くすみ 化粧水。 シミ・くすみ撃退!おすすめ美白化粧水と元メーカー員の比較ランキング

【30代におすすめ】化粧水ランキング27選!30代女性の口コミや専門家の分析で比較!

くすみ 化粧水

くすみ対策におすすめの化粧水8選 乾燥または古い角質によるくすみ対策におすすめしたい化粧水をご紹介します。 通販で気軽に購入できるものから、ドラッグストアなど身近なお店で市販されているものまで、化粧水も含めて幅広い中からピックアップしています。 保湿ケアにおすすめの化粧水と、角質ケアにおすすめの化粧水に分けてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 2-1 乾燥くすみにおすすめの化粧水 乾燥によるくすみにおすすめしたい化粧水をご紹介します。 保湿成分がきちんと含まれているおすすめの化粧水の中から、使い続けやすいように5,000円(税抜)以下の価格帯の化粧水をピックアップ。 さらに今回は、保湿ケアと同時に、メラニンの生成を抑えて・そばかすを防ぐ美白ケアもあわせて叶えてくれる化粧水を選びました。 ぜひ、参考にしてみてください。 美白有効成分「m-トラネキサム酸」、保湿成分「W」「はちみつ」「米ぬか」を配合。 肌をやわらげ、まるでシルクのようにつややかですこやかな肌に保ちます。 お好みに合わせて選べる2種類の使用感で展開。 お得な詰め替え用パックもあります。 無香料・無着色。 いずれも洗顔のあと最初に使うタイプの拭き取り化粧水です。 ぜひ参考にしてみてください。 くすみの主な原因 肌がくすんで見える原因はさまざまなものがありますが、主な原因は3つです。 3-1 乾燥によるくすみ うるおいが不足して乾燥すると、肌のキメが乱れたり、肌のツヤが失われるので、くすんで見えやすくなります。 また、乾燥した肌で、化粧ノリも良く感じられないこともくすんでみえる原因になりえます。 乾燥はくすみ以外にもさまざまな肌悩みを引き起こしやすくなるため、「保湿成分」が多く配合された化粧水で、ぜひ積極的に肌にうるおいを与え、すこやかに保つよう心がけましょう。 3-2 古い角質によるくすみ 肌の表面に古い角質が蓄積することによって、肌がくすんで見えることがあります。 古い角質が蓄積すると、くすみだけでなく、肌触りがごわついてしまったりすることもあるので、定期的に角質ケアのお手入れを取り入れることをおすすめします。 拭き取り化粧水以外にも、洗顔によるお手入れなどもできるので、自分に合った方法でぜひとりいれてみてください。 くすみケア洗顔料も紹介しています。 3-3 メラニン色素によるくすみ 紫外線を浴びたり、肌をたたいたりこするようなお手入れをして刺激が加わると、肌を守るためにメラニン色素が作られるため、くすんでいるように見える場合もあります。 このメラニン色素が排出されずに肌に残ってしまうと、肌が茶色っぽくくすみのように見えます。 日焼け止めなどのを取り入れて紫外線から肌を守ったり、肌に摩擦をかけないようにやさしくお手入れしたりして肌を守ることが大事です。 3-4 生活習慣によるくすみ 生活習慣によっては、血色の悪い青黒いくすみや、黄色っぽくなるくすみ印象を招いてしまうことがあります。 特に身体の冷えや睡眠不足、甘いものの食べ過ぎ、便秘、喫煙などの影響を受けることが多いといわれています。 適度なをするなどして、体の内側から健康に保つように心がけることが大事です。 日ごろから心がけたいくすみ対策 肌をすこやかに保ってくすみを予防するために、日々意識したい4つの習慣をご紹介します。 4-1 継続した丁寧なうるおいケア 乾燥によるくすみを防ぐために、肌に必要なうるおいを与えるスキンケアを継続して丁寧に行いましょう。 化粧水で水分を補って乳液やでうるおいの保護膜を作る、基本のスキンケアを丁寧に行うことがおすすめです。 スキンケアは、つけたあとに手でやさしく押し込むようにハンドプレスをしましょう。 ハンドプレスをすることでしっかり肌になじみ、後につけるアイテムがムラになりにくく、肌に伸ばしやすくなります。 4-2 紫外線対策 メラニン色素によるくすみを防ぐためには、紫外線対策アイテム(日焼け止め・化粧下地等)を使用して紫外線から肌を守りましょう。 紫外線対策アイテムは、紫外線の影響を強く感じる春・だけでなく、1年中使用することが大切です。 また、化粧品だけでなく、や帽子等で紫外線から肌を守ることもおすすめです。 4-3 やさしいスキンケア スキンケアで肌に触れるときは、やさしく丁寧に行い、肌に刺激を与えないようにしましょう。 スキンケアでを使用する場合は、強すぎるパッティングやこすってつけることのないように気をつけましょう。 使用量が少なすぎることも、肌への摩擦を起こす一因となります。 また、特に気をつけたいのがです。 メイクをしっかり落とそうと、力を加えてしまうことで肌に摩擦が起こり、肌の乾燥やキメの乱れを起こしやすくなってしまうので気をつけましょう。 4-4 身体の冷え対策 女性は男性に比べて筋肉量が少なく、筋肉のはたらきも低下しやすいため、血行が悪くなって身体が冷えやすいといわれています。 入浴はシャワーだけで済まさず、湯船に浸かったり、飲み物は常温か温かい飲み物を飲むようにし、身体を温める習慣をつけましょう。 また、身体を温めるときには、「首」「手首」「足首」の3か所を温めることが効果的といわれています。 ストールやハイネックの洋服、手袋、靴下等を身に着けて、身体を冷えから守りましょう。 まとめ くすみケアには、しっかり保湿できる化粧水や古い角質をお手入れできる拭き取り化粧水などを取り入れるのがおすすめです。 もちろん、肌をすこやかに保ってくすみを予防するためには、スキンケアだけでなく生活習慣も見直すことも大事です。

次の

シミに効く化粧水10選|おすすめの化粧水で、簡単シミ対策&できてしまったシミにも! プチプラな化粧水も!

