電力 会社 ランキング。 電力会社ランキング

初心者でもわかる!電力会社の選び方おすすめランキング2020|電気料金・安全性・サービスを徹底比較!人気のおすすめ電力会社をランキング形式でご紹介

電力 会社 ランキング

電気事業者の販売電力量の推移(出所:、グラフは業界動向サーチが作成) 需要電気量の都道府県別でみると、最も多いのが東京都の782憶kWh、次いで愛知県の601憶kWh、大阪府の572憶kWhの順でした。 主要都市部において電力の消費量が多いことが分かります。 電力業界はかつてない転換期を迎えています。 2011年の東日本大震災による福島原発事故をきっかけに、原子力発電所の安全性が問われ全ての原発が停止に陥りました。 このような状況により、 大手電力会社では火力発電へのシフトが一気に進みました。 日本の電力の一翼を担ってきた電子力発電所でしたが、2020年5月現在、稼働中の原子力発電所は33基中わずか6基のみです。 再稼働が可能となったのはすべて西日本側、東日本側においては依然ゼロという状況です。 原子力発電所においては新たな課題も浮かび上がっています。 電力各社にはテロ対策施設の設置義務が設けられていますが、施設の建設が期限に間に合わない場合、原発の停止が求められています。 九州電力は2020年3月から2基の原発が稼働停止、再稼働で料金の値下げを行ってきた関西電力でも停止が予定されています。 現在は電力自由化の進展により、大手電力会社の垂直統合型ビジネスに変化が訪れています。 1995年の発電部門の自由化から始まった電力自由化は、 2016年には小売り販売が完全自由化され、家庭やコンビニエンスストアなども対象となりました。 従来の電力会社に加え、ガス、石油、通信など他分野からの新規参入が相次ぎ、電力業界の競争は激化しています。 2019年9月家庭向け電力販売のシェアは15. 8%と、引き続き堅調な推移を見せています。 当初よりも伸びが弱いとの声もありますが、高圧帯では20%近い水準まで急騰、今後もさらなる需要の伸長が想定されます。 2020年4月には新たに「発送電分離」が実施され、大手8社 沖縄電力除く の発電と送配電事業が別会社に分離されました。 発電と小売りの自由化によって多くの事業者が送配電設備の利用が必要となります。 発送電分離によって大手や新規を含むすべての企業が、公平に利用できるようになります。 新規事業者が増えることでサービスや料金面での改善も活発化され、消費者の選択の幅も広がります。 一方、顧客獲得競争が激化することで、電力会社の収益の不確実性が高まったとの見方もあります。 進む「脱炭素化」再生エネルギー 火力発電依存が現状 世界では「脱炭素化」に向け、再生可能エネルギーへのシフトが進んでいますが、コストが高い等の理由により日本は遅れをとっています。 国内の再生可能エネルギー導入率は2017年現在で16%、日本政府は2030年までに導入水準を22~25%との目標を掲げており、再生可能エネルギーへの取り組みが急務となっています。 しかしながら、東日本大震災以降原発が停止したことで、火力発電への依存度が高いのが現状です。 石炭やLNGなどの火力による発電は、電力全体の約88%もの割合を占めています。 一方、 再生可能エネルギーにはコスト面以外にも多くの課題があります。 日本は平地が少ないことや、季節や天候によって発電量が変わります。 発電量と消費量のバランスを取る必要があり、主力電源化にはあらゆる対策が必要となります。 再生可能エネルギー分野に新規参入する企業も増え、大手電力各社も太陽光や風力や洋上風力、水力発電など再生可能エネルギーの普及拡大に取り組んでいます。 安定した電力の供給と市場競争を促進をいかにマッチングさせるかなど、電力業界は新たな局面を迎えるとともに、新しい課題も見えつつあります。

