エルレイド 色。 【ソードシールド】捕獲要員におすすめのポケモン【ポケモン剣盾】

【ポケモンGO】エルレイドのおすすめ技と最大CP&弱点

エルレイド 色

【良いところ】• エルレイドは攻撃種族値が高く火力があります。 さらなる攻撃力UP手段として「つるぎのまい」「ビルドアップ」を習得できます。 エスパー技に耐性のある鋼・悪タイプも「インファイト」で効果抜群がとれます。 エルレイドは特防種族値が割と高いです。 特殊技なら弱点を突かれてもそうそう落ちません。 耐久無振りのエルレイドは、 ・特攻特化リザードンの「エアスラッシュ」で79. 7~93. ゲンガーは最速にするためおくびょうが多いので性格補正無しで計算、個体値はVを仮定 耐久無振りでもタイプ一致の弱点攻撃をこれだけ耐えるので、特殊耐久はそこそこ安定していると言えるでしょう。 エルレイドに効果抜群である飛行、ゴースト特殊技の威力が低いというのもポイントです。 ただ、耐久無振りエルレイドの場合、特攻全振り性格補正無しサンダースの「10まんボルト」でも中乱数2 個体値はVを仮定 と、確定数だけで言うならあまり過信しない方がいいかもしれません。。 「さいみんじゅつ」「あやしいひかり」「おにび」「みちづれ」など、個性的な補助技を覚えることができます。 「さいみんじゅつ」「あやしいひかり」で相手の攻撃回数を減らし、その間に「つるぎのまい」を積むこともできます。 ハートゴールド・ソウルシルバーではタマゴ技に「アンコール」が追加されたので、相手が積み技を使ってきたらその技を「アンコール」で縛り、その隙に「つるぎのまい」を積みましょう。 【悪いところ】• 物理耐久がなく、素早さもそこまで早くありません。 相手が物理アタッカーだと、「きあいのタスキ」や「さいみんじゅつ」がないとキビシイです。 素早さは激戦区の80族なので、調整が難しいです。 そこまで気にしなくてもよいと思いますが、メインウェポンのエスパー技と格闘技がどちらも、ミカルゲ・ヤミラミに無効です。 相手がこれらのポケモンに交換してきたら、単純なフルアタエルレイドでは基本的に勝てません。 エルレイドの型 性格 : いじっぱりorようき 努力値: 攻撃252、素早さ252、HP6 耐久・素早さは調整でも可 持ち物: こぶしのプレート、いのちのたま等火力UP系orラムのみ メイン: インファイト、サイコカッター サブ技: じしん、れいとうパンチ 補助技: つるぎのまい、さいみんじゅつorおにび、あやしいひかり エルレイドは元々攻撃力が高いですが、「つるぎのまい」でさらなる決定力を得ます。 エルレイドは物理耐久はないので、なるべく特殊アタッカー相手に出しましょう。 一度「つるぎのまい」を積めれば、相手が物理アタッカーでも、エルレイドより遅ければ先制で突破しやすいです。 「つるぎのまい」1回使用後の「インファイト」では、エルレイドがようきならHP振りメタグロス超低乱数1、いじっぱりなら中乱数1という感じです。 個体値はVを仮定 場に出したら「さいみんじゅつ」や「あやしいひかり」で相手の行動を制限しつつ、「つるぎのまい」を積みます。 相手が物理アタッカーに交換してくると読んだら、「おにび」でもOKです。 相手の特性「こんじょう」には注意 エルレイドの「さいみんじゅつ」で相手を眠らせたままにすれば、「つるぎのまい」を3回積めることもありますが、催眠は嫌われることも多くあまりオススメはできません。 特殊耐久は無振りでも結構あるので、相手が特殊アタッカーなら「あやしいひかり」でも十分だと思います。 技構成は、「つるぎのまい」「インファイト」「サイコカッター」「選択肢」という感じです。 つるぎのまいを積めるだけ積んだら、あとは「インファイト」と「サイコカッター」で攻めるのみです。 【物理フルアタ型】 性格 : いじっぱりorようき 努力値: 攻撃252、素早さ252、HP6 耐久・素早さは調整でも可 持ち物: こぶしのプレート、いのちのたま等火力UP系orこだわりスカーフorきあいのタスキ メイン: インファイト、サイコカッター サブ技: じしん、ストーンエッジ、かみなりパンチ、れいとうパンチ、ほのおのパンチ、リーフブレード、つじぎり、かげうち 補助技: なし エルレイドは優秀なサブウェポンを数多く覚えるので、サブウェポンの多さを生かしてフルアタにしてみました。 「インファイト」と「サイコカッター」を入れると残りスペースが2つなので、仮想敵に合わせてサブウェポンを決めましょう。 「サイコカッター」は入れなくてもよいです。 サブウェポンはいろいろあるので、パーティの天敵を狩れるものを揃えたいところです。 持ち物とサブウェポンを変えることにより、倒せる相手が変わります。 自分より速い物理アタッカー相手にはキビシイので、特殊アタッカーOR自分より遅い物理アタッカー相手に出します。 また、素早さを補うために「こだわりスカーフ」を持たせて、弱点を突ける相手に出していくという使い方もあります。 攻撃全振り・性格補正無し「じしん」でHP振りジバコイルを確1。 攻撃全振り・性格補正無し「ストーンエッジ」で耐久無振りギャラドスを「いかく」込みで確2。 攻撃全振り・性格補正無し「かみなりパンチ」で耐久無振りギャラドスを「いかく」込みで確2。 「いかく」がなければ確1。 攻撃全振り・性格補正無し「れいとうパンチ」で耐久無振りガブリアスを高乱数1。 攻撃全振り・性格補正無し「ほのおのパンチ」でHP振りハッサムを中高乱数1。 攻撃全振り・性格補正無し「リーフブレード」でHP振りラグラージを確1。 攻撃全振り・性格補正無し「リーフブレード」でHP振りミロカロスを確2。 防御特化ミロカロスは確3。 攻撃全振り・性格補正無し「つじぎり」で耐久無振りゲンガーを低乱数1。 攻撃全振り・性格補正ありでも中高乱数1。

