キバナアニメ。 ダンデVSキバナ!熱い男たちのバトルが今、はじまる!!TVアニメ『ポケットモンスター』7月5日放送のあらすじ・場面カットを紹介

アニメ『ポケモン』のキバナを演じる声優は?

キバナアニメ

キャッチコピーは 「ドラゴンストーム」。 のジムリーダーで、の使い手。 のトップジムリーダーであり、その実力は一部では 他の地方であればチャンピオンになれていると噂されるほど。 であるとは自他共に認める関係つで、ダンデとのポケモンバトルの記録は10連敗中だが、一方で彼のポケモンを最も多く倒したトレーナーとして称賛されてもいる。 オープニングではローズの解説の後にチャンピオンであるダンデに相棒のジュラルドンと共に挑んでおり、それをスマホロトムで主人公が視聴する形で始まる。 で高身長の男性。 水色の瞳を持つで、側頭部と後頭部を刈り上げた髪型の上にオレンジ色のバンダナを巻いている。 ユニフォームの上にドラゴンをモチーフにしたようなパーカーをに着ていて、フードの部分は牙のような形をしている。 日々鍛錬を重ねる傍ら、趣味のファッションやSNSを楽しんでいるようで、常にを持ち歩き、バトル中でもをしている。 これは目立ちたいから、というわけではなく、リーグカードによると自撮りを始めたきっかけは、敗北の悔しさを忘れないようにするためであるという。 しかしレアの方のリーグカードによると、最近はトレーニング風景やファッションなどをアップしていたり、チャンピオンリーグ再戦で主人公に敗れると最初に気にするのが「負け姿をアップしてもSNS映えする」事だったりと、手段と目的が逆転しつつある様子もある。 ただ、本人も気づいてはいるようで、「オレ様、目的を見失ってないか?」と自分でツッコんでいる。 ジムミッション 彼のジムミッションは、宝物庫にてジムトレーナー3人とダブルバトルを行うという、これまでに比べてとてもシンプルなもの。 ただしこの3人、これまでのジムトレーナーとは異なり、ドラゴンタイプではないポケモンを手持ちに混ぜている。 正確に言えば、 自分が有利になる天候を持っているドラゴンポケモンを、 その天候を始動できる&その天候で強くなる別のタイプのポケモンと組ませているのだ。 3人目のヒトミはドラゴンタイプの天敵である(特性:)まで使用する。 本当にここはドラゴンタイプのジムなのか?と疑ったプレイヤーも多いことだろう。 これに関しては、 ドラゴンタイプのポケモンだけに限定すると繰り出すポケモンのレパートリーが少なくなり、プレイヤーから対策されやすくなってしまうという的な事情も絡んでいる可能性がある。 ドラゴンの弱点がドラゴンとこおりのみだった第5世代までならともかく、そこにフェアリーが追加された第6世代と続く第7世代で、ドラゴンを専門とするジムリーダーやしまキングが登場してこなかったのはこれが理由なのかもしれない。 とはいえ、それは他のジムリーダーにも共通する話であり、別にキバナ達だけが優遇される理由にはならないであろうが。 (は登場しているが、当時の四天王はその対決方法上、苦手なポケモンを揃えて臨むことが困難なため、上記の問題は解決可能) 手持ちポケモン ドラゴンタイプの使い手であると同時に、天候をにさせてくる使い すなあらし関連の特性持ちのギガイアスやサダイジャ等 で、天候を変化させると、それぞれの天候に対応した特殊な台詞が見られる。 手持ちのポケモンもどちらかといえばドラゴンタイプよりも すなあらしの条件下で活躍できるものが主体である。 特に初戦ではドラゴンらしさはあまり感じられず、手持ちのうち2体がドラゴンタイプではない。 その上、ジュラルドンについては通常のドラゴンとは弱点が異なるため、本来のドラゴンタイプへの対処法が通じにくい(でドラゴンは無効などとたかをくくっていると、複合タイプであるの技で弱点を突いてくる)。 また、初戦ではジムチャレンジと同様、ダブルバトルの形式を取るため、弱点をカバーしあったり、片方がもう片方をうまくサポートできるような絶妙な組み合わせでポケモンを出してくるのも厄介な点である。 また、「」を覚えたフライゴンや、「」を覚えたギガイアスと言った具合いに、ちゃんと相手も こちらの弱点を突いてくるポケモンへの対策を徹底しているため、攻略は一筋縄ではいかない。 このため、たとえこちらの手持ちのポケモン全員がレベルで上回っていたとしても油断ならない強敵となっており、それまでのような単なるといったゴリ押しは通用しにくい。 ポケモンバトルにおいて天候を味方につけることがどれだけ大事かということをプレイヤーに知らしめてくれるジムであると言える。 