ガンプラ の 山 を 崩せ。 ガンプラの山を崩せ レビュー置き場

ガンプラの山を崩せ レビューリスト 作った物一覧

ガンプラ の 山 を 崩せ

ガンプラ HGUC シュツルム・ガルス• Dモードのユニコーン 何故か711カラー と比較している• ズサ、ギラ・ズール、ジェガンとの絡みは無し• 重機っぽいTB版の旧ザクカラー 糞山談 にて製作 ゼータプラス ユニコーンVer. またもや711カラーユニコーンと比較• ジェスタ・キャノンとの絡み無し ギャン(REVIVE) パクリ慣れているサイトからパクれないことで焦って左右の足をつけ間違えるという大失態を晒す。 いつもならスレで指摘されても修正しないがアクセスの大半を依存しきっている早耳ガンプラ情報局のコメントでも指摘されたために対応せざるをえなくなり 翌日一日中引きこもって写真を撮り直した。 HGIBO シュヴァルベグレイズ(ガエリオ機)• ノーマルのグレイズとの比較無し• マクギリス機との比較無し(以前に塗装して完成させており、新しく買う金は無い為)• 左腕のクローをバルバトスに装備させた「ちゃんとした第3形態」の写真無し• 劇中再現及び他のキットとの絡み無し(唯一、キマリスのみ登場) HGCE フリーダムガンダム フリーダムはシールも貼ってないパチ組なのに付録だけ塗装するという奇行に走ったレビュー。 唯一の武器である「暇な時間」を活用して自身の優位を示そうとしたのであろうが結局は他サイトをパクることしかできない劣等感の裏返しにしかならなかった。 もちろん劇中再現が被るはずのないオリジナル物なのにポージングは全て先にレビューしていた他サイトと被っていたことは言うまでもない。 ROBOT魂 オージェ• 劇中では両手でやっていたスロウランサー投擲を片手でしかしておらず、見ていない事を露呈• エルガイムはただ並べるだけで対決の再現などはなく、武器を丸ごと紛失した可能性アリ• バッシュに付属のパスターランチャーを持ち出しているが、バッシュ自身は影も形もない為武器だけ残して処分済みの可能性が浮上 ドラグナー1カスタム• サイズの大きい魂SPEC版を縮小した画像で表示しROBOT魂版とのサイズ差をわからなくするという奇行に走ったレビュー• 魂SPEC版のスローインボムとレーザーソードの紛失も確認。 ギルガザムネも処分済みの可能性大。 Zガンダム• ZZはともかく、「最近発売された」からとX2改とも比較する意味不明なレビューとなっている• ポーズもなんだこりゃと思わせるものが多数あり、糞山の素晴らしいポージングセンスを堪能できる ガンダムF91(ハリソン・マディン機)スカルハートVer. 作品知識も劇中再現も旧ハリソン機やX1スカルハートと並べた写真の1枚もなく全く興味がないのに巡回目当てのみの為に買ったことを自白• 挙句の果てにビームランチャーの腰マウントパーツを付けたままポージング(といってもパクリだが)をするという愚挙に及び目と脳に深刻な障害があることが判明する• (参考画像、、) ドラグナー2カスタム MPをバルカンで威嚇するといった名場面でもないピンポイントな再現をパクった上にGディフェンサーとの合体といった これまたどうでもいい遊びまでパクって久しぶりにパクリ厨であることを全力でアピールしたレビュー。 またトップ画像でまるで2個買ったかのような写真を載せているがこの貧乏人にそんなことできるはずもなく単なるRGを使った誤魔化しだった。 METALBUILD ガンダムアヴァランチエクシア ウェポンプラスパック• 数量限定に釣られて買っただけで最初から売ると決めてるから普段以上にやる気が無い転売ついでの糞レビュー• エクシアは売却済み、説明書すらまともに読んでおらずギミックを解説し忘れるなどレビューサイト運営者としての本質が明らかとなった S. フィギュアーツ 仮面ライダー龍玄 ブドウアームズ• 変身中の鎧武への不意討ちシーンをパクるも、鎧武は棒立ちでシチュエーションを全く理解していない。 この時点で鎧武を見ていないのがバレバレ• 鎧武、バロン、斬月の4人を並べた画像の配置がパクリ元とまるで同じ 仮面ライダー鎧武 ジンバーレモンアームズ• 珍しくパクらずレビューすることに挑戦するもwikiに書いてる情報を元にした再現しかできず他のサイトがどこでもやってる2刀流、キックを1人だけやらずじまい• 物語上もっと大事なカチドキアームズは真っ当な色で撮影できる自信がないので飛ばすというヘタレっぷりも嬉しい所 ストームトルーパー• プラモの時は2個買いして組み合わせる発想がなくアーツの時は2個買いする資金もなかったが、どうしてもアーツを2個使ってレビューしているパクリ元の真似がしたくなり 劇中のドラゴンが光線状の炎を吐く技を勘違いして全く合ってない爆発エフェクトを使う。 ベルトの向きもめちゃくちゃな上にパクるにも難易度が高かったようで普段にも増して酷いポージングが多数見られる。 超像可動 空条徐倫• 常に青補正をかけまくる撮影方法が仇となり肌色がゾンビのように気持ち悪くなった例• 主人公だというのに再現の1つもなく単調なポーズで水増しばかりし作品知識のなさを露呈• ストーンフリーの塗装不良を放置したままで如何に作品や玩具に対する愛着がないかがわかった事例の1つ リボルテックタケヤ figma 井之頭五郎• 珍しくパクリに頼らずやったが、原作を読んでいれば知ってて当たり前の表情パーツの使い道がわからず原作未読なのに知ったかをしていたことが判明• 結局パクリに頼らないと一人では何もできないことと平気で嘘をつく本性が明らかになっただけだったのも嬉しい所• ネタアイテムとして模型裏でも遊び倒されてる玩具なのにワンパターンの魂エフェクトくらいしか思いつかず発想の貧困さも露呈 その他 GUNDAM COSMIC LIGHT• 普段全く手を出さない食玩まで買ってきたことで己の困窮事情とどれだけ巡回に依存しているかを自白することとなった 笑える画像集.

