スターダスト サンホラ。 Sound Horizon/Linked Horizon主催・Revoさんのおすすめ10曲

Sound Horizon/Linked Horizon主催・Revoさんのおすすめ10曲

スターダスト サンホラ

作品の関連性については三通り。 ミラやクロセカの様に、アルバムの流れに沿って物語が進む物。 コレは聴き込めばわかるので省略。 ロマンやエリシオン、或いはアルバムの枠を越えて、曲同士に関わりが見られる物。 ライヴで関連性が明らかにされたもの。 コレも、見ればわかるので省略。 枠を越えて云々は公式には発表されていないので、あくまでも個人各々の推測に成ります。 唯一漫画化されたアルバム『roman』はコレの助けも有って理解しやすいかと… 関連性の根拠として上げられるのは多くは歌詞や台詞、ナレーション。 例えば、良く言われる 見えざる腕 星屑の革紐 零音の世界 の関連性ですが、 腕での台詞『それでもお腹の子の良い父親には成れないわ』 と 革紐での『父の不自由な腕の代わりに成ろうと』 また、 革紐の『黒銀の毛並みを持つ仔犬だった』 と 零音の『黒銀の毛並みを持つ犬』 から、この三曲の関連性が囁かれる訳ですな。 また、腕の中の回想シーンでの『アルヴァレス将軍に続け!』という声からクロセカとの関連も示唆されています。 他にも曲調から関連性が示唆されるのは、わかりやすい例だと、『檻の中の花』と『檻の中の遊戯』、そして『屋根裏の少女』、romanボーナストラックの『yaneuraroman』の一連。 ちなみに、romanの『黄昏の賢者』のサヴァン。 曲の最後に『探したぞ、クリストフ…』という台詞が聞こえる事から、上の檻の中シリーズに度々登場するクリストフでは無かろうか?という考察も。 一番難解なのがエリシオン ボクなりの解釈ですが、コレは、そもそもがABYSSとL組の二部構成。 L組では少女『エリス』と『パパ』の織り成す物語を、ABYSSでは『パパ』が、幼き日にみた『エリス』の姿を求めてさ迷う果てに見つけた5人の女性の物語。 恐らく、少女『エリス』と『パパ』は実の親子ではなく、肖像でみた絵の少女『エリス』に心奪われた『パパ』が、拾った少女を『エリス』と呼んで養育している。 と、いう話なのかと 少女『エリス』は病気の為に、金が必要で『天秤』 誕生日プレゼントが『絵本』2作というね ちなみに絵本にも原作と思われる物があり魔女は『ラプンツェル』パレードは『ハーメルンの笛吹男』。 ご存じの通り考察が難しいので、ちょっと自信はないです。 「Pico Magic」 「Elysion ~楽園への前奏曲~」 は曲がかぶっているだけなので省略します。 「Chronicle」は「Chronicle 2nd」に繋がっているので「樹氷の君」以外は省略します。 「イドへ至る森へ至るイド」 「聖戦のイベリア」 「少年は剣を・・・」 この3つのCDは多分今のところ繋がりはないと思います。 ただ、「イドイド」と「イベリア」は続編があるらしいのでなんとも言えません。 多分・・・。 Romanのコミックを読めばさらに繋がりがよく解ります。 一説では色々言われてますが、公式で発表されていないので断言はできません。 ざっとかきます。 あまり参考になりませんが。。。 というか結局は同じ書に描かれていることなので、みんな繋がっています。 因みにクロニカ・通称ニカ様はChronicleの「少女人形」と繋がっています。 記憶の水底やゆりかごにも出てきます。 ただ壊れたマリオネットは収録されています。 表紙の女の子がニカ様説があります。 きっともとあるでしょうし、もっと深いと思いますが・・・ 謎に包まれているのがサンホラの良いところですね^^ 新しい発見があった時が一番うれしいです。 誤字・脱字・間違い等あったらすみません。 長文乱文失礼しました。 少しでもお役にたてたら幸いです^^.

