ポリフェノール 不妊。 厚生労働省に聞いた!葉酸の推奨摂取量はどのくらい?妊活・妊娠・産後では?

妊娠中はポリフェノールやカフェインに気をつけて

ポリフェノール 不妊

ポリフェノールは種類によって効果が違うとされています ポリフェノールとは、5000種以上の植物に含まれる苦み成分のことです。 植物は苦みを強くすることで、動物に食べられたり紫外線で傷つけられたりすることから身を守っていると考えられています。 このポリフェノールにはいくつかの種類があり、アントシアニン・カテキン・タンニン・カカオポリフェノール・レスベラトロール・イソフラボン・クロロゲン酸類などがあるのが特徴です。 それぞれ効能にも違いがあり、たとえばアントシアニンには視力回復、カカオポリフェノールには動脈硬化予防や美肌効果、イソフラボンには更年期症状の緩和、レスベラトロールにはサーチュイン遺伝子の活性化による若返り効果などがあると考えられています。 またこれらのポリフェノールは共通して抗酸化作用があると言われるのもポイントです。 人間の体内では日々酸素の一部が活性酸素という、酸素を強化した物質に変わっていっています。 この活性酸素は少量であればウイルスの撃退などに役立つものの、多すぎると今度は健康な細胞まで攻撃して酸化させてしまうのです。 鉄が錆びるように、細胞の酸化もまた体に悪影響を及ぼします。 そのためその酸化を防いでくれる「抗酸化作用」のあるポリフェノールの摂取は重要なのです。 ポリフェノールは不妊症にもよいと言われています もともと健康によいと言われているポリフェノールですが、不妊症にもとくにプラスに働く面があります。 たとえば抗酸化作用があるとされることから期待されているのが、卵子の質の維持です。 女性は年齢を重ねるごとに、体内に持っている卵子が酸化し、質が落ちていきます。 それに加え、加齢とともに卵巣機能が低下していくため、よい卵子が育ちにくくなるのです。 すると排卵に向けて成長していく卵子がなかなか大きくならなかったり、あるいは無事排卵されたとしても、その卵子が受精能力を失っていて、精子と出会っても受精卵になれなくなってしまったりする可能性があります。 女性が加齢とともに不妊率が高まっていくのは主にこの卵子の酸化、つまり卵子の老化が原因とさえ言われているのです。 そこでポリフェノールを取ることで卵子の酸化を抑えることができると考えられています。 不妊症で悩んでいるのであれば、適量のポリフェノールを摂取することで不妊症の改善に役立つかもしれません。 ポリフェノールが不妊症に悪影響を及ぼす可能性もあります ポリフェノールが体によいからと、ポリフェノールを含む食品やサプリメントを大量に摂取すると、かえって不妊症に悪影響になってしまう場合があります。 また普段はプラスに働いても、時期によっては妊娠率や流産率などに影響する可能性が指摘されています。 そのため実は安易なポリフェノールの摂取は控えた方がよいのも事実です。 たとえばポリフェノールの中でもとくに不妊症の人が積極的にとっていきたいのが、レスベラトロールやイソフラボンです。 レスベラトロールは赤ワインに多く含まれるもので、他の栄養素にはない、細胞を若返らせるというサーチュイン遺伝子を起動させるため、卵子の質の向上にも役立つと言われています。 また大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることでも有名です。 しかし実は黄体期にレスベラトロールを摂取しすぎると正常な妊娠を妨げるとの報告があります。 また大豆イソフラボンの過剰摂取は子宮内膜症などのリスクを上げるとも言われています。 ポリフェノールはたくさんの種類があることもあり、摂取してもよい時期と悪い時期の判断は普通の人には難しいものです。 体によいからと自己判断で摂取するのではなく、医師の指導のもと、適切な時期に適量の摂取をしましょう。 (まとめ)ポリフェノールは不妊症にどんな影響を与えるの?.