くすみ 化粧水

肌のくすみの原因とは 「くすみ」が出てしまう原因は、実に様々です。 落としきれなかった汚れ• 日焼けによるメラニンの増加• 油焼け• 血行不良• むだ毛処理による肌荒れ• 糖化 …等々、人によって違います。 くすみ対策としては、自分に必要なケアを見つけて、地道に実行することが必要です。 くすみタイプに合わせた化粧水の選び方 そもそも「くすみ」とは、お肌の透明感が無く、肌のトーンが暗い状態のこと。 「何となく顔色がパッとしない」 「日焼けした訳でも無いのに何故か肌が黒く感じる」 …といった症状をくすみと言います。 このような症状には、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ美白化粧品が効果的です。 しかし、普通肌・混合肌・敏感肌・油性肌等々…人によって肌質が違いますし、くすみの原因も違います。 肌質等に合わせた化粧品選びも大切でしょう。 また、くすみの原因に合わせたケアが肝となりますので、今回は原因別のケア方法をまとめてみました。 是非ご参考になさって下さい。 くすみタイプ1 乾燥くすみ お肌は乾燥すると角質層が固くしぼんでしまいます。 すると何となくお肌が垢抜けない「乾燥くすみ」に。 水分が足りないとお肌のバリアー機能も低下し、ニキビ等の吹き出物が出来る原因にもなりますので、やはり「保湿」が肝心です。 乾燥くすみには角質細胞にたっぷり水分を与えてあげましょう。 元々、角質細胞の間にはセラミドなどの保湿成分が流れており、角質細胞は保湿成分の含まれた水分で守られています。 コラーゲンは細胞と細胞を結ぶ役割もあるので、生き生きとした角質層を守る為にはコラーゲンも大切。 すなわち乾燥くすみにはセラミドやコラーゲン配合のくすみ対策化粧水や美容乳液等が効果的です。 水分補給にコットンパック等も良いでしょう。 「洗顔の際にタオルで擦らない」等々、日々の心がけも美肌につながります。 くすみタイプ2 汚れくすみ 汚れくすみは洗顔などが足りず、顔にマスカラ等のメイクや皮脂汚れが残っているせいで起きるくすみです。 「強い洗顔料を使うのが怖い」という方にありがちなくすみと言えるでしょう。 汚れくすみの解決法は汚れを取るのが一番。 古い角質を取り除く力のある化粧水やピーリングなどが効果的です。 続けていくと明るい印象になってくると思います。 くすみタイプ3 日焼けくすみ 日焼けをするとメラニンが生成されます。 お肌が健康であれば自然にメラニンが排出されるのですが、ストレスなどでお肌が弱るとそれが難しくなり、新陳代謝も鈍くなります。 そしてメラニン色素が蓄積され、「日焼けくすみ」となります。 そんな日焼けくすみには、美白成分が含まれた化粧品が効果的。 紫外線は日焼けくすみを悪化させるので、日傘などで紫外線対策もしましょう。 くすみタイプ4 油焼けくすみ 古くなった化粧品を使っていると、化粧品に含まれる油により肌が酸化します。 それが原因で刺激性皮膚炎や炎症後色素沈着等を起こすのです。 何年も経った口紅やファンデーション、アイシャドウなどは思い切って処分しましょう。 油焼けくすみの解決にはには新しい化粧品を使うのが一番です。 くすみタイプ5 血行不良くすみ 血行不良くすみはその名の通り血行不良が原因で起きるくすみで、顔色が悪く見えます。 血行不良くすみにはお顔のマッサージも大切ですが、身体全体を動かす全身運動なども効果的。 血行を良くして、明るい顔色・ピンク色の頬を目指しましょう。 くすみタイプ6 むだ毛処理くすみ むだ毛処理くすみは眉毛の周りや鼻の下などの産毛を頻繁にシェービングしていると出来るくすみです。 毛を剃る時に角質まで剃ってしまう為、お肌のバリアー機能が低下し、肌荒れが起きます。 その肌荒れがくすみの原因となるのです。 むだ毛処理くすみはレーザー脱毛や光脱毛がオススメ。 シェービングによる肌荒れからも開放されます。 くすみタイプ7 糖化くすみ 糖質を取りすぎると肌が糖化してしまいます。 黄色っぽいくすみは糖化くすみかも知れません。 糖化くすみを防ぐには糖質を取りすぎないことが一番なので、甘い物・穀類等はなるべく控えましょう。 糖質を余り食べないようにすることはダイエットにも繋がるので一石二鳥ですね! くすみ化粧水おすすめランキング2019 ここでは、数あるくすみ化粧水の中でも、特に効果的な化粧水をランキング形式でご紹介します。 是非、ご参考いただけますと幸いです。 アスタリフト ブライトローション (富士フィルム) 通常価格 4,104円 税込 メーカー名 富士フィルム ヘルスケアラボラトリー ブランド名 アスタリフト 内容量 130ml(約1. 5ヶ月~2ヶ月分) 特長 美白有効成分アルブチン、ナノAMA+、アスタキサンチン、3種のコラーゲン、海藻エキス配合 アスタリフト ホワイトから出ている「ブライトローション」は、• 独自開発成分「ナノAMA+」• 紫外線から肌を守る「アスタキサンチン」• 美白有効成分「アルブチン」• 肌荒れ有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」 といった美白有効成分がたっぷりと配合された高濃度の美白化粧水です。 CMなどで見たことがある方も多いと思いますが、化粧水の色がとても綺麗な「赤」なのも特徴。 あの赤く見える特別な成分「アスタキサンチン」が肌のくすみに効きます。 実際に使った方の口コミ <内容>• 先行美容液 0. 美白化粧水 18ml• 美白美容液 5ml• 美白クリーム 5g• UV美容液 「トライアルセット」は、美白化粧水などが5日分入っているので大変お得です。 くすみ化粧水だけでなく、ラインで使ってみられるのも嬉しいですね。 「アスタリフト ブライトローション」は角質層をみずみずしく整え、自然に肌がうるおうように導く為、使い続ければ透明感のある美白肌へと変わっていきます。 日焼けによる過剰なメラニンの生成が「日焼けくすみ」の原因。 「アスタリフト ブライトローション」に含まれる美白成分にはメラニンの過剰生成を抑制する力があるので、「日焼けくすみ」にも効果的でしょう。 そのため、「ついつい日焼けして黒くなってしまった…」という方にもオススメです。 保湿効果も高いので「素肌に自信がついた」という口コミも頷けます。 知名度も高く、愛用者も多いくすみ化粧水です。 そのため、敏感肌の方や赤ちゃんにも安心して使えるくすみ化粧水となっています。 化粧水でしっかりと「保湿」し、お肌の健康を守りましょう。 実際に使った方の口コミ <内容>• ピュアモイスチャー クレンジング 50g• ピュアモイスチャー ソープ 20g• ピュアモイスチャー ウォーターヴェール 30ml• スーパーホワイトエクストラ 10g• サンカットクリーム 10g• 泡立てネット スタートセットは値段がちょっと高めですが、10日間分も入っています。 しっかり実感できる量ですね。 口コミを見ても「敏感肌でも安心して使える」という方が多く、「敏感肌で何をつけても肌が荒れる」という方は、一度使ってみる価値のある低刺激性くすみ化粧水です。 また、敏感肌の方はお肌のバリアー機能が低下している可能性大。 バリアー機能を守る為には、何はなくとも「保湿」です。 「ピュアモイスチャー ウォーターヴェール」は透希の滴と共に保湿効果も素晴らしく、浸透性も良く、天然ミネラルを豊富に含んでいますので、「乾燥くすみ」の方も使ってみると良いでしょう。 脂性肌・普通肌用に、さっぱり感のある「ピュアモイスチャーウォーター」も発売されています。 お肌に合わせて選べるのが嬉しいですね。 価格 7,560円 税込 ブランド名 デルメッド メーカー名 三省製薬 内容量 200ml 特長 クミナム抽出液・美肌成分STミロバラン・美白成分ピュールブラン配合 古い角質を取り除く力のある「クミナム抽出液」等が配合されたくすみ化粧水。 お肌に古い角質がずっと溜まり続けていると、蓄積された角質が角層の奥まで水分が浸透するのを妨げてしまいます。 