次の

Sound Horizon/Linked Horizon主催・Revoさんのおすすめ10曲

スターダスト サンホラ

概要 個人のウェブサイトを前身とし、2001年末よりサークルとして活動開始。 に所属アーティストとしてメジャーデビュー。 のちにに所属を変え、2011年10月現在ではに所属。 一部他のレーベルから発売された作品もある。 自らを「 幻想楽団」と称し、物語性のある歌詞と組曲的な音楽形式による「物語音楽」を主な作風とする。 物語の細部や結末はあえて曖昧にされていることが多く、これについてRevoは自身のサイト上、及びコンサートのMC・インタビューなどで「人それぞれの解釈を楽しんでもらいたい」と語っており 、やアルバムのコンサートツアーにおいては演出担当にRevoとは別の人間を招いている。 これもまた公式設定ではなく解釈の一つとして見て欲しいとしており、自らの意見を押し付けないようにとこの形態をとっている(Revo個人サイト上でのアナウンスより )。 をテーマに掲げている作品も多く、Revo本人もインタビューで歴史及びその中で語られる人物をストーリーの軸に置いていると語っている。 楽曲の中には世界各国の言語などが用いられ、地名を捩ったもの、あるいは実在する地名が使われている。 登場キャラクターの中にも、実在した歴史上の人物がモデルになっているものがある。 歌詞や登場人物の繋がり、アルバムを超えて意図的に同じ旋律やフレーズが使われているなど、楽曲や旋律に仕掛けが施されている。 各CDのパッケージやブックレットにも仕掛けも多くみられ、歌詞の読み替えをはじめ、歌詞が絵本の挿絵のような影絵になっていたり、あえて歌詞が書かれていない部分なども数多く存在する。 また、CDのケースを分解すると暗号やメッセージが出てくるなど、隠し要素としてパッケージやブックレットの中に謎解き要素やメッセージが仕掛けてある事も多い。 隠しボーナストラックなどの仕掛けは同人時代から存在するが、『少年は剣を…』以降、キングレコードに所属していた頃にリリースしたシングルやアルバムにはケース及びブックレットなどに特設サイトへのURLが隠れているものがあり、謎解きをする事でボーナストラック音源がダウンロードできるというおまけ要素も存在した。 ポニーキャニオンに移籍した以降はキングレコード内にあった特設サイトが閉鎖されたため、現在は閲覧不可能となっている。 また、CDの発売情報やライブの開催情報などを発表する際にも、公式HP、Revo本人のサイト、LINEの公式アカウント、Twitterの公式アカウントなどから「謎解き」要素が盛り込まれたメッセージを発信する事もある。 ジャケットイラストやブックレットの挿絵、各ストーリーCDのキャラクターデザインは、メジャーデビュー以前の作品から現在に至るまでが手がけている。 2012年6月、他作品とのコラボレーションを専門とする新プロジェクトとして「 (リンクトホライズン)」を発表。 編成 自主制作初期の作品ではRevo自身による楽器演奏やを中心としていたが、『Thanatos』以降の作品では、やによるボーカルと「語り」と呼ばれるナレーションや台詞が入るようになり、『Chronicle 2nd』以降はサポートミュージシャンを起用している。 ボーカルやナレーション、複数の役をAramaryがメインで担当していた第1期に対し 、第2期では複数の新しい歌い手・語り部分に声優を起用し、それぞれ役割分担がなされている。 メンバー 必要に応じて多様な歌手や奏者、ダンサー、声優、役者等を起用している。 をはじめ、多数のCDやコンサートに出演している者もいるが、あくまでゲストとしての参加形態となっている。 具体的な参加メンバーは、各CDやコンサートの項目を参照。 メイン ストーリー原案、、、、、、、、語りなどを担当。 共同制作メンバー メジャーデビュー以前の第1作目からジャケットやブックレットなどを始めとしたイラストレーション関係を担当。 旧メンバー ボーカル、コーラス、ボイスを担当。 メジャーデビュー以前の『Thanatos』から『Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜』までのメインボーカル及びナレーションを務めた。 第1期終了と同時に脱退。 サポートメンバー 下記のメンバー以外からも、目的に応じて自由に編成されている。 ()内にメジャーデビュー以降の参加CDを記載。 - ナレーション担当(少、R、聖、Mo、ハロ、ヴァニ、N)• - ボーカル、コーラス、ボイス担当(少、R、聖、Mo)• - ボーカル、コーラス、ボイス担当(少、R、聖、Mo)• - ボーカル、コーラス、ボイス担当(少、R、聖、N)• - ボーカル、ボイス担当(少、R、聖、イド、N)• - ボーカル、ボイス担当(Mo)• - ボーカル、ボイス担当(Mo)• 内藤彩加 - ボーカル、ボイス担当(Mo)• - ボーカル担当(ハロ)• 市川裕之 - ボーカル担当(N)• 井上花菜 - ボーカル担当(N)• 上出匡高 - ボーカル担当(N)• - ボーカル担当(N)• - ボーカル担当(N)• - ボーカル担当(N)• - ボーカル担当(N)• Fuki - ボーカル担当(N)• 結良まり - ボーカル担当(N) 演奏・音響制作• 田村滋 - 担当(E組)• - 担当(E前、E組、R、聖、Mo)• 南都亮二 - 担当(E組)• 石川ナオミ - 担当(少、R、聖)• - 担当(少)• 伊藤佳奈子 - バイオリン担当(少、R)• Kana Strings - 担当(少、R)• - バイオリン担当(R、聖、Mo、イド)• 弦一徹ストリングス - 弦楽合奏担当(R、聖、Mo、イド)• 恵比須弘和 - 担当(E組、少、R、聖、Mo、イド)• 坂知学 - 担当(少、R、聖、Mo)• - キーボード担当(イド)• その他のメンバー メジャーデビュー以前の作品のみ参加した旧メンバー• 葉芹 - コーラス、ボイス担当(『Chronicle』にのみ参加)• 宮坂紀伊 - ボイス担当(『Chronicle』にのみ参加)• 篠崎ゆかり - バイオリン担当(『Lost』、『Chronicle 2nd』にのみ参加)• Yasrow - ボイス担当(『Lost』、『Chronicle 2nd』にのみ参加) 来歴 1990年代後半• Revo個人のウェブサイトにてインターネット上での活動を開始。 2001年• 12月:ジャケットイラストを担当しているyokoyanの個人サークルに委託する形で(C61)に初参加、1st Concept Story CD plus 『Chronicle』をリリース。 2002年• 8月:コミックマーケット(C62)にRevo個人サークルとして初参加、2nd Story CD『Thanatos』をリリース。 女性ボーカル・ナレーションにAramaryが参加。 12月:Revoの個人サイト上にてWebイベント「タナトス祭り」を開催。 3rd Story CD『Lost』をリリース。 男性ボーカル・ナレーションにJimangが参加。 2003年• 5月:1st Pleasure CD『Pico Magic』をリリース。 8月:2nd Pleasure CD『Pico Magic Reloaded』をリリース。 事務所が運営するオフィシャルサイト及びファンクラブ「Salon de Horizon」を発足。 4月:4th Story CD 『』をベルウッドレコードよりリリース。 発売日のオリコンデイリーアルバムチャートで10位、発売週のウィークリーアルバムチャートで29位を記録。 東京・秋葉原の、にて『Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜』発売記念イベントを開催。 初のライブコンサート「Sound Horizon ライブインアムラックス」を池袋アムラックスホールにて開催。 7月:プロデュースによるライブコンサート「Elysion 〜楽園パレードへようこそ〜」をなかのZEROホールにて開催。 9月:ライブコンサート「Elysion 〜楽園パレードへようこそ〜」の追加公演をなかのZEROホールにて開催。 1月:ライブDVD『』の発売を記念して、プレミアム上映会を東京・、名古屋・、大阪・にて開催。 3月:ライブDVD『Elysion 〜楽園パレードへようこそ〜』をベルウッドレコードよりリリース。 発売日のオリコンデイリーDVDチャートで2位、発売週のオリコンウィークリーDVDチャートで2位を記録。 Sound Horizon第1期の活動終了と第2期の活動開始を発表、メインボーカルAramaryが脱退。 5月:「Sound Horizon Live Tour 2006 第一次領土拡大遠征」東京公演をラフォーレミュージアム六本木にて開催。 新たなボーカルとしてYUUKI、KAORI、REMI、ゲストボーカルとして霜月はるかが参加。 6月:「Sound Horizon Live Tour 2006 第一次領土拡大遠征」を大阪公演をSUN HALL、名古屋公演を、東京追加公演をにて開催。 9月:初のファンクラブイベント「第一次領土拡大記念大感謝祭」を大阪・am HALL、名古屋・、横浜・にて開催。 1st MAXI Single CD 『』とオンラインゲーム『』とのタイアップ企画を実施。 「第一次領土拡大遠征外伝 幻想楽団 樹上世界降臨」と題し、のステージイベントに出演。 10月:初のタイアップマキシシングル『少年は剣を…』をよりリリース。 オリコンデイリーシングルチャートで6位、ウィークリーシングルチャートで9位を記録。 11月:5th Story CD 『』をよりリリース。 オリコンデイリーアルバムチャートで15位、ウィークリーアルバムチャートで19位を記録。 