ポリコレ 共産主義。 共産主義の陰謀を明かすドキュメンタリー映画 知られざる事実に全米が驚愕 (2018年5月10日)

【アメリカンドリーム終了】BLMデモ、ついに資本主義撤廃デモへと変わってしまう…共産主義アメリカ誕生へ

ポリコレ 共産主義

「これはアメリカを守るための戦いのみならず、人類文明のための戦いだ」 共産主義の陰謀を暴いたドキュメンタリー映画「アジェンダ:瓦解するアメリカ(Agenda:Grinding America Down)」はアメリカに多くの衝撃を与えた。 製作者のバウアーズ議員は、徹底した裏取りと研究に基づいて、事実と理論で共産主義者が世界を支配しようと100年にわたって巧妙に計画してきた陰謀を暴いた。 同性愛者、フェミニズム、環境保護運動はいずれも共産主義者の計画だった。 今日のアメリカがまさに共産党員の計画通りになっていると気づいた。 彼は自費で調査を行い、緻密な分析と厳密な資料批判の末、共産主義者の驚くべき計画を暴いた映画「アジェンダ」を公開した。 映画は全米で放映され、当たり前とされた物事の裏に共産主義勢力の影響があると知った観客は驚愕した。 ソ連崩壊から30年が経とうとする今日において、共産主義は全人類に対する最後で最大の抵抗を実行に移しつつあるのだ。 2015年、ドキュメンタリー映画「アジェンダ2:詐欺師(Agenda 2:Masters of Deceit)」が公開された。 前作「アジェンダ:瓦解するアメリカ(Agenda:Grinding America Down)」は徹底した裏取りと研究に基づいて、事実と理論で共産主義者が世界を支配しようと100年にわたって巧妙に計画してきた陰謀を暴いた。 共産主義そのもののみならず、共産主義に影響を受けた他の運動や様々な計画を分析し、反撃するための手段を提示した。 映画の最後では次のように投げかけている:あなたは神の側に立って原則を守り抜くか、それとも人の側に立って更に堕落するのか?アメリカのメディア評論家テッド・ベアー(Ted Baehr)氏は、「アジェンダは今まで最もよく共産主義者や社会主義者、そして進歩主義者を暴いた作品だ」と評した。

