・中部地方などが続いて九州地方と関東甲信越地方がやや低めになっています。 特に関東地方では年収500万円から600万円程度の整形外科医も1割弱程度いるものと思われます。 関東地区特に都市部ほど病院の数も多く生存競争も激しくなっているところもあります。 そうなると医師の年収が下がるという傾向があります。 整形外科の都道府県別の開業医の年収 都道府県別の開業医の年収自体のデータがないので現在調査中です。 ただ医師全体の年収で見ると岩手や宮城などの東北地方が高く、富山や福井などの北陸地方で低めになっています。 医師の需要度や平均年齢が高い地域の年収が高くなっているようです。 サラリーマンや自営業者などの年収の高い東京・大阪・神奈川・愛知なども決して高い方ではありません。 「一般人が稼げる地域=医師が稼げる地域」という構図は基本的に当てはまりません。 開業には少なくても6000万円程度はかかりそう 開業医として病院の勤務医から医院を開業するとなると少なく見積もっても5000万円・普通に考えると7000万円から8000万円程度かかりそうです。 開業するとなると土地や建物などの箱物が必要になります。 また検査器具や診察用具などの医療用具一式もそろえなければなりません。 さらに整形外科だと牽引するための器具や温熱器具、さらに低周波治療器やリハビリのための器具や設備などもそろえる必要が出てきます。 備品面でのコストがかかってくるのが整形外科の特徴といえます。 そこに看護師や柔道整復師、さらには理学療法士などの専門家も必要になります。 それでも手が足りずに家族などに受付や会計などの事務を手伝ってもらう必要が出てくるかもしれません。 備品だけでなく人的な面での整備をする必要も出てきますので、コスト面もしっかりと考えておく必要があります。 そして開業コンサルタントなどに開業サポートを頼むとさらに500万円から1000万円程度の資金がかかります。 いくらお金があっても足りないかなと思われます。 開業医になると経営者になります。 最初は銀行からの借り入れも必要になります。 ある程度医院が稼げるようになってもスタッフの給料と借り入れの返済で、開業医自身の報酬がほとんど手元に残らない可能性も高くなります。 勤務医時代と変わらず忙しいにもかかわらず、年収は勤務医時代の数分の1程度もしくはそれ以下になってしまう方も多くいるのではないかと思われます。 実際に都市部の開業医は、開業後2年から数年で医院をたたんでもう一度勤務医に戻ってしまう方も多くいます。 開業をするにはかなりの決心と覚悟が必要になります。 患者を集めることができるか? とにかく整形外科は集患できるか。 これが大きなポイントになります。 開業医の場合は1日の平均患者数が40名で年収700万円程度、60名で1300万円程度、100名で2500万程度ではないかと言われています。 開業のために多額の借金をしている方も多く、その返済も兼ねてということになると、1日の患者数をまず50名・年収1000万円程度に乗せる必要があります。 この年収1000万円が経営をしていく上でのポイントになります。 返済をしても700万・800万円程度は残りそうなので一般の生活をすることには問題ありません。 ただ整形外科医に限らず、開業医の方の多くは家族を持っています。 お子さんの教育費もかかりますし、家族もそれなりの生活を望んでいることでしょう。 そうなると年収1000万円程度では実際には家計に余裕はなさそうです。 勤務医時代よりも年収が下がる医師も少なくありませんので、開業すれば稼げるという図式は必ずしも正しいとはいえない状況です。 実際に整形外科の病院やクリニックを開業して患者数を1日平均50名に乗せることは決して容易ではありません。 東北などの地方ほど整形外科も少なく、また高齢者も多くいますので集患はそれなりにできそうな気もしますが、東京を始めとする首都圏や、地方の都市部には病院や医院も多くあります。 その中で患者数50名という数字は決して簡単なことではありません。 開業したばかりの時期であればなおさらそのハードルは高くなってきます。 