トーナメントでは いつも通りのシングルバトル形式での試合になるため、(相変わらず天候を操作してくること自体は変わりないものの)人によってはこちらの方がずっと楽だったという声も。 とはいえ、相手のポケモンのレベルも相応に上がっている点には注意。 チャンピオンカップ再戦でも強豪として登場。 基本的に参加者の中ではトップクラスに強く、ダンデ・ホップと当たると負けるが、それ以外のジムリーダーやモブトレーナーにはほぼ勝つため、出たらほぼ確実に主人公と戦う事になる。 公式によると、ダンデとだけには未だ一度も勝てていないらしく、シールドバージョンでは彼女相手にも負ける。 恐らくタイプ以外の相性が致命的に悪いのだろう。 またダンデ・ホップのような明確な別格扱いではないようで、メロン以外のジムリーダーに負ける事も低確率ながらある。 ジムバトル(ダブルバトル)• 但し現状特定はされておらず、いくつか説がある。 現在最も有力な説。 また、花言葉は「野生的な美しさ」であり、美貌と荒々しさを兼ね備えるキバナのイメージにも合う。 こちらの説はあまり有名ではない。 花言葉は「信頼」「豊かな心」「慕われる愛」等、キバナの愛されキャラに合う言葉ではある。 また、この花はの四天王のの名前の由来となった花でもある(キバナシュクシャのハワイ語名は)。 () 版のキバナの名前Laburnoから 日本語でキングサリを意味する。 キングサリの別名はキバナフジ。 キングサリ(キバナフジ)の花言葉「淋しい美しさ」「儚い美」「哀愁の美」 版のキバナの名前Raihanから スイートバジルを意味する名前。 スイートバジルは花が咲く場合白い花が咲くので、考察の粋を出ない。 のキバナ CV:(過去のアニポケではなどを担当) 21話以降のPVに先行登場し、27話で初登場する。 ゲーム本編と同じくナックルジムのジムリーダーにして、で7位にランクインして末席に名を連ねた実力者。 ダイマックスもアニメならではの演出が行われている。 パートナーはゲーム本編と同様ジュラルドン。 PVの先行登場の時点ではまだ声無しであったにも関わらず、放送後のTwitterトレンドでもや、アニポケ等の他のワードと共に上位ランクインを果たした。 担当声優が決定した際にも、発表から数時間経った後も70000以上もツイートされる等ファンの間では大きな盛り上がりを見せた(Yahooの週刊閲覧数3位にも上がった)。 キバナのイメージと鈴木氏のボイスが非常にマッチしていた他、ダンデ役の氏と比較的共演の機会も多かったことから、鈴木氏がキバナの声を担当するだろうと予想したファンもそれなりにいたらしい。 本編登場前の次回予告後でも再びワードに上がり、当人のツイートにもフォロワーが殺到した。 関連イラスト 関連タグ :バンダナと垂れ目が特徴のジムリーダー繋がり。 マツバは使い。 長年努力しても叶えられなかった夢を主人公にあっさりと獲られてしまう点も共通している。 :キバナの魅力に憑かれた女性達を指す新造語。 事前情報が無かったにも関わらず 人気急上昇中のキャラクターであり、その多くは 女性ファンが占めていることから。 pixivの女性の検索ランキングでは以降、何度も1位を獲得。 TwitterやSNSでも大きく盛り上がり、この現象は各ネットニュースにも取り上げられたほど。 中にはSNSの影響を受け、 キバナ目的の為だけにゲームを買い始めたファンもいる。 発売前のイメージを良い意味で裏切ったことで男性プレイヤーから高い支持を得たとは人気の面では対になっていると言えよう。 pixivision• 2020-07-26 18:00:00• 2020-07-26 17:00:00• 2020-07-25 18:00:00• 2020-07-25 17:00:00• 2020-07-24 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-27 11:32:31• 2020-07-27 11:31:04• 2020-07-27 11:28:30• 2020-07-27 11:27:56• 2020-07-27 11:27:01 新しく作成された記事• 2020-07-27 10:52:01• 2020-07-27 10:46:00• 2020-07-27 09:38:05• 2020-07-27 07:52:23• 2020-07-27 06:43:03•

次の

アニポケまであとちょっと! ファン大歓喜! キバナついにアニポケ初登場!!

