あきない総合研究所。 Katana渋谷オフィス

あきない総研、大和SMBCキャピタルらとスタートアップ企業向けの投資ファンド

あきない総合研究所

あきない総合研究所 吉田雅紀社長 あきない総合研究所は14日、IT系のスタートアップ期のベンチャー企業に特化した、小口分散投資を行うファンドを大和SMBCキャピタル、エンゼルキャピタルのほか、上場IT系ベンチャー企業や創業経営者との連携により設立すると発表した。 あきない総合研究所は2009年12月に起業家や起業準備中の個人を対象とした、ベンチャー支援プロジェクト「katana」サービスの開始を発表。 独立に必要な「ヒト」「カネ」「モノ」に関わるリソースを提供するとして、第一弾としてのレンタルサーバーや会計ソフトなど「モノ」に関する支援サービスを発表していた。 今回発表したファンド「スタートアップ支援ファンドkatana-1号(以下katana-1号)」では「カネ」の面をサポートする。 katana-1号ファンドの投資対象はベンチャーのスタートアップ期に特化し、原則設立後3年未満、時価総額5000万円未満のIT系企業、およびITを事業に活用している企業のみに限定する。 ファンド規模は2億円で、2010年1月設立でファンド期間は10年間。 小口分散投資で、出資金額は初回100万円、最大500万円まで。 追加出資は、当初の目標をクリアすることなどを条件に決定する。 あきない総合研究所の吉田雅紀社長は発表会で、「最初、このファンドをできないかと企画を書いた時は、万馬券ファンドと呼んでいた」として、実績もない段階の投資であることを強調。 「このkatana-1号がうまくいって、スタートアップに特化したファンドがもっと出てくれば、マーケット全体で立ち上がる起業家を支援することができ、ひいては日本の国を変えることにつながると思っています。 ひとつめのファンドでみなさんの期待におこたえすることでスタートアップを支援すると言う文化を育てたい」と述べた。 投資対象企業の選抜については、「立ち上げ間もない企業を対象とするコンセプトから、参考にする実績もないので、起業家(人物)を重視して出資していきたい」。 また、出資先を選ぶことも重要だが、「まずは起業家にこのファンドを選んでもらえるようにしたい。 このファンドからたくさんの新しいビジネスモデルを作る企業が生まれたと言われるようにがんばりたい」と述べた。 「人物を重視する」という点について、具体的には「僕が起業家を見るポイントの第一は、まず笑顔がいいこと。 起業家は、最初は誰でも周りに支援してもらわなければならない。 愛嬌は大事です。 次に、自分の弱味や足りないところ、何が必要かという課題がはっきりわかっている。 そういうことをきちんと言える素直な人がいい。 次に、何がしたいかという事業の内容を見ます」とコメントした。 katana-1号に出資した大和SMBCキャピタル株式会社の代表取締役副社長 勝川恒平氏は、「通常であれば、実績もまったくないスタートアップ期のベンチャーを対象とした投資ファンドというのは難しい。 実現にこぎつけたのは、情熱に燃えるわが社の若い人たちが、必死の思いでこのファンドのお手伝いをしたということが、出資にこぎつけた最大の要因」と述べた。 大和SMBCのほか、ミネルヴァ・ホールディングス株式会社と妹尾 勲氏が出資。 テレビショッピングにかかわる業務全般を請け負い、起業から2年半で東証マザーズに上場して話題になった株式会社トライステージの起業社長である妹尾 勲氏は、個人の立場で出資に参加した。 右からあきない総合研究所 吉田雅紀 社長、katana-1号に出資した大和SMBCキャピタル株式会社の勝川恒平 副社長、ミネルヴァ・ホールディングス株式会社の中島成浩 会長兼社長、妹尾 勲氏 関連情報.