次の

エルレイド|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

エルレイド 色

最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。 久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。 今回はラルトスから進化する「エスパー・かくとう」複合タイプのポケモン「エルレイド」。 475 エルレイド 全国図鑑番号: No. 475 シンオウ地方・第四世代 初出:『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』 ニンテンドーDS 2006年 分類:やいばポケモン 英語名:Gallade 図鑑の解説「伸び縮みするヒジの刀で戦う。 居合の名手。 礼儀正しいポケモン。 625) 種族値:HP 169・攻撃237・防御195 エルレイドの入手方法 2019年8月時点 : ・ラルトス、キルリアからの進化。 ・ラルトスが10kmタマゴから孵化。 弱点をつけて、エルレイドのかくとうタイプの攻撃に耐性もあるギラティナや、かくとう・エスパータイプのどちらの攻撃にも耐性のあるミュウツー、サーナイトなどがおすすめ。 サーナイトは進化前ポケモンがラルトス(キルリア)という同じ進化系列のポケモンながら、フェアリータイプの攻撃で弱点もつけて、攻撃に耐性もあります。 エルレイドのバトル評価:優 エルレイドは「エスパー・かくとう」タイプ。 攻撃種族値が高く、かくとうタイプ、エスパータイプどちらで育てても有力なアタッカーになります。 かくとうタイプではカイリキーより攻撃種族値が高い一方、わざの性能に恵まれないのが残念な点。 2019年8月3日のラルトス コミュニティ・デイ限定で、使い勝手の良いエスパーわざ『シンクロノイズ』を習得可能。 エスパータイプの技で統一した場合、カイリキーなどのかくとうタイプに大ダメージを与えつつ、かくとうタイプの攻撃に耐性もある、攻防優位なかくとうタイプ対策として場持ちよく戦えます。 エルレイドといえば: 人気の「ラルトス・キルリア・サーナイト」一家に後から加わった分岐進化。 サーナイトはオスでもメスでも進化できますが、エルレイドはオスのキルリアからのみ、アイテムを使って進化します。 ポケモンGOでも進化アイテム「シンオウのいし」が必要。 ラルトスが大量発生する2019年8月3日のコミュニティ・デイでは、終了後一時間のあいだ 20時まで にキルリアから進化させることで、エスパータイプの限定技「シンクロノイズ」を習得できます。 のタイプ相性表。 ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1. 2タイプで両方が弱点 二重弱点 の場合は約2. 例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃 耐性は「いまひとつ」が約0. 63倍。 「効果がない」はポケモンGOでは約0. 4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