キバナアニメ

キャッチコピーは 「ドラゴンストーム」。 のジムリーダーで、の使い手。 のトップジムリーダーであり、その実力は一部では 他の地方であればチャンピオンになれていると噂されるほど。 であるとは自他共に認める関係つで、ダンデとのポケモンバトルの記録は10連敗中だが、一方で彼のポケモンを最も多く倒したトレーナーとして称賛されてもいる。 オープニングではローズの解説の後にチャンピオンであるダンデに相棒のジュラルドンと共に挑んでおり、それをスマホロトムで主人公が視聴する形で始まる。 で高身長の男性。 水色の瞳を持つで、側頭部と後頭部を刈り上げた髪型の上にオレンジ色のバンダナを巻いている。 ユニフォームの上にドラゴンをモチーフにしたようなパーカーをに着ていて、フードの部分は牙のような形をしている。 日々鍛錬を重ねる傍ら、趣味のファッションやSNSを楽しんでいるようで、常にを持ち歩き、バトル中でもをしている。 これは目立ちたいから、というわけではなく、リーグカードによると自撮りを始めたきっかけは、敗北の悔しさを忘れないようにするためであるという。 しかしレアの方のリーグカードによると、最近はトレーニング風景やファッションなどをアップしていたり、チャンピオンリーグ再戦で主人公に敗れると最初に気にするのが「負け姿をアップしてもSNS映えする」事だったりと、手段と目的が逆転しつつある様子もある。 ただ、本人も気づいてはいるようで、「オレ様、目的を見失ってないか?」と自分でツッコんでいる。 ジムミッション 彼のジムミッションは、宝物庫にてジムトレーナー3人とダブルバトルを行うという、これまでに比べてとてもシンプルなもの。 ただしこの3人、これまでのジムトレーナーとは異なり、ドラゴンタイプではないポケモンを手持ちに混ぜている。 正確に言えば、 自分が有利になる天候を持っているドラゴンポケモンを、 その天候を始動できる&その天候で強くなる別のタイプのポケモンと組ませているのだ。 3人目のヒトミはドラゴンタイプの天敵である(特性:)まで使用する。 本当にここはドラゴンタイプのジムなのか?と疑ったプレイヤーも多いことだろう。 これに関しては、 ドラゴンタイプのポケモンだけに限定すると繰り出すポケモンのレパートリーが少なくなり、プレイヤーから対策されやすくなってしまうという的な事情も絡んでいる可能性がある。 ドラゴンの弱点がドラゴンとこおりのみだった第5世代までならともかく、そこにフェアリーが追加された第6世代と続く第7世代で、ドラゴンを専門とするジムリーダーやしまキングが登場してこなかったのはこれが理由なのかもしれない。 とはいえ、それは他のジムリーダーにも共通する話であり、別にキバナ達だけが優遇される理由にはならないであろうが。 (は登場しているが、当時の四天王はその対決方法上、苦手なポケモンを揃えて臨むことが困難なため、上記の問題は解決可能) 手持ちポケモン ドラゴンタイプの使い手であると同時に、天候をにさせてくる使い すなあらし関連の特性持ちのギガイアスやサダイジャ等 で、天候を変化させると、それぞれの天候に対応した特殊な台詞が見られる。 手持ちのポケモンもどちらかといえばドラゴンタイプよりも すなあらしの条件下で活躍できるものが主体である。 特に初戦ではドラゴンらしさはあまり感じられず、手持ちのうち2体がドラゴンタイプではない。 その上、ジュラルドンについては通常のドラゴンとは弱点が異なるため、本来のドラゴンタイプへの対処法が通じにくい(でドラゴンは無効などとたかをくくっていると、複合タイプであるの技で弱点を突いてくる)。 また、初戦ではジムチャレンジと同様、ダブルバトルの形式を取るため、弱点をカバーしあったり、片方がもう片方をうまくサポートできるような絶妙な組み合わせでポケモンを出してくるのも厄介な点である。 また、「」を覚えたフライゴンや、「」を覚えたギガイアスと言った具合いに、ちゃんと相手も こちらの弱点を突いてくるポケモンへの対策を徹底しているため、攻略は一筋縄ではいかない。 このため、たとえこちらの手持ちのポケモン全員がレベルで上回っていたとしても油断ならない強敵となっており、それまでのような単なるといったゴリ押しは通用しにくい。 ポケモンバトルにおいて天候を味方につけることがどれだけ大事かということをプレイヤーに知らしめてくれるジムであると言える。 