多摩 イルミネーション 穴場。 都内イルミネーション2020 深夜まで楽しめる場所と、あまり混雑しない穴場も

奥多摩で開催中!大丹波イルミネーション!

多摩 イルミネーション 穴場

クリスマスイルミネーション東京おすすめランキング!穴場スポットも クリスマスも近づき、街もライトアップで灯りがともり、街全体が明るさを増しているこの頃だと感じています。 そんな中、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。 今日は、このクリスマス時期から始まる、 クリスマスイルミネーションについて調べてみました。 東京に限定して調べてみましたが、東京だけでない魅力的なところもありますので、そちらは、みなさんがご自身でお調べになってもらえたらと思います。 では早速、本日のトピックです。 私自身も、イルミネーションは東京ではなく、地方(例えば、栃木県足利市のフラワーパークなど)で楽しみます。 都会と違い、町全体が明るくないからこそ、イルミネーションが余計に映えるわけです。 藤の木のライトアップなんかは、感動しましたね。 【関連記事】 いずれにせよ、東京近郊でイルミネーションを楽しみたいのなら、ここだと決め込まず、ふらふらと散歩しながら、楽しむのも風流かもしれません。 みなさんも、今年のイルミネーションを楽しみましょう。 2018年のお正月は京都で、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 京都には伏見稲荷大社、下 ジリジリと照りつける日差しに大きな入道雲、そろそろ夏本番に突入です。 夏の楽しいレジャーはたくさん 皆さんは、京王百草園 けいおうもぐさえん をご存知でしょうか。 新撰組副長の土方歳三や、六番隊長の井上 平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。

