西 東京 市 コロナ ウイルス。 さいたま市/新型コロナウイルス関連情報

東京の医療、「逼迫してない」は誤り 発言に込めた思い [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

西 東京 市 コロナ ウイルス

年代 性別 職業 当初発表日 備考• 50歳代 男性 調査中 6月21日 居住地は市外• 80歳代 男性 無職 5月23日 本市22例目と同人物• 90歳代 男性 無職 5月16日• 50歳代 女性 医療従事者 5月11日 神戸市発表277例目と同一• 30歳代 男性 医療従事者 5月 7日 神戸市発表268例目と同一• 30歳代 女性 パート(事務) 5月 2日 本市59例目の濃厚接触者• 40歳代 女性 パート 4月27日• 40歳代 女性 医療従事者 4月26日 居住地は市外• 20歳代 女性 接客業 4月26日• 60歳代 女性 会社員 4月25日• 40歳代 女性 無職 4月25日 本市47例目の濃厚接触者• 90歳代 男性 無職 4月25日• 20歳代 女性 医療従事者 4月25日 神戸市発表237例目と同一• 40歳代 男性 会社員 4月24日• 80歳代 男性 無職 4月24日• 60歳代 女性 パート 4月23日• 30歳代 男性 会社員 4月22日• 50歳代 男性 会社員 4月21日• 30歳代 女性 フリーランス 4月21日 海外渡航歴あり• 30歳代 男性 会社員 4月21日• 50歳代 男性 自営業 4月20日• 50歳代 男性 会社員 4月20日• 50歳代 男性 無職 4月19日• 50歳代 男性 会社員 4月18日• 30歳代 男性 自営業 4月17日• 20歳代 男性 会社員 4月17日 大阪府で発生した患者の濃厚接触者• 30歳代 女性 無職 4月17日• 10歳代 女性 学生 4月17日• 40歳代 男性 会社員 4月16日• 40歳代 男性 会社員 4月16日 海外渡航歴あり• 40歳代 女性 無職 4月15日• 70歳代 女性 幼稚園教諭 4月15日 大阪市で発生した患者の濃厚接触者• 10歳代 女性 自営業 4月15日 本市39例目の濃厚接触者• 20歳代 女性 接客業 4月14日• 50歳代 男性 会社員 4月14日• 40歳代 女性 会社員 4月11日 大阪市で発生した患者の濃厚接触者• 40歳代 男性 自営業 4月11日• 50歳代 男性 会社員 4月11日• 70歳代 男性 無職 4月11日 神戸市発表60例目と同一 本市36例目の濃厚接触者• 50歳代 女性 無職 4月11日 神戸市発表59例目と同一 本市37例目の濃厚接触者• 50歳代 男性 無職 4月10日• 30歳代 女性 無職 4月10日 本市31例目の濃厚接触者• 30歳代 男性 公務員 4月10日 神戸市で発生した患者の濃厚接触者• 40歳代 男性 会社員 4月 9日• 30歳代 男性 自営業 4月 8日 居住地は市外• 50歳代 男性 自営業 4月 8日• 40歳代 男性 会社員 4月 8日• 20歳代 男性 無職 4月 7日• 50歳代 男性 自営業 4月 7日• 80歳代 女性 無職 4月 7日 本市15・20例目の濃厚接触者• 60歳代 男性 会社員 4月 7日• 40歳代 男性 自営業 4月 7日• 80歳代 女性 無職 4月 7日 本市21・22例目の濃厚接触者• 80歳代 男性 無職 4月 7日 本市21・23例目の濃厚接触者• 60歳代 男性 会社役員 4月 7日 本市22・23例目の濃厚接触者• 50歳代 女性 無職 4月 4日 本市15例目の濃厚接触者• 30歳代 男性 会社員 4月 4日• 30歳代 女性 会社員 4月 4日• 60歳代 女性 無職 4月 4日• 40歳代 男性 会社員 4月 4日• 60歳代 男性 会社員 4月 3日• 70歳代 女性 無職 3月31日 東京都で発生した患者の濃厚接触者• 60歳代 男性 会社員 3月31日 大阪市で発生した患者の濃厚接触者• 20歳代 男性 学生 3月31日 海外渡航歴あり• 20歳代 女性 学生 3月31日 海外渡航歴あり• 30歳代 男性 会社員 3月31日• 30歳代 男性 医師 3月30日• 80歳代 男性 無職 3月24日• 20歳代 男性 医師 3月24日• 50歳代 女性 自営業 3月17日 神戸市発表24例目と同一• 40歳代 男性 介護士 3月10日 介護老人保健施設グリーンアルス伊丹 関連施設勤務• 80歳代 女性 無職 3月 7日 介護老人保健施設グリーンアルス伊丹 利用• 40歳代 男性 会社員 3月 7日 Soap opera classics-Umeda ライブハウス 利用• 50歳代 女性 会社員 3月 6日 大阪京橋ライブハウスArc 利用• 40歳代 男性 会社員 3月 1日 患者の概要.