トーナメントでは いつも通りのシングルバトル形式での試合になるため、(相変わらず天候を操作してくること自体は変わりないものの)人によってはこちらの方がずっと楽だったという声も。 とはいえ、相手のポケモンのレベルも相応に上がっている点には注意。 チャンピオンカップ再戦でも強豪として登場。 基本的に参加者の中ではトップクラスに強く、ダンデ・ホップと当たると負けるが、それ以外のジムリーダーやモブトレーナーにはほぼ勝つため、出たらほぼ確実に主人公と戦う事になる。 公式によると、ダンデとだけには未だ一度も勝てていないらしく、シールドバージョンでは彼女相手にも負ける。 恐らくタイプ以外の相性が致命的に悪いのだろう。 またダンデ・ホップのような明確な別格扱いではないようで、メロン以外のジムリーダーに負ける事も低確率ながらある。 ジムバトル(ダブルバトル)• 但し現状特定はされておらず、いくつか説がある。 現在最も有力な説。 また、花言葉は「野生的な美しさ」であり、美貌と荒々しさを兼ね備えるキバナのイメージにも合う。 こちらの説はあまり有名ではない。 花言葉は「信頼」「豊かな心」「慕われる愛」等、キバナの愛されキャラに合う言葉ではある。 また、この花はの四天王のの名前の由来となった花でもある(キバナシュクシャのハワイ語名は)。 () 版のキバナの名前Laburnoから 日本語でキングサリを意味する。 キングサリの別名はキバナフジ。 キングサリ(キバナフジ)の花言葉「淋しい美しさ」「儚い美」「哀愁の美」 版のキバナの名前Raihanから スイートバジルを意味する名前。 スイートバジルは花が咲く場合白い花が咲くので、考察の粋を出ない。 のキバナ CV:(過去のアニポケではなどを担当) 21話以降のPVに先行登場し、27話で初登場する。 ゲーム本編と同じくナックルジムのジムリーダーにして、で7位にランクインして末席に名を連ねた実力者。 ダイマックスもアニメならではの演出が行われている。 パートナーはゲーム本編と同様ジュラルドン。 PVの先行登場の時点ではまだ声無しであったにも関わらず、放送後のTwitterトレンドでもや、アニポケ等の他のワードと共に上位ランクインを果たした。 担当声優が決定した際にも、発表から数時間経った後も70000以上もツイートされる等ファンの間では大きな盛り上がりを見せた(Yahooの週刊閲覧数3位にも上がった)。 キバナのイメージと鈴木氏のボイスが非常にマッチしていた他、ダンデ役の氏と比較的共演の機会も多かったことから、鈴木氏がキバナの声を担当するだろうと予想したファンもそれなりにいたらしい。 本編登場前の次回予告後でも再びワードに上がり、当人のツイートにもフォロワーが殺到した。 関連イラスト 関連タグ :バンダナと垂れ目が特徴のジムリーダー繋がり。 マツバは使い。 長年努力しても叶えられなかった夢を主人公にあっさりと獲られてしまう点も共通している。 :キバナの魅力に憑かれた女性達を指す新造語。 事前情報が無かったにも関わらず 人気急上昇中のキャラクターであり、その多くは 女性ファンが占めていることから。 pixivの女性の検索ランキングでは以降、何度も1位を獲得。 TwitterやSNSでも大きく盛り上がり、この現象は各ネットニュースにも取り上げられたほど。 中にはSNSの影響を受け、 キバナ目的の為だけにゲームを買い始めたファンもいる。 発売前のイメージを良い意味で裏切ったことで男性プレイヤーから高い支持を得たとは人気の面では対になっていると言えよう。 pixivision• 2020-07-26 18:00:00• 2020-07-26 17:00:00• 2020-07-25 18:00:00• 2020-07-25 17:00:00• 2020-07-24 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-27 11:32:31• 2020-07-27 11:31:04• 2020-07-27 11:28:30• 2020-07-27 11:27:56• 2020-07-27 11:27:01 新しく作成された記事• 2020-07-27 10:52:01• 2020-07-27 10:46:00• 2020-07-27 09:38:05• 2020-07-27 07:52:23• 2020-07-27 06:43:03•

