ブルーベリー 血糖 値。 第二十二回 ブルーベリーを食べて糖尿病予防

糖尿病とブルーベリー / 糖尿病早分かりサイト

ブルーベリー 血糖 値

ブルーベリーが血糖値を下げる理由は、ブルーベリーに含まれている成分・ポリフェノールが、腸内環境の善玉菌を増やし、血糖値を下げるインスリンというホルモンが活性化されるから。 ポイントは「腸内環境」と「ポリフェノール」 それではブルーベリーが血糖値を下げる理由を分かりやすく解説していきましょう。 腸内のある善玉菌が減ると糖尿病になりやすくなる ヒトの腸内には数百種類・約100兆個の細菌が棲んでいて、腸内細菌が形成する群れのことを腸内環境=腸内フローラと呼びます。 腸内細菌は大別すると、善玉菌・悪玉菌・日和見菌(ひよりみきん)の三種類。 善玉菌は腸の調子を整え、悪玉菌は、有害物質を発生させて免疫力を低下させ、日和見菌は、その時々の環境で、善玉菌に協力したり、悪玉菌に協力したりします。 近年、腸内環境と糖尿病についての研究が進み、テタイオタオミクロン菌という善玉菌が減ると糖尿病になりやすい、ということが分かってきました。 ということは、腸内のテタイオタオミクロン菌を増やしてあげれば、糖尿病になりやすい体質から糖尿病になりにくい体質に改善できるわけです。 ポリフェノールが糖尿病になりにくい善玉菌を増やす そこでポリフェノールの登場です。 ブルーベリーに豊富に含まれているポリフェノールは、テタイオタオミクロン菌を増やすことが分かっています。 ポリフェノールを含む食材を積極的に食べることで、腸内のテタイオタオミクロン菌が増えて、インスリンの分泌が促進され、血糖値の上昇を抑えられる体になっていきます。 テタイオタオミクロン菌を増やす薬は、現在は開発されていません。 ポリフェノールを含むブルーベリーなどを積極的に食べることで、腸内のテタイオタオミクロン菌を増やしてあげることが必要になってきます。 それにはポリフェノールを豊富に含むブルーベリーはおすすめの食べ物です。 冷凍ものでも効果はありますが、ジャムやジュースなど糖分を加えて加工されたものは、おすすめできません。 ブルーベリーが血糖値を下げる理由(まとめ)• 腸内環境を整えて善玉菌を増やすと糖尿病になりにくい体になる• 善玉菌のテタイオタオミクロン菌が増えるとインスリンが活性化される• ポリフェノールはテタイオタオミクロン菌を増やす• ポリフェノールを積極的に摂ると血糖値が下がりやすくなる• ブルーベリーはポリフェノールを豊富に含むのでおすすめの食べ物.

次の

紫色の食材が高血糖を防ぐ!血糖値を下げる最強フルーツとは?