次の

電力会社おすすめ比較ランキング!おすすめ新電力15社を徹底比較【2020年6月】

電力 会社 ランキング

「どこの電力会社が良いかよくわからないから、とりあえずネットのランキング記事で上位のところにしておけばいいか…」 なんて思っていたら 大間違いですよ! というのも、あなたが何人家族でどんな生活スタイルか、つまり どれくらい電気を使うのかによっておすすめな電力会社は変わるからです。 電力会社によって、 月5,000円くらいの人がお得になるところもあれば、 月10,000円を超えないとお得にならないところもあります。 そこでこの記事では、 毎月の電気代から選ぶおすすめな電力会社を紹介します。 毎月のだいたいの電気代から選ぶことで、あなたの電気使用量にぴったりなおすすめの電力会社を見つけることができるはずです。 ぜひ、 自分の生活スタイルに合った電力会社を見つけてくださいね! 記事の内容• 電気代から選ぶおすすめ新電力会社5選 それでは、 毎月の電気代ごとにおすすめな電力会社を紹介します。 「電気代が高かった月と、そうでない月の電気代がどの範囲にあてはまるか」で選んで下さい。 40円 800. 28円 40A 1123. 20円 1010. 88円 50A 1404. 00円 1263. 60円 60A 1684. 80円 1516. 32円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 17. 57円 120kWh~300kwh 26. 00円 23. 40円 300kWh~ 30. 02円 27. 一人暮らしでは最安レベルのため大変おすすめですよ。 関西電力からHTBエナジーの"関西たこやき"プランに変更したのでサイト覗いたらこんな感じで確認できた。 確認はしてないけど関西電力のサイトでも登録してれば似たような事ができたかも。 つまり、電気の使用量が少ない方でも確実にお得になるということ。 例えば、新電力でシェアNo. 1の東京ガスには使用量の少ない方向けのプランがありますが、それでも東京電力より 数十円~100円程度しか安くなりません。 一方のHTBエナジーは、例えば月の電気代が3,500円くらいなら東京電力より 350円も安くなります。 こんなに使用量が少ないのにここまで安くなるのは、HTBエナジー以外にありません。 関東以外のエリアでも関西を除くすべてのエリアで一律5%OFFになるので、 どのエリアの方でもかなりお得に利用できますよ。 (関西エリアでは最大6%OFF) 電気をあまり使わないから電力会社を切り替えても意味がない…と思っている方にこそHTBエナジーはおすすめです。 4円 0円 40A 1123. 2円 50A 1404. 0円 60A 1684. 8円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 26円 120kWh~300kwh 26. 00円 300kWh~ 30. Looopでんきにしてみる。 なんと基本料金0円。 その結果と4ヶ月間で約1000円安くなっている模様。 なんの苦労もせず申込しただけなので結構費用対効果は大きいと思う。 電気代安いだけじゃなくて、対応も素晴らしい。 Looopでんきの特徴はなんと言っても 「基本料金0円」のシンプルプラン。 基本料金がかからないということは、それだけで 毎月1,000円程度が節約になるということ。 一般的にたくさん使うほど高くなる電気代の単価(従量料金)が一律なので、使えば使うほどお得になっていきます。 使った分だけ電気代を支払えばいいという究極のシンプルプランが人気を博し、 2019年現在最も勢いがある電力会社です。 また、多くの電力会社が電気をあまり使わないとお得にならないのに対して、Looopでんきは使用量が少なくても基本料金がかからない分安くなります。 電気をあまり使わないと月5,000~6,000円程度の電気代になるような方であっても、確実にお得になるのがおすすめポイントです。 契約期間の縛りもないですし、いつ解約しても違約金はかからないので、検討されている方はお試し感覚で申し込むのも全然ありです。 実際に私も軽い気持ちでLooopでんきに切り替えて1年が経ちましたが、 毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。 万が一1ヶ月試してみて思ったほど安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話ですしね。 40円 842. 40円 40A 1123. 20円 1123. 20円 50A 1404. 00円 1404. 00円 60A 1684. 80円 1684. 