セル モーター 回ら ない。 トラックのエンジンがかからない?確認しておくべき点と原因・対処法|中古トラックの販売・買取なら上野自動車

これを読めばすべてわかる!セルモーターの仕組みから故障の修理方法まで

セル モーター 回ら ない

車で出かけようとした時や、出先で車を駐車してからまた動かすときなんかに、 エンジンがかからないと焦りますよね? とゆう事で。 今回は、• セルモーターが回っていない・・• エンジンがかからない・・・• もしかしてバッテリー上りか?・・ そんな時に、ざっと原因を調べたり、応急処置をしたりする方法についてまとめてみたいと思います。 プッシュスタートってキーでのエンジンスタートと違うのか? 実は私が今まで乗ってきた車は全て、「鍵」をさして、回してエンジンをかけるタイプばかりでした。 ところが、最近の車はほとんど、ボタンを押してエンジンをかける「プッシュスタート」が採用されていますよね? それって、今までの仕組みとは違うのかな?とゆう疑問がありましので、ちょっと調べてみました。 すると、基本的には一緒のようで、プッシュスタートも今までのようにセルモーターが回ってエンジンをかけるとゆう仕組みとのことですので今回の情報もある程度参考にはなるかと思います。 セルモーターが回らない場合の原因と対策方法 セルモーターが回っていないような気がする・・エンジンがかからない・・なんて状況に急になってしまうと焦ってしまいますが、慌ててもしょうがないのでじっくり車をみていきましょう。 あきらかにセルモーターが回っていない、バッテリーが上がっているなど、はっきりと原因が特定できれば良いのですが、原因がなんだかよくわからないと不安になりますよね? うっかりミスはないか? ちょっと急いでいる時や、普段と違う車を運転することになって場合などに、 「あれ?エンジンがかからない・・」 なんて場合は、そもそも故障でもなんでもなかった・・なんて事もよくある話です。 ギアがP(パーキング)に入っているか? シフトレバーがしっかりPの位置にないとエンジンがかからないとゆう場合もありますので、確認してみましょう。 MT車で、ブレーキとクラッチをしっかりと踏み込んでいるか? こちらも、安全上の理由から、しっかり両方、踏み込んでいないとエンジンがかからないとゆう事があります。 ハンドルロックがされたまま。 ハンドルロックがされたままで、エンジンがかからない場合も考えられますね。 普段、ハンドルロックを使わないとゆう方も、車からおりる際に、足がハンドルにぶつかって、たまたまハンドルロックがかかっていた・・なんて事もありますので。 スマートキーの電池残量が無い・少ない場合 最近のスマートキーシステム(車のカギを持っているだけで、ドアの開閉、エンジンの始動ができる)の場合、カギの内臓電池の残量が少なかったり、まったく無くなってしまった場合にエンジンをかけられない事があるようです。 カギの電池が弱まっている場合は、カギから発せられる電波も弱くなり、電波の届く範囲が狭くなっていてエンジンがかからないといった事もありえますので、 ポケットやカバンからカギを出して、スタートボタンの近くに持って行ってエンジンをかけてみる・・とゆう方法が有効な場合があるそうです。 車によって、車両側の電波受信位置が違ったりしますので、スタートボタン以外の場所の可能性もあります。 これで、エンジンがかかるようでしたら、早急にディーラーなどで、カギの電池を交換してもらいましょう。 バッテリーが上がってセルモーターが回らない セルモーターが回らなくてエンジンがかからないとゆう場合のほとんどの原因はこのバッテリー上りなんじゃないかなって思います。 バッテリー上りって自分も何度か経験した事がありますし、知り合いにも多いですもんね。 ヘッドライトやオーディオが作動していても、ダメな場合も エンジンをかける時にセルモーターを回すための勢い・バッテリーの容量は十分な力が必要であるとゆう事です。 例えば、ヘッドライトもついて、同時にクラクションを鳴らせたとしても、セルモーターを回す力がない、つまりエンジンがかからない場合があるんです。 バッテリー上りを音などで判断 エンジンをかけるためには、十分なバッテリー容量が必要とゆう事で、今自分の車のバッテリーの状況はどんな状態なのか?とゆうのを段階的に書いてみます。 「鍵を回して、エンジンをかけるさいに、なんだかセルモーターが回る音・回転が遅い」と感じたら、バッテリーが弱ってきているかもしれません。 そして、エンジンがかからない・・となってくると、 キュルン〜キュルン〜キュルン〜といった感じで波打つような感じに聞こえると思います。 こうなったら、バッテリー交換が必要でしょう。 そこから、もっとセルモーターが回る力・音が弱まっていき、インパネの警告ランプも消えたり、ついたりといった感じになり、最後は 「カチカチ」とゆう音だけになり、最終的にはうんともすんとも言わず、ライトなども点灯しなくなるといった感じではないでしょうか。 救援車を呼ぶ バッテリー上りの場合は、ヘッドライトをつけっぱなしにしていた・・など思い当たる事があったり、症状もなんとなくわかりやすいと思います。 バッテリーが上がってしまった場合は、別の車のバッテリーと自分の車のバッテリーをブースターケーブルでつないで復活させるのが一般的でしょう。 ただ、深夜で誰も呼べない・・車を持っている知人がいない・・遠い場所に来ているといった場合はどうしましょう。 ガソリンスタンドを探して救援してもらう ガソリンスタンドが歩いていける範囲にありそうでしたら、そこで救援を求めてみるのが良いと思います。 