給付 型 奨学 金 対象 校。 高校生等奨学給付金制度とは?返済不要で家計が助かる! [学費・教育費] All About

高校生等奨学給付金制度について(国公立高等学校向け)

給付 型 奨学 金 対象 校

高校生等奨学給付金は、平成26年4月1日に「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第90号)」が施行されることに併せて、平成26年度から開始された補助事業です。 制度趣旨 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、国がその経費の一部を補助することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 国の補助基準は下記のとおりです。 なお、各都道府県において制度の詳細は異なりますので、具体の要件、給付額、手続等については、下記のリンク「高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧」にてご確認の上、お住まいの都道府県にお問合せください。 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万2,300円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額8万2,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額12万9,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万6,500円• 私立高等学校等に在学する者:年額3万8,100円• お問合せ先.

次の

高校生を対象とした給付型奨学金

給付 型 奨学 金 対象 校

公開日:平成30年(2018)2月28日 最終更新日:令和2年(2020)2月28日 1 制度の概要 本制度は家庭の経済状況にかかわらず、生徒が希望する進路に挑戦できるよう、生徒が学校の選択的教育活動に参加するために必要な経費を東京都が保護者に代わり支払う制度です。 PDF [707. 4KB]• PDF [925KB] 2 給付対象者 対象高等学校等• 都立高等学校(中等教育学校後期課程を含む。 都内に存する一部の国公立高等学校(中等教育学校後期課程を含む。 )及び国立高等専門学校(3学年までに限る。 都立特別支援学校高等部(専攻科を含む。 都内に存する国立特別支援学校高等部(専攻科を含む。 ) 対象者及び給付限度額 次の対象世帯のいずれかに属する生徒 給付対象世帯 年収目安 給付限度額 生活保護受給世帯並びに 前年度の都道府県民税所得割額及び区市町村民税所得割額の合算が非課税の世帯 約250万円未満 50,000円 前年度の都道府県民税所得割額及び区市町村民税所得割額の合算が85,500円未満の世帯 約250万円~ 約350万円未満 30,000円• 1 休学又は留学の許可を受けている場合• 2 高等学校等を卒業又は修了したことがある場合(都立特別支援学校高等部専攻科及び都内に存する国立特別支援学校高等部専攻科に在学する場合を除く。 3 措置費(見学旅行費及び特別育成費のうち加算分)が措置されている場合• 4 前年度の1月1日現在、保護者の一方でも海外在住等で、課税情報が取得できない場合• 3 給付対象経費• 1 学校行事における経費(勉強合宿費、語学合宿費、介護実習費等)• 2 学力向上に向けた経費(模擬試験受験料、実力テスト受験料等)• 3 検定試験経費(英語検定費、漢字検定費、簿記検定費等)• 4 資格試験経費(危険物取扱者取得費、電気工事士資格費等)• 5 就労に向けた実習等における経費(実習に必要な装備品、保険料等)• 6 自立と社会参加に向けた障害支援機器等に要する経費(フレキシブルアーム購入費等)• 詳細な給付対象経費については各学校へお問い合わせください。 4 申請について• 1 給付金を申請される方は「5 手続に必要な書類」を御確認の上、東京都立高等学校等給付型奨学金の受給に係る申請書又は東京都立特別支援学校等給付型奨学金の受給に係る申請書と対象世帯であることが分かる書類を提出してください。 2 後日、学校から認定結果に係る通知が届きます。 認定された生徒は、各学校が認めた支給対象経費に対して、支給限度額まで保護者の負担なく参加できます。 5 手続に必要な書類 申請者全員 東京都立高等学校等給付型奨学金の受給に係る申請書 又は 東京都立特別支援学校等給付型奨学金の受給に係る申請書• 生活保護受給世帯 生活保護受給証明書• 生活保護の対象であることを確認できること• 親権者が生活保護の対象となっている旨の記載があるもので、原則として申請日前3カ月以内に発行のもの• 生活保護の対象であることを確認できない場合は、都道府県民税所得割額及び区市町村民税所得割額を確認できる書類 都道府県民税所得割額及び区市町村民税所得割額の合算が85,500円未満(非課税含む。 )の世帯 マイナンバー収集台紙(都立学校経営企画室でのみ配布)• [1]前年度の住民税(非)課税証明書 [2]前年度の特別徴収税額通知書 [3]前年度の住民税納税通知書• 6 提出先及び提出に関するお問い合わせ先について• 生徒が在学している都立高等学校、中等教育学校及び特別支援学校の経営企画室• 生徒が在学している国公立高等学校及び特別支援学校等の事務室 お問い合わせ 高等学校、中等教育学校(後期課程) 教育庁都立学校教育部高等学校教育課経理担当 電話: 03-5320-6744 ファクシミリ: 03-5388-1727 メール: S9000011 at section. metro. tokyo. jp 迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。 お手数ですが、メール送信の際は at を に置き換えてご利用ください。 特別支援学校(高等部) 教育庁都立学校教育部特別支援教育課経理担当 電話: 03-5320-6754 ファクシミリ: 03-5388-1728 メール: S9000012 at section. metro. tokyo. jp 迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。 お手数ですが、メール送信の際は at を に置き換えてご利用ください。

