葉酸 おすすめ。 【元気な赤ちゃん】葉酸サプリメント人気比較おすすめランキング

鉄分葉酸ヨーグルトを食べ比べ!妊活・妊娠中のおすすめは?

葉酸 おすすめ

緊急事態宣言が解除されたものの第二波の心配が続く状況のなか、葉酸サプリの情報を知りたい人が全国から集まる場所「葉酸サプリクラブ」へようこそいらっしゃいました。 今ここにアクセスしたということは、「妊活」あるいは「妊娠」をきっかけに葉酸(「はさん」ではありません。 「ようさん」です)の重要性を知ったのだと思います。 ですが、世の中には葉酸を摂取できるサプリがたくさんありすぎて、 「どれを買えばいいのかわからない!」と迷っているのではないでしょうか? 安心してください。 その悩みは「葉酸サプリクラブ」で解決できます。 当サイトは、世界各国で妊活中・妊娠中の摂取が推奨されている葉酸を安心安全に摂取できるよう、サプリメントの専門家である私が人気の葉酸サプリを「辛口で」ひたすらレビュー、比較、ランキング化しているサイトです。 資格としては、日本ニュートリション協会公認「サプリメントアドバイザー」、厚生労働省認可団体・財団法人職業技能振興会認定「サプリメントマイスター」というサプリの専門資格を持っています。 もし、「サプリメントアドバイザー?マイスターって何?信用できるの?」「なぜ辛口なの?」「企業から依頼されて書いているんじゃないの?ステマじゃないの?」と気になる人は、下記のページにて信頼性と関係性について解説していますので、お読みください。 なぜ、葉酸サプリクラブを立ち上げたのか? まずは私がこのサイトを作った理由からお話しします。 昨今は、日本でもようやく葉酸摂取の重要性が認知されてきたこともあり、葉酸サプリを販売するメーカーや葉酸サプリを紹介するサイトが増えてきています。 メーカーはどこも自社商品が最強だと思って販売していますので、それはそれで良いと思います。 しかし、私が問題だと感じるのは、葉酸サプリを紹介しているサイトです。 どこの誰が書いているのかわからないサイトが多々見受けられますが、嘘情報を掲載しているサイトが山のようにあることに驚きました。 例えば、「」とか「」とか、 厚生労働省が呼びかけていることと全く逆の内容が真実かのように出回っていました。 このままでは、葉酸摂取の本来の目的が達成できなかったり、大切なお金を無駄にする人も出てきてしまいます。 この間違いだらけのネット情報が氾濫している状況を正すには、サプリの正しい知識を持つプロが正しい情報を発信するしかありません。 私は2013年8月に日本ニュートリション協会の「サプリメントアドバイザー」の資格を取っています。 このサプリメントアドバイザーの知識を活かして正しい情報を発信するべく、2013年10月に当サイト「葉酸サプリクラブ」を立ち上げました。 私が調べた限りでは、サプリの専門資格を持った人が、葉酸サプリをレビューする専門サイトは存在していませんでした。 個人のブログで書いている人はいたのですが、専門サイトがありませんでした。 だから、このサイトを作ったのです。 葉酸サプリクラブは、サプリメントの専門家による原材料・成分・添加物・販売会社の信頼性チェックなどを元に、妊活中・妊娠中におすすめの葉酸を効率的かつ安全安心に摂取できるように、「どのメーカーの葉酸サプリを買うのがベストなのか?」をわかりやすく、プロ目線の厳しい目で解説しています。 なお、勘違いしている人が多いのですが、医師、薬剤師、管理栄養士はサプリの専門家ではありません。 専門分野が違います。 間違った持論を平然と主張している人もいますので気をつけてください。 これが多くの人が葉酸サプリ選びを間違ってしまう原因なのです。 サプリのことはサプリの専門家に聞いてください。 他のどんなサイトよりも葉酸サプリの真実を語る辛口のレビューサイトを目指していますので、面白い内容になっていると思います。 他には真似できない本音の口コミを魂こめてお届けしますので、最後までじっくりとご覧ください。 もし、「そもそも葉酸が何なのかよくわかっていない」「なぜ摂取する必要があるのか知らない」という場合は、葉酸知っトク講座「 Check」を読んでおいてください。 注意!天然葉酸は現時点では証拠が得られていません。 葉酸の必要性がわかったところで、葉酸サプリ選びで「失敗しないポイント」をお伝えしますので、注意深く読んでください。 葉酸には、2つの種類の葉酸が存在します。 