バセドウ 病 仕事。 バセドウ病の発症と仕事は続けられるか?症状を悪化させる仕事もある?

バセドウ病は治るのか!完治率や治療期間は?

バセドウ 病 仕事

バセドウ病の人は仕事を続けることが出来るのでしょうか? バセドウ病は全体のおよそ1パーセント程度に発生する病気であり、決してそう珍しいものではありません。 調べてみると、バセドウ病であることを公表している有名人も少なくないことがわかります。 もしも彼らと同じようにバセドウ病を発症してしまった場合、今まで通りの仕事を続けられるのかを不安に感じたり、耳慣れない病気に絶望してしまう人もいるようですが、実際のところはどうなのでしょう? 発病しても今まで通りの生活は続けられるのか? バセドウ病とは、甲状腺ホルモンの分泌量が多くなり、 体のさまざまな器官が活発に働くようになる等の症状が表れます。 新陳代謝が激しくなるため、汗をかきやすく、動悸が激しくなります。 臓器への負担は増えて、骨や筋肉はエネルギー不足により痩せていくのが一般的です。 こんな症状では仕事を続けていけそうにない、と考える方も多いかもしれません。 スポンサーリンク しかし、医師の指示の下で治療を受けて、いくつかの注意点を守れば仕事をするうえにおいてはまったく心配のない病気なのです。 基本は投薬治療…ただし治療の期間は長くなる バセドウ病であると診断された場合、その多くはまず投薬治療を勧められることになります。 「抗甲状腺薬」の服用を年単位で続けることになります。 バセドウ病により多く分泌されている甲状腺ホルモンの量を低下、安定させるための薬であり、副作用はありますが、妊娠中の方でも飲むことができるとされています。 仕事への影響という観点でいえば、投薬治療を初めてすぐの時点では、甲状腺ホルモンの分泌量が安定していません。 過剰な運動や、暑さによるダメージは普段より深刻になる状態なので、仕事によってはしばらく従事できない場合があります。 ただしこれも一時的なものであり、早ければ2ヶ月後には復帰できる程度には回復すると言われています。 しかしこれらも個人差があり、投薬治療では決定的な回復が望めず、再発の可能性もあるため、病状と向き合いながら仕事を選ぶ必要があるかもしれません。 スポンサーリンク 手術や放射性ヨードによる根本的な治療 抗甲状腺薬による治療は、甲状腺ホルモンの量を抑えるものですが、こちらの場合は甲状腺の機能を弱める、または休止させるための治療方法です。 長期間の通院が難しい、または 早期の治療を望んでいる方に選ばれているようです。 甲状腺ホルモンの分泌が少なくなることで、バセドウ病とは真逆の「甲状腺機能低下症」を引き起こすリスクを含みますが、こちらの場合は、副作用がない甲状腺ホルモン剤を飲み続けることで、それまでの仕事を続けることができます。 治療法を選べば、それまでの仕事を問題なく続けることができる場合もあります。 担当の医師と相談することが大切です。 スポンサーリンク.

次の

バセドウ病は治るのか!完治率や治療期間は?