次の

東京都内のイルミネーションおすすめスポット12選<2018

多摩 イルミネーション 穴場

クリスマスといえばイルミネーション 今年も残すところあと3ヵ月を切る頃となり、残暑も過ぎて秋風が吹くようになってきました。 ここからはハロウィンやクリスマスを経て年末、年越しと大きなイベントが控えていますが、中でも一大イベントはクリスマスではないでしょうか。 クリスマスに近づくにつれて街中もクリスマス色一色になりますし、クリスマスに向けて新商品や新スイーツ、限定スイーツなどが一斉に発売されるなど、心躍ることがたくさん待っています。 クリスマスは家族で過ごす方や、恋人や友人同士とわいわい楽しむのが好きという方もいれば、同じく恋人同士でもムーディにロマンティックで大人なクリスマスを過ごしたいと思われている方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回はそんなロマンティックなクリスマスに必要不可欠と言われる、東京で見られるイルミネーションの穴場スポットをご紹介してまいります。 スポンサーリンク 東京のクリスマスのイルミネーションスタートはいつ? まずは東京のクリスマスのイルミネーションがスタートするのはいつなのか、知りたいところですよね。 例年の状況を調べてみたところ、だいたいクリスマスの1ヵ月前である11月23日前後の週末にイルミネーションの点灯式が行われることが多いようです。 中でも一番東京で早く点灯式が行われるとされているのは『 よみうりランド ジュエルミネーション』なのだそうで、ちなみに昨年2016年は10月14日よりクリスマスのイルミネーションが点灯されました。 よみうりランドのジュエルミネーションは全国のイルミネーションにおけるランキングでも常に上位にランクインされているイルミネーションスポットで、見ごたえ抜群だと評判ですので、一度は行ってみても損はないでしょう。 東京のクリスマスイルミネーションの穴場とは? 王道のクリスマスイルミネーションもいいですが、恋人とデートで行くのであれば相手がまだ一度も行ったことがないような穴場スポットに連れていきたいところですよね? それではここからはおススメのクリスマスイルミネーションスポットをご紹介していきたいと思います。 丸の内のクリスマスイルミネーション2017 毎年開かれているメイン通りの「丸の内仲通り」を中心に行われるイルミネーションですが、立地としても丸の内地区の企業、ショップなどで働く人たちや有名ブランドに立ち寄るべく街を訪れる人たちが集まりやすく、毎年人気のイルミネーションです。 距離が約1. 2㎞と大掛かりなもので、通りに沿って植樹されている200本もの木に飾り付けられている明かりに、人々はついつい立ち止まってしまうほどの綺麗さです。 そのほかにも丸の内地区ではクリスマス時期にはツリーの点灯式があったり装飾もされているため、クリスマスムードを肌で感じ楽しむことができます。 今年の開催期間は2017年11月9日(木)から2018年2月18日(日)までの日程だそうです。 六本木ヒルズ 言わずと知れた六本木ヒルズ周辺はさまざまなクリスマスイルミネーションがデコレーションされ、中でも街路樹に装飾されたデコレーションと独特なクリスマスのツリーが特徴です。 また六本木ヒルズ展望台東京シティビューでもイベントがあるそうですし、毛利庭園でもクリスマスイルミネーションが点灯されるということで、行くだけで気分が盛り上がること間違いなしです。 なお、六本木ヒルズの近くである東京ミッドタウンのイルミネーションも綺麗だと評判ですので、よければイルミネーション巡りをしてみるのもいいかもしれません。 今年の開催期間は2017年11月上旬から12月25日(月)までとなっており、まだ開始時期についてはリリースされていないようです。 立教大学のクリスマスツリー マニアックな穴場としては立教大学のクリスマスツリーをご紹介します。 最近ではLEDの影響で、なかなか見ることのできない赤や黄色、オレンジなどの電球だけで彩られたノスタルジックなクリスマスツリーが印象的です。 あたたかな白熱灯の光に彩られたクリスマスツリー2本が優しく構内を包み込むように照らし続けています。 良ければ一度は見てみてはいかがでしょうか。 スポンサーリンク 昭和記念公園 穴場といえば、週末でも比較的落ち着いてゆっくりとみられる穴場として、立川市・昭島市の昭和記念公園もご紹介しましょう。 こちらは多摩地区最大のクリスマスイルミネーションとなっており、約200mに及ぶ100本以上のイチョウ並木が一斉にライトアップされるため、見る者を魅了する美しさです。 目玉は「キングオブシャンパングラスツリー」と言われる6500個もの電球を4. 5mほど積み上げて造られたオブジェで、あたり一面光の海に包まれているかのような幻想的な風景が広がっています。 まとめ いかがでしょうか。 定番のイルミネーションスポットも良いですが、時にはロマンティックなクリスマスを体験できるイルミネーションを見ながら、いつもとは違う自分を演出してみてはいかがでしょうか。 ぜひ今年のクリスマスの参考にしていただければ幸いです。 この記事についての感想がありましたら遠慮なくコメントをしてください。 また、記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 スポンサーリンク•

次の

多摩センターイルミネーション2019!開催期間や点灯時間は?