また整形外科の場合は接骨院・整体院などの医療機関以外の組織もライバルになってきます。 医療などの西洋医学に頼らずにマッサージや施術などの東洋医学の治療を行う方も実際には多くいます。 検査をして薬を渡すだけの整形外科ですと、施術などを行う治療院などに患者を持って行かれるなどのリスクは多分に出てくることも予想されます。 整形外科は、集患、特にどれだけ多くの高齢者や年配の方を集められるかがポイントとなりますので、医師も一層丁寧な対応を行う必要があります。 また医師だけでなく看護師の方や理学療法士の方がどれだけ患者に寄り添うことができるか。 そこからどれだけの高齢者を病院のファン・リピーターにできるか。 整形外科の場合は、他の科以上に接客・サービス面が重要となるでしょう。 税理士法人テラス 代表税理士 笠浪真 税理士・行政書士・MBA/慶應義塾大学大学院 医療マネジメント専攻 修士号 1978年生まれ。 京都府出身。 藤沢市在住。 大学卒業後、大手会計事務所・法律事務所等にて10年勤務。 税務・法務・労務の知識とノウハウを習得して、平成23年に独立開業。 現在、総勢42人(R2年4月1日現在)のスタッフを抱え、クライアント数は法人・個人を含め約300社。 息子が交通事故に遭遇した際に、医師のおかげで一命をとりとめたことをきっかけに、今度は自分が医療業界へ恩返ししたいという思いに至る。 医院開業・医院経営・スタッフ採用・医療法人化・税務調査・事業承継などこれまでの相談件数は2,000件を超える。 医院の売上を増やすだけでなく、節税、労務などあらゆる経営課題を解決する。 全てをワンストップで一任できる安心感から、医師からの紹介が絶えない。 病院で息子の命を助けてもらったからこそ「ひとつでも多くの医院を永続的に繁栄させること」を使命とし、開業医の院長の経営参謀として活動している。 週刊新潮にインタビュー記事が 掲載されました! NEW! 資格の学校【 TAC】 発行の【 TACNEWS】に掲載されました! 「覚悟の瞬間」に掲載されました! THE ROOTSにインタビュー記事が掲載されました! 運営元 税理士法人テラス URL 設立 平成23年4月 代表社員 税理士 笠浪真(税理士・行政書士・MBA) 従業員数 42人(R2年4月1日現在) 東京本社 〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 アイオス銀座10階 電話番号 03-6228-4531 神奈川支社 〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂1-4-10 キーウエスト湘南2階 電話番号 0466(53)8985 E-Mail info trc-tax.

次の

歯医者(歯科医)の平均年収はいくら?働き方別、業種別、年代別年収も紹介!

外科医 年収

その一方で外科当直というと整形外科の診療を指す場合もあるので注意が必要です 実際外科に進む専攻医が少ないという問題が今起きているのです。 その理由は1つではないのですが、2つ簡単に理由を書いておくと• QOLが低い&そのせいでバイトしづらく給料も低い• 新専門医制度で専攻医の間に自分の進みたい外科以外も回らないといけなくなった 呼吸器外科に行きたくても消化器外科を回るなど 以前は外科は直接的に癌を切るなど医療の花形であったためそれなりに人気もあったのですが、そもそも薬や放射線治療の発達により手術が癌治療の中心ではなくなってきたというのもあるかもしれません。 今回は整形外科の話なので外科の話はこれくらいにしておいて整形外科の話をしていこうと思います。 整形外科は儲かる診療科? 一言に儲かると言っても 開業すれば儲かるとか 大病院でも儲かるとか 医者の給料がい いのかなど色々あります。 整形外科は儲かる診療科だと言われることが多いですが、ある意味では先ほどの全てを満たす診療科と言えるでしょう。 だから今回は、開業医、大病院、勤務医の給料に分けて整形外科が儲かる理由を書いていきます。 開業医の整形外科が儲かる理由 整形外科は大学の講義や実習などではマイナー科に分類されすごく軽視されています。 