次の

株式会社あきない総合研究所|吉田 雅紀|ベンチャー支援のプロフェッショナル

あきない総合研究所

あきない総合研究所(あきない総研)は11月19日、ベンチャー企業向けの支援サービス「」の提供を開始した。 katanaは起業間もないベンチャーや起業準備中の個人に対して、あきない総研とサポート企業がソフトウェアやハードウェアをはじめとしたリソースを、無償および割引価格で提供するというもの。 サービス開始当初はモノ分野に特化した支援を実施し、残り2分野については2010年3月以降に提供する予定。 なお、モノ分野でのサポート企業とその内容は以下のとおり。 マイクロソフト Microsoft製ソフトウェアの無償提供(Microsoft BizSpark) 3年間無償• ただし2年間の有償サポート必須• サイボウズ グループウェアの無償提供(サイボウズOffice 8 基本セット) 初年度無償。 2年目より有償サポート必須• ネットオン Flash付きウェブサイトテンプレート(テンプレートモンスター ジャパン) 定価の10%割引• シー・レップ オリジナル企画書テンプレートの作成 無償• さくらインターネット 共有レンタルサーバ 初期費用無償• ファインドスター 2万1000部発行のメールマガジンへの広告出稿 無償 マーケットプレイス「MARKE MEDIA」への3カ月掲載 無償• オフィスバスターズ ビジネス用中古デスクおよびチェアーの提供 1年間無償。 ただし商品発送時の送料は自己負担• あきない総合研究所 起業・経営相談 初回無償 レンタルオフィスの提供 3カ月無償 katanaの利用には会員登録が必要となる。 会員は、メールマガジンの購読および交流会に参加できるだけの「katanaミニ会員」と、上記のヒト、モノ、カネに関するサポートを受けられる「katana会員」の2種類を用意。 いずれも無料だが、提供サービスによってはサポートが有料となる場合もある。 また、モノ分野のサポートを受けられるのは、設立3年未満の法人および個人事業主、起業準備中の起業家に限定される。 あきない総研では、katanaを通じて「起業をさらに活性化し、そしてまた起業家が生まれるというスパイラルを生み出していきたい」としている。 同社では今後、2012年までにサポート企業50社、会員10万人を目指す。

次の

株式会社あきない総合研究所 新代表取締役社長就任のお知らせ

あきない総合研究所

「社内起業がきっかけ」 吉田さんは学生時代、何に熱中されていましたか? バイトですね。 とにかく色々なバイトをメチャクチャやりました。 50種類以上のバイトをやっていたと思います。 その中でも印象的だったのは浄化槽の清掃のバイトです。 浄化槽とは分かりやすく言えば、人のし尿が溜まっているところですね。 バキュームカーを使って、し尿を吸い取るんです。 かなり過酷な環境で、やりたがる人もなかなかいなかったので、日当がかなり良かったです。 当時のお金で8000円くらいでしたね。 その経験で、現在のご自身に活きているのはどのようなことでしょうか? 仕事に対して誇りを持つという姿勢です。 浄化槽の清掃のバイトをしていて2つの相反する感情を抱いていました。 一つ目は、「オレは大学生なんだという強気な感情」です。 浄化槽の清掃というのは、下に見られやすいもので、実際に小学生に冷やかされたりしていました。 あれはキツかったですね。 さすがに小学生に冷やかされると頭にきますから、反発して「オレは大学生なんだという強気な感情」が芽生えていましたね。 二つ目はその一方で「申し訳ない」という感情がありました。 最初のころは、なかなか浄化槽の清掃という仕事に対して、誇りをもって、作業することができませんでした。 しかし同じく清掃をしている社員さん達が、自分たちの仕事に誇りを持って取り組んでいる姿を見て、「申し訳ない」という気持ちが湧きました。 頭が上がらなかったと同時に、仕事に対して誇りを持つという姿勢を、その汗水たらして懸命に働く姿から学ばせていただきました。 起業というものは、いつごろから見据えていられましたか? あまり意識していませんでしたが、バイトを通じて「自分の労働価値」をいかに高めるか、ということは前々からかなり意識していましたね。 バイトでもインターンでもいいですけど「自分の労働価値」を意識して働くと、学生生活がとても実り多きものになると思いますよ。 起業を本格的に意識し出したのは、以前に勤めていた小泉産業株式会社での社内起業の公募にしたことです。 なぜ社内起業をしようと思ったのですか? そもそも当時、このまま会社に居続けることに疑問を感じ始めていました。 なぜならば、スポーツカーに乗っていた課長が「燃費が悪いから」という理由で、無難なセダンに落ち着いてしまうのを目の当たりにして「この会社で頑張り続けても、車の燃費を気にせなあかんのか」と思いました。 正直虚しく感じました。 コツコツがんばっても、そんなもんなんかと自分の将来に対して不安を感じました。 そんなとき、社内ベンチャーの公募があったので、これはチャンスだと思って応募しました。

次の