まずひとつ目が、食事から摂れる「プテロイル ポリグルタミン酸型の葉酸=Folate」です。 もうひとつが、工業的に製造された「プテロイル モノグルタミン酸型の葉酸=Folic Acid」です。 厚生労働省は、少なくとも妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までに、1日0. 4mgの「 モノグルタミン酸型葉酸」を栄養補助食品で摂取することを推奨しています。 ポリグルタミン酸葉酸(食事で摂れる天然葉酸)は、「現時点では証拠が得られていない」のが現状だからです。 サプリメントのパッケージの裏面に「葉酸」の文字が書かれていれば、合成葉酸が摂取できるしるしです。 この場合は「天然葉酸」が理想です。 ですが、妊娠4ヶ月目以降も、食事で不足している場合はサプリメントで補っていきます。 さて、次に進む前にひとつ言いたいことがあります。 先ほどの事実を公的機関のサイト以外で明文化したのは、当サイトが国内初だと自負しています。 なぜなら、ネット上に事実と異なる情報であふれていた憤りが、当サイト立ち上げのきっかけになっているからです。 さらに、 厚生労働省は、「合成葉酸を摂取しましょう」という表現は使っていません。 厚生労働省は、「folic acid」や「プテロイルモノグルタミン酸」葉酸を摂るようにと表現しています。 一般の人に「folic acid」や「モノグルタミン酸型」と言っても何のことか伝わりにくいだろうと思ったので、わかりやすく「folic acid=モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸」に置き換えて表現したのです。 私がこの表現で伝えようと思った当時、あらゆるサイトを確認しました。 先ほども書きましたが、当時は「合成素材は危険!天然素材のサプリを選びましょう!」みたいなサイトしかありませんでしたので、先陣を切って真逆の事実を伝えることにドキドキしたことをよく覚えています。 繰り返しますが、「厚生労働省は合成葉酸を推奨」これは当サイトを作るまではネット上に存在していなかった表現です。 それなのに、いつのまにかあちこちのサイトで使われているので、モノ申しておきます。 時系列的に言うと、私が明文化したあとに「mitete 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」(当サイトでA-評価)の販売サイトで、合成葉酸(モノグルタミン酸)を強調する表現が使われるようになりました。 葉酸サプリの販売メーカーとしては一番乗りです。 そこから、他社が真似して一般化していったという背景があります。 なお、前述のように「食事性葉酸に加えて」「妊娠1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月目まで」という大前提があっての表現です。 この大前提を抜かした間違った情報がひとり歩きしていますので、気をつけてください。 一体どの葉酸サプリを買えばいいの?【前提の話】 それでは、話を戻しまして、妊活中や妊娠中の女性はどのメーカーの葉酸サプリを買えば良いのか?自信を持っておすすめできるのはどの商品になるのか?口コミで人気の葉酸サプリを独自基準を元にして、サプリのプロ目線で辛口でレビューした結果を公開します。 葉酸サプリクラブでは、 妊活中、妊娠初期、中期、後期のどの時期でも共通となる「独自評価基準10項目」を策定しました。 なぜ「独自」と強調しているのかと言うと、私が制定した基準をパクる悪質なサイトが増えたからです。 葉酸サプリクラブ「独自」評価基準• 天然か合成か。 摂取時期にふさわしい葉酸を摂取できるか• 「天然・自然素材は安全」などという幻想で消費者をカモにしていないか• 危険性の疑いがある原材料や添加物が使われていないか• ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCが配合されているか• 各種栄養素は過不足なくバランスのよい配合量になっているか• 賦形剤(=粒の容積を増やしたり、形をつくるための栄養とは関係のない添加物)の量を減らせるカルシウムが210mg以上配合されているか• 不調の原因になる非ヘム鉄が15mg以下に抑えられているか• 品質が一定に保たれるGMP準拠工場で製造されているか• 安すぎず、高すぎない妥当な価格設定になっているか• 企業理念が明確で販売実績もあり、信頼できる会社であるか これがサプリのプロが制定したすべての葉酸サプリ選びの前提となります。 