バセドウ 病 仕事

もの凄い倦怠感と体重の減少、のどの渇きと異常な食欲増加、いま考えてみるとすべてこの病気の症状でした。 私は、21歳の時に起業して約26年間。 その間病気で休んだことなどありませんでした。 病気になってしばらく、趣味ともいえる仕事を長期間休んで治療に専念しましたが、その情報の少なさに不安を感じたのも事実でした。 病状は人それぞれだと思いますが、詳しくは全国各地の専門医のWebなどに記載されていますので、是非それを参考にしてください。 2009年10月に発覚し約半年です。 会社にも家族にもたくさんの迷惑を掛けました。 こうして回想記を綴れることを幸せに思っており、周囲の皆さんの理解と協力に深く感謝しています。 それから末っ子のJ君、数ヵ月間手を引いてお風呂に入れてくれてありがとう。 君から私への一生分の恩返しだったと思っているよ。 平成22年4月13日 吉田重久 前兆 汗が出る、疲れる、脈拍が上がる、これが一般的な症状のようです。 しかし、激務であった時期に、このような症状を特別なものと感じませんでした。 「まさかバセドウ病だったとは!!」と発見してくれた医師も言っていたほどです。 それはなぜか?じつは男性の場合、ほとんどバセドウ病を疑わないからです。 特に、男性のバセドウ病患者は少ないので、真っ先にそれを疑うことはないようです。 統計的にも、女性10人に対して男性は1名~2名以下という病気だそうです。 「疲れるんだよね・・・」と妻に相談し、まず近くの医院へ行きましたが、「気管支炎?熱は?」と診てくれました。 その日の結論は、脈拍を下げる筋肉注射を打ってもらい帰りました。 とにかく、疲れを感じたのですが、いつものストレス性の自律神経失調症?下手をすれば飛行機の乗り過ぎ、お酒の飲み過ぎ、と要らぬ疑いまでかけられる始末でした。 しかし、この辺がほとんどの診断だと思います。 会社の健康診断で発覚するだろう?という人もいますが、甲状腺は胸のレントゲンにも写らず、普通の血液検査では甲状腺ホルモンの数値までは測りません。 だから、だるいと思えば甲状腺ホルモンまで調べるように依頼することをお薦めします。 検査と発見 それから出張もあり、出張先のホテルでは精神安定剤を飲んで睡眠を摂るような日々が続きました。 そして、私の出身地でもある福岡のある馴染みの内科医院で、「先生~最近特に疲れるし、太ももが痛いけどなんでなのかな~?」と相談し、いつものように血液検査をした時に、その医師が「検査技師さん、吉田さんの検査はFT3も追加しておいて~」と言ってくれたのが、この病気の発見につながりました。 その日は、アレルギー対策の薬や湿布薬などを処方してもらい帰りましたが、翌日先生から電話があり、「吉田さんはホルモン検査の数値が通常の3倍以上あるから総合病院を紹介するので月曜日に来てください」というのです。 何のことなのか分からず、とりあえず病院へ行きました。 その本人になるとは、夢にも思わなかったことでした。 しかし甲状腺疾患は、ある意味奇病です。 自分の免疫が抗体を作り、自分の甲状腺を敵だと認識して攻めるのです。 その攻められた甲状腺が、自分を守るためにホルモンを出す、だからバセドウ病なのですから奇病と言えます。 そして、その原因がいまだ医学では分からないのですから、やはり奇病の域だと思います。 体が辛いのに待合室の人の多さ、もう耐えられないほどでした。 そして、やっと診察。 セオリー通りに血液検査から始まり、その後数日間はヨウドを摂取しないようにして検査をするのが普通の検査です。 ヨウド?いつもは気にしていないものに含まれているものです。 例えば、卵、海藻類、化学調味料、などです。 それを数日間摂取せずに検査をすると判明する、そういう検査です。 症状 症状は人それぞれだと思いますが、私の場合辛かったのは「周期性四肢麻痺」でした。 周期的に手足が動かなくなるのです。 手足とお腹の筋肉にも力が入らず、お尻の筋肉にも力が入らないので、一人では起きられないし立てないのです。 それを医師に相談すると、「それはおかしいですねぇ」。 