2019 年 亡くなっ た 有名人。 2019年現在、高齢 存命有名人・芸能人 今年85歳以上 昭和2~9年生まれ

内田裕也さんも…2019年亡くなった著名人の墓碑銘 【1月~3月】 市原悦子さん 萩原健一さんら死去

2019 年 亡くなっ た 有名人

1 (2019. 当初誤って生まれに書いてしまってたので訂正。 2017年、ドリームチームのは、時間をオーバーするほどのカネやん節全開。 「私が投げると汗が虹になる」「勉強できなかったけど享栄がどうしてもって言うから」「(日曜だったので)張本の解説ではなく私の話を聞いとくれ」などと笑わせる一方で「私も大病をし、妻も痴呆で」今にして振り返ると少し猫背気味だったかな。 今年亡くなった父が、とのダブル解説を「うるさくて試合に集中できない」とすごく嫌っていた。 一人ずつなら面白いんだがなあ。 アナウンサーに「もう私は要りませんね」と言わせるやさ。 「生きるとか死ぬとか父親とか」でも「父親が嫌っていた」と書かれてある。 憎めないんだなこれが。 幸子さんはお元気だろうか。 カチーン。

次の

【訃報】2019年(平成31年

2019 年 亡くなっ た 有名人

俳優のさん 1959年10月21日生まれ は1989年に を発症しました。 治療後の再発もありましたが、1995年に2度目の復帰を果たし、現在も第一線で活躍されています 治療の際、頻回に受けた輸血で に感染、2つの病と闘っていたそうです。 続きまして、残念ながら病に倒れてしまった方々は以下の通りです。 スイス出身の格闘家 で活躍 さん 1964年9月7日生まれ は2000年8月24日、病床で 急性前骨髄球性により危篤状態。 死の床でアンディはの館長 に「I Love You. 館長」と語りかけたといいます。 ら関係者が「試合はまだ終わってないぞ!」「アンディ、ハンズアップ!(構えろ!)」などと激励の言葉を送り、3度の心肺停止状態から回復したものの、4回目の心停止には応えず。 35歳の若さで永眠されました。 の中日とで活躍した台湾出身の、さん 1963年11月15日生まれ は2009年、 を患い入院。 闘病生活の末退院するも2010年に再発。 その後、からの骨髄移植を受け復活するも、2015年1月18日に亡くなりました 享年51。 1985年9月11日、 によって27歳の若さでこの世を去った女優のさん 1957年12月17日生まれ はみんなから愛される人でした。 日本を代表する女優への道を駆け上がろうとしていたまさにその時、悲劇は起こり日本国中に大きな衝撃を与えたのです。 「」などのヒット曲で知られる歌手のさん 1967年7月31日生まれ は2005年1月に と診断され緊急入院。 その後、2度にわたる化学療法を受けるもには至らず。 の中でも極めて稀なの治療抵抗性のだったようです。 治療として骨髄移植が考慮されたものの、でドナーが見つかるまでの猶予すらない病状であったことから、同年5月に 臍帯血移植を受けるも再発。 そして9月には輸入新薬による治療を受けるも... 2005年11月6日に38歳の若さで亡くなりました。 彼女の遺志は「リブ・フォー・ライフ美奈子」として難病患者の支援活動に引き継がれています。 おわりに は、骨髄で作られる造血幹細胞が悪性腫瘍化して正常な血液を作ることができなくなる「血液のがん」です。 正常な白血球が減少すると免疫力が低下し、正常な血小板が減ることで止血作用が弱まります。 治療をしなければ、最終的には死に至る大変な病気なのです。 原因は、現在の医学をもってしてもはっきりとはわかっていません。 いつ誰でも襲われる可能性のある病なのです。 ある統計によれば 、日本では年間1万人弱の人たちがで亡くなっているそうです 発症率は10万人に7人。 治療や骨髄移植による身体的・なダメージは相当なもの。 もしも皆さんの周りに闘っていらっしゃる方がいましたら、どんな形でもいいので支えてあげてください。 共に闘い、厄介な病を退治しちゃいましょう! celebritynews.