それがくすみの原因になりますので、「デルメッド プレミアムローション」で角質をクリアすれば、透明感のある肌へと近づけるでしょう。 「デルメッド プレミアムローション」は角質をオフする力が優れていますから、「汚れくすみ」の方にもおすすめです。 古いものをクリアして、くすみを除去していきましょう。 実際に使った方の口コミ <内容>• プレミアムローション(化粧水)36ml• プレミアムエッセンス(美容液)20ml• プレミアムUVベイス(化粧下地)10ml(SPF35 PA+++) プレミアムシリーズのトライアルセットは送料も無料でお得です。 プチプラなので旅行の際にもピッタリですね。 『美肌成分STミロバラン&美白成分ピュールブラン配合で、シミ・シワを一挙にケア』と 謳っており、口コミでも「ハリが出た」「透明感が出てきた」等々、嬉しい効果が出ているようです。 くすみが消えるうえにシミやシワが取れれば最高ですよね。 保湿成分もたっぷりと含有しており、乾燥した肌に気持ちよく浸透します。 基本的にお肌が乾燥すると角質細胞を守る水分が足りなくなってトラブルが起きます。 「デルメッド プレミアムローション」なら潤いがしっかりとキープされるので、角質層も自然保護出来るでしょう。 「みずみずしさを実感できる」と好評です。 価格 5,000円 税抜 メーカー名 ビバリーグレンラボラトリーズ 内容量 120mL(朝・晩使用で1. 何といっても強い美白効果を期待できるのが嬉しいポイント。 紫外線をブロックする力や、紫外線トラブルに直接働きかける力のある「ハイドロキノン」が配合されています。 くすみ化粧水「ビーグレン QuSome ローション」は、今ある悩みだけでなく、過去からの悩みも解決してくれるでしょう。 くすみ肌から短期間で脱出できるかも知れません。 実際に使った方の口コミ ブランド名 通常価格 5,400円 税込 アンプルール メーカー名 ハイサイド・コーポレーション 内容量 120ml(500円玉大を朝晩使用で約1ヶ月分) 特長 皮膚に対する刺激をカットした新安定型ハイドロキノン配合の化粧水、ビタミンC誘導体をはじめとするハイドロキノンサポート成分を配合、皮膚科医開発のハイドロキノン化粧水 「クリアな透明感が手に入る高浸透ホワイトローション」と銘打ったしっとり美白化粧水。 「新安定型ハイドロキノン」や「トリプルセラミド」などの美容成分を凝縮したくすみ化粧水で、肌の深くまで届く抜群の浸透力が魅力です。 「ラグジュアリーホワイト ローションAO II」を使えば、潤いあるもっちり肌も夢ではないでしょう。 アンプルール独自の「AOカプセル」が、すぐれた抗酸化力で肌ダメージに効果を発揮します。 シミ・くすみなどを根本からリセットするのも特徴です。 実際に使った方の口コミ 通常価格 5,000円 税抜 メーカー名 DECENCIA(ディセンシア) 内容量 125ml 配合美容成分 セラミドナノスフィア・モモ葉エキス・アーティチョークエキス・ムラサキシキブエキス・セイヨウノコギリソウエキス・デイリリー花発酵液・ローズヒップエキス・ジンセンX・バルマリン 特徴 瞬時に満たされる、冴えわたる透明感。 みずみずしいテクスチャーがうるおいで満たし、くすみのない透明感溢れる肌へ整える薬用美白ローション 「美肌」はお肌がしっかりと水分を含み、角質層がふっくらしている状態。 新陳代謝…いわゆるターンオーバーが整っていれば、角質層も健康な状態が維持出来ますし、自然とお肌の水分も保たれます。 しかし、今を生きる女性はストレスなどでターンオーバー等が乱れがちなのがネックです。 「サエル ホワイトニング ローション コンセントレート」は高保湿成分「セラミドナノスフィア」配合で、敏感肌・乾燥肌に不足しがちなセラミド等を補うくすみ化粧水です。 キメの整った透明感のある肌に導きます。 肌にのせると素早く浸透し、美白しながら角質層を強く美しくしていきます。 実際に使った方の口コミ 価格 8,000円 税抜 ブランド名 ライスフォース 販売会社名 アイム 内容量 120ml 特長 無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、弱酸性 「肌の水分保持能力を改善する」と認められたライスパワーNo. 11エキスが、角質層のすみずみまで浸透し、お肌にうるおいを与えてくれます。 さらに無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、弱酸性なので安心して使える薬用美白化粧水となっています。 あなたもお米のチカラを感じてみてはいかがですか。 5~2ヶ月分) 特長成分 熟成ダマスクローズウォーター、ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、メバロノラクトン 特長 5つのフリー(パラベン・鉱物油・アルコール・石油系合成界面活性剤・合成着色料)、パッチテスト済み(皮膚科医所見による、日本人被験者に対する閉鎖パッチテスト(24時間連続貼付)の結果) ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、各種セラミド等配合の「ラ・ミューテ エンリッチ化粧水」は、乾燥・肌荒れ・くすみ・ハリが気になる方に使っていただきたい化粧水です。 ダマスクローズ成分配合により、女性ホルモンにもアプローチ。 優雅なダマスクローズの香りと共にお肌にくまなく水分を届けます。 パラベンフリー・アルコールフリー・石油系合成界面活性剤フリー・合成着色料フリー・無鉱物油なので敏感肌の方も安心です。 「大人ニキビにも効く」という口コミも寄せられており、ニキビケアにも使える化粧水と言えるでしょう。 実際に使った方の口コミ メーカー名 オルビス 内容量 180ml 特長 有効成分アルブチン配合、界面活性剤・アルコール・オイル・香料・着色料不使用、医薬部外品 「シミやお肌の年齢が気になってきた…」という方にピッタリのくすみ化粧水。 年齢肌のメラニン生成にアプローチし、メラニンを抑制します。 「オルビスユー ホワイトシリーズ」に含まれる豊富な保湿成分が「若々しく透明感のある美肌」「明るくなめらかな肌」へ導きます。 アルコールフリーの低刺激化粧水で、「つけ続けたらシミが減った!」「シワが目立たなくなったおかげで『若く見える』と言われるようになった」という体験口コミが続々と出ています。 詰め替え用があるのもコスパ的にも優秀。 「オルビスユー ホワイト ローション」はエイジングケアにもピッタリです。 実際に使った方の口コミ <自分で出来るくすみ対策>• くすみ化粧水で保湿• 汚れを落とす• 紫外線対策をする• 古い化粧品は使わない• 血行を良くする• シェービングをしない• 糖質を取りすぎない• 肌質あった美白化粧品を使う これらのことが大切です。 また、乾燥肌の方はやはり乾燥をしっかりと補う高保湿化粧品が良いでしょうし、敏感肌の方は優しい敏感肌用の化粧品を選ぶべきでしょう。 様々なメーカーから乾燥肌用や敏感肌用の美白コスメが出ていますので、使ってみると良いと思います。 その中でもくすみ化粧水は優秀です。 せっかく使うなら効果的なものが良いですよね! ちなみに乾燥肌の方はクレジングや洗顔をしすぎないことも重要。 乾燥肌用の洗顔クリームなどを選び、優しくクレジング・洗顔なさって下さい。 様々なくすみケアと共に くすみの原因は様々で、「日焼けくすみ」や「糖質くすみ」などは原因の元を断つ必要がありますが、同時にくすみ化粧水等でケアして行くと良いでしょう。 化粧水は角層に浸透させるイメージで、顔全体に丁寧につけて下さいね。 また、くすみ化粧水は大変優秀ですが、くすみ化粧水と共に高保湿乳液やクリーム、美白美容液等を使うと更に効果的です。 また、日々の生活習慣も大切だと思います。 睡眠をしっかりとり、ストレス解消を心がけ、果物や野菜を積極的に食べて、ビタミンやミネラルなどを補給することもくすみ予防に繋がります。 食事で取れない時はサプリメントで補うのも良いでしょう。 睡眠やストレス解消、栄養補給等は美肌ケアだけでなくボディケアにもなりますので、健康的な美も目指していけます。 まとめ 今回はオススメのくすみ化粧水をランキング形式でご紹介しました。 自分の肌に必要な成分が配合されたくすみ化粧水を毎日使い続ければ、効果も実感できると思います。 くすみ化粧水等の美白化粧品は、各ブランドがトライアルセットを用意しています。 色々使ってみて、ご自分の肌質に合った化粧水やスキンケアに巡り会って頂きたいです。 皆さまがくすみ知らずのモチモチ肌になれるよう、祈っております。 くすみ肌におすすめの記事はこちら•