こんな調子ですので、相当不安になりました。 別の医師に相談すると、黄色系の人、特に男性患者に見られる症状だという症例を聞き安心しましたが、起き上がれない、立てない、つまり一人でトイレに行けません。 起き上がれないので、車椅子にも乗れない、つまり板に乗せてもらう以外に方法がない、そんな感じでした。 手足が動かない時に不安に思ったのは、このまま呼吸が出来なくなるのでは?ということです。 筋肉が動かないので、そのまま呼吸する筋肉も動かなくなるのでは?という不安に思うのです。 もう1つは、手足の震えです。 震えてコーヒーが飲めないのです。 寒くもないのに信じられないほど震える、これは代表的な症状ようです。 ある医師の話によると、精神科医がバセドウ病になった時、それが分からず精神科として入院したそうです。 ノイローゼになった医師が途方にくれて検査した結果、バセドウ病と分かったそうです。 もう1つの話しですが、若い女性が板に乗せられて入院したそうです。 ずっと調子が悪く色んな病院で検査をし、最終的に精神科から整形外科へと通ったそうです。 そしてある日、四肢麻痺を起こして全く体が動かなくなり、垂れ流し状態で運ばれてバセドウ病と分かり、治療の末元気に退院したそうです。 この四肢麻痺は、「周期性四肢麻痺」といわれており、手足が全く動かない状態が3時間ほどで嘘だったように元に戻るのです。 そしてその繰り返し。 これは医学的に説明が出来るもので、体内のカリュウム不足が原因だそうです。 補給するのも心臓発作の可能性があるため注意が必要とのことです。 治療へ バセドウ病の治療薬は基本的に2種類しかありません。 メルカゾール、チウラジールの2つです。 これを投薬しながら、副作用を調べるから2週間に一度の通院を通告されます。 肝臓機能が低下する可能性があり、その検査をしながら投薬を続けます。 どの病気もそうでしょうが、このバセドウ病は投薬後の血液残存量が非常に低く、投薬から7日~10日で効きはじめるそうです。 私の場合、メルカゾールを飲んで臭い(臭覚)が低下=全くなくなってしまい、もう一方に変えてもらいましたが、チウラジールは飲んで10分ほどで強い苦味を感じます。 先生に相談すると、「そうですよね~」と簡単なものです。 しかし、この2つしかないのですから仕方がありません。 治療開始の時のことを伝えたいと思います。 先にステロイド剤を処方されました。 それは、免疫を抑える作用があり、自分が作った抗体が戦わないようにするそうです。 だから、その時には風邪をひいてはいけないと何度も言われた記憶があります。 免疫が抗体を作り、その抗体が自分自身の甲状腺を攻撃する。 攻撃されると甲状腺がホルモンを出して守ろうとする、これが過多になるのがバセドウ病です。 逆が橋本病と聞いています。 食欲があるのに痩せる、消費カロリーは安静時で8,000カロリーとも言われています。 お腹が空くのです。 食べるけど痩せると怖いです。 10キロは痩せたと思いますが、ダイエットしている時は体重が減ると嬉しいですが、一日7食ほど食べても痩せる。 高カロリーの甘いお菓子を大量に食べてもドンドン痩せました。 ある医師の話ですが、中国かなにかで製造された違法な痩せ薬に甲状腺ホルモンを混ぜたものがあったそうで、それを飲んで数名死んだそうです。 つまり、甲状腺ホルモンが過多になると、痩せるがホルモンのバランスが狂って死に至ったそうです。 それだけ重要なホルモンだということでした。 療養中の変化 イライラ感が和らいだら数値が改善していました。 それより、手足の震えが1つのバロメーターだったと思います。 そして何よりも、周期性四肢麻痺の発作が起きなくなりました。 これで安心したのが本音です。 トイレに自分で行ける、この当たり前のことがありがたいことだと感じたのも初めての経験でした。 数値が下がると体重も増え始めました。 ホルモンのバランスが改善すると、体重の増加に注意するようにと医師からの指導もありました。 私のように数値が改善すれば良いのですが、投薬しても何ヵ月も改善しない方もいるようです。 