東京・、名古屋・、大阪・にて「Sound Horizon Concert Tour 2006-2007 Roman 〜僕達が繋がる物語〜」を開催。 渋谷・にて抽選招待制のクリスマススペシャルイベントを開催。 1月:「Sound Horizon Concert Tour 2006-2007 Roman 〜僕達が繋がる物語〜」の大阪追加公演を、東京追加公演をにて開催。 3月:、京都教育文化センター、福岡・、東京・、名古屋・今池ガスホールにてDVD無料上映会を開催。 4月25日:東京追加公演の模様を収録したライブDVD『』をキングレコードよりリリース。 6月:ファンクラブイベント「移動王国建国記念 国王陛下超聖誕祭」を東京・で開催。 8月:Story Maxi 『』をキングレコードよりリリース。 オリコンデイリーシングルチャートで8位、ウィークリーシングルチャートで8位を記録。 8月19日-21日:「Sound Horizon Live Tour 2007 第二次領土拡大遠征」を埼玉・、大阪・、福岡・にて開催。 9月:「Sound Horizon Live Tour 2007 第二次領土拡大遠征」を仙台・、名古屋・、東京・にて開催。 10月:「第二次領土拡大遠征凱旋 幻想楽団メジャーデビュー三周年大記念祭」をにて3日連続で開催。 1月7日:6th Story Concert「Moira 〜其れでも、お征きなさい仔等よ〜」追加公演を東京・にて開催。 2月28日:2007年に開催されたライブツアー「第二次領土拡大遠征」と「第二次領土拡大遠征凱旋」の様子を収めたDVD付き写真集『Triumph 〜第二次領土拡大遠征の軌跡〜』を発売。 3月21日-22日:「Sound Horizon Live Tour 2009 第三次領土拡大遠征」をにて開催。 3月25日:同年1月7日から3日間開催されたコンサート追加公演の内容を収録したライブDVD『』をリリース。 4月3日-26日:6会場6公演にて「Sound Horizon Live Tour 2009 第三次領土拡大遠征」を開催。 5月2日-3日:東京・にて「Sound Horizon Live Tour 2009 第三次領土拡大遠征」追加公演を開催。 6月26日-27日:東京・にて「第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭」を開催。 10月24日:にて「Sound Horizon メジャーデビュー5周年ファンクラブ祝賀祭」を開催。 11月21日-12月4日:メジャーデビュー5周年記念映画「Sound Horizon 5th Anniversary Movie "Across The Horizon"」を東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7にて上映。 12月9日:同年6月26日-27日に開催されたライブの内容を収録した『』をリリース。 両日分を収録した初回限定生産DVD-BOX(4枚組)と、1日目(26日)・2日目(27日)それぞれ単体のDVD(各2枚組)、Blu-ray(各1枚組)をリリース。 1月2日-3日:にて「Sound Horizon 5th Anniversary Movie "Across The Horizon"」をお正月特別上映として追加上映。 3月24日:5th Anniversary Movie『Across The Horizon』のDVD&Blu-rayをリリース。 6月12日-6月27日:にて「Sound Horizon Museum(サウンドホライズン ミュージアム)」を開催。 6月16日:Prologue Maxi 『』をリリース。 6月16日付のオリコンデイリーシングルチャートで1位、ウィークリーシングルチャートで2位を記録。 6月19日-20日:にて「国王生誕祭休日スペシャル2010」を開催。 6月20日の公演は全国11箇所のにて3D生中継配信された。 コンサートの3D劇場生中継は国内アーティストとして史上初。 11月12日-13日・13日-14日: ・にてファンクラブイベント「王様の休日 In SHIRAKABAKO」を開催。 12月15日:7th Story CD 『』をリリース。 オリコンウィークリーチャートで2位、2010年12度月間チャートで10位を記録。 ではのチャートにて2位を記録。 からは2010年12月度のとして認定され、初のゴールドディスク認定となった。 5月8日にはRevoによる舞台挨拶(朝昼2回)も実施。 5月7日には大阪・TOHOシネマズ なんば、福岡・TOHOシネマズ トリアス久山にてRevoによる舞台挨拶を実施。 のチャリティー企画として収益金の一部を被災地へ寄付。 7月2日-9月10日:13会場全16公演にて「Sound Horizon Live Tour 2011 第一次領土復興遠征」を開催。 