次の

くすみにおすすめの化粧水8選!美白成分で透明感ある肌に

くすみ 化粧水

ハリやくすみ、シワなどが気になりだし、加齢によるほうれい線やたるみによる疲れ顔が始まる30代からの化粧水は、 保湿だけでなくエイジングケアを意識したものを選びましょう。 単なる水分補給しかできない化粧水では 保湿が不足して肌トラブルの原因に。 これから先のスキンケアは10年先の肌に備えることが最優先。 年齢を追うごとに鈍くなる基礎代謝に対抗し、美肌をキープするために肌悩みに応じた化粧水を正しく選びましょう。 多くの美容賢者から 「使って良かった!」という評判が挙がったアイテムや、 ランキング常連の定番人気化粧水など、肌のターンオーバーを意識したアイテムを肌タイプ別にランキング形式でご紹介しちゃいます。 ランキングの選定基準• エイジングケア成分の配合 年齢を重ねた肌に必要なエイジングケア成分は1番重要な基準です。• 保湿成分の配合 乾燥がちになる30代。 高保湿成分の化粧水を選びましょう。• 使用感や口コミ 使い心地やテクスチャ、口コミ評価も基準にしました。 30代からの化粧水には、加齢によって減少した肌バリア成分を補うための成分が配合されているものを選びましょう。 20代の頃のように、保水しとけばオッケー的なスキンケアでは、どんどん肌が衰えちゃいますよ。 肌バリアは、角質層の中にある天然の保湿成分(NMF)や、セラミド、コレステロールなどの成分でできた ラメラ構造と呼ばれる水と油の膜によってつくられ、紫外線やウィルスなどから肌を守り、健康な状態に保っているんです。 これらの成分は肌がターンオーバー(新陳代謝)する中で生み出されますが、加齢にともなってターンオーバーが遅くなってしまうことで、 生み出される肌バリア成分は減少。 古い皮膚が肌表面に残り続けることによって、 くすみや乾燥小じわが生まれてしまいます。 紫外線のダメージやウィルスの影響を受けやすくなり、肌の黒ずみやかさつきが生まれてしまうことも。 肌の中にもある成分「セラミド、NMF(アミノ酸)、コレステロール」などは生体成分系として人気が高いけどちょっと高価なのがネック。 価格を抑えつつ効果を狙うなら、それらに類似した成分を選ぶのもよいと思います。 成分表で確認すべきポイントは、 「どんな 保湿成分が入っているか」と「30代からの 悩みに特化した成分が含まれるか」「肌に 刺激となる成分が含まれていないか」の3つです。 30代におすすめの保湿成分 おすすめの保湿成分は、主に肌内部(角層)でバリア機能を司るスキンケア成分と、肌内部で水分をキープするNMF成分(アミノ酸など)、肌表面で水分を保つ成分です。 特におすすめの成分 ヒト型セラミドは、角質細胞間脂質の4割を占める肌バリアの立役者。 水と脂のどちらにも溶けにくい性質から開発が難しく原料も高くつくので、比例して商品価格も高くなりがちですが、外部からの刺激を防ぎつつ肌から水分が流出することを防ぐ効果から、積極的に選びたいところです。 ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンは表皮の奥、真皮に多く存在する成分で、これらは 水分量を多く蓄える力を持ちます。 真皮まで化粧品が浸透することは「基本的には」ありえませんが、 肌表面を水分の膜で覆うことによって水分の蒸発を防ぎ、外部からのダメージを防ぐ役割をもちます。 表面と内部の両方から保湿することで、より長時間の保湿を期待できるってことです。 また、表には入れていませんが、スクワランもおすすめの成分。 肌表面の水分と混じり合うことで皮脂膜となり、外部刺激から肌を守る効果があります。 もちろん、30代からの肌は保湿さえしとけば大丈夫ってわけではありません。 重要なのは「エイジングケア成分=年齢を重ねた肌を気遣った成分」の配合ですよね。 30代におすすめのエイジングケア成分 30代から積極的に取り入れたいのが、これらの年齢に応じたケアを可能とするいわゆるエイジングケア成分。 主に 肌のバリア機能を高めたり、ターンオーバーに良い影響を与えてくれるものを選びたいところです。 表に記載したレシチンとよく似た名前でレチノールという成分がありますが、これはビタミンAの一種。 脂質であるレチシン(細胞膜の主成分)とは全くの別物です。 純粋レチノールはシワの改善効果が認められた有効成分として有名ですが、肌刺激が比較的強いので敏感肌など肌の弱い人が使うと皮膚の炎症を引き起こすなどの副作用が報告されています。 成分表に記載されている場合には注意してくださいね。 とにかく30代の人に使ってほしい化粧水! 旧シリーズのHSP酵母(酵母エキス)から キーポリンブースター(アマモエキス・モモ葉エキス・ヤグルマギク花エキス)へのバージョンアップでうるおい強化へと進化した新オルビスユー。 角層細胞の膜に存在する水の通り道【 アクアポリン】 にアプローチすることで、 角層をうるおいで満たし保湿をもたらす化粧水です。 アクアポリンは、 細胞の内外で水の分子を循環させる役割をもち、ハリのあるみずみずしい肌をつくると言われる重要なタンパク質。 加齢や酸化によるストレスで減少すると言われていますが、その アクアポリンにアプローチする成分として開発されたのが、ヤグルマギク花・アマモ・モモ葉という3つの植物由来エキスでつくられた キーポリンブースター。 オルビスユーに配合されるキーポリンブースターの働きによって、 数十億個の水分子が角質層を駆け巡り、うるおいで満たすことによってみずみずしい肌をつくり、ハリやツヤをもたらします。 関連: BG、グリセリンを基剤とし、シンプルな配合から敏感肌の人でも使いやすい化粧水です。 とろりとしたテクスチャーを手にとって、しっかりとハンドプレスでなじませていくと、肌をしっとりモチモチ肌に仕上げてくれます。 嫁肌で1週間試してみましたが肌刺激やツッパリ感もなかったようなので、肌荒れしやすい人や敏感肌の人にも使えると思います。 Roccoライターからは「肌ツヤと乾燥毛穴に良さそう!」と高評価でした。 値段がお手頃で手を出しやすいところもいいですね。 肌の角質層を内側からアプローチして美肌を目指したい(しかもプチプラで!)という欲張りさんにおすすめの商品です。 肌との相性を知るためにも、トライアルセットから始めてくださいね。 ラインのクリームもぷるっぷるで心地よい使用感。 複数のセラミド配合化粧水 美容マニアが 「私が溺愛する化粧品」と表現するほど多数の成分が配合された、一生使える名品。 セラミド1,2、3、5、6IIと5種類ものヒト型セラミドを配合し、肌バリア機能を高める植物性の成分「フィトステロールズ」や、水分の保持機能を高める2種のヒアルロン酸をしっかり配合。 乾燥肌対策に必要とされる保湿成分をばっちりと押さえています。 配合された成分「アルガニアスピノサ芽細胞エキス」は、何年も雨がふらなくても枯れない奇跡の木、モロッコのアルガンの木の芽から培養される幹細胞エキス。 エイジングケアの基本、 肌にうるおいを与えることで 乾燥による小じわやたるみを予防しつつ肌にハリと弾力を与える成分です。 5種のセラミドによって肌内部のバリア機能を最適化し、肌内部の水分量を高めた上でヒアルロン酸やスクワランで肌表面を保護。 