次の

【アニポケ】キバナのCVが人気声優「鈴木達央」さんに決定!大盛り上がりでトレンド入り!【ポケモン/ジムリーダー】

キバナアニメ

キャッチコピーは 「ドラゴンストーム」。 のジムリーダーで、の使い手。 のトップジムリーダーであり、その実力は一部では 他の地方であればチャンピオンになれていると噂されるほど。 であるとは自他共に認める関係つで、ダンデとのポケモンバトルの記録は10連敗中だが、一方で彼のポケモンを最も多く倒したトレーナーとして称賛されてもいる。 オープニングではローズの解説の後にチャンピオンであるダンデに相棒のジュラルドンと共に挑んでおり、それをスマホロトムで主人公が視聴する形で始まる。 で高身長の男性。 水色の瞳を持つで、側頭部と後頭部を刈り上げた髪型の上にオレンジ色のバンダナを巻いている。 ユニフォームの上にドラゴンをモチーフにしたようなパーカーをに着ていて、フードの部分は牙のような形をしている。 日々鍛錬を重ねる傍ら、趣味のファッションやSNSを楽しんでいるようで、常にを持ち歩き、バトル中でもをしている。 これは目立ちたいから、というわけではなく、リーグカードによると自撮りを始めたきっかけは、敗北の悔しさを忘れないようにするためであるという。 しかしレアの方のリーグカードによると、最近はトレーニング風景やファッションなどをアップしていたり、チャンピオンリーグ再戦で主人公に敗れると最初に気にするのが「負け姿をアップしてもSNS映えする」事だったりと、手段と目的が逆転しつつある様子もある。 ただ、本人も気づいてはいるようで、「オレ様、目的を見失ってないか?」と自分でツッコんでいる。 ジムミッション 彼のジムミッションは、宝物庫にてジムトレーナー3人とダブルバトルを行うという、これまでに比べてとてもシンプルなもの。 ただしこの3人、これまでのジムトレーナーとは異なり、ドラゴンタイプではないポケモンを手持ちに混ぜている。 正確に言えば、 自分が有利になる天候を持っているドラゴンポケモンを、 その天候を始動できる&その天候で強くなる別のタイプのポケモンと組ませているのだ。 3人目のヒトミはドラゴンタイプの天敵である(特性:)まで使用する。 本当にここはドラゴンタイプのジムなのか?と疑ったプレイヤーも多いことだろう。 これに関しては、 ドラゴンタイプのポケモンだけに限定すると繰り出すポケモンのレパートリーが少なくなり、プレイヤーから対策されやすくなってしまうという的な事情も絡んでいる可能性がある。 ドラゴンの弱点がドラゴンとこおりのみだった第5世代までならともかく、そこにフェアリーが追加された第6世代と続く第7世代で、ドラゴンを専門とするジムリーダーやしまキングが登場してこなかったのはこれが理由なのかもしれない。 とはいえ、それは他のジムリーダーにも共通する話であり、別にキバナ達だけが優遇される理由にはならないであろうが。 (は登場しているが、当時の四天王はその対決方法上、苦手なポケモンを揃えて臨むことが困難なため、上記の問題は解決可能) 手持ちポケモン ドラゴンタイプの使い手であると同時に、天候をにさせてくる使い すなあらし関連の特性持ちのギガイアスやサダイジャ等 で、天候を変化させると、それぞれの天候に対応した特殊な台詞が見られる。 手持ちのポケモンもどちらかといえばドラゴンタイプよりも すなあらしの条件下で活躍できるものが主体である。 特に初戦ではドラゴンらしさはあまり感じられず、手持ちのうち2体がドラゴンタイプではない。 その上、ジュラルドンについては通常のドラゴンとは弱点が異なるため、本来のドラゴンタイプへの対処法が通じにくい(でドラゴンは無効などとたかをくくっていると、複合タイプであるの技で弱点を突いてくる)。 また、初戦ではジムチャレンジと同様、ダブルバトルの形式を取るため、弱点をカバーしあったり、片方がもう片方をうまくサポートできるような絶妙な組み合わせでポケモンを出してくるのも厄介な点である。 また、「」を覚えたフライゴンや、「」を覚えたギガイアスと言った具合いに、ちゃんと相手も こちらの弱点を突いてくるポケモンへの対策を徹底しているため、攻略は一筋縄ではいかない。 このため、たとえこちらの手持ちのポケモン全員がレベルで上回っていたとしても油断ならない強敵となっており、それまでのような単なるといったゴリ押しは通用しにくい。 ポケモンバトルにおいて天候を味方につけることがどれだけ大事かということをプレイヤーに知らしめてくれるジムであると言える。 