多摩 イルミネーション 穴場

クリスマスシーズンは、各地でイルミネーションが美しく輝きだす季節です。 もはや冬の風物詩ともいえ、人気のスポットもたくさんあります。 恋人たちや家族連れをキレイな光で包む、おすすめのクリスマスイルミネーションを紹介します。 クリスマスイルミネーションの魅力 冷たい空気が街を包むと、灯る光が暖かく見えることがあります。 その光に数が多ければ多いほど、人を引き付けます。 本格的な冬の到来を感じる頃には、街中で一斉にイルミネーションが輝き始めます。 そして、心躍るクリスマスシーズンを、より一層盛り上げてくれるのです。 冬はキレイに見える条件が揃っている 暗闇に光るイルミネーションは、春や夏よりも、冬の方がキレイに感じられます。 この感覚は、どのような理由からくるものなのでしょうか。 大きな理由として、日没時間が考えられます。 夏場は日が長く、夜の時間が短いものです。 そのため、イルミネーションの美しさを十分に味わえません。 しかし、日没時間が早い冬は、夜が長い季節なので、光のきらめきを存分に堪能できます。 そして、冬は、一年を通して空気が最も澄んだ季節です。 乾燥により光を遮る空気中の水分や不順物などが減少し、イルミネーションをより美しく見せてくれるのです。 東京でおすすめのクリスマスイルミネーション 各地で施される美しいクリスマスイルミネーションを見ようと、多くの人が足を運びます。 きらびやかな光に囲まれた人々は、自然と笑顔になり、幸せな気分に浸れる時間です。 数多くの地域で行われるクリスマスイルミネーションですが、東京にもそのスポットが数多く現れます。 都心だと、会社や学校の帰りでも、ふらりと立ち寄れる点が魅力でしょう。 人々を魅了する東京のクリスマスイルミネーションですが、中でもおすすめのスポットを厳選して紹介します。 カレッタ汐留 世界を代表するテーマパークのキャラクターが好きなら、『カレッタ汐留』のイルミネーションがおすすめです。 カップルはもちろん、小さいお子様まで楽しめるスポットです。 大ヒットした映画などをテーマに据えて、その世界観を無数の光で再現します。 その光景は、銀幕の世界に入り込んだようにロマンチックそのものです。 イルミネーションの構成は、2種類あります。 それらが1週間ごとに交互に入れ替わり、異なる景色を作り上げるので、リピーターが多い点も特徴です。 丸の内イルミネーション 丸の内といえば、日本のビジネスシーンの中心地です。 そのメインストリートである丸の内仲通りを中心に、街一帯をシャンパンゴールドで彩るクリスマスイルミネーションは、毎年数多くの人が足を運びます。 2002年からスタートした丸の内イルミネーションは、既に東京の冬の風物詩として定着しました。 高級ブランドやおしゃれなショップが軒を連ねる仲通りを100万球のLEDで飾ります。 200本以上の街路樹から放たれる光に満ちた街並みは、言葉を失うほどの美しさです。 14年からはNEWエコスタイルを提唱し、それまでと比べて使用電力を65%もカットしました。 クリスマスイルミネーションと合わせて見て欲しいものが、ランタンオブジェです。 有楽町電気ビルの前に設置されるもので、北欧の世界をモチーフにした美しいオブジェです。 六本木ヒルズ また、六本木ヒルズの森タワー前の広場には、高さ約10mものクリスマスツリーがそびえ立ちます。 さらに、ショップが連なるウェストウォークには、ニットをモチーフに作られた触れるツリーが登場です。 穴場的なおすすめスポット その他にも、クリスマスイルミネーションが楽しめるスポットはたくさんあります。 穴場とも言えるおすすめスポットをまとめました。 多摩センターイルミネーション 多摩モノレールの終着駅でもあり、小田急線や京王線も乗り入れている多摩センター駅周辺は、多摩ニュータウンの大規模な開発に伴い大きく発展しました。 その多摩センターにおけるイルミネーションは、駅周辺を別世界のように飾ります。 2001年のスタート以来、近隣地域での一大イベントとして多くの集客があるイルミネーションです。 南北に走る400mの通りと、東西に延びる200mのストリートがクロスするエリアが会場です。 45万球の電飾がきらめく光景を見ようと、延べ200万人以上の人が訪れます。 オモハライルミネーション 表参道と明治通りの交差点に位置するファッションビルが、東急プラザ表参道です。 同ビルの6階にある、木々が生い茂る緑のスペースは『おもはらの森』と呼ばれ、憩いのスペースとなっています。 クリスマスシーズンともなると、このおもはらの森は、およそ1万6000球のイルミネーションをまとい、幻想的な光を放つ場所になるのです。 胸躍るクリスマスシーズンのショッピングをより楽しくしてくれることでしょう。 竹ノ塚 光の祭典 東武スカイツリーライン竹ノ塚駅が最寄り駅の足立区立元渕江公園では、11月下旬からクリスマスまで、『光の祭典』を行います。 同祭典は、イルミネーションアワード2018で特別賞を受賞しました。 毎年、動物をモチーフとした趣向で街を飾ります。 20mを超える8本の自然木をイルミネーションで飾るツリーは、国内でもなかなかお目にかかれません。 期間中に行われる、ツリーのライティングショーも必見です。 文/編集部.

次の