総合的に30代からの肌の悩みにアプローチすることで予防と改善を促す、素晴らしい商品です。 医薬部外品ではないので配合量は少ないと思いますが、美肌への配慮がされた配合ですね。 ポリクオタニウム-51は別名「リピジュア」という商標をもち、人工皮膚や人工臓器などへの活用も期待されている安全性の高い成分。 ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持ち、 紫外線や外気から肌を守る効果と 肌からの水分流出を防ぐことによる保湿効果をもたらします。 【有効成分】ライスパワーNo. 11(米エキスNo. 11) 【その他の成分】水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸 「ライスパワーNo. 11」を配合する医薬部外品化粧水。 日本語に訳すと11番目の米力。 変な名前ですが、実はこれ「医薬部外品」の中で 世界で唯一 肌の水分保持機能の改善を認められた成分。 乾燥による小じわを目立たなくする効果も認められており、保湿によるエイジングケアにもってこいの商品なんです。 100%お米からできたこの成分は、皮膚の角質層でセラミドを生み出し、乾燥から起こるしわやたるみ、 毛穴の開きを改善し、肌のキメを整えてくれるすごい成分。 関連: 実はこのライスパワーNo. 11という成分を開発したのは、この商品の開発元でもある「勇心酒造株式会社」さん。 酒造さんが大本なだけあって派手な広告・プロモーションこそありませんが、同じ成分を使った別メーカー商品よりも、使った人からの評判は高く、なかなかに面白い化粧水です。 注意点として、エタノールの配合が挙げられます。 以前にエタノール系の商品を使って肌が荒れた経験がある人には注意が必要な商品ですね。 非常に分子量の小さいコラーゲンを配合されていることで、肌の表面にある角層のすみずみまでうるおいによるケアを実現。 コラーゲンのダメージセンサーDDR2との働きを研究される月見草エキスの働きとあわせて、 肌のハリと弾力を内側からアプローチする仕様にファンケルの強いこだわりが見られます。 乾燥によるくすみや小じわのほか、ほうれい線やたるみが気になりだした乾燥肌にもおすすめの化粧液です。 年齢を感じさせる肌悩みのひとつ ほうれい線は、 紫外線や乾燥によるコラーゲンの変性 が原因のひとつ。 エンリッチがもつ適応型コラーゲンによる水分の肌バリア膜は、そういった外部刺激から肌を守る効果にも役立ちます。 もちろん、UVケアやほうれい線マッサージとの併用がおすすめ。 ピンとハリのある若々しい肌作りを無添加で始めたいという人におすすめの化粧液です。 しっとり感が続きます。 気になる悩みが、少し目立たなくなってきたような…。 リピートして使い続けてみます。 (2019年11月時点:調査対象ファンケルオンライン476件から)• コスメコンシェルジュ 30代の乾燥肌対策におすすめの化粧水 肌のかさつきでファンデーションが粉浮きしたり、上手く乗らなかったりしたら、乾燥肌のサイン。 そんな肌の乾燥を防ぐために、どんなに化粧水をバシャバシャかけても 「保湿成分」が入っていなければ意味がありません。 保湿成分の入っていないプチプラ化粧水では、肌の表面で水分が蒸発するときに、肌が含んだ水分も一緒にもっていくことで、余計に乾燥してしまうことも。 そんな乾燥肌に おすすめの成分はセラミド。 肌バリア機能を高めることで肌内部からの水分流出を防ぎ 肌本来が持つ水分をキープしてくれる働きをもちます。 乾燥肌タイプの人はもちろんですが、普通肌でも乾燥が気になる時期には、角質層に浸透して肌の構成を整えてくれる「セラミド」のうち、 ヒト型セラミドを配合された化粧水をえらびましょう。 わたしたちの肌と同じ構造を持つため角質層に浸透しやすく、細胞間脂質のバリア機能を整えることで 肌から水分が蒸発することを防ぎ、肌の乾燥と外部からのダメージを防ぎます。 ヒト型セラミドの種類 以前の表記 新表記 効果 セラミド1 セラミドEOP 水分の蒸散を抑え、肌のバリア機能を持つ セラミド2 セラミドNG、NS 細胞間脂質の水分をキープして保湿する セラミド3 セラミドNP 水分をキープしつつ乾燥小じわを軽減する セラミド4 セラミドEOH 角質の脂質バリア層を作り、保持する セラミド5 セラミドAS 角質の脂質バリア層を作り、保持する セラミド6(6 II) セラミドAP 水分をキープし、乾燥小じわを軽減する セラミド7 セラミドAH 細胞の増殖をコントロール。 皮膚常在菌のバランスを整える セラミド+数値またはセラミド+アルファベットの組み合わせが、ほかのセラミドと比較して数倍の保水力を持つといわれるヒト型セラミドの特徴です。 ちなみに、 セラミドNP 3 とAP 6II は天然ヒト型セラミドと呼ばれ、長鎖脂肪酸を持つことからバリア機能を改善してくれる効果がより高いと言われているので、特におすすめの成分です。 乾燥肌の問題は、水分を補給するだけのスキンケア不足が原因になることも。 水分だけの補給では、肌表面で水分が蒸発することで肌内部の角質から水分を奪い、 より乾燥肌が進んでしまいます。 無印化粧水などのプチプラ化粧水には保湿成分が不足していることから、どれだけ多く使ってもあまり意味がありません。 その点、バイタライジングローションには保湿成分となるセラミドが多く含まれ、ヒアルロン酸や油分で表面に蓋をする配合のため、 バシャバシャと大量に使わなくても十分な保湿をもたらしてくれます。 実際に使ってみるとわかるのですが、まるで乳液・美容液のような塗り心地がしっとりもちもちで、 数ヶ月使うと肌への潤いとツヤが持続することを感じます。 メーカーの本気を感じる化粧水です。 2016年にリニューアル。 強力な消炎作用で医薬部外品の有効成分としても使われ、敏感肌や乾燥肌をやさしく整えるグリチルリチン酸2Kや、コラーゲンやエラスチンが生み出されるのを助け、 紫外線による肌への影響や加齢による乾燥小じわを防ぐパルミチン酸レチノールが追加されるとともに、防腐剤として配合されていたブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニルを廃止することで、 さらに安全性が高まりました。 オレイン酸ポリグリセリル-10などの合成界面活性剤が含まれますが、食品にも使用される非イオン性界面活性剤で、安全性は高いものです。 一番の特徴は、 自然界最強の還元力を持つとも言われる「アスタキサンチン」の配合。 油にしか溶けない性質から化粧品への配合が難しい成分をナノレベルまで小さくすることで、浸透力・吸収力・安定性をアップされています。 肌にハリと弾力をもたらすビタミンC誘導体「パルミチン酸レチノール」の効果と合わせて、年齢を重ねた肌をうるおいで満たします。 さすが長年愛されるスキンケアですね!口コミを見ていてもとにかく高評価。 肌を守るセラミドがカギとなり、肌を整えてくれますよ。 下のリンクから初回購入時、1回限りのサービスなので、ぜひ試してみてくださいね。 30代からのシミ・くすみ対策には美白化粧水 30代から始まるシミやくすみの原因の多くは紫外線のダメージから。 予防のために大事なのは、 スキンケアによる肌バリアの強化と、保湿による肌リズムのキープ、あとはUVケアで紫外線ダメージを防ぐこと。 肌は紫外線からのダメージから身を守るために 黒色のメラニンという物質を出します。 メラニンは紫外線からのダメージが多ければ多いほど生み出され、正常なターンオーバーであれば自然と排出されますが、新陳代謝が低下することによって肌に長期間残ると、 シミとして肌に定着してしまいます。 肌に定着して「色素沈着」の状態になるとなかなか排除するのが難しく、 沈着してしまう前に予防が必要です。 また、加齢の影響でセラミドが減少し、 肌表面のバリア機能が低下することで紫外線のダメージは大きくなり、メラニンがより多く生み出されることによってシミのリスクが高まります。 