24時間営業で店員さんがいる事が多いですし、ガソリンスタンドでは車の点検サービスを行っている所が多いので力になってくれます。 そのお店・店員さんによって対応はまったく違った物になってくるとは思いますが、結構頼れる事が多いです。 JAFを呼ぶ 他に頼る手段がない時は、JAFを呼べば確実です。 会員でない場合は、• 昼間:8時〜20時で12880円• 夜間:20時〜8時で14940円 となっているようです。 また、バッテリー本体を交換する場合は、バッテリー代金が実費でかかり、JAFが高速道路を使って来る場合は、その高速料金も別途かかります。 こうゆう時って、JAF会員になっておけばよかったって思いますよね。 セルモーターの故障や接触不良 バッテリーは十分にあるのに、セルモーターが回らないとゆう場合は、セルモーター自体の故障や、それに関わる配線の接触不良などが考えられます。 バッテリー不良とスターターモーター不良の見分け方 鍵を回しながら(イグニッションキー)、ヘッドライト点灯・クラクションを鳴らすを行う。 その時に、ヘッドライトの照度や、クラクションのなり方に変化があれば、セルモーターに通電している事になります。 それなのに、セルモーターが回転していないとゆう場合はセルモーター本体の不良の可能性があるとゆうことです。 また、ヘッドライトの照度などに変化が無く、セルモーターが回転しない場合は、本体不良の他に、周辺回路の接触不良などが考えられるそうです。 こういった場合の対策方法としては、MT車の場合は 「押し掛け」や「牽引スタート」などの方法があります。 以前に、下り坂を利用して押し掛けをしたことがありますが、やはりある程度人数(その時は3人いました。 )が必要ですし、牽引もそうですが、慣れないと危ないですしあまりおすすめはしません。 車の整備に詳しくない場合は、おとなしくJAFを呼んだり、任意保険のロードサービスを使うなりした方が良さそうです。 メーカーによって呼び方が違うようです。 インヒビタースイッチ• ニュートラルスタートスイッチ• ATセーフティスイッチ など呼び方は様々なようです。 症状として、セルモーターの回転がまったく無いといった感じでエンジンがかからないようです。 キュルキュルとゆっくりでも鳴る場合は他の原因かもしれません。 こちらも、安全装置の故障なので、プロに修理依頼が確実ですね。 ちょっとおもしろい応急処置動画がありましたのでご紹介しておきます。 バッテリーはOKなのにエンジンがかからない時の裏技! バッテリー上り以外では、パーツ交換などの修理が必要になりがち セルモーターが回らないとゆうと大体バッテリー関連のトラブルが多く、その場合は、そこまで高額にはならない事が多いですが、例えば、 オルタネーターの不良であったり、上で説明したような別の原因であれば、修理が必要になってくるでしょう。 その場合、割と高額になりがちです。 調べてみますと、セルモーターの交換一つとっても、車種・状況によって結構、幅がありました。 また、こういったトラブルが起きる車の特徴として、ちょっと古い車である場合が多いと思います。 私も、実際そうでしたし、修理費用が中古車の購入費用より高くなってしまうといったケースもよくありました。 そういった場合は、 「乗り換える」とゆうのも一つの選択肢かな・・なんて思います。 で、もし乗り換える場合は、 たとえ古い車や故障車でも、しっかり現金化して次の車の購入資金にあてるなりするのが正解です! こちらが参考になるかもです。 関連ページ 燃料フィルターの詰まりによる症状や対処方法、また交換時期の目安や工賃などの費用、自分での交換方法や応急処置について調べてみました。 車で走行中にいきなりエンスト・・そのままエンジンがかからない・・・原因は燃料ポンプの故障でした。 その時の症状や、交換・修理費用などまとめてみました。 車の下の地面に濡れたあとが・・雨もふっていないのに、もしかしてオイル漏れかもしれない。 放置したらどうなる?本当にオイル漏れか確認したい、修理したらいくらくらい?などの疑問について調べてみました。 スペアタイヤの搭載義務がなくなったので、最近の車にはスペアタイヤがない事が多いですね。 代わりに修理剤がついてくる事が多いようですが、中古車の場合や両方ない場合はどうなんでしょうか? スペアタイヤの交換方法のおさらいと、いざとゆう時のために、空気圧の点検や速度や走れる距離といった知識を前もって知っておくと安心だと思います。 車をこすってしまったりぶつけてしまっりして、塗装がはがれたり、傷ついた部分をDIYで塗装して安く仕上げたい!って考えた時に、実際どれくらいの費用が必要か調べてみました。 車の点火プラグを交換するにあたりかかる費用と、オートバックスなどに頼んだ場合の工賃を調べてみました。 またDIYできるのかについても書いています。 バンパーをこすってしまったり、飛び石などでついて傷をタッチペンで補修しようと思っていたり、うまくやる方法をお探しの方に、以前の失敗を元にまとめてみました。 ラジエーターキャップの交換について、効果や役割について社外品ってどうなのか?外し方や液漏れ後の対処、寿命について調べてまとめました。 車のバッテリーの交換時期やタイミングってどのくらいかな?急なバッテリー上りは大変ですよね?そうらなないために効率的なバッテリー交換の時期を調べてみました。 タイヤの側面のひび割れや傷が目立ってきたけど、次の車検に通るのか?またバーストなど危険があるならすぐにタイヤ交換したほうが良いのか?調べてみました。