しかし 実は整形外科というのは保険診療の中では現状一番というほど稼ぎやすい分野なのです。 そもそも大学病院の授業や実習などの多くが癌関係の授業が多かったりしますが、実は単 独の診療科として患者数が最も多いのは整形外科と言えるのではないかと思います。 内科と言っても循環器内科、消化器内科などに分かれるから 患者数が多いだけでなく リウマチを専門にして幅広い痛みに対応することが出来れば重宝されます。 さらには整形外科、リハビリクリニックというのが世の中には多くてこれに関しても診療報酬的に優遇されているため稼ぎやすいのです。 メモ 整形外科の開業が儲かる理由• 圧倒的な患者数• 今でもMRIなしでレントゲンだけどんどん撮影することで開業資金も抑えて儲かりやすい• 利益の出やすい注射治療もある 大病院の整形外科で病院が儲かる理由 大病院の整形外科というのは診療科の中でも稼ぎ頭なのです。 学生の間とかだと普通の人はあまり病院経営とか考えていないかもしれませんが、実は 診療科ごとに黒字の診療科と赤字の診療科があります。 簡単に説明するとよく言われる 赤字になりやすい診療科というのが小児科、産婦人科、総合内科などが例に挙げられます。 簡単にいうと 手術をしない入院を必要とする診療科というのはそもそも診療点数的に不利なのです。 なぜなら現状ある病気で入院したらいくらまでとれるというようなことが決まっているのです。 つまりもしそれ以上に入院が必要になったり、追加の検査などが必要になったりすると病院の持ち出しになりお金を払ってもらえないというようなことが起きるのです。 産婦人科は患者がいくら少なくても子供をいつでも埋める体制を整えておくことにお金がかかるのです。 それに対して 黒字になりやすい診療科というのが眼科や整形外科と言われます。 眼科や整形外科は 手術があまり長時間にはならないため1日のうちに多くの件数の手術をこなすことが出来ます。 手術をすると病院は儲かるのです。 特に高齢化が進むことにより、眼科では白内障手術、整形外科では人工関節の手術などが非常に増えています。 そのため働いている側は特に整形外科は手術の件数も多く忙しいですが病院としては利益がたくさんでるのです。 勤務医の整形外科医が高年収である理由 大病院の勤務医は診療科によってそこまで年収が異なるわけではありません。 にも関わらず整形外科は高収入であることが多いのです。

次の

外科医の年収は1159万円!年齢による年収推移や生涯賃金を徹底解説します。

外科医 年収

もくじ• 医師の年収ランキング上位を走り続ける美容外科医のお給料 2019年、AIを取り入れたがん医療や再生医療、予防医学など急成長していますが、医師の年収ランキング上位を走り続ける《美容外科医》の存在は無視できません。 今回は【美容医師年収】特に美容外科医にフォーカスし、実際の年収・月給の仕組みをお伝えします。 年収2,500万円~5,000万円以上の美容外科医 年収2,500万円~5,000万円を超える美容外科医は関東(東京・神奈川)をはじめ関西(大阪梅田)、福岡、名古屋などの主要都市でご活躍されていて、私も直接お話する機会があります。 関東関西大手美容外科では転職初年度年収は 2,000万円~2,200万円、美容経験者で 2,300万円~2,700万円の相場になっています。 日々の目鼻のオペはもちろんですが、脂肪吸引や骨切りなど、骨格やボディーラインの整形を経験している医師が年収も高い傾向にあります。 美容外科への入職時の全国平均年収は1,600万円~2,200万円ですが6か月後に昇給する方や昇給が1年後などさまざまで、 医師の向上心と人柄でその後の昇給額が変動します。 収入・月給アップの鍵はエージェントと戦略が決め手 最短で収入・月給アップできている美容外科医は、エージェントと戦略をたてタイミングよく転職をしてキャリアアップも並行して成功させています。 大学病院の医局を離れられず2~3年悩むお気持ちは良くわかりますが、その2~3年間を美容外科クリニックで勤務していたら、とイメージしてみてください。 