松屋 アール アンド ディ。 【7317】自動車用縫製技術に強み!IPO銘柄松屋アールアンドディの初値を予想する。

7317 (株)松屋アールアンドディの日証金速報(2020

松屋 アール アンド ディ

松屋アールアンドディの仮条件について 昨日発表された「」の仮条件について その内容は、想定価格「960円」に対して、仮条件は「910円~960円」でした。 その仮条件を見て私が思ったのは、少々強気な仮条件だと感じました。 その理由は、新型コロナの影響で、地合いが悪いからです。 そこで、今の悪い地合いを考えると、少々強気な仮条件だと感じました。 松屋アールアンドディについて 業態は「自動車安全装置縫合システムの開発など」ですので… その詳細はエアバッグの製造などになりますので、安定感はあると思います。 また、オムロン向け血圧計腕帯も製造しており、その売上は全体の「約7割」を占めています。 そこで、オムロンへの依存率が高い会社になります。 また、吸収金額は少ないので、その点での需要は良いと思います。 そして、会社の業績を見ると売上は年々延びていますが、利益は「頭打ち」なりますので、業績に不安があると思います。 BBで気になること BBで気になることの一番は、やはり今の地合いが悪いことです。 そこで、今の地合いが回復しないことには、人気が高いIPO以外は、厳しい初値になるのかなと思います。 それでも吸収金額は少ないので、その点での需要は良いと思います。 また、業態的にも弱いということはないと思いますので、悪くないと思います。 さらに、公開価格は「1000円以下」ですので、買いやすい価格帯で、一定の買いが集まりやすい状況も良いと思います。 それでも初値については「地合い次第」になると思います。 BBスタンスと初値予想 今回のBBスタンスは、不参加の予定でいます。 その理由は、通常なら公募割れするようなIPOではないと思いますが… しかし、今の新型コロナの影響を考えると、安パイを取って不参加が良いと思っています。 とにかく、今の地合いを考えると、厳しい初値になる可能性があると思います。 また、現時点での初値予想は「公開価格前後」と予想します。

次の

【IPO考察】松屋アールアンドディの売上はオムロン次第!? 血圧計腕帯が稼ぎ頭の地味企業!!

松屋 アール アンド ディ

IPO新規承認「松屋アールアンドディ」 このほど「」が、IPOで新規承認されました。 事業内容は「自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売、レーザー裁断機の開発・製造・販売、血圧計腕帯の製造、カーシートカバーの生産など」になります。 松屋アールアンドディは、人々の安全と健康を最大のテーマに掲げ、エアーバッグ・シートベルト等の安全装置縫合システムの開発・製造・販売しています。 また、日々の健康管理に不可欠な血圧測定に用いる、腕帯(センサー)の製造など行っている企業になります。 当選枚数は「7,164枚」と普通程度ですが、吸収金額が少ないので、その点での需要は良いと思います。 また、主要株主には「1. 5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありになります。 そして、上場後に行使できるVC及びSOは少ないので、その点での需要も良いと思います。 会社の業績は、売上は年々延びていますが、利益は「頭打ち」ですので、業績に不安があると思います。 また、オムロン向けの売上が大半をしめており、オムロン依存の会社になります。 そこで、オムロン次第で良くも悪くもなる会社だと思いますので、メリットもあればデメリットもあると思います。 それ以外では、吸収金額を見ると需要は良く、業績は良いとはいえないと思います。 総評としては、特に大きなデメリットはなく、需要も良いと思いますので、全力でBBに参加する予定でいます。

次の

【7317】自動車用縫製技術に強み!IPO銘柄松屋アールアンドディの初値を予想する。

松屋 アール アンド ディ

IPO新規承認「松屋アールアンドディ」 このほど「」が、IPOで新規承認されました。 事業内容は「自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売、レーザー裁断機の開発・製造・販売、血圧計腕帯の製造、カーシートカバーの生産など」になります。 松屋アールアンドディは、人々の安全と健康を最大のテーマに掲げ、エアーバッグ・シートベルト等の安全装置縫合システムの開発・製造・販売しています。 また、日々の健康管理に不可欠な血圧測定に用いる、腕帯(センサー)の製造など行っている企業になります。 当選枚数は「7,164枚」と普通程度ですが、吸収金額が少ないので、その点での需要は良いと思います。 また、主要株主には「1. 5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありになります。 そして、上場後に行使できるVC及びSOは少ないので、その点での需要も良いと思います。 会社の業績は、売上は年々延びていますが、利益は「頭打ち」ですので、業績に不安があると思います。 また、オムロン向けの売上が大半をしめており、オムロン依存の会社になります。 そこで、オムロン次第で良くも悪くもなる会社だと思いますので、メリットもあればデメリットもあると思います。 それ以外では、吸収金額を見ると需要は良く、業績は良いとはいえないと思います。 総評としては、特に大きなデメリットはなく、需要も良いと思いますので、全力でBBに参加する予定でいます。

次の