トーナメントでは いつも通りのシングルバトル形式での試合になるため、(相変わらず天候を操作してくること自体は変わりないものの)人によってはこちらの方がずっと楽だったという声も。 とはいえ、相手のポケモンのレベルも相応に上がっている点には注意。 チャンピオンカップ再戦でも強豪として登場。 基本的に参加者の中ではトップクラスに強く、ダンデ・ホップと当たると負けるが、それ以外のジムリーダーやモブトレーナーにはほぼ勝つため、出たらほぼ確実に主人公と戦う事になる。 公式によると、ダンデとだけには未だ一度も勝てていないらしく、シールドバージョンでは彼女相手にも負ける。 恐らくタイプ以外の相性が致命的に悪いのだろう。 またダンデ・ホップのような明確な別格扱いではないようで、メロン以外のジムリーダーに負ける事も低確率ながらある。 ジムバトル(ダブルバトル)• 但し現状特定はされておらず、いくつか説がある。 現在最も有力な説。 また、花言葉は「野生的な美しさ」であり、美貌と荒々しさを兼ね備えるキバナのイメージにも合う。 こちらの説はあまり有名ではない。 花言葉は「信頼」「豊かな心」「慕われる愛」等、キバナの愛されキャラに合う言葉ではある。 また、この花はの四天王のの名前の由来となった花でもある(キバナシュクシャのハワイ語名は)。 () 版のキバナの名前Laburnoから 日本語でキングサリを意味する。 キングサリの別名はキバナフジ。 キングサリ(キバナフジ)の花言葉「淋しい美しさ」「儚い美」「哀愁の美」 版のキバナの名前Raihanから スイートバジルを意味する名前。 スイートバジルは花が咲く場合白い花が咲くので、考察の粋を出ない。 のキバナ CV:(過去のアニポケではなどを担当) 21話以降のPVに先行登場し、27話で初登場する。 ゲーム本編と同じくナックルジムのジムリーダーにして、で7位にランクインして末席に名を連ねた実力者。 ダイマックスもアニメならではの演出が行われている。 パートナーはゲーム本編と同様ジュラルドン。 PVの先行登場の時点ではまだ声無しであったにも関わらず、放送後のTwitterトレンドでもや、アニポケ等の他のワードと共に上位ランクインを果たした。 担当声優が決定した際にも、発表から数時間経った後も70000以上もツイートされる等ファンの間では大きな盛り上がりを見せた(Yahooの週刊閲覧数3位にも上がった)。 キバナのイメージと鈴木氏のボイスが非常にマッチしていた他、ダンデ役の氏と比較的共演の機会も多かったことから、鈴木氏がキバナの声を担当するだろうと予想したファンもそれなりにいたらしい。 本編登場前の次回予告後でも再びワードに上がり、当人のツイートにもフォロワーが殺到した。 関連イラスト 関連タグ :バンダナと垂れ目が特徴のジムリーダー繋がり。 マツバは使い。 長年努力しても叶えられなかった夢を主人公にあっさりと獲られてしまう点も共通している。 :キバナの魅力に憑かれた女性達を指す新造語。 事前情報が無かったにも関わらず 人気急上昇中のキャラクターであり、その多くは 女性ファンが占めていることから。 pixivの女性の検索ランキングでは以降、何度も1位を獲得。 TwitterやSNSでも大きく盛り上がり、この現象は各ネットニュースにも取り上げられたほど。 中にはSNSの影響を受け、 キバナ目的の為だけにゲームを買い始めたファンもいる。 発売前のイメージを良い意味で裏切ったことで男性プレイヤーから高い支持を得たとは人気の面では対になっていると言えよう。 pixivision• 2020-07-26 18:00:00• 2020-07-26 17:00:00• 2020-07-25 18:00:00• 2020-07-25 17:00:00• 2020-07-24 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-27 11:32:31• 2020-07-27 11:31:04• 2020-07-27 11:28:30• 2020-07-27 11:27:56• 2020-07-27 11:27:01 新しく作成された記事• 2020-07-27 10:52:01• 2020-07-27 10:46:00• 2020-07-27 09:38:05• 2020-07-27 07:52:23• 2020-07-27 06:43:03•

次の