1日残業無しで二重オペ2回・ヒアルロン酸注入5回など症例数を重ね、 3年後は年収をアップさせるだけではなく、キャリアアップも可能です。 美容外科医が年収2,700万円を超えた、その先にある成功例 美容外科医が年収が2,700万円を超え、さらにその先の成功例が多くあります。 分院の院長職を志願しクリニック月間売上により インセンティブが発生し、売上の3%~5%を獲得する方や《純利益》の数%など、個人やチームでの結果で給料がさらにアップする仕組みをうまく利用している先生がいます。 初期の月収は 100万円~180万円などが多く、さらに細かな事例もあますので美容外科医師の勤務クリニックや仕事内容などは個別にお問い合せください。 小さなご質問にもお答えしております。 【比較】美容皮膚科医の年収は? 美容外科の医師年収を知るためには同じ美容業界の 美容皮膚科の年収も知っておくと比較しやすくなります。 保険診療の 皮膚科、 内科などでご勤務されている医師の年収は 約600万円~1,500万円で医局員や開業医、外勤日非常勤バイトなどで年収にも開きがあります。 美容皮膚科といっても最近はジャンルが多く、中でも 医療脱毛専門、 AGAなどは医師の年収が高く、 週4日で1,600万円~週5日で2,620万円などエリア・タイミングで差があります。 逆に医師スキルアップ研修に時間をかける美容皮膚科では、 年収1,200万円からスタートなど業務内容や方針で前後します。 院長や理事長、運営会社の意向にも沿わなければいけませんが器用な先生は華麗なキャリアアップを実現していらっしゃいます。 もちろん楽な仕事ばかりではなく、 年収2,000万円以上では管理医師業務など診療以外の仕事もあります。 美容皮膚科医の年収例 脱毛カウンセリングメインのクリニック 2,400万円 カウンセリング・レーザー施術のクリニック 1,200万円 注入・レーザーカウンセリングのクリニック 1,400万円 注入施術多数のクリニック 2,200万円 【事例多数】2年目は2,000万~3,000万円も さて本題の 美容科医の年収ですが、外科系からの転職や美容外科への関心度の高い医師の転職は初年度から高年収になりやすく、 形成外科、 整形外科、 脳外科、 心臓外科などの オペ回数によキャリアアップも変わってきます。 もちろん外科未経験の医師でも大手美容外科では1年で多くの研修を行い即戦力へ育て上げます。 ですので2年目には同等なスキルを得る医師も新宿・梅田のなど大規模院では珍しくありません。 美容外科初年度の年収は 1,500万円~2,300万円、2年目は 2,000万~3,000万円のイメージです。 医師研修制度にもよりますが、通常は1年単位での昇給が多い中、半年でスキルアップし売上貢献した先生は、年収200~500万円アップなどの可能性もあります。 美容外科は、目鼻のオペ回数や脂肪吸引など、高額な施術は美容クリニックの売り上げにもつながるため評価も高いです。 美容外科経験3年目などでレベルの高いオペを毎週こなす医師の年収は 3,000万円を超えていきます。 また、分院の 管理医師の医師求人案件もあります。 しかし人気がある案件のため、医師求人サイトに掲載される頃には医師募集は終了になってしまいます。 希望に合った医師求人をご自身で探すより、エージェントに相談するのが一番の早道です。 美容外科医の年収例 未経験から研修・OJTを受ける美容外科医 1,600万円 オペ・症例数が多い美容外科医 2,200万円 経験者のみ採用のクリニックの美容外科医 2,800万円 経験者で管理医師の美容外科医 2,400万円 美容外科開業医 3,600万円 大手美容外科クリニック 主要都市の分院長クラス 4000万~7000万 大手美容外科クリニック 本院 院長クラス 8000万円~1. 5億円 美容外科の開業医と分院長ではどう違う?年収とやりがい 現在、美容皮膚科・美容外科クリニックとして自費100%で開業を計画している医師は先ずエリア選定で苦労しています。 自費に対しての意識が強い地域や保険診療から自費へアップセルをかける地域など細かく調査してからの事業計画になってきます。 