次の

2020年に亡くなった人々/命日データベース

2019 年 亡くなっ た 有名人

【旅行ジャーナリスト・兼高かおるさん 90 】 1月5日死去 世界各国を旅するテレビ番組で人気を博したジャーナリストの兼高かおる 90 さんが亡くなった。 兼高かおるさんは、1959年から約30年間、世界各国を旅するテレビ番組「兼高かおる世界の旅」でプロデューサー兼ディレクター、さらにリポーターとして取材・出演し人気を博したが、2019年1月5日自宅で心不全のため亡くなった。 「兼高かおる世界の旅」で訪れた国は150カ国あまり、地球を180周した計算になるという。 【女優・市原悦子さん 82 】 1月12日死去 「まんが日本昔ばなし」や人気ドラマ「家政婦は見た! 」などで知られた女優の市原悦子 82 さんが1月12日心不全のため亡くなった。 通夜・告別式には、中尾彬さん、池波志乃さん 63 夫妻、ベンガルさん 67 、あめくみちこさん 55 、鶴田忍さん 72 ら、生前親交のあった関係者が大勢参列し、市原さんの死を悼んだ。 中尾彬さん 76 は「悦ちゃんとは50年かな? 年上の恋人やってくれたり、お母さんやってくれたり。 何かあると、一番楽しい人でしたね」と話し、俳優座養成所時代の後輩・小野武彦さん 76 は、「意外だったのは、旅先で雪が降って、表に出られなかったことがあったんだけど、マージャンが意外に好きだった。 市原さんは演技一筋で、マージャンなんかとてもと思っていたら、やたらマージャンは好きで。 旅先で移動で休みの時なんかに、一緒に遊んだ記憶があります」と、市原さんの意外な素顔を明かしてくれた。 【作家 経済評論家・堺屋太一さん 83 】 2月8日死去 作家で元経済企画庁長官の堺屋太一さんが2月8日亡くなった。 83歳だった。 堺屋さんは東京大学卒業後、1960年に当時の通商産業省に入省、1970年の大阪万博の企画を担当するなどした。 その後、石油危機をテーマにした「油断! 」で作家デビュー、第1次ベビーブーム世代が社会に与える影響を予測した小説「団塊の世代」を出版するなどして、ベストセラー作家になった。 1998年からは2年間、小渕内閣と森内閣で経済企画庁長官を務め、2013年には安倍内閣の内閣官房参与に任命された。 【日本文学研究者・ドナルド・キーンさん 96 】 2月24日死去 日本文学研究者の第一人者として知られているドナルド・キーンさんが2月24日朝、心不全のため、東京都内の病院で亡くなった。 96歳だった。 アメリカ・ニューヨーク生まれのドナルド・キーンさんは、日本文学に関心を抱いて京都大学に留学し、その後コロンビア大学で教授を務めるなど、長年、日本文学の研究を続けてきた。 2008年に文化勲章を受章。 2011年の東日本大震災を機に「今こそ、わたしは日本人になりたい」と日本に移住し、日本国籍を取得していた。 【プロレスラー・ザ・デストロイヤーさん 88 】 3月7日死去 日米で人気を博した覆面プロレスラー「ザ・デストロイヤー」さんが3月7日亡くなった。 88歳だった。 「ザ・デストロイヤー」本名リチャード・ベイヤーさんはアメリカ・ニューヨーク州の自宅で妻と子どもたちにみとられ、静かに息を引き取ったという。 デストロイヤーさんは1963年に初来日。 力道山やジャイアント馬場と対戦して日本のプロレス界を盛り上げた。 得意技は「足4の字固め」。 引退後は、日米のスポーツ交流やチャリティー活動を積極的に行い、2017年に秋の叙勲で旭日双光章を受賞。 その後の会見では、東京オリンピックに合わせて日本を訪問する意欲を見せていた。 【ロック歌手・俳優・内田裕也さん 79 】3月17日死去 ロック歌手で俳優の内田裕也さんが、3月17日肺炎のため入院先の都内の病院で亡くなった。 79歳だった。 妻で女優の樹木希林さんが亡くなっておよそ半年、後を追うように天国へ旅立った。 内田さんは兵庫県西宮市出身。 1959年デビュー以来、日本を代表するロックンローラーとして、また映画の脚本やプロデュースなど生涯を通じ多くの活動を行ってきた。 1人娘である内田也哉子さんの夫・本木雅弘さんは、亡くなった裕也さんの様子を「とても静かな微笑でしたね。 本当に笑っている感じです。 眠ってる顔そのままという感じで。 闘病生活最後のあたりも、体のほうはずいぶんやせ細っていたが、顔の方は意外と今までのイメージのままで、そんなにげっそりしなかったので、本当にとても静かな笑みを浮かべていました」と話した。 (ロックンロールであれ)」とロックンロールに生きた父親へ言葉を贈った。 【歌手・俳優・萩原健一さん 68 】3月26日死去 「ショーケン」の愛称で親しまれた俳優で歌手の萩原健一さんが3月26日都内の病院で亡くなった。 68歳だった。 病名はGIST 消化管間質腫瘍。 所属事務所によると本人の強い希望で病名の公表を控え、2011年より闘病していたが、容体が急変し、妻に見取られる中、穏やかに息を引き取ったという。 1950年生まれの萩原さんは、1967年にザ・テンプターズのボーカリストとしてデビュー。 「神様お願い!」「エメラルドの伝説」など次々とヒットを飛ばした。 その後も歌手として活動を続けながら俳優へと転進。 「傷だらけの天使」など数多くのテレビドラマや映画に出演し、個性的な演技で高い評価を得ていた。 【声優・白石冬美さん 82 】3月28日死去 人気アニメ「巨人の星」の「星明子」役などで知られる有名声優の白石冬美さんが亡くなったことがわかった。 82歳だった。 3月28日午後、東京・世田谷区で1人暮らしをしていた声優の白石冬美さんが、自宅で意識不明の状態で倒れているのを訪問した親族らが見つけ、その後死亡が確認された。 親族によると死因は虚血性心不全。 白石さんは人気アニメ「巨人の星」の主人公の姉・星明子役のほか「怪物君」の「怪物太郎」「オバケのQ太郎」の「ドロンパ」役など多くのアニメやナレーションなどで活躍していた。

次の