各項目のもっと詳しい解説は別記事にて解説していますので、併せてお読みください。 ( 詳細 ) サプリの専門家が採点!葉酸サプリ格付けランキング(2020年最新版) 以上の独自評価10項目を元に、そのような結論に至った理由を客観的なデータや指標を根拠にして、主観的にABC評価で比較・ランキング化しました。 玉石混交の葉酸サプリをプロの視点で厳しく採点しましたので、ぜひ参考にしてください。 嘘をつきたくはありませんので、すべての葉酸サプリについて、良い面も悪い面も事実として包み隠さず正直に書いています。 私はサラリーマン時代に住宅メーカーの営業職をやっていましたが、初めて契約したお客さまに「真面目で嘘をつくような人じゃないから」と言われたことがあります。 その姿勢やポリシーは今も変わりません。 ただし、誤解のないようお伝えしておきますが、当サイトで評価の低い葉酸サプリを飲んだからと言って、赤ちゃんに悪影響が出る可能性は極めて低いです。 もし、そんなヤバイものを販売していたらとっくに大問題になっています。 当・葉酸サプリクラブが辛口評価している内容を 各メーカーに問い合わせても「安心してお飲みいただけます」と言われるのがオチです。 各メーカー魅力的な葉酸サプリを販売していますので、「口コミの評判が良くて、人気の葉酸サプリの中でもどれが一番いいのか?」を選定するために、私の主観と価値観を織り交ぜながら、かなり辛口で評価して比較分類した結果であることを初めにお伝えしておきます。 人気のない粗悪な葉酸サプリはレビュー対象にすらなりません。 詳細な解説を読みたい場合は、各商品の「詳しい解説をもっと読む」リンクをタップしてください。 さらに詳しく辛口で批評したページに移動します。 ビタミン・ミネラルは微々たる量しか摂れない「見せかけ」の野菜や果物、美容成分など余計なものを数多く配合するのではなくて、妊活開始から授乳期までに本当に「必要な栄養素」を「高品質な原材料」で無駄なく「時期別」に配合したこだわりの葉酸サプリ3部作。 消費者が知りたい情報を隠すことなく「すべて開示」している透明性と、圧倒的な検査体制による安全性も含めて、総合力でプレミンシリーズを上回る葉酸サプリはこの世に存在していない。 採点結果を「妊娠時期別」に分類してみました そして、上記の前提10項目のチェックに加えて、3つの「時期別に」独自のチェック項目をさらに追加して検証してみました。 なぜなら、妊娠時期によって摂取すべき栄養成分の量も変化するからです。 それを一括りにして、「鉄が15mgに満たないサプリはイマイチ・・・」みたいな評価はフェアじゃないと判断しました。 あとは、 当サイトの独自基準やレビュー内容・表現があちこちでパクられまくって頭に来たので、独自の「時期別」での評価軸をさらに追加しました。 なお、時期別に分けたのは、プレミン3部作よりも当サイトのほうがだいぶ先です。 下記より各期間の画像をタップすると、独自チェック項目に時期別チェック項目をプラスした辛口レビューの一覧ページに移動します。 以上を参考に、納得いくまで辛口レビューを読んでみてください。 もし、「まだどれを選べばいいのか迷っている」「どれが自分に一番合っている葉酸サプリなのかわからない」場合は、「」ページにて、自分に合った商品を選ぶ方法を解説しましたので、読んでみてください。 それでも「まだ不安な部分がある」「どちらにすべきか迷っている」「レビューになかった商品が気になっている」ようでしたら、遠慮なく私にメールをください。 24時間以内にお返事を差し上げます。

次の

【2020年最新版】おすすめの葉酸サプリを徹底比較!口コミで人気の理由を解説

葉酸 おすすめ