「保険診療も取り入れたほうが良いか」、「診療割合は自費診療9割、保険1割で、都内で勝負するのか」、「開業から6か月の医師の給料はどうするのか」など、経営者目線で着地や節税対策も考えなければなりません。 しかし、成功すれば 年収5,000万円以上になり、より節税の効果も高くなります。 また、別のキャリア形成で大手美容外科でしか味わえないポジションもあります。 勤務医の 研修指導医になり、年収を4,000万円以上に定めていく。 大手ならではの集客力があればこその経験が積めます。 開業医と分院長、どちらも大変ではありますが、それぞれの明確なビジョンをお持ちになっているところは共通しています。 どちらを目指す場合でも、まずは3年~5年をしっかり、それ以降も視野に入れ、キャリア形成を考えてみてはいかがでしょうか。 美容外科医師求人のご相談 医師転職において、お知り合いの医師や美容外科医の紹介で入職される方も多いのですが、いざ誘われて入職したはいいが紹介された手前、不満があっても抜け出せないジレンマで悩む医師が多いのも事実です。 第三者であるエージェントなら「気楽に話せる」こともあるのではないでしょうか。 匿名・秘密厳守を徹底しておりますので、お気軽にご相談ください。 転職のご相談は随時受付しております。 応募フォーム・お電話にてお問い合せください。 初期研修中の医師も対象に、進路についてのご相談をお受けしております。 TEL ドクターコネクト医師求人担当まで 個人情報保護方針 フォーカスタマー株式会社は、人材ビジネスに携わる企業として、個人情報の適正な管理・保護を 事業運営上の最重要事項と捉え、次のとおり個人情報保護方針を制定いたします。 当社の役員、従業員は、この個人情報保護方 針を遵守し、また、当社の取引先企業 にも、理解と協力を求めて行きます。 みなさまに安心して当社の人材サービスをご利用頂けるよう、個人情報の保護を徹底 して参ります。 個人情報保護の重要性を強く認識し、当社の事業目的を達成する範囲内でこれを収集、利用、提供、委託する。 個人情報への不当なアクセス、または、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等の危険に対して、技術面及び組織面において合理的な安全対策を行う。 個人情報に関する法令及び個人情報保護方針に基づくコンプライアンス・プログラムを遵守する。 個人情報を適正に利用し、またその保護を徹底するために、必要に応じてコンプライアンス・プログラムを見直し、改善する。 個人情報の取扱いに関する基本原則方針 当社は、当社のホームページにアクセスしてきた方の個人情報に関して、ご本人の同意なく無断で収集・利用する事はありません。 同意を得た場合でも、同意を得た範囲でのみ使用します。 さらに、収集した個人情報は適正な管理の下で安全に蓄積・保管します。 個人情報の処理を外部に委託するなどの場合は、当社の厳正な管理の下で行います。 なお、当社は財団法人日本情報処理開発協会により、個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定に向けて努力しています。 ご登録者様に関する個人情報の取扱いについて 当社はご登録者様の信頼を第一と考え、以下の内容の通り、ご登録者様の個人情報を取り扱うとともに、その正確性・機密性の保持に努めています。 以下の内容をご了解頂いた上で個人情報をご提供下さい。 情報を収集・利用する目的 当社は総合人材サービス会社として、ご登録者様の求職活動をご支援し、より良いサービスをご提供させて頂くために、ご登録者様に関する必要最小限の情報を収集させて頂いております。 これらの個人情報や個人履歴は、以下の目的のために利用されます。 ご本人であるかどうかの確認 現在の勤務状況、求職活動状況の確認 求人情報のご提供(WEBサービスを利用されている一般企業の求人情報の提供も含みます。 求職者情報としての提供(WEBサービスでは、ご登録者様の情報の一部をWEBサービス利用中の一般企業へも求職者情報として提供しています。 