次の

奨学金の制度(給付型)

給付 型 奨学 金 対象 校

下表に記載の事由に該当し、対応する証明書類を提出できる場合、家計急変として申込みができます。 事由 証明書類 A:生計維持者の一方(又は両方)が死亡 下記のいずれか ・戸籍謄本(抄本) ・住民票(死亡日記載) B:生計維持者の一方(又は両方)が事故又は病気により、半年以上、就労が困難 ・医師による診断書 及び ・病気休職中であることの証明書 C:生計維持者の一方(又は両方)が失職(非自発的失業の場合に限る。 なおこの場合、編入学又は転学する前に在学していた学校を卒業又は修了等した後1年以内に現在在学する大学等に編入学又は転学している必要があります。 (2)高等学校卒業程度認定試験(以下「認定試験」といいます。 )の受験資格を取得した年度(16歳となる年度)の初日から認定試験に合格した日の属する年度の末日までの期間が5年を経過していない人(5年を経過していても、毎年度認定試験を受験していた人は含みます)で、かつ認定試験に合格した日の属する年度の翌年度の末日から大学等へ入学した日までの期間が2年を経過していない人 (3)以下のA~Cのいずれかに該当する人(その他、外国の学校教育の課程を修了した人など) A 学校教育法施行規則第150条に該当する高等学校等を卒業した人と同等以上の学力があると認められる以下のいずれかに該当する者として入学した人であって、それに該当することとなった日の属する年度の翌年度の末日から、大学等へ入学した日までの期間が2年を経過していない人 (ア)外国において学校教育における12年の課程を修了した人又はこれに準ずる人で文部科学大臣の指定したもの (イ)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した人 (ウ)文部科学大臣の指定した人 B 学校教育法施行規則第150条又は第183条に規定する以下のいずれかに該当する者として入学した人であって、高等学校(中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部を含む。 申込みの際は、在留資格及び在留期間の記載がある書類の提出が必要です。 申込者年次 学業成績等に係る基準 1年次 (2019年度秋入学者含む) 次の(a)~(c)のいずれかに該当すること。 (a)高等学校等における評定平均値が3. 区分 学業成績の基準 廃止 1.修業年限で卒業又は修了できないことが確定したこと 2.修得した単位数(単位制によらない専門学校にあっては、履修科目の単位時間数。 )の合計数が標準単位数の5割以下であること 3.履修科目の授業への出席率が5割以下であることその他の学修意欲が著しく低い状況にあると認められること 4.「警告」の区分に該当する学業成績に連続して該当すること 警告 1.修得した単位数の合計数が標準単位数の6割以下であること(「廃止」の区分の2に掲げる基準に該当するものを除く。 ) 2.GPA等が学部等における下位4分の1の範囲に属すること 3.履修科目の授業への出席率が8割以下であることその他の学修意欲が低い状況にあると認められること(「廃止」の区分の3に掲げる基準に該当するものを除く。 ) (1)収入基準 収入基準は以下のとおりです。 【A】家計急変の事由に該当する生計維持者については、家計急変後の収入から推計する年間所得の見込額をもとに支給額算定基準額を算出します。 【B】あなた(学生本人)と家計急変の事由に該当しない生計維持者については、最新の課税情報に基づき支給額算定基準額を算出します。 なお、それぞれの区分における収入の上限額の目安は以下のとおりです。 収入基準は、収入・所得に基づく課税標準額等により設定されているため、世帯構成、障害者の有無、各種保険料の支払い状況等により、目安の金額を上回っていても対象となる場合や、下回っていても対象とならない場合があります。 2020年7月以降に申し込む場合は2019年12月31日)時点で19歳~22歳であり、本人に市町村民税が課税されていないものとして試算しています。

次の