妊活中から葉酸サプリを飲む理由 厚生労働省が妊娠を望む女性に対し、葉酸を摂取するよう に呼び掛けています。 葉酸には生まれてくる赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減させる可能性があるためです。 妊娠可能な19歳から50歳の女性に対して神経管閉鎖障害の発症リスクの低減のために通常の食事からの葉酸の摂取に加えて、 サプリメント(いわゆる栄養補助食品)又は強化食品による0.4mgの葉酸摂取を勧告している。 出典元: 通常の食事からの摂取だけでなく、 サプリメントによる葉酸摂取を勧めています。 葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、 多くの野菜や果物、レバーなどの動物性食品にも多く含まれています。 葉酸は水に溶けやすく熱で破壊されるため食品に含まれている葉酸の量をそのまま吸収することはできません。 食べた量に対して葉酸の吸収率は約50%程度と言われています。 食事だけで葉酸を摂取するのは困難となるため、 サプリでの摂取が重要となります。 さらに、葉酸は赤血球を作る働きがあるため、血液がしっかりと身体をめぐることで 子宮の 働きが良くなり、子宮内膜を厚くすることにつながるといえます。 子宮内膜が厚くなると、 受精卵が着床しやすくなります。 そして、受精卵が子宮内膜に着床すれば、細胞分裂がはじまります。 葉酸は細胞分裂が正常に行われるのを助けるので 受精卵の成長をサポートしてくれる期待も! 実際に飲んでわかったおすすめ葉酸サプリは? 妊活中の葉酸サプリ選び方の7つのポイント 葉酸サプリ選びで失敗しないために大切な7つのポイントをまとめておきます。 葉酸:モノグルタミン酸型400㎍ 葉酸は2種類あり、食材に含まれる天然葉酸は「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれています。 体内への吸収率は摂取した量の半分程度とされています。 厚生労働省が摂取を推奨しているのは合成葉酸の「モノグルタミン酸型葉酸」。 モノグルタミン酸型葉酸400㎍が配合されている葉酸サプリを選びましょう。 栄養素:葉酸を効率よく働かせる 葉酸は単体では吸収されにくいため、効率よく吸収するためには、同時に「 ビタミンB6」「 ビタミンB12」と「 ビタミンC」を摂取する必要があります。 また、日本人女性に不足しがちで妊娠中に必要な栄養素「 鉄」と「 カルシウム」が配合されているかどうかもポイントになります。 添加物:余計なものが入ってないか サプリメントは添加物なしでは作ることができません。 品質を安定させるために最低限必要な添加物を使用しています。 添 加物を一切使わずにサプリを作ろうとすると、様々な問題が起きるため、やむを得ず添加物を使う場合には不要なものは加えず、できるだけ体に害のないものを選んで使われています。 不要な添加物とは、着色料や香料など、見ためをよくするだけのもの。 安全性:GMP認定、各種検査 GMPとは、原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が 安全に作られ、 一定の品質が保たれるようにするための製造工程管理基準。 GMPは医薬品では義務付けられていますが、サプリメントの場合は任意になっています。 そのため、GMPマークを取得していないメーカーも結構あります。 安心と安全が気になる妊活中はGMP認定工場製品を選びたいですよね。 飲みやすさ:錠剤の大きさ・におい 毎日飲むものなので、錠剤の大きさやニオイがあるかどうかは気になるところ。 妊娠した場合は、 つわりでサプリが飲めないなんてこともよく聞くため、選ぶポイントに入れています。 続けやすさ:価格帯 サプリの内容は価格相応。 だからと言って、もちろん 高ければいいってものでもないです。 それに妊活中はいろいろとお金がかかるのでお財布との相談も必要。 続けやすい価格帯と言うのは大事なポイントです。 よく聞かれる「 高い葉酸サプリ」と「 安い葉酸サプリ」の違いを簡単にご説明します。 価格帯的には大体3つに分けることができます。 500円以下の葉酸サプリ• 1000円~2000円の葉酸サプリ• 3000円以上の葉酸サプリ 500円以下の葉酸サプリ ドラッグストアなどで気軽に購入出来てとにかく安く済ませられるのがポイント。 安さ重視のため、栄養素が少なく添加物の重量は多くなります。 化学合成のサプリになります。 参考: 1000円~2000円の葉酸サプリ 葉酸以外にも妊活中に必要な鉄やカルシウムなどが含まれてきます。 添加物の重量はやや減りますが、この価格帯でも化学合成のサプリがメインになっています。 3000円以上の葉酸サプリ 値段が高くなってきましたが原材料の品質もあがってきます。 化学成分ではなく、 天然の素材から抽出された栄養素で作られることが多く自然食品に近いサプリメントになります。 