次の

フラボノイドの種類と効果と摂取量

ポリフェノール 不妊

ポリフェノールは種類によって効果が違うとされています ポリフェノールとは、5000種以上の植物に含まれる苦み成分のことです。 植物は苦みを強くすることで、動物に食べられたり紫外線で傷つけられたりすることから身を守っていると考えられています。 このポリフェノールにはいくつかの種類があり、アントシアニン・カテキン・タンニン・カカオポリフェノール・レスベラトロール・イソフラボン・クロロゲン酸類などがあるのが特徴です。 それぞれ効能にも違いがあり、たとえばアントシアニンには視力回復、カカオポリフェノールには動脈硬化予防や美肌効果、イソフラボンには更年期症状の緩和、レスベラトロールにはサーチュイン遺伝子の活性化による若返り効果などがあると考えられています。 またこれらのポリフェノールは共通して抗酸化作用があると言われるのもポイントです。 人間の体内では日々酸素の一部が活性酸素という、酸素を強化した物質に変わっていっています。 この活性酸素は少量であればウイルスの撃退などに役立つものの、多すぎると今度は健康な細胞まで攻撃して酸化させてしまうのです。 鉄が錆びるように、細胞の酸化もまた体に悪影響を及ぼします。 そのためその酸化を防いでくれる「抗酸化作用」のあるポリフェノールの摂取は重要なのです。 ポリフェノールは不妊症にもよいと言われています もともと健康によいと言われているポリフェノールですが、不妊症にもとくにプラスに働く面があります。 たとえば抗酸化作用があるとされることから期待されているのが、卵子の質の維持です。 女性は年齢を重ねるごとに、体内に持っている卵子が酸化し、質が落ちていきます。 それに加え、加齢とともに卵巣機能が低下していくため、よい卵子が育ちにくくなるのです。 すると排卵に向けて成長していく卵子がなかなか大きくならなかったり、あるいは無事排卵されたとしても、その卵子が受精能力を失っていて、精子と出会っても受精卵になれなくなってしまったりする可能性があります。 女性が加齢とともに不妊率が高まっていくのは主にこの卵子の酸化、つまり卵子の老化が原因とさえ言われているのです。 そこでポリフェノールを取ることで卵子の酸化を抑えることができると考えられています。 不妊症で悩んでいるのであれば、適量のポリフェノールを摂取することで不妊症の改善に役立つかもしれません。 ポリフェノールが不妊症に悪影響を及ぼす可能性もあります ポリフェノールが体によいからと、ポリフェノールを含む食品やサプリメントを大量に摂取すると、かえって不妊症に悪影響になってしまう場合があります。 また普段はプラスに働いても、時期によっては妊娠率や流産率などに影響する可能性が指摘されています。 そのため実は安易なポリフェノールの摂取は控えた方がよいのも事実です。 たとえばポリフェノールの中でもとくに不妊症の人が積極的にとっていきたいのが、レスベラトロールやイソフラボンです。 レスベラトロールは赤ワインに多く含まれるもので、他の栄養素にはない、細胞を若返らせるというサーチュイン遺伝子を起動させるため、卵子の質の向上にも役立つと言われています。 また大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることでも有名です。 しかし実は黄体期にレスベラトロールを摂取しすぎると正常な妊娠を妨げるとの報告があります。 また大豆イソフラボンの過剰摂取は子宮内膜症などのリスクを上げるとも言われています。 ポリフェノールはたくさんの種類があることもあり、摂取してもよい時期と悪い時期の判断は普通の人には難しいものです。 体によいからと自己判断で摂取するのではなく、医師の指導のもと、適切な時期に適量の摂取をしましょう。 (まとめ)ポリフェノールは不妊症にどんな影響を与えるの?.

次の

高カカオチョコレートの効果と効能!1日の摂取目安量は?

ポリフェノール 不妊

妊婦とポリフェノールの関係や影響は? 妊娠中は、ささいな体調変化にも敏感です。 ポリフェノールの抗酸化作用は、さまざまな効果があります。 そしてポリフェノールにはたくさんの種類があります。 体のため、胎児のため、体に良いものを摂取したい。 そこで注意して欲しいのが「 大豆ポリフェノール」の摂取です。 大豆ポリフェノールは、大豆イソフラボンというポリフェノールを含みます。 名前で分かるように、納豆や豆腐に多く含まれます。 効果、効用としては女性ホルモンと似たような働きを持ちますので注目成分なのですが、妊娠中の摂取には要注意です。 妊娠中のポリフェノール摂取について ポリフェノールの一種に、女性ホルモンの作用と似ている「イソフラボン」という成分。 女性ホルモンの作用と似ている、と聞くと妊娠中には良さそうに感じます。 しかしこの イソフラボンの摂取量が多くなりすぎると、逆にホルモンバランスを崩してしまう恐れがあるそうです。 イソフラボンは納豆や豆腐などにも含まれていると言いました。 日常生活範囲で摂取する分には特に問題はありません。 逆に、神経質になりすぎて摂取量が不足しすぎることにも問題は生じます。 納豆を1パック、豆腐を冷や奴で食べる程度なら心配はいりません。 妊娠中のポリフェノール摂取で注意する事は? Sponsored Link しかし、イソフラボンを摂取量が過剰摂取、特に妊娠初期段階の不安定な時期には注意しましょう。 【過剰摂取から引き起こる症状】• ホルモンバランスの乱れ• 吐き気やいら立ち• つわりの悪化 このような症状は、妊娠経験・知識のある方はすぐに結び付いたかと思います。 結果、ホルモンバランスの乱れが大きく関わっていますよね。 まとめ 妊娠中、なにに対しても気になる時期です。 神経が張り詰めています。 心を落ち着かせて安静に過ごせるに越したことはありませんが、何か口にする行為も一つ一つ気になると思います。 愛情ですよね。 今回は「大豆ポリフェノール」の摂取法についてまとめましたが、摂取をしてはいけない、ということではなく適度な摂取で体を守りましょう、ということです。 イソフラボン以外のポリフェノールは、新鮮な野菜や果物から摂取。 ポリフェノールに限らず、あらゆる栄養素の摂取は「過ぎたるは及ばざるがごとし」。 幸せなマタニティー生活を送れますように・・・。 ポリフェノールの関連記事.

次の