法人リスト。 法人名簿を無料で収集できる!おすすめサイトベスト5!!

料金体系|法人リスト購入ならNetRealの企業名簿販売サービス

法人リスト

9月26日NEW 収集サイトに ケイコとマナブ. comが加わりました リリース 収集サイトにHotPepperBeautyが加わりました リリース 収集サイトにアットホームが加わりました リリース 収集サイトにマピオン電話帳が加わりました 企業名簿収集Listoru(リストル)の強み メールアドレスリスト収集ツール「リストル」 は、【正確】【安い】【早い】です。 企業名簿・メールアドレスリスト収集ツール「リストル」はこんな方にお勧めです Listoru ver. 対象WEBサイトから企業名・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・HPURLなど収集してリスト化します。 *収集できるデーターはサイトによって異なります。 詳細は下記収集ご希望のサイト詳細をご確認下さい。 *詳細ページに各サイトの収集稼動動画がアップされていますので収集イメージのご参考にされてください。 iタウンページなど合計41サイトからのデータ収集が可能です 企業名簿収集可能サイトはどんどん増えていきます! 【CSVデーター集計機能を追加しました】 リストルで収集したメールアドレスリストの重複データーをこの集計機能で統合することが可能です。 動画での動作状況はこちらでご確認下さい。 通常収集版 予約収集オプション *音声や説明キャプションは入っていませんのであくまでも参考程度でご覧下さい。 中でもインターネット上からEメールを使って手軽に送信できるメールDMは、手間がかからず費用対効果も非常に良いツールです。 何といっても、ハガキなどの郵便物に比べて費用がかからないことがメールDMもメリットです。 Eメールは無料で使えるツールなので、自社で作ったメールDMなら費用は一切かかりません。 業者に委託して作って貰う場合でも、印刷物に比べると費用も手間もかけずに済みます。 インターネット上には子供から高齢者までさまざまな年代の顧客がいますが、メールDMならどんなお客様にも一括で送信し、目に留めて貰うことが可能です。 動画や自社サイト、広告など多くのウェブサービス連携させ、DMを充実させることも可能です。 ただし、メールDMを送付する際は、事前に許可を取ってDMを送信しなければならないと決まっていますので、個人やDMを許可していない法人のアドレスに送付する際には最初にオプトを取る注意が必要です。 メールDMの効率の良い送り方 メールDMのメリットは、費用をかけずに宣伝ができるという点にあります。 しかしながら、そのほとんどが件名を読んだだけで削除され、効果が得られにくいのもまた事実。 本文に目を通してくれるだけでも良い方です。 効率の良い送り方としては、以前自社の製品を購入したことがある方や、メルマガ会員になっている方など、少なからず「興味」を持ってくれているお客様を絞り込むことです。 誰かれ構わずDMを送ると、特定電子メール法に違反してしまうので注意が必要ですが、お客様の絞り込みは非常に重要なポイントです。 自社製品を宣伝するなら、お客様の年代や性別、ニーズに合わせたものを選ぶなど、工夫をしてみましょう。 もちろん件名だけで削除されないように、どんな新製品や新サービスが登場したかを簡潔に記載するようにします。 件名と本文がそれぞれ分かりやすければ、「ただメールを送っただけ」で終わらず、相手に効率的に宣伝することができます。 メールDMを送る際の注意点 メールDMは郵便物やFAXタイプのDMに比べ、コストをゼロに押さえることもできる格安な宣伝方法です。 反応率が高ければそれなりの収益が期待できますが逆に一切誰の目にも留まらない可能性もあります。 メールDMを送る際の注意点として、個人でも法人でも必ず開封されるわけではないということです。 迷惑メールのフォルダーに入れられてしまったり、自動的に迷惑メールに振り分けられたり、受信拒否をされる場合もあります。 即削除とならないためにも、宣伝をしつこくしすぎない、すぐ他のサイトへ誘導させようとしないなどの配慮が必要です。 また、メールの送信にあたっては「特定電子メール法」を遵守しなければなりません。 相手に無許可でメールを送信したり、相手が賛成していないのにメールを送付することは法律違反になります。 法律に違反すると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(法人は3000万円以下)が課せられる可能性もあるので、注意が必要です。 反応率の高いメールDMを作るには メールDMといえば、インターネットの普及にともなって広く利用されている営業・宣伝方法です。 企業から個人に向けて送られるメールDMには、商品やサービスについての宣伝のほか、サイトや商品ページへのリンク、広告画像などが盛り込まれています。 件名だけを読んで削除されてしまうケースも多いので、メールDMの反応率はあまり高いとはいえません。 元々低い反応率をアップさせるには、メールの件名を簡潔に記載し、本文は長々と書かずわかりやすく記載することを心がけると良いでしょう。 消費者なら誰もが、「欲しいものは絶対に欲しい」と考えています。 なので、そこに輪をかけて長々と宣伝をする必要はなく、商品についてくどくどと説明をしたところで、「うざったい」と思われてしまう可能性もあるのです。 必要な情報はしっかりと盛り込みますが、それ以外の情報は無駄を省く必要があります。 メールDMは無料で宣伝ができる反面「開けるのが面倒」「読むのが面倒」という理由から、開封されにくい宣伝方法でもあります。 あまりにも頻繁にメールを配信すると、開封率がさらに低くなることにも注意が必要です。