安全性へのこだわりが高く無添加の製品も多くなります。 (最低限の添加物はサプリを作るうえで必要なので含まれています) 辞めやすさ:回数縛りや返金保証 いろんな葉酸サプリがある中で、気軽に試してみたいと思っても定期購入の回数縛りがあると直ぐに辞められない。 万が一、口に合わなかった場合や他のサプリに乗り換えたい時にすぐに辞められないのは困りますよね。 基本は 定期購入でも回数縛りがないものが理想です。 回数縛りがある場合でも返金保証制度があるメーカーのものなら安心して飲み始まることができます。 葉酸サプリおすすめランキング 妊活サプリ部門、コスパで選ぶ部門、夫婦セット部門で分けています。 【妊活サプリ部門】 1位:makana(マカナ) 8大妊活成分すべて配合 & 日本産マカを100%使用。 不妊クリニックの産婦人科医もおすすめの「妊活 サプリ 」。 元モー娘の保田圭さんご夫婦も愛飲中。 1位の理由は 「妊活のことを第一に考えられている」サプリだというところ。 マカはもちろんのこと 必要な栄養素がオールインワン。 ミトコンドリアをサポートする成分も追加配合されました。 普通の葉酸サプリより2000円ほど高いですが、マカのサプリを別で購入してもその位にかかるし、 出来る限り1種類のサプリで必要な栄養素を補いたいため(サプリの飲む数を増やすと臓器に負担がかかる)マカナを選んでいます。 私自身、一番長く愛飲しています。 *妊活はじめたばかりの方にはお高く感じるかもなので、まずは葉酸サプリをという方は以下のランキングもチェックしてみてくださいね。 200人の女性の声から生まれた葉酸サプリ! 葉酸を中心に 妊活から必要な40種類以上の栄養成分、 女性に不足しがちな栄養成分を絶妙なバランスで配合。 妊娠初期から授乳期までに必要な栄養素を補うことができ、 日常の生活で足りない栄養素をどれだけ補えるか栄養素別で分かりやすく記載されているのが好印象でした。 さらに健康維持と美容にうれしい成分も配合されています。 成分から最終加工地まですべて開示、 GMP認定工場製品で安心安全マークも取得済み。 定期購入での回数縛り(6回以上の継続)が気になるため、このランク付けになりましたが、ママニック自体は お値段以上の価値を感じる高品質で安心安全な葉酸サプリです。 定期購入の回数縛りは気になりますが、全額返金保証があるのが安心ポイントです。 医師&薬剤師のW監修 で成分や配合量など 男女で細かな違い があります。 妊活~出産後まで通して飲む葉酸サプリメントが多い中、プラサスシリーズは各ステージにわけて、その時に必要な成分にこだわっています。 プラサス for womanは葉酸以外にも 大豆イソフラボン (アグリマックス) や ザクロエキス、ショウガなどのめぐり成分、 着床しやすくする成分など35種類の栄養成分が凝縮配合。 葉酸の働きを助ける5つの栄養素(亜鉛、ビタミンC、B6、B2、B12)子宝ビタミンのビタミンEもバランスよく配合されています。 そして、めっちゃ良い~!って思ったのが全成分量の公開!全成分ってことは添加物の量まで公開してるんです。 続けやすい価格帯も魅力的です。 私はモニターで飲みました。 ベルタ葉酸は私が飲んだ時から内容が2回くらいリニューアルされています。 定期縛りがあっても日本一ってことは、買う人が継続している葉酸サプリなので良いサプリであるとは思いますが、 栄養成分の含有量が不明な個所があること(ビタミンB1、B2、B12)、錠剤は厚みがあり少し飲みにくい、やっぱり 回数縛りがあるのに返金保証がないという点が一番気になるのでおすすめランク外にしました。 私はモニターで飲みました。 8種の栄養機能食品として販売されています。 日本産マカ配合の葉酸サプリですが原材料をみると一番多いのは亜麻仁油。 オメガ3オイルは妊娠しやすい身体を作るとも言われているため普段魚をあまり食べない人には嬉しい妊活(葉酸)サプリです。 あとカプセル状なのでツルんと飲みやすいのも印象的でした。 1日3粒なので朝昼晩1粒ずつってのも分かりやすいです。 惜しいところが 栄養成分の含有量が不明な個所があること(ビタミンB1、B2、B12)、 回数縛りがあるのに返金保証がないという点が一番気になるのでおすすめランク外にしました。

次の

葉酸サプリ徹底比較ガイド|今1番おすすめは?ランキング調査!