次の

車のエンジンかからないでカチカチ音がするときの原因と対処法

セル モーター 回ら ない

考えられる原因• ヒューズ切れ【1%未満】 バッテリーが生きててもヒューズが切れてたら電気を途切らせてるのでモーターもウィンカーも動かない。 ただしヘッドライトの電気はバッテリーではなくエンジン連動なのでつく。 しかしウィンカー、ブレーキランプも付くので違う。 セルモーターの寿命【1%未満】 コイル横の電磁石の摩耗。 9%の原因。 以上の事からまずはバッテリーのチェックからです。 整備表によるとかれこれ3年半使用してます 笑。 ただし! 一つ事象で気になるのが「ポンッ」と音がした事なのですが、何だろ???というのはありますね。 まずは現象を再確認。 故障の現象の再確認 キーをONにしてセルを回すも回らない。 この時ウィンカーブレーキランプも点灯しない。 キックをするとエンジンがかかりヘッドライトが点灯。 (ヒューズ切れではない事が分かる) これで確認が出来たので、もうバッテリー故障でほぼ確定です。 保護回路作動ランプ点灯でこれ壊れてます。 しかし昨日まで普通にOKだったのですけどね確かにバッテリーは安物使用してます。 DRC-300は価格の割に機能抜群に良いので、サルフェーション除去機能とブーストモードがついているので設定ボタンを長押しして運が良ければ復活します。 もう古いバッテリーなので完全復活とはいきませんし公式ホームページでも効果が無い場合もあります。 と書かれています。 が、復活せず。 こちらは一回バッテリーを外して、ワニクリップで直繋ぎしてみます。 ACDelco エーシーデルコ のバッテリーに繋いでみます。 こちらは車屋さんなどが使用する充電器レベルです。 「エラー3」と表示されダメですね。 通常の充電モードではエラーの為できません。 なので、このバッテリー充電器のメンテナンスモードで復活を試みます。 こやつは「 強制的にメンテナンスモード」にできます。 通常モードの場合、今何%充電完了と出るのですがメンテナンスモードの場合は、この横棒みたいな表示になります。 とりあえず古いバッテリーの復活はこのまま試しながら新しいバッテリーに交換します。 結果:セルが回らなくなった原因と修理 原因結果 原因は何らかの原因でバッテリーが壊れたとしか言いようがありません。 ポンッという音がしたので軽い爆発でしょうか。 いやいや。 確かに水素ガスが発生しますが蓋が開いて漏れて引火したらポンッでは済まないかと。 しかし分かるのは「 バッテリーの故障」ということは断定出来ました。 修理方法 バッテリーの交換で直ります。 トゥデイAF61のバッテリー交換方法はこちら。