次の

法人リスト業界最安値!価格に自信あり!

法人リスト

法人名簿を購入する前に、まずは無料で法人名簿を利用できないか?という風に考える方は多いのではないでしょうか。 法人名簿の全てを無料で解放しているサイトは残念ながらありませんが、無料サンプルという形で一部の法人名簿を入手することのできるサイトを5つご紹介します! 1. 法人名簿エンジン 名簿1件が最安で0. 025円と、業界内でもダントツの安さを誇る法人名簿販売サイトです。 電話番号のスクリーニングやデータ入力を代行するなどの便利なサービスも展開しており、営業支援という立ち位置で 総合的にサポートが可能な大手サービスです。 無料のサンプルリストは会員登録やフォームでの申し込みの必要はなく、 サイトから希望の名簿をすぐにダウンロードできるので、手軽にその品質を確認できます。 ファイルはCSV形式でダウンロードできるので、自分で自由に加工することも可能です。 ダウンロードできる無料サンプルは、業界別や目的別、例えば不動産業界やテレアポ用などで用意されているので、実際にその使い勝手を試すこともできるでしょう。 掲載項目としては、名簿の種類にもよりますが例えば以下のようになります。 会社名・郵便・住所・メールアドレス・電話番号・FAX・部署・・ 他にECサイトなどのリストも多いので、以下のような項目も名簿によっては記載されています。 店舗名・開店日・クレジット利用・コンビニ利用・配送日指定・ケータイ対応・店舗URL・商品数 項目は名簿によって異なりますが、ターゲットを選定するために役立つ項目が多いことも人気の理由です。 リスト王国 弊社のサービスである、リスト王国は、 法人名簿掲載数が500万件を超え、取引実績ナンバーワンを誇る法人名簿販売サイトです。 リスト王国では毎週最新のリストに更新しているので、常に新しいターゲットに営業をかけることができます。 テレアポやメールマーケティングなど営業方法に合わせてリストを購入することができるでしょう。 また、リストは全て検索エンジンにてクローリングして収集している、Web上に公開されている情報のみをとりまとめておりますので、不正なものはございません。 こちらも 無料サンプルリストはすぐにダウンロードできるようになっています。 EC出店者の企業リストや不動産業のリスト、求人や建設業などさまざまなジャンルのサンプルを用意しているので、ターゲットに近いジャンルのものが入手可能です。 掲載項目は、たとえばECサイトの出店者リストの場合、以下のようになります。 店舗名・カテゴリ名・URL・会社名・郵便・住所・電話番号・FAX・メール・商品数・ランキング1商品名 他にも役立つ情報を多く記載しているので、サンプルでその内容をぜひ確認してみてください。 日本企業名簿販売センター 40以上ものカテゴリに分類して法人名簿を販売しているサイトです。 無料提供している名簿管理ソフトと名簿リストをセットにしているので、管理ソフトとデータのサンプルを入手できます。 