80円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 19. 52円 120kWh~300kwh 26. 00円 24. 09円 300kWh~ 30. 02円 25. 82円 279. 82円 従量料金 15kwh~120kWh 19. 95円 19. 94円 120kWh~300kwh 25. 33円 23. 56円 300kWh~ 28. 76円 26. 月では約1,600円。 Looopでんきの「基本料金0円」ほどのインパクトはありませんが、 従量料金(使った量に応じて払う料金)の単価が低く設定されているためかなりの安さを実現しているんです。 特にたくさん使った場合( 月10,000円~)に安くなるのが特徴です。 また、電気代の支払いで TポイントやANAマイルを貯められたり、車を使う方は ガソリン代の割引を選ぶこともできます。 ポイント特典がある電力会社は他にもありますが、しっかりと電気料金も安くなるところは実は少ないんです。 電気料金をしっかり節約して、さらに特典も受けたいという方にピッタリなのがENEOSでんきなんです。 以前は関東でしか利用できませんでしたが、今年の4月から関西でも利用できるようになりました。 さらに、 WEB窓口申し込み限定でもれなく3,000円のキャッシュバックも実施しています。 いつ解約しても無料で解約できるので、気になる方はお早めの申し込みをおすすめします。 これ、結構ポイントだと思う。 電気の使用量が少ない家庭ではこれまでよりも… — 電力会社Hack denryokuhack 遅ればせながら、我が家の電気は本日から「ミツウロコグリーンエネルギー」のクリーンエネルギーを利用することになりました。 さようなら東京電力。 さようなら原発。 教会の電力も遅ればせながら、現在切り替え検討中です。 ちびまる子ちゃんのCMで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? 電気をまあり使わないと今までとほとんど変わらないですが、たくさん使う方にはかなりお得な料金設定になっています。 特に、電気を300kwh以上使った場合の従量料金 電気の使用量に応じて払う単価 は25. 300kwh以上使うというと毎月の電気代が10,000円程度になるので、 毎月10,000円を超えるような方はかなりの節約が期待できるということです。 ちなみに電気をあまり使わない方向けのプランもありますが、正直他の電力会社と比べると微妙なので、あくまでたくさん使う方向けと言えます。 (月によって10,000円を大きく下回ることが多いという方は、で紹介した LooopでんきやENEOSでんきを見てみてくださいね!) 電気の使用量をWEBで確認できたり、停電やコンセントの不具合などの 電気トラブルを無料で対応してくれるなどのサービスがあるのも嬉しいポイントです。 ちなみに下記のWEB窓口から申し込めば、 もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。 キャッシュバックは4月限定なので、申し込むならお早めをおすすめします。 あしたでんきは東電系列でUQ的なもん。 LooopでんきはIIJ的な格安の雄。 単身者向け新電力なら使った分だけ、しっかり節約|ピタでん — koba0384 東電からF-Powerのピタでんに変えようか考えてる。 年間3万ぐらい電気代さがるっぽい。 デメリットは無いんだろうか? — Whellie Whellie9 毎月20,000円を超えるような方には ピタでんがおすすめです。 ピタでんの料金体系は500kwhまで一律の基本料金と、500kwhを超えた分に支払う超過料金 従量料金 で成り立っています。 仮に300kwhしか使わなかった場合でも500kwh分の定額料金を支払わなければならないので、必ず500kwh以上使う方におすすめの電力会社です。 基本的にこの定額料金は他の電力会社と比べてもかなり安く設定されているんですが、 エリアによってはほとんど安くならないところや逆に割高になるところもあるので注意が必要です。 特に北陸と九州エリアはもともとの電力会社の料金に対してピタでんの料金があまり安くなっていないので、シミュレーションのように場合によっては今までより高くなる可能性もあります。 上記のエリアの方は契約前に自分の電気使用量を確認しましょう。 また、ピタでんは顧客への対応の悪さから2018年に 業務改善勧告を受けています。 電気代は確かに安くなる場合が多いのですが、会社の評判や対応が気がかりな方は上で紹介した ミツウロコでんきも電気をたくさん使う人に向いているので、そちらも検討してみてください。