次の

バイクセルモーターが回転しない | エンジンオイル屋

セル モーター 回ら ない

バイクの多くはセルモーターでエンジンをスタートさせます。 つまりセルモーターが動かないとエンジンをかけることができなくなります。 セルモーターはどこにある? バイクによってセルモーターのついている場所は違います。 単気筒エンジンの場合は、エンジンの前側に取り付けられているケースがよく見られます。 セルモーターが動かなくなる理由の多くは、モーター本体ではなく、関係する部品であることがほとんど。 そこで今回はセルモーターが動かないトラブルと対処方法について説明することにしましょう。 一番の原因はバッテリーあがり セルモーターが回らないというトラブルで一番多いのはバッテリーあがりです。 何年も交換せずにいるとバッテリーが弱ったり、長い期間乗っていないと放電してしまうこともあります。 弱々しくセルが回ってすぐに止まってしまうとか、キーを入れた時ついたニュートラルランプが、セルボタンを押した瞬間、暗くなるというのはバッテリーが弱っている証拠。 セルボタンを押した瞬間、サイドカバーあたりから「カチッ」「ジジジ」という音がするときもバッテリーの電圧が弱っている時。 これ、セルモーターリレーだけ動いて、セルモーターを動かす力がなくなっているんです。 こういう場合は、バッテリーを充電するしかありません。 まずヒューズをチェック キーを入れた時、何の電気もつかない場合はメインヒューズが切れている可能性があります。 ヒューズボックスを空けてヒューズが切れていないかどうかを確認してみてください。 ヒューズボックスの位置はバイクによって違いますが、ネイキッドタイプのバイクであればサイドカバーの中やシートの下にあることが多いです。 もしもヒューズが切れていた場合は、予備に交換します。 多くの場合は、予備ヒューズが一つは入っているはずです。 ただし、ヒューズが切れた原因が他にある場合(ショートしているとか)は、ヒューズを交換してもまたすぐに切れてしまう可能性もあります。 電極の緩み キーを入れた時は明るくニュートラルランプがついていたのにセルポタンを押した瞬間、カチッと小さな音がして(しない時もある)、ニュートラルランプが消えてしまう時があります。 ヒューズ切れと症状が似ていますが、もしもヒューズが切れていなかったとしたら考えられるのはバッテリー端子のネジが緩んでいること。 この場合はネジを締め込むだけで元に戻ります。 旧車に多いセルボタンの接触不良 キーを入れてニュートラルランプなどは明るく点灯するのにボタンを押してもセルモーターが動かない場合、考えられるのはセルボタンの奥にある電極が接触不良を起こしていること。 接点復活剤か、なければ代用で防錆潤滑剤などを吹き付けてみてください。 旧車では時々見られるトラブルです。 古いバイクにはリレーのトラブルが出ることも これが壊れてしまうとセルは回りません。 普通のバイクではあまり壊れないところですが、旧車などに乗っているとリレーが壊れることもあります。 リレーが壊れてしまったら交換するしかありませんね。 いかがでしょう? セルモータートラブルは簡単なことで回復することもあるので覚えておいても損はないと思います。 出先などでセルモーターが回らない場合、押し掛けという最終手段もありますが、これはまた説明すると長くなるのでまた機会があった時に。

次の