東日本大震災のチャリティー企画として収益金の一部を被災地へ寄付。 また、8月27日の韓国・公演は自身初の海外公演となる。 7月27日:同年1月7日から3日間開催されたコンサートの内容を収録したライブDVD『』をリリース。 9月16日-17日:「Sound Horizon Live Tour 2011 第一次領土復興遠征」の追加公演をにて開催。 9月27日:「第一次領土復興遠征 凱旋公演」をにて開催。 10月1日:所属レコードレーベルをへ移籍 (発表は10月6日)。 12月1日-27日の期間はクリスマススタイルとして開催。 12月10日:「Sound Horizon Live Tour 2011 第一次領土復興遠征」の様子を収めた写真集『Memorial Issue 「The Great Hope of the Territorial Revival」』を発売。 8月23日:公式Twitter「Sound Horizon 情報局」を開設。 10月9日:Story Maxi 『』をリリース。 オリコンデイリーシングルチャートで3位、ウィークリーシングルチャートで3位を記録。 com ハロウィンと夜の物語スペシャルクッキー缶」を数量限定で発売。 10月26日:にてSound Horizon及びLinked Horizonの楽曲により構成される「Revo's Halloween Party」を開催。 10月27日:Sound Horizonメジャーデビュー9周年記念イベントとして「乾杯するなら?今でしょッ! -祝杯の儀- Sound Horizon Cafe 2013」を六本木ヒルズumuにて開催。 10月29日-12月25日:『ハロウィンと夜の物語』を中心としたコンセプトカフェ「Sound Horizon Cafe 2013」を六本木ヒルズumuにて期間限定で開催。 10月29日-11月4日は「Halloween Style」としてハロウィン仕様で開催。 11月6日-12月2日は「"9-year History"Style」としてSound Horizonメジャーデビュー9周年記念の仕様で開催。 12月4日-25日は「"9-year History"with Christmas Style」としてメジャーデビュー9周年記念&クリスマス仕様で開催。 5月30日-6月5日:Sound Horizon 10周年特別企画「劇場版 The Assorted Horizons」の上映を全国21館にて開始。 6月13日-15日:「劇場版 The Assorted Horizons」のアンコール上映を全国7館にて開始。 6月14日-15日:「East Side 王様の休日 In NAEBA」として新潟・にて開催。 6月20日-22日:「West Side 王様の休日 In NAGARAGAWA」として20日-21日、21日-22日に分けて岐阜・にて開催。 6月18日:メジャーデビュー10周年記念作品第1弾として、「Revo's Halloween party」や過去のライブ未公開映像を収録した『』をリリース。 6月19日:公式LINEアカウントを開設。 6月21日:にて「劇場版 The Assorted Horizons」の上映が決定。 8月22日:『よだかの星 [Short ver. ]』を音楽ダウンロードサイトにて配信。 9月13日-14日:「ヴァニシング・スターライト完成披露イベント」を東京、大阪にて開催。 10月1日:メジャーデビュー10周年記念作品第2弾として、Anniversary Maxi『』をリリース。 10月26日-27日:にて「Sound Horizon メジャーデビュー10周年ファンクラブ祝賀祭」を開催。 12月4日:にて開催の「 2014 シンガポール」前夜祭ゲストとして出演、「劇場版 The Assorted Horizons」の上映会とトークセッションを実施。 4月22日:メジャーデビュー10周年記念作品第3弾として、9th Story CD 『』をリリース。 4月29日-30日・5月2日-4日・20日-21日:、、にて9th Story Concert「Nein 〜西洋骨董屋根裏堂へようこそ〜」を開催。 5月23日-24日:9th Story Concert「Nein 〜西洋骨董屋根裏堂へようこそ〜」の追加公演を東京国際フォーラムにて開催。 10月23日:全国40ヶ所の映画館にて「劇場版 9th Story Concert『Nein』〜西洋骨董屋根裏堂へようこそ〜」の上映を開始。 10月24日・26-28日には東京・TOHOシネマズ新宿、大阪・TOHOシネマズ梅田、愛知・名古屋ベイシティ、福岡・TOHOシネマズ天神にてRevoによる舞台挨拶を実施。 2016年• 1月20日:メジャーデビュー10周年記念作品第4弾として、2015年に開催されたコンサートの内容を収録したライブBlu-ray・DVD 『』をリリース。 