病院の選択 初期の検査と投薬開始は福岡で行い、その後は表参道の「伊藤病院」に転院しました。 この伊藤病院のことについてもご紹介します。 朝、6時過ぎから受付開始という病院です。 全国各地から来られる方も多く、待ち時間は血液検査後1時間~2時間を要します。 この病院は、甲状腺疾患以外は診ないという病院です。 それでいて、地上8階地下2階という病院です。 つまり、それだけ患者数が多いということです。 待ち時間をさまざまな工夫で感じさせないよう配慮されています。 例えば、受付から血液検査、エコー検査、会計とすべてが機械。 受付には人が立っておらず、すべて「受付くん」「到着くん」「確認くん」という機械に診察券を入れることで処理されます。 また、最大の武器といえば、血液検査のスピードです。 ホルモン検査をするのに数日を要す病院も多いのですが、この病院は1時間で出来るのです。 更に、待ち人数を携帯電話のサイトで確認できるので、外へ出掛けていても何人待ちで、どの診察室(15室ほどあります)で、どの先生と表示されますので待ち時間を長く感じさせないのです。 何より症例数が多いので、小さな病院では聞けなかったことが聞けたように思います。 さらに安心するのは患者数です。 だから、一般の病院に比べて、何の病気で来られているのか?インフルエンザにならないか?と心配する度合いが低く、妙に病院内のマナーが良いように感じています。 共通点がある人ばかりだとこうなるのかな、と思います。 どこにでも専門医がおられると思いますが、表参道まで行ける環境があれば、この病院はお薦めです。 私の場合、午後からならば15時位に到着し、会計まで終えて17時30分頃には病院を出ています。 薬を含む治療費 バセドウ病は、あの田中角栄元首相も患っていたと聞いています。 もちろん、歌手の絢香さんも同じ病気のようです。 その治療費は、1回の診療と2週間分の薬で約5,000円です。 初回はエコー検査もありましたので9,000円位だったと記憶しています。 (政府管掌の社会保険 3割負担) またこの血液検査ですが、保険適応が月に一回だそうです。 つまり、FT3・FT4の両方を検査するのは、月に1回しか保険適応が出来ないそうです。 これは不思議でしたが、今となっては月に1回の診療ですので問題ないのですが、苦しい時には数値が確認出来ないのは辛く思いました。 数値が高いと現われる症状だと聞いています。 それと突然の筋肉の攣り つり)。 これもホルモンのバランスから起きるものだそうです。 お決まりといえばその通りですが「ストレスを掛けないようにして安静に」これが医師の言葉ですが、何がストレスで、どうしていれば安静なのか?この辺は永遠の課題だと思います。 息切れには、テノーミンという薬を処方されます。 筋肉の攣り つり)には、ホルモンを下げすぎないようにする方法を指導されます。 ヨウ化カリウムの投薬を減らすという方法をとりました。 一病息災 療養中にブログの読者の方から温かいメールをいただきました。 何もないよりも少し病気があった方が用心して良い、というメッセージでした。 ありがたいメッセージでした。 無理なスケジュールで動いていたので、今は予定を体調と相談しながら調整。 随分と回復して来ました。 命拾いをしたようにも思います。 多くの方にご心配をお掛けし、多くの方にお見舞いやメッセージをいただきました。 また、仕事関係者をはじめ、多くの皆さんとの連絡も途絶え、ご迷惑とご心配をお掛けしました。 吉田は死んだ、殺された、そんな噂をする人も出たそうですが、おかげさまでこうして元気にしています。 ありがとうございます。 最後に この経験が、誰かの何かのお役に立てればと綴らせていただきました。 私でお役に立てれば何でもお答えしますので、このブログのご意見のページからお気軽にメッセージをお送りください。 おかげさまで、こうして復活いたしました!これまで、たくさんのご支援とご協力をいただいた皆様に心より感謝しています。 これからも、よろしくお願い申し上げます。 おわり.