漂白剤のように肌を白くする効果をもつ成分(販売中止になったロドデノールなど)は、白斑と呼ばれる副作用が報告されているものもあり、配合される成分には注意が必要です。 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸 肌のセラミドを増やし肌バリアを高める効果があると言われる両親媒性ビタミンC誘導体• 3-O-エチルアスコルビン酸 高いビタミンC含有量で持続的に肌へと効果をもたらすVCエチルの2種類を配合。 両親媒性と水溶性という2種類のビタミンC誘導体を配合されていて、ホワイトケアラインとなるCセラムやホワイトクリームの働きを助ける効果に期待できます。 肌を整える成分で、美白ラインの浸透・効果をサポート 角層の働きを助けるフカスセラツスエキス、肌表面で皮脂膜をつくるスクワランやコレステロールなどの保湿成分を配合。 肌が本来持つ働きをサポートするアクアタイド(ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12)の配合もあり、 美白ラインの肌下地を整えるのに適した化粧水と言えます。 ホワイトクリームにはハイドロキノン1. ハイドロキノンは、メラニン発生の元となるチロシナーゼの発生を抑制しつつ、メラノサイトの活動を抑制する効果を持つ究極の美白成分。 肌が敏感な人にとっては刺激に感じることもあるようなので、トライアルからの使用がおすすめです。 エビデンスの裏付けによって高い人気をもつ、サリチル酸を元に作られた誘導体です。 美白ラインではあるものの保湿にも強く目を向けているのが大きな特徴。 肌内部で保湿を司るNMFにも含まれるアミノ酸や、NMFと同じ働きをもつ真珠由来のたんぱく質成分、肌表面で水分の膜をつくる水溶性コラーゲンなど、肌の内外にうるおいを与えて ハリのあるツヤ肌へと導く処方となっています。 透明感を与えながら美白に導き肌を整える 年齢肌に応じたスキンケア化粧水として、重要な要素をしっかり押さえたエイジングケアアイテムです。 ややとろみのあるテクスチャで、とてもなめらかで上質な感触。 角層を潤いで満たしながらやわらげる感触が心地良い化粧水です。 香りも上品な落ち着きのあるテイストで、安らぎを感じます。 ラインの乳液もまたなめらかで心地よくワンランク上の使用感。 さすが資生堂ですね。 美白化粧水ながら保湿化粧水と比較しても遜色ない保湿感。 現品購入だと3,630円ですがこの使用感にしては正直安いと思います。 おすすめです。 お得です! エリクシールホワイトが気になる人はこちらに詳しく書いているのでぜひ見てくださいね! 関連: 美白化粧水は肌への刺激や乾燥が気になってしまう商品が多いのですが、アドライズの有効成分は いずれも低刺激で安心できるもの。 『潤い美白肌』をキャッチコピーにするだけあって、 多数の保湿成分が配合されているところが好評価です。 単なる美白系化粧品とは一線を画する処方となっていますね。 医薬品にも使われるヘパリン類似物質を保湿成分として配合されるあたり、さすが製薬会社の化粧水ですね! VCIPという名称で知られる低刺激な油溶性ビタミンC誘導体テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、肌にゆっくりと浸透して作用して ビタミンC誘導体に特有の「乾燥しやすい」という弱点を感じにくい特徴をもちます。 併せて配合されるのが、医薬品で乾燥肌の治療に使われてきた保湿成分であるヘパリン類似物質。 非常に高い浸透力で美白成分の働きを助けてくれる成分で、 くすみなく潤いのある保湿肌に導きます。 アドライズに含まれる保湿成分• ウマスフィンゴ脂質 人の角層にあるセラミドに近い性質をもつ天然セラミド• プロリン、オキシプロリン、セリン コラーゲンの主要成分であるアミノ酸。 健康な肌を保つために重要な成分• 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン 肌表面からの水分蒸発を抑えて乾燥を防ぐ いずれも、乾燥が原因になるくすみにアプローチする効果を持つ成分。 30代の肌を乾燥から防ぎつつ潤いを与え、肌に透明感やツヤを与える効果があります。 また、漢方由来の成分であるオウレンエキスとオウバクエキスの配合にも注目したいところです。 紫外線の刺激によって肌内部に起きる炎症を抑えることで、新たなシミの発生を防いでくれます。 さらっさらな使い心地のローションで、一見すると『保湿力大丈夫?』と思うほどのテクスチャですが、 肌に伸ばすとしっとりと潤い肌を柔らかくしてくれる感触が心地よい化粧水。 ベタつかず、夏場にちょうどいい使用感で、敏感肌でも安心の低刺激性。 ラインとなるクリームとの相性も抜群で、併せて使うことで肌をもっちり仕上げながら水分のバリアを高めてくれるのがわかります。 これだけの優しさをもちながら美白にも期待できるアドライズ。 低刺激な美白アイテムを探している人に。 関連: 現時点では楽天やAmazonでの販売はなく、公式サイトのみでの販売となっています。 も魅力的ですが、肌との相性を知るためにからの利用をおすすめします。 全体的に見ても刺激性の強い成分が少なく、「美白を狙いたいけどビタミンC誘導体は合わなかった」という人におすすめできるアイテム。 成分名 効果・効能 ローズ水 抗炎症作用から日焼け後のケアに効果的 桃葉エキス 紫外線のダメージによる炎症を抑えることでメラニンの発生を抑える。 アーティチョークエキス 紫外線の影響による色素沈着を抑え、紫外線による肌の異常を正常な状態に戻す効果。 ムラサキシキブ果実エキス 肌のコンディションを整えつつ、保湿をもたらす。 セイヨウノコギリソウエキス ビタミンCを多く含むエキス。 肌を引き締める収れん効果も。 デイ・リリー花発酵液 アルブチンとの相乗効果でメラニンの黒化を強力に抑制。 ローズマリーエキス 「攻めのハーブ」とも呼ばれるローズマリーから抽出。 収れん作用など。 各植物エキスの効果はあくまで成分としての効果。 有効成分として配合されているわけではないので配合量も少なく、商品には上記の効果は認められていません。 アルブチンによるメラニン抑制とグリチルリチン酸2Kによる消炎効果による美白ケアを実現する商品です。 【有効成分】L-アスコルビン酸2-グルコシド 【その他の成分】精製水、ジプロピレングリコール、エタノール、1,3-ブチレングリコール、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、コメ発酵液、ハトムギ発酵液、加水分解コメヌカエキス、天然ビタミンE、エデト酸二ナトリウム、セトステアリルアルコール、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、リン酸一水素ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム、親油型モノステアリン酸グリセリル、水酸化ナトリウム、乳酸ナトリウム液、濃グリセリン、エチルパラベン、メチルパラベン 「ベスト・オブ30代化粧水」で紹介した「勇心酒造株式会社のライスパワーNo. 11」と同じく、米由来成分であるコメ発酵液や加水分解コメヌカエキスを配合。 肌内部でしっかりと保湿して肌を乾燥から防ぐ成分です。 ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)を配合した医薬部外品で、メラニンの働きを抑えることによる美白効果に加えて、肌のキメを整え毛穴を引き締めることで皮脂の分泌を抑え、ニキビの改善にも期待できる商品です。 さらっとしていて白濁したローションがしっとり肌に。 乾燥しがちな美白化粧水ですが、このアイテムはライスパワーNo7の保湿効果でしっとりなめらかな肌にしてくれくれつつ、ビタミンC誘導体がくすみをはらって美白へアプローチをかけてくれます。 