ブルーベリー 血糖 値

カテゴリー:• デザート感覚で楽しみながら、 ブルーベリーの健康 効果を得ましょう。 ブルーベリーは糖尿病の味方 ブルーベリーは、1粒1粒の大きさは小さいものの、は大きく、特に 糖尿病に対する効果が期待されています。 ブルーベリーには、、、、そして 糖尿病とうまく付き合うために重要な栄養素が豊富に含まれています。 このブルーベリーの健康効果によって、全米糖尿病学会(American Diabetes Association)は、ブルーベリーを「 糖尿病患者のスーパーフード」として称しています。 ブルーベリーの栄養素 ブルーベリーに含まれる栄養素は主に、• 食物繊維(水溶性・不溶性)• 抗酸化物質(アントシアニン、ビタミンA、ビタミンE)• ビタミン・ミネラル(ビタミンC、マグネシウム・カルシウム) などの栄養素が有名です。 ブルーベリーに含まれる食物繊維は、食事から十分に摂取することで、精神的安定、の予防や改善に有効であるとされています。 また、ブルーベリーは 抗酸化物質を豊富に含むことでもよく知られ、目の健康や、、様々な病気の予防に働きかけます。 ブルーベリーの糖尿病への効果 1、血糖値のコントロール それでは、実際に糖尿病に対してどのような効果があるのでしょうか? ブルーベリーに含まれる成分は、単糖類であるグルコースを エネルギーに効率的に変換させる助けをします。 これによって、糖尿病と闘うために重要な、 インスリンへの抵抗性が低くなり、する効果が期待できます。 インスリン耐性を改善 ミシガン州立大学心血管センター(University of Michigan Cardiovascular Center)の、2009年4月19日に、アメリカ・ニューオリンズで行われた、生物学研究会議での発表では以下のことが明らかにされています。 実験用のネズミに、パウダー状に潰したブルーベリーを与えたところ、 インスリン抵抗性に改善が確認されたということです。 また、このインスリン抵抗性に対する変化は、ブルーベリーの摂取とともに、高脂肪な餌を与えたとしても同様の結果が確認出来たそうです。 を患っている人のほとんどは、をもってしまい、それによる健康被害で苦しんでいます。 ですから、インスリン感受性を高め、 インスリンに反応できる体を取り戻すことで、糖尿病の改善が期待されます。 遺伝子への変化 また、ミシガン州立大学心血管センターはさらに、パウダー状のブルーベリーを摂取した ネズミの遺伝子に生じた変化に注目しています。 ネズミの遺伝子は、実験前と比べ実験後には、、そして摂取したグルコースがより効率的に消化されるように、遺伝子に変化が生じていたということです。 これに対して、ジョスリン糖尿病センターは、2型糖尿病を患っている場合、ブルーベリーのように、 食物繊維を豊富に含む食品を十分に食べることによって、血糖値の低下が期待できるとしています。 まとめ 現在、 世界中で糖尿病の患者数が激増しています。 糖尿病は、食生活、日々の習慣、不規則な生活リズムなど、様々な要因によって生じます。 この病気を改善するためにはや適度な運動を心がけるなど、手軽に始められるものも沢山あります。 また、血糖値が高いと診断された場合、糖質を制限した食事が重視され、甘いものやデザートは断念せざるを得ないとされています。 そこで、注目したいのがブルーベリーです。 ブルーベリーには、糖尿病に有効な食物繊維、そして病気を予防する抗酸化物質が豊富に含まれています。 また、ブルーベリーには、インスリンへの耐性を改善し、血糖値をコントロールする効果が期待できます。 は引き続き、ブルーベリーの糖尿病への効果をみていきましょう。 この記事に関連する記事• ブルーベリーの栄養素は、果物の中でも非常に高く、病気の予防や改善への効果が期待されています。 また、日本での糖尿病の患者数は316万人以上とされ、近年の […]• 2型糖尿病は、先進国及び発展途上国における主要な健康問題で、疾病率は世界中で急速に増加しています。 2型糖尿病の確かな原因は明らかに […]• ブルーベリーはビタミン、抗酸化物質、食物繊維を豊富に含む健康食品です。 ブルーベリーが含む食物繊維を摂取することによって得られる、健康効果について今日は […]• ブルーベリーは様々な栄養素を含む、健康に優れたフルーツです。 今回はブルーベリーをスムージーにした場合の栄養素が、風邪やインフルエンザに与える効果や影響を […]• 前回の記事では、プロポリスが糖尿病患者の尿酸値や腎臓の糸球体濾過機能に与える効果についてお話しました。 今日は、プロポリスのサプリが2型糖尿病モデルの血 […]• プロポリスは、ミツバチが、あらゆる植物の葉芽や樹皮等から集めて作る樹脂性物質です。 糖尿病の人は、体が十分なインスリンを生成できないか、生成したインスリンを効率的に使用できません。 これは、血糖値に影響します。 糖尿病の人は、安定した血糖 […]• コエンザイムQ10は多くの効果が期待できる人気のサプリメントです。 加齢とともに減少する体内物質なので、中高年の方は補っていただきたい成分です。 今回は、 […].

次の

ブルーベリーの効果・効能!血糖値上昇を抑える?効果的な食べ方とは?