次の

【小浜逸郎】ポリティカル・コレクトネスという全体主義

ポリコレ 共産主義

レイシズム(人種差別)は許されることではない。 ここまでは多くの人にとって共通認識でしょう。 しかし レイシズムを見て見ぬ振りをするのも、 レイシズムへの反対を冷笑・嘲笑するのも、レイシズムへの加担ではないでしょうか? 今回はそんなお話です。 10秒で登録。 記事がアップされると通知が行きます。 悲しむべきことに連日、ヨーロッパでのアジア系への差別事件が起きている。 これを見て、普段から反差別運動やポリティカルコレクトネスを懐疑的に見ている人々は、 「それ見たことか!これがポリコレのある欧米の地金だ!」 と、ウキウキで ここぞとばかりにその無意味さを訴えている。 「出て行けコロナウイルス」と落書きされたフランスの寿司バー() はっきり言おう。 だからこそポリティカルコレクトネス、反差別運動は必要なのである。 そもそもポリコレの盛んな欧米社会でも人種差別を始めとした 差別が無くなったことはない。 COVID-19が世界中に脅威を振りまく前でも、毎日の様に差別的な言動はウイルスよりも蔓延していたのだ。 彼らが知っているかは知らないが、 サッカーのニュースを追いかけるだけでも毎週のように人種差別をするサポーターのニュースと、それを処分するクラブや運営団体の話が聞こえてくる。 今回のCOVID-19によるアジア系への差別はその延長線上に過ぎない。 フェイスマスクをした自撮りをし、 カメラを一般アジア人男性に向けた、という内容のものだった。 さらに、消毒器の写真に「 僕を捕まえるには、ウイルスはもっと速くならないとね」と付け加え投稿していた。 この一連の投稿はすぐに削除され、アリは9日に中国のSNSプラットフォームWeiboを通じて謝罪していた。 FAは公式声明を通じて、デレの投稿がソーシャルメディアへの利用方法を規定した FAのルールE3に抵触している可能性があることを指摘した。 差別問題として認識されていなければ、こういったものがことごとく日本にもニュースとして届くことはないだろう。 ブッフォンは、現地時間2月13日にサン・シーロでミランと対戦したコッパ・イタリア準決勝第1レグ終了後、出待ちでサインを求めた中国人男性に対応した際に、「 気をつけて、君はコロナを持っているかもしれない。 見てみよう。 あぁクソッ! 君は武漢の出身かい?」とイタリア語でジョークを飛ばしたのだ。 無論、ブッフォンに対しては、 メディアからも非難の声が上がっている。 イタリア紙『Corriere dello sport』は、「 紛れもない失言」と綴れば、同じくイタリア紙『Libero』は、「 不必要なジョークであり、どんな状況下にあっても不適当な皮肉である」とこき下ろした。 こういった事態で差別が横行するのは怒りを覚えるが、それを批判し人種差別を排斥しようとする意見をメディアや公共が発し続けることは重要である。 問題だと認識されれば、解消のための取り組みが行われるからだ。 それを地金だといって 放置すれば、いかなるヘイトクライムでも「そういったものだ」と 現状追認に使われ、日常の風景に追いやられてしまうだろう。 反差別への肯定を「非常事態ではなんの意味もない」と嘲笑うことは、人間の本質をよく知っている現実的態度などではない。 それは自分自身の現状追認、つまり変化を否定し社会規範の進歩をも否定する姿勢に過ぎず、愚かで卑劣な態度でしかない。 恥を知るべきである。 欧米などでアジア人差別を行う人々も、日本で中国人や韓国人を差別する人も、同様に愚かでありそれは批判されるものだ 確かに差別は存在する。 それを前提として共有し、解消していくための社会規範がポリティカルコレクトネスなのである。 フランスのTwitterでは、「このレストランの収益が上がるようにしよう!」と、積極的に通うことを呼びかけるツイートが2万いいねを集めている。 >これらの差別はメディアや反差別を訴える市民によって批判されているということであり、 >メディアによって大きく扱われるニュースである 笑止 俺の知る限り、この世でマスゴミとパヨクほどヒデエ~レイシストはおらん (佐藤守ブログ) 私が防大に入校したのは昭和34 1959 年だが、一年前の1958年6月25日の毎日新聞夕刊コラムに「女優と防衛大生」という題で、ノーベル賞作家・大江健三郎が女優・有馬稲子と対談し、「ここで十分に政治的な立場を意識してこれをいうのだが、ぼくは、防衛大学生をぼくらの世代の若い日本人の弱み、一つの恥辱だと思っている。 そして、ぼくは、防衛大学の志願者がすっかりなくなる方向へ働きかけたいと考えている」と発言した事があった。 入校した私は大江健三郎に言わせると同世代の日本青年の「恥辱」として人格を否定されたのであった。 君のお父さんは人殺しのリーダー。

次の

ポリコレ嘲笑に4000いいね。それでもレイシズムと向き合う理由

ポリコレ 共産主義

39 ID:3LrUWfcHaNIKU Black Lives Matterの幹部だかは共産主義者であることを公言してるんだろ。 93 ID:49MjGUOv0NIKU お互い折り合えばいいのにな。 ディープステートが目指してるのはあくまで世界革命(世界支配)。 ナチスや一国社会主義はあくまで当時最強のロマノフ王朝とドイツ帝国を潰すために 一時的に導入した変則的な社会主義だから。 48 ID:J7iEm5tSMNIKU 9. 37 ID:49MjGUOv0NIKU キューバの人は貧しい人多いけど毎日楽しそうでうらやましい。 だからトランプ陣営はこれを世界最終戦争と認識してるんだとさ。 18 ID:KVKP6RXT0NIKU USA! USA! USA! 21 ID:R3gqvPkU0NIKU 想定されてた通りになったな.

次の