5つのフリー処方も敏感肌の人にも使いやすいですよね。 ライン使い、おすすめですよ~! 「紫外線によるシミを防ぎ、シミやくすみを改善したい」という人におすすめの商品ですが、肌との相性を知るために、まずはお試しから使うのがおすすめです。 年齢を重ねると肌トラブルが増えるのはなぜ?? 年齢を重ねる間で、紫外線や生活習慣によって生まれる肌ダメージが、トラブルの原因。 体のサビと呼ばれる 酸化や、体のコゲと呼ばれる 糖化によって 肌内部の細胞が劣化してしまうことにより、 肌のシワやくすみ、シミやたるみを引き起こします。 これらの予防に効果的なのは、紫外線防止や肌代謝の向上です。 抗酸化作用をもったビタミンCなどの活用や、糖化に着目して開発されたYACエキスやシモツケソウエキスを取り入れることで、ダメージから肌を守るよう心がけましょう。 各社ともに保湿成分を基本に、美白やたるみケアなどの訴求成分の配合に加え、独自開発したエイジングケア成分を組み合わせたアイテムを発売しています。 配合されるローヤルゼリーは、山田養蜂場の 独自技術によって肌刺激になる成分を取り除いた上でベタつきを抑えたものを使用。 豊富なアミノ酸やビタミン類によって角層で水分をつかみつつ保湿することで美肌に導く効果に期待できる成分です。 アミノ酸やビタミン類を豊富に含んだ美肌成分ローヤルゼリーエキスが肌の角層で水分をつかみ保湿。 油溶性ビタミンCであるパルミチン酸レチノールが 年齢肌にアプローチするエイジングケアアイテムです。 さらにスクワランよりも保水力のあるリピジュアをカプセル構造にして美容成分を包む構成です。 POLAが30代・50代の女性にコルチゾールの影響を比較したところ、30代女性のほうが特にストレスに弱いことがわかりました。 そこで 救世主となるのが、このシュードアルテロモナス発酵液T。 南極の氷河に生息するシュードアルテロモナスと、漢方薬にも使われていたセンブリエキスを組み合わせた独自成分がしっかりと肌に浸透し、 みずみずしいハリのある肌作りをお手伝い。 驚きの保湿力で肌トラブルの原因となるストレスにアプローチします。 アクネ菌の発育抑制を研究されるオウレン根エキス・ヒオウギエキスや、ブライトニング効果をもったヨモギエキスなども配合されており、30代以降に起きがちなさまざまな肌悩みに期待ができそうですね。 ナールスゲンとは? ナールスゲンは京都大学と大阪市立大学の研究所が共同開発した成分。 非常に低分子なことから角層深くに侵入することができる特徴を持ち、肌がコラーゲンやエラスチンをつくりだす機能を活性化させることで皮膚バリア機能を改善。 紫外線によるシミ・そばかすの防止や肌の弾力性増加、保湿効果を増大させ、ハリや艶を保持し、小じわを防止すると言われています。 成分表にある「カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル」という長ーい名前がナールスゲンの正体。 成分表を見ると2種のビタミンC誘導体(アスコルビルリン酸Na,パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na:通称APPS)やビタミンE誘導体(トコフェリルリン酸Na)も見られ、 肌トラブルを防ぎながら毛穴の開きをケアしてくれる作用に期待ができます。 ナールスピュアに含まれるビタミンC誘導体「APPS」は、水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われる非常に高い浸透力を持つ成分。 ビタミンE誘導体はビタミンC誘導体のはたらきをサポートし、相互作用によって肌のシミやそばかすへの効果を高めると言われています。 併せて配合される水溶性プロテオグリカンは非常に高い保水力を持ち、ヒアルロン酸の生成を助ける効果を持つと言われる成分。 成分表の末尾にあることから配合量は少ないと思いますが、こちらも 保湿によるエイジングケアに最適な成分。 基剤はBG、グリセリン。 刺激のない安全性の高いものを使用しており、次いで配合量の多いアミノ酸の一種「ベタイン」の配合からも 『高保湿のエイジングケアならお任せ』と言わんばかりのメーカーの意気込みを感じます。 乾燥を防ぎながら肌に弾力やハリを与えつつ、小じわを防いでシミ・そばかすにアプローチするという、 まさに30代の悩みに特化した化粧水。 ビタミンC誘導体の配合された化粧水は乾燥を感じるものもありますが、しっとりとした仕上がりでナールスゲンの実力に驚きを感じる使用感。 積極的に肌を改善に導くエイジングケア成分を存分に味わいたい!という人におすすめの商品ですね。 と に売ってある安値のものは2017年7月以前に販売されていた旧パッケージのもの。 APPSやプロテオグリカンが配合されない旧式タイプなので 間違って購入しないように注意してください。 【POINT】 肌刺激を避けるために、コットンを使った化粧水の塗布はやめ、手のひらを使って化粧品を優しく押さえ込むように使いましょう。 また、 花粉の刺激による肌荒れにはがおすすめ。 PM2. 5などの微細なアレルゲンから肌を守る効果を持ちます。 (参考:) 敏感肌におすすめの成分 敏感肌におすすめの成分は、乾燥肌と同じく 角層で肌バリアをつくる成分と、肌表面で水分を蓄えて保湿する成分です。 どちらか片方では役不足。 例えばセラミドとヒアルロン酸など、肌内部と肌表面の両方で保湿してくれる化粧水を選びましょう。 また、化粧水のベースとなる「基剤」にも注目。 DPGやペンチレングリコールなどは敏感肌さんにとって刺激になることもあるので、 グリセリンやBGが成分表の先頭に表記されているものを選びましょう。 敏感肌におすすめできない成分 化粧水に配合される成分のうち、敏感感肌が気をつけるべき「肌ダメージの恐れがある成分」についてまとめてみました。 (他にも気になる成分は色々あるのですが、とりあえず。。。 ) エタノールは化粧水の「さっぱり感」を演出したり、ニキビ肌を清浄する目的で配合されますが、 配合量が多いと揮発する際に肌の水分を蒸発させ、肌の乾燥につながるため、敏感肌にはあまりおすすめできません。 (それでも配合量によるので、成分表の後半に表記されてれば問題ないかもしれません。 パッチテスト必須ですね。 ) 合成着色料(タール色素など)のうち 一部の染料にはアレルギーのリスクがあるものがあり、同じく旧指定成分となるパラベンのうち、特に高い防腐効果を持つブチルパラベンもなるべく避けたい成分です。 抗シワ効果を持つレチノール、肌の角質を落とすピーリング剤、肌の漂白剤という異名を持つ美白成分ハイドロキノンも、敏感肌にとっての肌刺激成分。 肌質が改善してから使うことをおすすめします。 【化粧液i(しっとりタイプ)全成分】水、グリセリン、DPG、BG、メチルグルセス-10、ジグリセリン、ペンチレングリコール、加水分解コラーゲン、メマツヨイグサ種子エキス、マンニトール、スフィンゴ脂質、グルコース、トレハロース、グリコーゲン、スイートピー花エキス、マルチトール、スクワラン、イソマルト、ベタイン、水添レシチン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、イソステアリン酸フィトステリル、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、カルボキシメチルデキストランNa、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーK 乱がちな30代の肌にうるおいの力と無添加処方でアプローチするファンケルエンリッチ。 防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤のほか、肌に乾燥をもたらしやすいエタノールも無添加。 防腐剤が配合されていないことへの対処のために 専用の密封ボトルでフレッシュ期限を設けて提供されていることが、低刺激処方となる大きなポイントとなっています。 