名簿情報の項目は次のようになります。 企業名・大カテゴリ・業種・TEL・FAX・郵便番号・住所・メールアドレス・ホームページ 名簿価格は基本料金が無料で通常名簿が1件10円、特殊名簿が20円です。 特殊名簿になれば次の項目が追加になります。 売上高・資本金・従業員数・設立年月・業種分類・地域 (抽出条件の難易度により基本料金が発生します) 4. アタックリストNo. 1 独自システムによりニーズ検索を行い、AIにより営業リストを自動生成する名簿販売サイトです。 利用するほどに差分抽出の精度が向上します。 サンプルデータは会社名・担当者名・電話番号・メールアドレスと問い合わせのきっかけを入力すれば入手できます。 実際のデータをダウンロードできるので、使い勝手を確認できるでしょう。 基本項目は次のようになっています。 企業名・電話番号・郵便番号・住所1・住所2・業種名 オプション項目としては次のものが提供されます。 FAX番号・売上高規模・従業員数規模・資本金規模・上場区分・設立年月・企業URL・法人番号・メールアドレス 料金は件数に応じて異なり、1件あたり税別で12円から1. 2円となっています。 ダイレクトデータ カテゴリ分けが細かいことに加えて、電話やインターネットプロバイダの回線別リストも扱っている名簿販売サイトです。 無料サンプルは何度でも請求できるので、使い勝手を納得できるまで確認できます。 記載している項目は次のようになります。 企業名・郵便番号・県・住所・電話番号・FAX・分類・業種名 料金は1件3円からとなっています。 法人名簿販売業者の選び方 ここまで法人名簿の無料サンプルをダウンロードできるサイトを紹介してきましたが、実際の営業活動に利用する際にはやはり本製品を購入しないといけませんよね。 それではどこの業者から法人名簿を購入するのが最も良いのでしょうか? 弊社では、以下の観点から業者選びをしていただけると良いと考えています。 なるべく必要なリストだけを購入できるサイトが良いでしょう。 定期的にスクリーングされているサービスからリストを購入することで、電話がかからない、メールが届かない、といった無駄な時間、費用を最小限に抑えられます。 (スクリーニングは機械的に行われることが一般的なため、スクリーニング上利用できるリストでも実際には利用不可な場合もあります。 法人の公開情報(Web上にすでに公開されている情報 を収集し販売しているウェブスクレイピングスクレイピングタイプのサービスから購入されることをお勧めします。 迷ったらリスト王国を 上記の3点の条件をクリアしているサービスがリスト王国です。 リスト王国は、毎週定時に収集をした最新の営業リスト・テレアポ、メールリスト を販売しております。 ツールの販売ではなく営業リスト自体の販売のため、データのダウンロード後すぐに営業に活用できるほか、収集するターゲットを決めてサイト別に収集する情報を変えて販売しているため、基本情報+付加価値の高い役立つ項目の提供が可能です。 目的の営業リスト・法人名簿を探す.