次の

ポケモンで・・・フーディンとエルレイドのうまい使い方教えてください。

エルレイド 色

第4世代で新たに進化系統が増えたポケモンの1匹。 第4世代当時は タイプ2にかくとうタイプが付加されたという考えで良かったが、では タイプ2がかくとうタイプに変化したと考える方が正しくなった。 に近い容姿をした。 男性的な外観で、両肘に刃物のような突起がついている。 突起は自由に伸び縮みさせられる。 名前の由来は恐らく 「エル(エルニーニョ:スペイン語で男の子またはエルボー:英語で肘)+レイド(ブレイド:英語で刃)」だろうか。 とても尻がでかい。 むしろ尻だけでなく前の方もとても大き……もとい、腰が全方向に膨れている。 サイコ的な何かでも溜めているのだろうか? 体格も華奢な外見だったサーナイトと比べるとバランスの取れたものとなっており、足腰もしっかりしている。 このため、サーナイトとは異なり、 長距離を移動する際には走って移動する。 ちなみに足元は足袋のようにも見え、下記設定を含め和のテイストが強く出ている。 礼儀正しいポケモンで、の名手でもある。 誰かを守ろうとした時に、肘を伸ばしての様にして激しく戦う。 しかし、下手に力を乱用する事はなく、。 また、相手の考えを敏感にキャッチする為、相手より先に攻撃する事ができる。 しかしながらと同様、 図鑑には野生での生態が書かれていない。 石で進化することもあり、と同じく人間環境下でのみ進化するポケモンと考えられる……と思いきや、サーナイト同様に ので、遂に野生の個体とシンボルエンカウントできるようになった。 ゲーム上の特徴 サーナイト同様、 ひ弱だったキルリアから一気に強くなり、頼もしいポケモンになった。 能力 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 合計値 エルレイド 68 125 65 65 115 80 518 サーナイト 68 65 65 125 115 80 518 サーナイトの「こうげき」と「とくこう」の種族値を入れ替えたステータスをしている。 エスパータイプのポケモンとしては珍しく「こうげき」の方が「とくこう」より高い。 やなどと並び貴重な物理である。 加えて「とくぼう」もかなり高く、弱点タイプの特殊技も高確率で耐えることが出来る。 ラルトス一家の例に漏れず、多種多様な技を覚える。 攻撃技の候補としては、タイプ一致の「」「」「」などを軸に、「」「」「」など。 チャーレムと異なり「」や先制技の「」があるためエスパー・ゴースト相手でも止まらない。 補助技の候補としては、「」「」「」「」「」「」などが挙げられる。 特に、手間をかければ「」「」「」を全て覚えられるので捕獲要員としても役立つ。 また、ORASで新たに「」「」を得て、「」「」などと組み合わせて複数戦のサポート要員にも名乗りを挙げた。 はサーナイトと違い「せいぎのこころ」である。 の技を受けると攻撃が上がるという優秀な特性だが、他の多くの「せいぎのこころ」持ちと異なりの技を半減することができない。 「ぼうぎょ」も低い為あまり受け続けられないのが難点(流石に「」でやられるようなことはないと思うが……)。 それでも通常特性の「ふくつのこころ」よりかは優秀で、「」を撃たれづらくなるという点は大きいのでメガシンカさせずに使うならこちらで厳選してもいいだろう。 『』でサーナイトにが追加され、エスパー共々の弱点を突くようになった。 これによって何と サーナイトがタイプ一致技でエルレイドの弱点を突いてくるようになってしまった。 正に嫁の尻に敷かれる旦那の図。 なんてこった。 厄介な「」は「ワイドガード」で無効化できる。 エルレイド自身も『』でメガシンカを獲得しており、その場合すばやさで上回るので先手で対処することも可能。 ……いずれにしても熾烈なと言える。 他作品での活躍 『探検隊』以降 レイダースという探検隊のリーダーになっている。 他のメンバーは、。 だが彼らは物語終了後を救出したところにちらっと出て来るだけで、どういう存在なのかは一切不明。 のパートナー。 技は「サイコカッター」で、正面2マス攻撃。 「敵に回すと厄介、しかし味方にすると心強い」という性能ではあるが、がを手にしてしまうとお留守番が多くなりがち。 ただしエスパータイプ唯一の「ししふんじん」持ちなので、一度特性が発動すれば強い。 2019年2月1日、満を持して実装された。 シンオウストーンは現在のところフィールドリサーチの「大発見」(7日達成ボーナス)やトレーナーバトルの報酬などでしか入手方法がなく、非常に稀少。 こいつ以外にも進化先がたくさんいるので使用は慎重に。 性能はというと、かくとうタイプとしてはそれなりの性能といったところ。 最大CPは高く3000を超える。 通常技に「けたぐり」があるため発生が早い。 かくとうゲージ技は「」しか覚えられないため、現状などに一歩劣っていると言わざるを得ない。 とはいえ「けたぐり」「インファイト」は発生が早いため相手の攻撃を避けやすいという利点があり、小回りを重視するなら採用の余地があるだろうか。 一方、エスパータイプとして見た場合、通常技で「」、ゲージ技で威力90の2分割ゲージ技であるを覚えられるので、それなりには使える。 また、のでは限定技として威力80の半分ゲージ技である「 」を習得できた。 ジム戦やレイドではただのサイコキネシスの劣化版にしかならないが、こちらはトレーナーバトルでも半分ゲージ技のままなので、その点では差別化できている。 なお、原作では習得できた「サイコカッター」は残念ながら習得不可。 今後のアップデートで習得できるようになることを祈りたい。 2019年7月から何故か通常技に 「」が追加された。 ……「あまえる」!? 一応かくとうタイプでは唯一の追加で、数多くいるドラゴンタイプへの牽制にはなるが、自らの弱点に対抗できるわけではない上にと異なりタイプも不一致のため誰得追加である。 ジム防衛でかくとう対策として使う場合に出番があるかどうかといったところ。 総じて、フェアリータイプのエースとして大車輪の働きをしているサーナイトと比べると聊か地味な存在である点は否めない。 もっとも、かくとうおよびエスパータイプには既に強力なアタッカー(=ライバル)が大勢いるという事情もあるので、決してエルレイド自身が弱いというわけではない。 主な使用ポケモントレーナー• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 00:26:20• 2020-07-19 00:26:12• 2020-07-19 00:25:43• 2020-07-19 00:25:40• 2020-07-19 00:24:31 新しく作成された記事• 2020-07-19 00:24:43• 2020-07-19 00:18:23• 2020-07-19 00:08:32• 2020-07-19 00:05:52• 2020-07-18 23:39:08•

次の