次の

【2019年版】電力業界の動向、現状、ランキング等を研究

電力 会社 ランキング

「どこの電力会社が良いかよくわからないから、とりあえずネットのランキング記事で上位のところにしておけばいいか…」 なんて思っていたら 大間違いですよ! というのも、あなたが何人家族でどんな生活スタイルか、つまり どれくらい電気を使うのかによっておすすめな電力会社は変わるからです。 電力会社によって、 月5,000円くらいの人がお得になるところもあれば、 月10,000円を超えないとお得にならないところもあります。 そこでこの記事では、 毎月の電気代から選ぶおすすめな電力会社を紹介します。 毎月のだいたいの電気代から選ぶことで、あなたの電気使用量にぴったりなおすすめの電力会社を見つけることができるはずです。 ぜひ、 自分の生活スタイルに合った電力会社を見つけてくださいね! 記事の内容• 電気代から選ぶおすすめ新電力会社5選 それでは、 毎月の電気代ごとにおすすめな電力会社を紹介します。 「電気代が高かった月と、そうでない月の電気代がどの範囲にあてはまるか」で選んで下さい。 40円 800. 28円 40A 1123. 20円 1010. 88円 50A 1404. 00円 1263. 60円 60A 1684. 80円 1516. 32円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 17. 57円 120kWh~300kwh 26. 00円 23. 40円 300kWh~ 30. 02円 27. 一人暮らしでは最安レベルのため大変おすすめですよ。 関西電力からHTBエナジーの"関西たこやき"プランに変更したのでサイト覗いたらこんな感じで確認できた。 確認はしてないけど関西電力のサイトでも登録してれば似たような事ができたかも。 つまり、電気の使用量が少ない方でも確実にお得になるということ。 例えば、新電力でシェアNo. 1の東京ガスには使用量の少ない方向けのプランがありますが、それでも東京電力より 数十円~100円程度しか安くなりません。 一方のHTBエナジーは、例えば月の電気代が3,500円くらいなら東京電力より 350円も安くなります。 こんなに使用量が少ないのにここまで安くなるのは、HTBエナジー以外にありません。 関東以外のエリアでも関西を除くすべてのエリアで一律5%OFFになるので、 どのエリアの方でもかなりお得に利用できますよ。 (関西エリアでは最大6%OFF) 電気をあまり使わないから電力会社を切り替えても意味がない…と思っている方にこそHTBエナジーはおすすめです。 4円 0円 40A 1123. 2円 50A 1404. 0円 60A 1684. 8円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 26円 120kWh~300kwh 26. 00円 300kWh~ 30. Looopでんきにしてみる。 なんと基本料金0円。 その結果と4ヶ月間で約1000円安くなっている模様。 なんの苦労もせず申込しただけなので結構費用対効果は大きいと思う。 電気代安いだけじゃなくて、対応も素晴らしい。 Looopでんきの特徴はなんと言っても 「基本料金0円」のシンプルプラン。 基本料金がかからないということは、それだけで 毎月1,000円程度が節約になるということ。 一般的にたくさん使うほど高くなる電気代の単価(従量料金)が一律なので、使えば使うほどお得になっていきます。 使った分だけ電気代を支払えばいいという究極のシンプルプランが人気を博し、 2019年現在最も勢いがある電力会社です。 また、多くの電力会社が電気をあまり使わないとお得にならないのに対して、Looopでんきは使用量が少なくても基本料金がかからない分安くなります。 電気をあまり使わないと月5,000~6,000円程度の電気代になるような方であっても、確実にお得になるのがおすすめポイントです。 契約期間の縛りもないですし、いつ解約しても違約金はかからないので、検討されている方はお試し感覚で申し込むのも全然ありです。 実際に私も軽い気持ちでLooopでんきに切り替えて1年が経ちましたが、 毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。 万が一1ヶ月試してみて思ったほど安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話ですしね。 40円 842. 40円 40A 1123. 20円 1123. 20円 50A 1404. 00円 1404. 00円 60A 1684. 80円 1684. 