ブルーベリー 血糖 値

図:インスリンの働き• 1食べ物の中の糖分がブドウ糖として血液中に取り込まれ• 2ブドウ糖が増えることですい臓からインスリンが分泌される。 3ブドウ糖は肝臓や筋肉、脂肪組織などの細胞に取り込まれるため、食事前の値まで、血糖値が下がります。 これが健康な人の血糖に関するメカニズムです。 血液中に糖が入ると、インスリンにより、血糖は多くの組織に取り込まれます。 多くの糖を摂取した場合、インスリンが通常より多く分泌されます。 インスリンは脂肪合成を高め、脂肪分解を抑制する作用を持っています。 したがって、組織で脂肪が蓄積されやすくなります。 インスリンの分泌が少ない、分泌のタイミングが遅い、インスリンの作用が低下するなどの理由から、うまく血糖の処理ができなくなると、血糖値が下がらなくなります。 食後数時間たっても、血糖値が下がらない状態が慢性的に続くのが、糖尿病というわけです。 血糖値が食後急激に上がらないような食事や質が、糖尿病を防ぐためには大事なことと言われています。 普通体重はBMI18. 5~25のときであり、BMI25以上は肥満、BMI18. 5未満が低体重。 血糖値の正常値って?• 食後2時間血糖値 7. その後、健康な人ならインスリンが十分に働いて、食後2時間もすると食べる前と同じ値まで戻ります。 治療をしていない糖尿病の人は、血糖値が低下しません。 しかし、空腹時の血糖値は正常なのに、食後の2時間、ずっと血糖値が高いままの人もいます。 これは、インスリンが適切に分泌されていない、あるいは、うまく作用していないということであり、糖尿病のリスクが高まる可能性があります。 インスリンの作用が正常に働くようにするには、食べ過ぎに注意し、肥満にならないようにすることが重要です。 血糖値が急激に上がりにくい食べ物を知って上手に生活に活かすことが、肥満や糖尿病の予防、ひいては健康維持につながるのです。 血糖値が上がりにくい食べ物とは? 「カロリーが高い」=「血糖値が上昇する食べ物」とは限らない 「血糖値が上がりやすいのは、カロリーが高い食べ物だ」そう考えている人が多いようですが、必ずしも正しくはありません。 一般的に、血糖値が上がりやすいのは、すぐエネルギーになりやすいごはんやパン、果物、砂糖などの炭水化物の多い食事と言われています。 ついでタンパク質の多い、肉類や魚介類、卵、乳製品など、そして油の多い食品が続きます。 しかし、血糖に影響するからといって、炭水化物を食べないと、栄養バランスが悪くなるうえ、食事の満足感が得られないため、かえってタンパク質や脂肪などを過剰に摂りすぎてしまうことにつながりかねません。 三大栄養素の多い食べ物 炭水化物 (糖質+食物繊維) ご飯、パン、めん、いも、豆、野菜、きのこ、海藻、果物、砂糖など タンパク質 肉類、魚介類、卵、大豆、大豆製品、牛乳、乳製品など 脂肪 油・脂類 血糖値が上がりやすい炭水化物ですが、昨今の研究から、同じ量の炭水化物を含む食品でも、食物繊維の量により血糖値が急激に上昇するものとおだやかに上昇するものがあるということがわかりました。 たとえば、同じパンでも、ライ麦パンなら低GI、白いパンやイングリッシュマフィンなら高GIにあたります。 低GI食品、高GI食品について知ることが大切 オーストラリアのシドニー大学ではGI値が70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています(グルコースを100としている場合)。 GIが高い食品は、一気に血糖値を上昇させるため、血液中の糖を処理するために多量のインスリンが分泌されたり、分泌が追いつかなくなるということが起こります。 逆にGIが低い食品では、糖がおだやかに取り込まれ、血糖値の上昇もゆるやかになるため、インスリンも分泌しすぎることなく、糖はすみやかに組織に吸収されます。 このように、おだやかに糖を取り込む低GIの食品を知ることは、健康的な生活のためにとても重要です。 人間にとって欠かせない栄養素である炭水化物を、ゆるやかに吸収することは、急激な血糖値の上昇や脂肪をつきやすくする肥満を防ぐためにも、もちろん豊かな食生活にも、大きく関わってくるのです。 主な食品のGI値 分類 食品名 GI 穀類 大麦 22 押し麦、ゆで 46 大豆、ゆで 15 もち米 87 もち 48 クロワッサン 67 ベーグル 69 ライ麦パン 50 白いパン 71 ハンバーガーのバンズ 61 イングリッシュマフィン 77 フランスパン 57 野菜類 にんじん、ゆで 33 じゃがいも 66 じゃがいも、ゆで 49 フライドポテト 70 マッシュポテト 83 サツマイモ、ゆで 44 果実類 グレープフルーツ 25 プルーン 29 アプリコット、ドライ 30 アプリコット 34 りんご 40 プラム 24 いちご 40 オレンジ 40 桃 28 オレンジマーマレード 40 ぶどう 43 マンゴー 51 ブルーベリー 53 キウイ 58 イチジク、ドライ 61 バナナ 47 アメリカンチェリー 63 レーズン 64 パイナップル 66 すいか 72 豆類 干しエンドウ豆、ゆで 22 赤エンドウ豆、ゆで 29 白インゲン豆、ゆで 31 うずら豆、蒸し 33 ひよこ豆、ゆで 33 ベイクドビーンズ、缶詰 40 乳製品 脱脂乳 32 ミルク 34 ギリシャヨーグルト、ハチミツ 36 コンデンスミルク 61 菓子類 ブルーベリーマフィン 59 ブラン(ふすま)マフィン 60 パンケーキ 66 ドーナッツ 75 スコーン 92 ショートブレッド 64 ピーナッツ 13 ポップコーン 55 チョコレート 49 加工食品 ラザニア 28 サーモンのすし 48 スパゲッティボロネーゼ 52 ハンバーガー 66 チーズピザ 60 ミネストローネ 48 トマトスープ 52 ハチミツ 58 出典:シドニー大学 食品GI値検索•

次の