4月22日:LINEスタンプ「SHK 〜Revoと愉快な仲間たち〜」を発売。 9月9日-12日:オフィシャルファンクラブ会員限定のファンクラブツアー「王様の休日 in OKINAWA」を開催。 アルバムコンサート 主にStory CDの発売直後に開催される、いわゆる「レコ発公演」。 楽曲の世界観をそのまま舞台に再現することをテーマとしており、歌手・ナレーター・演奏者らは極力オリジナルメンバーで構成される。 主要な登場人物は配役の歌手本人が演じ、それ以外の登場人物についても舞台俳優が起用され、的な側面が強い。 紗幕や迫りなどの大掛かりな舞台装置も使用することから、会場は主に座席付きの大型コンサートホールが選択される。 領土拡大遠征 CD発売の合間を縫って行われる、作品の世界観に囚われない形式の公演。 Revoの誕生日に合わせて行われる「国王生誕祭」や、2011年に行われた「領土復興遠征」、2013年に行われたRevo名義の曲やLinked Horizonの曲も合わせて披露された「Revo's Halloween party」もこの形式に分類される。 セットリストはアルバムの枠を超えて構成され、歌手やアレンジの変更による別バージョン曲や、アルバム未収録の新曲が披露されることも多い。 会場は主にオールスタンディング形式のライブハウスが選択されていたが、近年では動員数の増加から、アルバムコンサートと同様に大型コンサートホールが会場となるケースが殆どである。 Sound Horizon Kingdom コンサートや広報活動においては、ファン参加型の演出として「移動王国 Sound Horizon Kingdom」という概念を用いている。 これは、ラジオ番組「」におけるRevoの発言(詳細はを参照)に端を発し、演出家からの提案により2006〜2007年の『Roman』のコンサートツアーから公式に使用されるようになったものである。 2007年夏には国歌(テーマソング)として「栄光の移動王国 -The Glory Kingdom-」が制定され、以降、公演の締めに観客が斉唱する事が多い。 歌詞は一般公募によって集められたフレーズを元にRevoが作詞したものであり、2009年春には同様にスタッフからの案を元にした二番が追加、更に2011年夏の「第一次領土復興遠征」ではフルコーラスの楽曲として完成した。 ディスコグラフィ 収録曲の詳細が書かれていない作品についてはリンク先の各項目を参照。 Revo個人名義で参加している楽曲については「 」の項目、Linked Horizon名義で参加している楽曲は「 」の項目を参照。 自主制作CD メジャーデビュー以前に制作されたアルバム。 イベントやショップ限定で販売されたものが殆どであり、全て廃盤。 この一覧の他にも、それぞれボーナストラック(原曲の逆再生曲やPC用サウンドなど)がのデータトラックとして同梱され、PCから直接フォルダを開くことで視聴することが可能。 Reloaded• 屋根裏の少女• 檻の中の遊戯• 檻の中の花• Ark Reloaded Ver. 輪廻の砂時計• 澪音の世界 上記のほかにボーナストラックを1曲収録。 (2006年3月8日)• (2007年4月25日)• (2009年3月25日)• 2009. 27(2009年12月9日)• Sound Horizon 5th Anniversary Movie Across The Horizon (2010年3月24日)• (2011年7月27日)• (2014年6月18日) Blu-ray• Sound Horizon 5th Anniversary Movie 『Across The Horizon』 (2010年3月24日)• (2011年7月27日)• (2014年6月18日)• (2016年1月20日) 書籍 コミカライズ作品• 『白銀の矢』(画:、・コミックボンボン2006年10月号の増刊号「」掲載、読み切り) 原作曲は3rd Story CD「Lost」収録「恋人を射ち堕とした日」。 による「緋色の風車」のイメージイラストも掲載。 単行本未収録。 『Ark』(画:、・2006年12月号-2007年1月号連載、前後編) 原作曲は4th Story CD「」収録「Ark」。 単行本未収録。 ウルトラジャンプ2016年1月号に小冊子として付属。 『Roman』(画:、・2007年5月号-2008年11月号連載、単行本全2巻) 原作曲は5th Story CD「」。 2008年4月23日第1刷発行(4月18日発売)、• 2009年1月24日第1刷発行(4月19日発売)、• 『Elysion 二つの楽園を廻る物語』(画・、解釈・構成・、・2015年6月号-2016年7月号連載、単行本全2巻) 原作曲は4th Story CD「」。 