80円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 19. 52円 120kWh~300kwh 26. 00円 24. 09円 300kWh~ 30. 02円 25. 82円 279. 82円 従量料金 15kwh~120kWh 19. 95円 19. 94円 120kWh~300kwh 25. 33円 23. 56円 300kWh~ 28. 76円 26. 月では約1,600円。 Looopでんきの「基本料金0円」ほどのインパクトはありませんが、 従量料金(使った量に応じて払う料金)の単価が低く設定されているためかなりの安さを実現しているんです。 特にたくさん使った場合( 月10,000円~)に安くなるのが特徴です。 また、電気代の支払いで TポイントやANAマイルを貯められたり、車を使う方は ガソリン代の割引を選ぶこともできます。 ポイント特典がある電力会社は他にもありますが、しっかりと電気料金も安くなるところは実は少ないんです。 電気料金をしっかり節約して、さらに特典も受けたいという方にピッタリなのがENEOSでんきなんです。 以前は関東でしか利用できませんでしたが、今年の4月から関西でも利用できるようになりました。 さらに、 WEB窓口申し込み限定でもれなく3,000円のキャッシュバックも実施しています。 いつ解約しても無料で解約できるので、気になる方はお早めの申し込みをおすすめします。 これ、結構ポイントだと思う。 電気の使用量が少ない家庭ではこれまでよりも… — 電力会社Hack denryokuhack 遅ればせながら、我が家の電気は本日から「ミツウロコグリーンエネルギー」のクリーンエネルギーを利用することになりました。 さようなら東京電力。 さようなら原発。 教会の電力も遅ればせながら、現在切り替え検討中です。 ちびまる子ちゃんのCMで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? 電気をまあり使わないと今までとほとんど変わらないですが、たくさん使う方にはかなりお得な料金設定になっています。 特に、電気を300kwh以上使った場合の従量料金 電気の使用量に応じて払う単価 は25. 300kwh以上使うというと毎月の電気代が10,000円程度になるので、 毎月10,000円を超えるような方はかなりの節約が期待できるということです。 ちなみに電気をあまり使わない方向けのプランもありますが、正直他の電力会社と比べると微妙なので、あくまでたくさん使う方向けと言えます。 (月によって10,000円を大きく下回ることが多いという方は、で紹介した LooopでんきやENEOSでんきを見てみてくださいね!) 電気の使用量をWEBで確認できたり、停電やコンセントの不具合などの 電気トラブルを無料で対応してくれるなどのサービスがあるのも嬉しいポイントです。 ちなみに下記のWEB窓口から申し込めば、 もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。 キャッシュバックは4月限定なので、申し込むならお早めをおすすめします。 あしたでんきは東電系列でUQ的なもん。 LooopでんきはIIJ的な格安の雄。 単身者向け新電力なら使った分だけ、しっかり節約|ピタでん — koba0384 東電からF-Powerのピタでんに変えようか考えてる。 年間3万ぐらい電気代さがるっぽい。 デメリットは無いんだろうか? — Whellie Whellie9 毎月20,000円を超えるような方には ピタでんがおすすめです。 ピタでんの料金体系は500kwhまで一律の基本料金と、500kwhを超えた分に支払う超過料金 従量料金 で成り立っています。 仮に300kwhしか使わなかった場合でも500kwh分の定額料金を支払わなければならないので、必ず500kwh以上使う方におすすめの電力会社です。 基本的にこの定額料金は他の電力会社と比べてもかなり安く設定されているんですが、 エリアによってはほとんど安くならないところや逆に割高になるところもあるので注意が必要です。 特に北陸と九州エリアはもともとの電力会社の料金に対してピタでんの料金があまり安くなっていないので、シミュレーションのように場合によっては今までより高くなる可能性もあります。 上記のエリアの方は契約前に自分の電気使用量を確認しましょう。 また、ピタでんは顧客への対応の悪さから2018年に 業務改善勧告を受けています。 電気代は確かに安くなる場合が多いのですが、会社の評判や対応が気がかりな方は上で紹介した ミツウロコでんきも電気をたくさん使う人に向いているので、そちらも検討してみてください。

次の