次の

糞山迷言集

ガンプラ の 山 を 崩せ

0 レビュー Ver2. 0として再びMGでキット化された百式。 価格は7,344円です。 付属品はビームライフル、クレイバズーカ、サーベル刃、クワトロフィギュア、交換カメラアイパーツ、スタンドジョイント それにバリュートパックジョイントが付属。 ランナーの都合でパイロット一式、バズーカ弾頭パーツ、アンテナパーツが余ります。 付属のシールはカメラやセンサーを補うホイルシールとマーキングシール&転写式のガンダムデカールが付属します。 Ver2. 0としてリニューアルされた百式。 完全新規のキットで金色はメッキ仕上げ。 関節の一部は関節プラが使われているABSレスキットとなっています。 キットのメッキはつや消し気味のメッキで淡いゴールドになっています。 高級感もあり極端なギラつきもないのでかなり格好良い色味に感じました。 金色のパーツは大部分がアンダーゲート。 サーベルなど一部を除きゲート跡がかなり目立たなくなっているので見栄えも良いです。 スタイルは腰や足などが細身になりスラリとした姿。 ディテールも増えていてバインダー周りなどはより密度が増しています。 頭部アップ。 カメラアイはクリアパーツで上からシールを貼ります。 ダクト類は開口され合わせ目も出ない凝った分割でした。 カメラアイは交換する事で走査線が入ったものやデュアルアイの目パーツもあります。 走査線パーツはノーマル同様クリアパーツの上にシールですが デュアルアイパーツはクリアパーツで後ろ側にあるデュアルアイが透ける形。 どちらのパーツもモールドがありました。 カメラアイは頭頂部のパーツを外して交換するので簡単に差し替えできます。 立ちポーズのクワトロフィギュアも付属。 コクピットは両脇の金色の装甲を開いてから開閉します。 バックパックはノズルの内側まで別パーツ。 バインダーは複合ジョイントで接続されています。 サーベルラックは上下に可動しサーベルを2本セットできます。 バインダーはジョイントのおかげで自由度が高く、開くような動きも可能。 もちろんバインダー自体も中央部分で曲げられます。 肩はジョイントのせり出しが可能。 球体ジョイントなので見栄えも良いです。 腰アーマーは全て独立可動し裏側のフレームパーツも再現されています。 メッキパーツは個体差もあると思いますが自分の物はウェルドライン?のようなものが所々にあり、角度によっては結構目立ちます(左の写真だと肩部分です) それと上腕など一部のパーツはメッキが薄めになっている所がありややムラも見受けられました。 手首は指の付け根がボールジョイント可動。 親指以外の4指の第一関節も可動します。 股関節は軸が上下に動くギミックがあります。 足は膝の装甲が独立しています。 ムーバブルフレームも一部開口されディテールが細かくなっていました。 フレームのシリンダーは可動します。 説明書によると脚部はデルタガンダムの設計案通りの構造なそうで画像のように折りたためるようになっていました。 脹脛のカバーは可動。 足裏などの目立たない所にもディテールがしっかりあります。 可動範囲は柔軟で肩と腰は引き出し可能。 腕も肘の他に前腕部分でも曲がり腰も前後左右にスイングできます。 バインダーの軸もずらせるのでかなり動かしやすいです。 脚部も股関節軸のスイングギミックのおかげで脚も上がりますし 膝も180度近く曲がります。 接地性も十分でした。 バックパックにはライフルとバズーカを取り付けできます。 人差し指の付け根はトリモチランチャーが別パーツで再現されています。 ビームライフルは複雑な分割で合わせ目も出ませんし色分けも完璧。 武器類は武器と手双方にあるピンで接続するので安定した保持が可能です。 クレイバズーカはマガジンが取り外し可能。 中の弾頭も造形されています。 MGでパーツは多めですが特に外れやすい所もなくメッキキットですがつや消しメッキなので指紋なども気になりません。 ビームサーベルはイエローのクリアパーツ。 2本付属していてこちらもピンがあり手からポロリする事はありません。 MG百式は積んでしまっているので以前組んだMk-IIのVer2. 0と 同じ2. 0でも頭身は結構違う印象があります。 ジョイントパーツを使えば百式&バリュートパックセットやプレミアムバンダイで受注されているバリュートパックを装備できます。 こちらは百式&バリュートパックのバリュート。 一部ジョイントを交換する必要があるので接着しているような場合交換は厄介かも。 以上MG 百式Ver2. 0 レビューでした。 自分の物はややメッキにムラがある所がありましたが色味自体は落ち着いた上品なメッキで凄く格好良い色だと思います。 可動範囲も凝った構造で肩の引き出しや前腕の可動などより動くように工夫されていました。 