収集する情報の種類 最も一般的なものは、ご登録者様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の連絡先です。 その他、求職活動をご支援させて頂くために、以下のような情報を収集しています。 学歴及び職務経歴に関する情報 保有資格やPC等のスキルに関する情報 ご希望の就業条件に関する情報 雇用契約関係上必要な情報 ご登録者様と当社間の各種通信の履歴(お電話や書面による通信の他、当社ホームページ等のご利用履歴を含みます。 ) 情報の収集方法十分な安全対策を講じたうえで、インターネット上でご登録者様ご自身が入力された情報、あるいは、当社にご来社(登録面接)頂いた際に、ご本人様よりご提供された情報を収集しています。 また、お電話や書面、電子メールなどの通信手段によっても情報を収集しています。 その他、Cookieの使用により、ご登録者様のコンピューター利用環境や、当社ホームページのご利用履歴を収集しています。 Cookieについて Cookieとは、ご登録者様が当社ホームページにアクセスされた際に、ご登録者様のコンピューターに小規模の情報を送信・格納する技術のことをいい、これにより当社では、ご登録者様がどのページをご覧になったかの記録を収集しています。 こうした情報は主としてご登録者様を特定しない統計資料作成のために利用されます。 なお、Cookieそのものに、ご登録者様を特定する個人情報は含まれておりませんので、ご安心下さい。 情報の提供 当社では、次の場合を除いて、ご登録者様を特定する情報を外部に提供することはありません。 ご登録者様が同意されている場合 法令により必要と判断される場合 ご登録者様または公共の利益のために必要であると考えられる場合 事業協力会社や顧問契約締結先(社労士、弁護士等)に提供する場合 (注)WEBサイトご登録時は、その時点で同意されたものと判断しております。 情報の管理方法 お客様の情報を正確、最新なものにするよう適切な措置を講じています。 また、情報への不正なアクセスなどを防止するため、万全を尽くしています。 なお、当社は事業協力会社に対し、厳重な管理を求め、目的以外の利用を行わせないものとしています。 情報提供の任意性等に関して ご登録に際して、お客様がご自身に関する情報を当社に提供することは任意です。 但し、ご登録の際に、当社が収集している個人情報をご提供頂けなかった場合には、お客様の求職活動のご支援に支障をきたす場合がございます。 登録書類の保管期間ご登録時にご提出・ご記入頂きました書類の保管期間は、ご登録の目的や当社サービスのご利用状況により異なりますが、最短で6ヵ月間です。 ご登録から6ヵ月経過後は、当社サービスのご利用状況等により、個人情報記載書類は破棄させて頂きます。 ご登録者様からの開示、訂正等、利用停止のご請求 【開示、訂正等】 ご登録者様からご自身に関する情報の開示の請求があった場合は、ご本人であることを確認させて頂いた上で、特別な理由のない場合に限りお答えします。 また、ご登録者様の情報が不正確である場合には、訂正させて頂きます。 下記のお問い合わせ窓口までお申し出下さい。 【利用停止】 当社のサービスについて、ご登録者様がご希望されない場合は、下記のお問い合わせ窓口までお申し出下さい。 当社業務上必要な場合を除き、取扱いを停止させて頂きます。 お問い合わせ窓口 開示、訂正等、利用停止のご請求、その他ご不明な点についてのお問い合わせは、下記までご連絡いただきますようお願いします。 ご本人であることを確認させて頂いたうえで、上記各条件に従い、ご登録者様のご依頼に対応させて頂きます。 運営会社 フォーカスタマー株式会社 所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-16 KIHビル3F お問い合わせ TEL:03-5937-3574 FAX:03-5937-3584 MAIL:dr dr-connect. jp 上記の個人情報の取り扱いについて同意する 登録したメールアドレスへ、当社からのメール( dr-connect. jp)をお送りします。

次の