次の

大阪府の新設法人リスト

法人リスト

法人名簿を購入する前に、まずは無料で法人名簿を利用できないか?という風に考える方は多いのではないでしょうか。 法人名簿の全てを無料で解放しているサイトは残念ながらありませんが、無料サンプルという形で一部の法人名簿を入手することのできるサイトを5つご紹介します! 1. 法人名簿エンジン 名簿1件が最安で0. 025円と、業界内でもダントツの安さを誇る法人名簿販売サイトです。 電話番号のスクリーニングやデータ入力を代行するなどの便利なサービスも展開しており、営業支援という立ち位置で 総合的にサポートが可能な大手サービスです。 無料のサンプルリストは会員登録やフォームでの申し込みの必要はなく、 サイトから希望の名簿をすぐにダウンロードできるので、手軽にその品質を確認できます。 ファイルはCSV形式でダウンロードできるので、自分で自由に加工することも可能です。 ダウンロードできる無料サンプルは、業界別や目的別、例えば不動産業界やテレアポ用などで用意されているので、実際にその使い勝手を試すこともできるでしょう。 掲載項目としては、名簿の種類にもよりますが例えば以下のようになります。 会社名・郵便・住所・メールアドレス・電話番号・FAX・部署・・ 他にECサイトなどのリストも多いので、以下のような項目も名簿によっては記載されています。 店舗名・開店日・クレジット利用・コンビニ利用・配送日指定・ケータイ対応・店舗URL・商品数 項目は名簿によって異なりますが、ターゲットを選定するために役立つ項目が多いことも人気の理由です。 リスト王国 弊社のサービスである、リスト王国は、 法人名簿掲載数が500万件を超え、取引実績ナンバーワンを誇る法人名簿販売サイトです。 リスト王国では毎週最新のリストに更新しているので、常に新しいターゲットに営業をかけることができます。 テレアポやメールマーケティングなど営業方法に合わせてリストを購入することができるでしょう。 また、リストは全て検索エンジンにてクローリングして収集している、Web上に公開されている情報のみをとりまとめておりますので、不正なものはございません。 こちらも 無料サンプルリストはすぐにダウンロードできるようになっています。 EC出店者の企業リストや不動産業のリスト、求人や建設業などさまざまなジャンルのサンプルを用意しているので、ターゲットに近いジャンルのものが入手可能です。 掲載項目は、たとえばECサイトの出店者リストの場合、以下のようになります。 店舗名・カテゴリ名・URL・会社名・郵便・住所・電話番号・FAX・メール・商品数・ランキング1商品名 他にも役立つ情報を多く記載しているので、サンプルでその内容をぜひ確認してみてください。 日本企業名簿販売センター 40以上ものカテゴリに分類して法人名簿を販売しているサイトです。 無料提供している名簿管理ソフトと名簿リストをセットにしているので、管理ソフトとデータのサンプルを入手できます。 名簿情報の項目は次のようになります。 企業名・大カテゴリ・業種・TEL・FAX・郵便番号・住所・メールアドレス・ホームページ 名簿価格は基本料金が無料で通常名簿が1件10円、特殊名簿が20円です。 特殊名簿になれば次の項目が追加になります。 売上高・資本金・従業員数・設立年月・業種分類・地域 (抽出条件の難易度により基本料金が発生します) 4. アタックリストNo. 1 独自システムによりニーズ検索を行い、AIにより営業リストを自動生成する名簿販売サイトです。 利用するほどに差分抽出の精度が向上します。 サンプルデータは会社名・担当者名・電話番号・メールアドレスと問い合わせのきっかけを入力すれば入手できます。 実際のデータをダウンロードできるので、使い勝手を確認できるでしょう。 基本項目は次のようになっています。 企業名・電話番号・郵便番号・住所1・住所2・業種名 オプション項目としては次のものが提供されます。 FAX番号・売上高規模・従業員数規模・資本金規模・上場区分・設立年月・企業URL・法人番号・メールアドレス 料金は件数に応じて異なり、1件あたり税別で12円から1. 2円となっています。 ダイレクトデータ カテゴリ分けが細かいことに加えて、電話やインターネットプロバイダの回線別リストも扱っている名簿販売サイトです。 無料サンプルは何度でも請求できるので、使い勝手を納得できるまで確認できます。 記載している項目は次のようになります。 企業名・郵便番号・県・住所・電話番号・FAX・分類・業種名 料金は1件3円からとなっています。 法人名簿販売業者の選び方 ここまで法人名簿の無料サンプルをダウンロードできるサイトを紹介してきましたが、実際の営業活動に利用する際にはやはり本製品を購入しないといけませんよね。 それではどこの業者から法人名簿を購入するのが最も良いのでしょうか? 弊社では、以下の観点から業者選びをしていただけると良いと考えています。 なるべく必要なリストだけを購入できるサイトが良いでしょう。 定期的にスクリーングされているサービスからリストを購入することで、電話がかからない、メールが届かない、といった無駄な時間、費用を最小限に抑えられます。 (スクリーニングは機械的に行われることが一般的なため、スクリーニング上利用できるリストでも実際には利用不可な場合もあります。 法人の公開情報(Web上にすでに公開されている情報 を収集し販売しているウェブスクレイピングスクレイピングタイプのサービスから購入されることをお勧めします。 迷ったらリスト王国を 上記の3点の条件をクリアしているサービスがリスト王国です。 リスト王国は、毎週定時に収集をした最新の営業リスト・テレアポ、メールリスト を販売しております。 ツールの販売ではなく営業リスト自体の販売のため、データのダウンロード後すぐに営業に活用できるほか、収集するターゲットを決めてサイト別に収集する情報を変えて販売しているため、基本情報+付加価値の高い役立つ項目の提供が可能です。 目的の営業リスト・法人名簿を探す.

次の