葉酸 おすすめ

妊活中・妊娠の可能性のある時期に葉酸を摂取する場合は、葉酸サプリに配合されている葉酸の種類がモノグルタミン酸型であるかどうかを確認しましょう。 食事性の葉酸(いわゆるポリグルタミン酸型の葉酸)の場合、吸収率が小さくなってしまいます。 商品によっては、モノグルタミン酸型かどうかを記載していない商品があります。 葉酸の種類によって体内での吸収率が異なってしまうので、不明な場合はメーカーに問い合わせる必要があるでしょう。 そのほかに、葉酸の表記についても確認できると良いでしょう。 「天然葉酸」という言葉で安全性を訴求している商品や、一般的な葉酸よりも吸収率が良いとの見解で「酵母葉酸」を用いている商品などがあります。 葉酸サプリによってさまざまな言葉が用いられているため、どれを選べば良いか迷ってしまうかもしれません。 しかし基本的には、配合されている葉酸の種類がモノグルタミン酸型であるかどうかを確認できれば十分ですよ。 妊娠中は特に、口に入るものの安全性が気になるのではないでしょうか。 葉酸サプリを選ぶ際は、配合されている成分のほかに、以下の2点も確認できると良いでしょう。 製品の品質を保ち安全性を高めるため、厚生労働省によって定められた基準です。 一般的にこの条件を満たした工場を「GMP準拠工場」、条件を満たしていることを第三者によって認定された工場を「GMP認定工場」と言います。 葉酸サプリを選ぶときは、できるだけ「GMP認定工場」と記載されているものを選べると良いですね。 商品によっては、原材料ごとに残留農薬検査をしているという理由から、製品には検査をしていなかったり、放射能検査自体をおこなっていなかったりするものがあります。 通信販売を中心とする葉酸サプリの多くは、定期購入制度を設けています。 定期購入制度は一般的に、以下のようなメリットとデメリットがあります。 商品によっては流産をしてしまった場合でも、一定回数継続して購入しないと解約できない場合があります。 一方で回数の縛りがなく、自由に解約できる商品もあります。 定期購入を注文する際は回数縛りの有無や、どのくらい継続する必要があるかを確認し、自分にあった商品を選べると良いですね。 メルミーの魅力は、産婦人科医と管理栄養士によるダブル監修を受けていることです。 葉酸のほか鉄やカルシウムなど、妊娠中に特に重要な17種類の栄養素を「妊娠初期~授乳期」までの長期間の各段階で、不足することのないよう計算して配合しており、このうち14種類の栄養素について厚生労働省の定める栄養機能食品の基準値をクリアしています。 また、「無添加」なので安心安全に飲み続けることができるのも嬉しいポイントです。 厚生労働省が定める管理基準を満たしたGMP認定工場で生産されているほか、放射能検査や残留農薬検査もクリアしており、品質にこだわって作られています。 また、配合されているすべての成分について、原産国と最終加工国の両方が公開されています。 第三者機関で実施された葉酸サプリに関するアンケート調査では、1,982名の対象者から、「人気」「満足度」「口コミ評価」「支持率」の4部門で1位に選ばれています。 高い評価を得ていることがわかりますね。 定期便に回数の縛りはなく、いつでも休止や解約が可能です。 自分に合ったペースで活用することができます。 プレミンでは、妊娠中に付加的に摂取したいほとんどすべての成分を摂ることが可能です。 プレミンに含まれる成分のうち、7種類のビタミンと4種類のミネラルが栄養機能食品に該当します。 