各所の開口され中のフレームや銀のパーツが覗く装甲やより複雑なディテールが加えられたバインダーなども見応えあります。 もちろん金色のパーツの大半はアンダーゲートになっていますしMGならではの凝った分割で合わせ目も出ないのでそのまま組んでも見栄えの良い出来でした。 MG 百式 Ver. 0のレビューです。 Ver. 0ということで今風の小顔で足が長い細身なスタイル。 金色はHDカラーに近い落ち着いた色のメッキで再現。 フォルムやマスクの形など百式らしいシャープな印象に。 ダクト部分もしっかり開口。 カメラアイの黒はクリアの上からシールを貼る方式。 メインカメラもシールを貼ってますが下は無色のクリア。 頭頂部は外せるようになっており簡単に他のカメラアイに交換可能。 こちらはアップになると強調される赤目のデュアルアイ。 元々基本はこの状態なのでこちらはクリアのカバーを被せるだけ。 走査線の入った状態。 こちらは基本の真っ黒と同じくクリアの上からシール。 各部位など。 青い部分は普通の成型色。 0ということで少し細身になってますがアレンジなどは特に無し。 コックピットは開閉可能。 腰回り。 この辺も開口されてるのでスミ入れなしで黒も再現される仕様に。 なおメッキ部分は大半がアンダーゲートでした。 腕や足。 この辺は特に以前との違いが目立つ部分で両方今風の細長いスタイルに変化。 手首は親指、人差し指、他3指が可動するタイプ。 コロニーの穴を塞ぐのに使ったトリモチ発射口まで再現。 ビームサーベルはリアアーマーにマウント。 フレキシブルバインダーは基部が4箇所可動するので名前の通り自由に動きをつけることが。 下側の羽も可動。 可動も一新されており首周り、腰のスイング幅など非常に広く肘、膝なども180度近く曲げることが。 前腕中央部も可動。 肩と股関節は引き出し式。 接地性も完璧で可動に関してはMGの中でもトップクラスだと思います。 肩は大きく引き出せる上に球体関節が回転もするので上にも下にも曲げることが。 股関節も引き出し。 よくあるスライド型じゃないので扱いも楽。 またデルタガンダムの設定もフィードバックされて膝は可変機のように折りたたみが可能に。 オプション。 右上のパーツ群は別売りのバリュートパック取り付け用。 クワトロのパイロットフィギュア。 今回ランナーの都合上予備が1つずつ付きます。 デカール。 フル装備状態。 ビームライフル。 MGなので色分けなどは完璧。 専用の持ち手はなく可動指を使って保持させる仕様。 クレイバズーカ。 保持の方法はこちらも同じ。 なおライフル共に保持用のピンは可動式で左右両方で持てる形に。 マガジンは取り外し可能で弾もきっちり色分け。 余剰パーツとして弾はもう1つ付属。 ライフル、バズーカ共にバインダーにマウント可能。 バインダーの位置が調節出来るので干渉もなし。 旧版のHDカラー百式と。 かなり古いこともありプロポーションなどは大きく変化。 色も若干薄めでした。 Z、mk2の2. 0版と。 サイズは変わってないのでmk2とほぼ同じ。 なおmk2は引越し時に行方不明になったのでビルドのを使用。 適当に何枚か。 可動も一新されてるのでどこも非常によく動き関節の接続もしっかりしてるのでどこかが抜けたりといったこともなし。 バインダーも細かく位置が調節出来るので肩と干渉するようなこともなかったです。 股関節は引き出し式でリアアーマーも後ろに動くのでドダイに乗ってた時のような膝立ちも違和感なく再現可能。 クレイバズーカ。 武器の保持は持ち手があった方が楽だった気もしますがピンがあるので特には問題なかったです。 小振りなので脇に抱えて持つことも可。 武器のピンは左右両方に対応してるので両手で持つことも。 散弾ではなあっ!の時の撃ち方。 持ち手はいいにしてもやはり握り手と平手はあった方が良かった気も。 ビームサーベル。 肩周りも柔軟なので大きく振りかぶるような動きも問題なし。 腰も回るので振る動きも自然に。 前腕中央も動くので角度なども調節しやすいです。 個人的に百式といえばクワトロさんが1機だけで狼狽えながら戦う湖畔の回が妙に印象に残ってます。 終わり。 以上、MG 百式 Ver. 0のレビューでした。 Zとmk2のVer. 0に比べるとかなり遅くなりましたがその甲斐あってプロポーションなど今風でZの2. 0と並べた時の相性も良く、メッキもHDカラー版に近い落ち着いた色味で理想的な百式に仕上がってました。 可動も肩や股関節の引き出しをはじめ各部最新の技術が盛り込まれた作りになってるのでどこも非常によく動いて遊びの面でも申し分なかったです。 RE100の方ですが6月にはタイミング良く同スケールのディジェも発売されるということでそちらにも期待です。