次の

バセドウ病でも仕事はできる?続けるのは治療中も大丈夫?自分の身体を第一に!支障や注意点や気をつけたいこと

バセドウ 病 仕事

スポンサーリンク どんな病気になっても、何らかの症状を感じながら生活することは、不安がつきまといます。 バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰になるので、新陳代謝が活発になり過ぎますから、治療しないと体力の消耗が激しくなってしまいます。 治療をはじめたら、日常生活に特に制限はないと言われていますが、実際に病気の治療をしながら仕事や家事をしたり、学校に行くことはイロイロと問題があることは、経験してみないとわかりません。 ここでは、バセドウ病の治療をしながら仕事を続けていた時に感じた、問題や注意点についてご紹介したいと思います。 バセドウ病は仕事はできるの?続けるのは治療中は支障がある? バセドウ病の診断を受けたばかりというタイミングで読んでいらっしゃる方は、どのような環境にあるかどうかで、気になることや不安なこともそれぞれあるでしょう。 私の場合は、バセドウ病の診断を受けた時には一般企業でデスクワークをしていました。 一日の大半をデスクで作業する職業でしたから、肉体的にはそれほど負担のない仕事でしたが、診断を受ける前には、かなり体力の消耗が激しかったので、デスクワークでもすごく疲労感がありました。 バセドウ病で仕事はつらい?辞めたいと思った時 甲状腺の異常を指摘されて、血液検査の結果が出た時には、看護師さんが車いすを持ってきたくらい悪化した数値だったらしく、脈拍も150くらいでバクバクと耳の奥で心臓の音が鳴っているのがうるさく感じるほど激しい動悸でしたから、立っているだけでもツライくらいの状態だったようです。 自分では、そんな状態なんて想像もしていなかったので驚いたのですが、その日から安静にするように指示されました。 薬を飲めば、1週間くらいで甲状腺ホルモンの分泌も減り始めて、状態も治まってくるので、それまでは体力の消耗を防ぎ、心臓への負担を軽減するためにも、安静にすることが大切だと言われたのです。 ですが、その時の私は、離婚協議中の別居状態でした。 生活費として、別居中の夫からお金を受け取ることができなかったので、自分で稼ぐしか生きる方法がありません。 病気療養中でも、収入が保障される制度もありますが、これから離婚協議がどうなるのかわからない状態だったので、経済的に不安で休むことができませんでした。 私はデスクワークだったので、無理をしても何とかなりましたが、本来は甲状腺の機能が落ち着くまでは安静にして、消耗してしまった体力を回復させる期間を設けるようにしてください。 バセドウ病の仕事で職種の注意点は? 「甲状腺機能が治療によって落ち着いてくると、運動も仕事も、今まで通りにしても問題ありません。 」 私はそう言われていました。 スポンサーリンク バセドウ病になっても、スポーツ選手として活躍している人もいますし、肉体的にハードな仕事をしている人も沢山いるので、確かに治療が上手く行けば、仕事も含めて行動に特に制限はないのはたしかです。 ただ、私自身が経験したことや、同じ病気を経験した知人たちの話では、仕事をする環境は考えないと、ツラく感じることもあります。 私がバセドウ病の発症をしてから感じたことですが、とにかく暑がりの汗っかきになりました。 その状態は薬を飲んで甲状腺の機能が落ち着き始めても一年くらいは続いたので、夏に屋外で仕事をしたり、室内でも高温多湿の環境で作業するような職業は、できれば避けた方が良いと思います。 治療を続けて、現在は1日1錠の抗甲状腺薬を飲んでいる状態で落ち着いた私は、発症当時のような暑がりではなく、逆に「超寒がり」で「冷え症」になっています。 ずっと暑がりで汗っかきの状態が続くわけではないので、落ち着くまで、事情が許すのなら、できるだけ涼しい場所で体力の消耗を防げるような仕事ができれば良いと思います。 バセドウ病の治療と仕事のストレス バセドウ病の原因は何ですか?と医師に質問しても、ハッキリとした原因はわからないのですが、ストレスとの関連は大きいというのは、今まで診察を受けた医師に共通する意見でした。 ストレスを全く感じない仕事なんて、この世の中にはほとんど存在していないですよね。 どんなに好きなことでも、仕事になり、お金を稼ぐためとなれば、少なからずストレスは感じると思います。 ですから、バセドウ病の治療中でも、ストレスを感じてしまうのは避けられない時もあります。 理想を言えば、ストレスの少ない職場で仕事をしたいと思いますが、そんなに簡単なことではありません。 治療をしている間は、強いストレスで数値に変化が起こるかも知れないという意識を、いつも頭の中に入れておくようにして、症状の悪化に素早く対応できるように、心構えをしておきましょう。 バセドウ病を職場に公表するかどうか 病気を抱えながら仕事をしている人は世の中にいっぱいいますし、職場に理解してもらう方が仕事しやすくなる面もあるので、バセドウ病の診断を受けて、治療をしていることを職場の人に知ってもらうことは、自分にとってメリットになることも沢山あります。 通院のために早退したり、休まなければいけないことも出てくるので、理解してもらえる職場環境なら、公表するのも悪いことではないと思います。 ただ、職場によっては、治療をしていることで理不尽な人事異動を余儀なくされたり、最悪のケースでは辞めさせられるようなプレッシャーを受けることも考えられます。 職場の人に理解してもらえそうかどうか、信頼できる同僚や上司が一人でもいるなら相談しながら、時間をかけて考えてみてください。 病気になった挙句に、理不尽な対応をされたら悔しいので、焦らないようにじっくり考えてくださね。

次の