安全性にこだわっている点が特長で、全成分の原産国・最終加工国・含有量を開示しています。 製造は国内基準のGMP認定工場ではなく、NSF GMP認定工場という厳しい国際基準のもとでおこなわれています。 さらに、日本サプリメント評議会による審査をクリアした証である「安心安全マーク」も取得しています。 サービス面での信頼感も高く、大幅な割引を受けることができる定期購入コースには回数の縛りがありません。 万が一サプリメントがあわなかった場合は、25日以内であれば全額返金してもらうことが可能です。 カスタマーサポートの丁寧さも魅力のひとつで、購入後は出産経験者やサプリメント管理士の資格を持つスタッフに、専門的な相談をすることが可能です。 妊娠中期から妊娠後期、授乳中の女性向けのものもあるので、時期にあわせて継続して活用することができるのも魅力のひとつです。 原材料にこだわりがあり、22種類の国産野菜から鉄分やビタミンを抽出しています。 いつでも解約することができる定期購入コースは、初回限定で大幅な割引を受けることができるうえに、10日間の返金保証が付いています。 はぐくみ葉酸を販売している「はぐくみプラス」は、問い合わせの対応が丁寧なだけでなく、妊活中や妊娠中の女性が楽しめる冊子が商品に付属している点や、購入後に管理栄養士によるサポートを受けることができる点も魅力的です。 マカナの特長は、妊活中の女性に嬉しい成分にこだわっている点で、マカや金時しょうが、DHA・EPAなどの成分を配合しています。 しかしながら、成分量は公開されていないため、どのくらいの量が含まれているのかは明らかではありません。 成分量が公開されているビタミンは、妊娠中の付加量を補うことができますが、鉄分とカルシウムは検討が必要です。 マカナに含まれている鉄分は8. 7mg、カルシウムは84. 5mgであるため、マカナだけでは付加量や不足分を補うことができません。 妊活サポートの取り組みが充実している点もマカナの魅力でしょう。 購入後は先着で管理栄養士による栄養指導を受けることができます。 そのほかに、マカナを購入していない人でも参加することができる、産婦人科医や助産師、管理栄養士によるセミナーも開催しています。 みんなの葉酸は鉄分やカルシウムのほかに、妊娠中に付加的に摂取したほうが良いビタミンを5種類配合しています。 ただし、ほとんどの成分は妊娠中の付加量を下回ってしまっています。 一見妊娠の時期にあわせて商品を選べるように見えるかもしれませんが、どの商品もモノグルタミン酸型の葉酸が配合されているため、各時期の推奨付加量と一致するわけではありません。 妊娠中の女性が葉酸を摂取することによって、胎児の「神経管閉鎖障害」のリスクを減らす効果が期待できます。 神経管閉鎖障害とは脳や脊髄をはじめとする神経管に異常が起こることで、胎児に二分脊椎や無脳症などの先天性の奇形となってあらわれます。 妊活中から妊娠の可能性のある時期に葉酸を摂取するよう推奨されているのは、胎児の神経管がつくられるのが妊娠4~5週であるためです。 ただし、サプリメントなどから意図的に葉酸を摂取しなかったからといって、必ずしも胎児に神経管閉鎖障害が起こるわけではありません。 妊活中から妊娠の可能性のある時期に葉酸の摂取が推奨されるようになったのは、2000年以降です。 あくまで葉酸は、神経管閉鎖障害が起こる可能性を減らすために推奨されているものなので、あまり神経質になり過ぎないでくださいね。

次の