もちろん、単に低刺激なだけでは30代の敏感肌向けとしておすすめできません。 とにかく肌への負担を減らしたく、思いついたのが無添加のFANCLでした。 ブツブツはすぐ落ち着いたのですが、このエンリッチ化粧液と乳液の、肌に浸透する感じがすっかり気に入ってしまい。 以来リピートしています。 一度切らしてしまって他の化粧水を使った時には、すぐに乾燥して粉がふいてしまったのですが、こちらは全然乾燥せず、もっちり潤います。 (2020年2月時点:調査対象ファンケルオンライン583件から)• アクアポリンには目を向けておきたいですよね。 さらに砂漠などの過酷な環境で生息する微生物が持つエクトインと、角質の水分量を増加させるL-セリンが配合されることで、 驚きの保水力を持ち肌の内側からみずみずしい肌作りをしてくれます。 これら2種類の アミノ酸がさらに水分量UPに貢献します。 エイジングケアに効果のある2つの成分も活躍。 甘草の根や茎から抽出された有効成分、グリチルリチン酸ジカリウムを配合し 肌荒れを予防しお肌を優しく守り、さらにペプチドの配合も見られるので ハリのある肌へと導きます。 ラメラ構造をサポートするオレイン酸フィトステリルにコレステロール群を組み合わせた混合原料『エコラーノ』や疑似セラミドが肌を柔らかくしてくれますよ。 トリメチルグリシンがBG、グリセリン、ジグリセリンと併用されることにより低刺激で高保湿な成分にパワーアップすることで保湿力がぐんと上がります。 肌荒れやニキビケアにも効果的な有効成分「グリチルリチン酸2K」の配合の他、肌の保湿をキープする低刺激成分など 敏感肌や乾燥肌の人にも安心して使える化粧水です。 シリーズには「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」「白濁とろみタイプ」と3種類。 その中でも、ダントツでおすすめなのが白濁とろみタイプ。 肌バリア機能の改善をもたらす天然ヒト型セラミドであるセラミド3(N-ステアロイルフィトスフィンゴシン)、 肌表面で皮脂膜となり外部刺激から肌を守るスクワラン、高い保水力で 肌表面に膜を作り水分蒸発を防ぐヒアルロン酸Na-2のほか、リポソーム構造をつくることで他の美肌成分が浸透するのを助ける水添レシチン(水素添加大豆リン脂質)、日本酒由来のうるおいアップ成分グリセリルグルコシド液など、 敏感肌がうるおい肌に向かうための成分が贅沢に配合されています。 安心して肌あれ・乾燥を防ぎ、うるおいと透明感のある肌をつくりだす安定感のある商品と言えます。 さらに、この商品のおすすめポイントはライン使いにあります。 特におすすめなのがノブIIIの美容液「バリアコンセントレイト」との合わせ技。 肌が本来持ち合わせている保湿成分と同じ構成の成分をベースに配合され、乾燥で悩んだ肌なのに まるで角質が水分で「おなかいっぱい」の状態になるほどの安心感。 白濁とろみ化粧水と同じくセラミド3の配合もあることから、 化粧水と併せて使うことで肌バリア機能を最適化し保湿を肌を乾燥から守る組み合わせになります。 同シリーズ商品での相性がよく、他のアイテムと組み合わせるよりも肌の質感がキープできることを実感できます。 しっとり感も高く、何より肌が不安定な時期でも肌質を安定させてくれるところがお気に入りです。 人によってはアレルギー反応を起こしかねない不要なエキスも一切配合されておらず、名前の響きだけで売ろうとするような商品とは一線を画する化粧品ですね。 皮脂が出すぎてしまう原因• 毛穴の開きによる皮脂の分泌過多• 過度なあぶらとり紙の使用など、皮脂の取り除きすぎ• 肌をこするなどによる角質へのダメージ• セラミド不足による乾燥• 間違ったスキンケアによる逆効果 30代からの脂性肌の原因としては、セラミド不足で肌が乾燥を感じとり、 乾燥を防ぐために皮脂分泌量が増えた結果、脂性肌になるケースが数多く見られます。 そして、皮膚に棲んでいるアクネ菌が余剰に発生した皮脂を食べることで、ニキビが発生してしまいます。 開いた毛穴の間違ったケア方法として、収れん化粧水の使用が挙げられます。 毛穴の開きによる皮脂の分泌を抑えるという理由でおすすめされることがありますが、収れん化粧水はエタノールなどの刺激成分を多く含むものが多く、 毛穴の開いた人が収れん化粧水を使うことで、毛穴の周りに刺激を与えてしまうことになります。 それによりメラニンが発生し、 黒色化したり ニキビを発生させることにつながってしまうのです。 こういった理由から、単に皮脂を拭き取るだけの拭き取り化粧水はあまりおすすめできません。 それに、実は収れん化粧水の効果は一時的なもので、1〜2時間程度で毛穴はもとの状態に戻ってしまいます。 短時間での効果を狙うのであれば良いのですが、 常用することはあまりおすすめできないと思います。 毛穴パックなどで毛穴の角質を無理に取ることもダメージの原因です。 開いた毛穴が炎症を起こすことでニキビや黒ずみの原因に。 開いた毛穴を埋めるために皮脂腺が余計な油を分泌し、 より大きな角栓が生まれる悪循環が続きます。 ちなみに、洗顔で皮脂を取り除きすぎることも脂性肌の原因になります。 肌表面に適度な脂がある状態でないと、肌は乾燥に備えるために余計に脂を出してしまいます。 スクラブ入りの洗顔料など、刺激性のあるものの利用も控えましょう。 ニキビ肌へアプローチをかける拭き取り化粧水 他のニキビケア商品にみられるような『出過ぎた皮脂を取り除く』ような効果とちがい、『 皮脂が過剰に分泌することを抑える』という効果を認められた 医薬部外品の有効成分、 ライスパワーNo. 6を配合する薬用ふきとり美容水。 ニキビの原因になりやすい(資化性の高い)成分の配合を控え、ノンコメドジェニックテストやアレルギーテスト、累積刺激テストを実施された、毛穴の開きやつまりに根本からアプローチするニキビ肌用の商品です。 炎症を防ぐ効果をもったグリチルリチン酸2Kや、固くなった角層を和らげるサンザシエキスやタイソウエキスなどを含んだプレミックス原料など、 繰り返しがちな大人ニキビ肌に効果的な成分を多数配合されています。 進化型ビタミンC誘導体(VCエチル:3-0-エチルアスコルビン酸)は過剰な皮脂を抑える効果があると言われ、 メラニンの生成を抑え、メラニンを抑制することで美白効果を生み出し、お肌に透明感を与えます。 浸透力と持続性が高く、ニキビケアに適した成分です。 併せて有効成分として配合されるグリチルリチン酸2Kは、漢方薬として処方されることもある甘草から採れるエキス。 強い消炎効果によってニキビ肌の炎症を抑える成分です。 ヒアルロン酸を始めとする保湿成分も配合されており、『ニキビケアに特化した商品だと、どうしても乾燥してしまう』という方でも安心して使えますが、乾燥がひどい人にとってはビタミンC誘導体が刺激になることも。 そんな場合は、 トライアルセットで肌との相性を調べることをおすすめします 乾燥してもニキビができ、保湿しすぎてもニキビができる。 そんなお肌のバランスが乱れがちな方に、 肌自体の力を高めながら水分と油分のバランスを整えて、トラブル知らずの美肌に導く化粧水です。 皮膚科医監修のスキンケアシリーズ。 KADASONの脂性肌・敏感肌向け化粧水。 肌を整えるグリチルリチン酸2K(甘草由来)に加え、セイヨウナシ、チャ葉、レイシ、アロエ、サボンソウといった植物由来の整肌成分を配合。 刺激を受けやすいニキビ肌や敏感肌を優しく整えます。 30代肌のベタつきの原因となる「肌内部の乾燥」を肌バリア&保湿でケアしつつ、抗炎症成分で整肌する構成となっています。 オイルフリー処方で、 脂漏性皮膚炎の人だけでなく、大人ニキビで悩むインナードライ肌の人にもおすすめしたい化粧水です。 また、高い抗炎症効果をもつ「グリチルリチン酸ジカリウム」が 大人ニキビの炎症を抑え、トラネキサム酸の配合によって 毛穴の黒ずみやシミを防ぐ効果にも期待が持てます。

次の