2015年10月26日第1刷発行(10月21日発売)、• 2016年5月26日第1刷発行(5月26日発売)、• 2016年5月17日第1刷発行(5月17日発売)、• 『ヴァニシング・スターライト』(画:有坂あこ、解釈・構成・時田とおる、・2016年1月号-連載中) 原作曲はAnniversary Maxi「」。 『Nein 〜9th Story〜』(・2016年1月号-連載中) 原作曲は9th Story CD「」。 複数作家によるオムニバス連載。 有坂あこ 第1話、第6話 、渡太一(第2話)、(第3話)、神江ちず(第4話)、Jay. (第5話)• 『Moira』(画:、・2016年1月号-連載中) 原作曲は6th Story CD「」。 ノベライズ作品 単行本• 『Elysion 二つの楽園を廻る物語』(著:、装画:、、上下巻)• 『Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語』(著:、装画:、、上下巻) ライブ写真集• Triumph 〜第二次領土拡大遠征の軌跡〜(2008年2月8日、ライブツアー「第二次領土拡大遠征」を収録したDVDも付属)• Memorial Issue「The Great Hope of the Territorial Revival」(2011年12月10日) その他参加作品• - BGM・エンディングテーマ「LiNK」のみ担当。 アルバム未収録曲 主にコンサート及びライブ限定の楽曲。 一部は各公演の映像ソフトに収録されている。 この他にも歌詞やバージョン違いなど多数存在する。 栄光の移動王国 -The Glory Kingdom- Sound Horizon Kingdomの国歌。 歌詞は一般公募によって集められたフレーズを元にRevoが作詞。 2009年にはスタッフからの案を元にした二番の歌詞が追加され、2011年にフルコーラスの楽曲として完成。 アルバムには未収録だが、DVD等に収録されている。 海を渡った征服者達(コンキスタドーレス) 『聖戦のイベリア』に連なる、達の物語を歌った楽曲。 語り手に大塚明夫も参加。 冬の伝言 ボーカルはHiver Laurant。 『Roman』収録曲「11文字の伝言」へのアンサーソング。 遺言 ライブイベント「国王聖誕祭」に集ったファンに対し、Revoが感謝と一期一会の気持ちを込めたメッセージソング。 リオンの原型はキングレコード社内のヒット賞受賞者に対して与えられる獅子型のトロフィーから。 コスモポリタン・ナポリタン Revoやバンドメンバーが扮する謎の音楽ユニット「イタリア兄弟」の持ち歌の一つ。 曲名の「TNG」はIdolfried Ehrenbergの口癖である「低能が(Tei Nou Ga)」の略。 Revive 「第一次領土復興遠征」のテーマソング。 歌詞は一般公募によって集められたフレーズを元にRevoが作詞し、公式サイト上で音源が配信された。 メインフレーズを元に、大幅なプログレッシブアレンジを加えたインストゥルメンタル曲「Prayer」も存在する。 出演 Revo個人名義で出演しているものは「 」の項目、Linked Horizonとして出演しているものは「 」の項目に記載。 テレビ番組• Sound Horizon 5th Anniversary Program Across The Horizon Special(2009年12月9日、) ラジオ• メジャーデビュー5周年記念特別番組「Sound Horizon on the Radio」(2009年11月9日・11月16日、 )• Sound Horizon ラジオから繋がる物語(2010年2月28日、) 映画• Sound Horizon 5th Anniversary Movie 『Across The Horizon』(2009年11月)• Sound Horizon 10th Anniversary Movie 『The Assorted Horizons』(2014年6月)• 9th Story Concert Nein 〜西洋骨董屋根裏堂へようこそ〜(2015年10月) 脚注 注釈• ほか多数• 2007年1月12日放送 『』でのコメントより。 2015年4月24日. 2014年4月24日閲覧。 外部リンク 公式サイト• - Sound Horizon公式サイト• - 所属レコード会社による公式サイト• - - Sound HorizonオフィシャルTwitterアカウント メンバーの公式サイト• - Revoによる公式サイト [ ]• - yokoyanによる公式サイト 特設サイト• - Sound Horizon10周年記念特設サイト• - Myspace内の公式アカウント [ ]• - 集英社によるコミック版『Roman』の特設サイト• - 角川書店によるコミカライズ作品・ノベライズ作品の特設サイト.