次の

新型コロナウイルス感染症の市内感染者発生の状況について 西東京市Web

西 東京 市 コロナ ウイルス

nishitokyo-shokokai. 【申請対象者】 次の(1)及び(2)に該当している者 (1)西東京市内において、店舗または事務所を賃貸借契約により営んでいる中小企業及び個人事業主 (2)国の持続化給付金の給付を受け「給付通知書」又は、その給付振込みが確認できる「通帳の写しまたは、入出金明細書等」を提出できる事業者 【申請方法】 新型コロナ感染症拡大防止のため、ポータルサイトからのオンライン申請をお願いします。 (1)申請画面ページからオンラインで申し込まれる方 6月5日(金)午前10時より、こちらのページ最下部より、赤いボタンで受付フォームへ移動できるようになります。 (午前10時前からこのページを閲覧している場合は、10時にページを再読み込みやもう一度アクセスし直してください) なお、9月30日(水曜日)23時59分までに送信を完了してください。 (2)パソコン・スマホをお持ちでない方 西東京商工会保谷事務所で申請者のオンライン申請をサポートします。 6月5日(金)より、申請書類を西東京商工会保谷事務所(平日10:00~16:00)へご来会ください。 駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。 なお、必要書類を提出するという受付ではありません。 あくまで申請者に代わってのオンライン入力事務のサポートとなります。 最後に入力内容をご自身でご確認いただき、同意事項に同意していただく必要があります。 郵送での申請受付はいたしませんので、ご注意ください。 賃貸借契約証明書兼確認書の記入を不動産会社等に依頼する場合は、別途手数料がかかる場合があります。 国の持続化給付金の「給付通知書」又は「入金部分の通帳の写し、入出金明細書等(電子通帳などの場合)」 5. で「入金部分の通帳の写し」を用意していただいた場合はその通帳を開き、口座名義人、口座番号がわかる画像もご用意ください。 申請書類のうち1~3は、上記、書類名をクリックし、ダウンロードできます。 紙ベースでは、西東京商工会(田無事務所・保谷事務所)にて配布しています。 誓約書・賃貸借契約証明書兼確認書の記入方法はこちらをご参照ください。 (クリックすると大きくなります).

次の

さいたま市/新型コロナウイルス関連情報

西 東京 市 コロナ ウイルス

あなたが今、新型コロナウイルスに感染しているかを調べられる「PCR検査」。 日本は欧米や韓国と比べ、実施件数が桁外れに少ないことに疑問の目が向けられてきた。 政府は段階的に目標件数を積み増し、4月6日には「1日当たり2万件」(安倍晋三首相)を掲げた。 しかし、実際の実施件数はなかなか伸びず、最も多かった4月末でも約1万件にとどまった。 確かにウイルス対応の初期、政府内には「PCR検査を拡充して多数の感染者が見つかり、軽症者や無症状者が病院に殺到すれば、重症者を救えなくなる」との慎重論が存在した。 また、3月24日に東京五輪・パラリンピックの延期が決まるまでは、こんな脚本もささやかれた。 真偽は定かでない。 増えなかった理由で一つ、確実に言えることがある。 「人」と「モノ」の検査インフラが決定的に足りていなかったのだ。 大阪府のPCR検査を一手に引き受けてきた地方衛生研究所(大阪市)の本村和嗣ウイルス課長は、2月以降の日々をこう振り返った。 2009〜10年の新型インフルエンザ流行を受け導入した検査機器4台では足りず、3月中旬に2台を追加配備し、処理能力を1日240検体まで引き上げたが検体の急増に追い付かない。 「遅かれ早かれパンクする」。 4月中旬、本村氏は府に対し、民間検査会社にも分析作業の協力を要請するよう具申せざるを得なかった。 検査機関の逼迫(ひっぱく)は、検査の抑制圧力となって働いた。 東京都は早くから民間と連携していたが、新型コロナ専用外来のある医師は「うちの病院では民間に1日に送れる検体数に上限が設けられており、それを上回る検査希望を断るのが業務の大半だった」と話す。 検査増を阻む「目詰まり」は、保健所でも発生した。 感染の心配がある人から最初に電話を受け、PCR検査の要否を判断する窓口「帰国者・接触者相談センター」の業務に、感染者の行動歴調査や健康観察も加わり、人手不足の極みに。 「電話が一向につながらない」との苦情を招いた。 4月17日、ようやく光明が差す。 東京都医師会は都内に順次、「PCR検査センター」を開設すると発表。 地域のかかりつけ医が必要と判断すればセンターが迅速に検体を採取し、民間が分析する枠組みで、角田徹副会長は「保健所も地衛研も介さない『もう一つの検査経路』をつくった」。 ノウハウは瞬く間に全国に広がっていった。 厚労省の正林督章(しょうばやしとくあき)審議官は「会議の提言を受け、数年間はPCR検査の関連機器を購入するなど予算も確保したはずだが、危機意識が長続きしなかった」と率直に省みる。 政府の専門家会議は5月4日、改めて検査に携わるマンパワーと機器の増強を求める見解をまとめた。 ウイルス感染の判定に要する時間を大幅短縮できる新たな武器、「抗体検査」と「抗原検査」も始まり、拡充が期待されている。 後は政治が実行に移すのみである。 (鶴加寿子)•

次の