次の

【サンホラ・第九の地平線『Nein/ナイン』】懐かしいキャラクターやフレーズが満載!ストーリー考察が楽しいニューアルバム

スターダスト サンホラ

9th Story CD「Nein」 ジャケットの雰囲気は完全に未来という装いですね。 私はDVD付の【初回盤】を購入しましたが、【通常盤】のジャケットは懐かしいキャラクターテンコ盛りでたまらないジャケットに仕上がっていましたね。 【完全数量限定デラックス盤】の購入も少し悩みましたが、すごく大きいって事で見送らせていただきました。 曲は堪能できるし【初回盤】でいいよね…。 個人的に「憎しみを花束に代えて」と「涙では消せない焔」が第一印象ではお気にいり!元の曲補正もありますが…。 (猫といつも喧嘩している方です。 ) 名もなき女の詩 詩人バラットとルーナのIFストーリー!?おそらく歌詞にこれほど『パン』という単語が出てくる曲は他にないでしょうねwとにかく楽しい!私の腹もパンでパンパンにして欲しいです。 食物が連なる世界 これは第二の地平線『タナトス』のどの曲なんだろうか…。 「輪廻の砂時計」でいいのかな!? もう少し聴きこんでみないとですね。 本アルバムでは最長曲です。 (10分28秒) 最後の「あらっそう!?」って台詞がとても可愛らしい。 言えなかった言の葉 『LOST』の「ゆりかご」のIFですね。 繊細で今にも壊れそうでありながら力強いさもあります、とても素敵な曲です。 柳の樹皮に解熱作用があるなんてしりませんでした。 now on sale~ 憎しみを花束に代えて やっぱり「ダス子」は私のツボです。 「スターダスト」のイメージが完全に崩壊するような爆弾発言も飛び出しますが楽しいの極地。 「着る者は拒まないが脱ぐ者は許さない」は反則です。 西洋骨董屋根裏堂 ノエル君が訪れたのは怪しい骨董屋さん! 沢城みゆきさんが年齢の違うミシェルの声を兼ね役でやっているのか!? これ凄い~ 涙では消せない焔 『Roman』の「焔」ですかな?今回の「将軍に続けぇぇぇ!」枠。 「アン、ドゥ、トロワ、撃てーーー!」 愛という名の咎 『Moira』からエレフとミーシャのターンです。 完全に二人の世界です…。 若本さんの熱演もありますよw 忘れな月夜 『Marchen』からエリーザベトの登場でございます。 アクセスしてみると謎のテキストが表示されました、一体どういう事なんだろう…。 最果てのL ノエル君がどんどん愛されキャラになっていく~。 「聴いてくれ、ナイン!」 歌詞カードが読めない…。 これが歌詞です!もはや読ますことを放棄していますよねw 他の曲もかなりの難易度ですが、「食物が連なる世界」は群を抜いています。 どんな歌詞かは聴いてからのお楽しみ!カラオケにはこのまま表示されるのだろうか…。 新旧サンホラーへの贈り物 古くからのファンには「おぉ!」って曲のオンパレードで80分興奮しっぱなしになる事間違いなし!最近興味を持ったご新規さんや「サンホラって何?」って人にも『サウンドホライズン』の地平線の数々をプレ体験する入り口としてオススメできる一枚となっております。 「さーて聴きこむぞ!」 聴くたびに発見があるのも「サンホラ」の大きな魅力のひとつだよね~。 Amazon:.

次の