次の

RE/100 ナイチンゲール レビュー〔ガンプラの山を崩せさん〕

ガンプラ の 山 を 崩せ

1.ガンプラを買い過ぎる 2.ガンプラを作る時間がない 3.新商品が発売するスピードが速すぎる 詳しく解説していきます。 1.ガンプラを買い過ぎる まずはガンプラを買い過ぎることです。 よくあるのが、ネット通販による購入です。 そのため、MGでもかなりリーズナブルに購入できます。 ネット通販だと誰でも簡単にポチるだけで、注文出来るので、ついつい買い過ぎてしまいます。 実店舗でも、決算セールやワゴンセールを目にしたらついつい購入してしまいます。 安いと買い過ぎてしまうことがあります。 2.ガンプラを作る時間がない ガンプラを作るにはそれなりに時間が必要です。 HGを素組みしても2~3時間、MGだと10時間くらいはかかるのではないでしょうか。 子供の頃だとたくさん時間があったのですが、いざ大人になるとガンプラを作る時間はそんなにありません。 週末モデラーでも、週末に色々予定が入ったり、仕事になったりで時価何がとれません。 さらに子供が生まれたりすると子育てや幼稚園への送り迎えなど、MAXに時間がなくなります。 欲しくて買ったガンプラでも作る時間がとれないと完成しません。 3.新商品が発売するスピードが速すぎる 実は新商品が発売するスピードがめちゃくちゃ速いです。 だいたい毎週末に新しいガンプラが一般発売されています。 さらに一般発売だけでなく、プレミアムバンダイでも新商品が続々とリリースされていきます。 欲しいものだけをポチッていくだけでも、1ヵ月に複数のキットを購入してしまいます。 複数のキットを購入しても作る時間がないので、さらにガンプラの山は高くなっていきます。 ガンプラの山があるメリットとデメリット ここからはガンプラの山があるメリットとデメリットを解説します。 1.ガンプラの山のメリット ガンプラの山があると、非常に安心感があります。 ガンプラを趣味にしていると、ふとした拍子に作りたいと「あのガンプラ作りたい!」と思うことがあります。 そんなときに、手元に「あのガンプラ」が積んであると、注文する必要もなく、買い物に行く必要もなく、すぐに作れるので安心です。 さらに、その日の気分に合わせて、ガンプラを選んで作ることが出来ます。 まるで家が自分専用の模型屋さんになったような心地がします。 2.ガンプラの山のデメリット ガンプラの山は、非常に場所を取ります。 ガンプラの箱って結構かさばるので、積んでいくと壁一面ガンプラになったりします。 クローゼットにしまっても洋服が入らなくなったりと、とにかく場所をとります。 さらに、 ガンプラを積みすぎると、結局どのガンプラを買っていたか分からなくなり同じものを購入したりします 笑 あとは、妻や恋人から煙たがられるので要注意です。 ガンプラの山の崩し方 ガンプラの山を崩せというサイトがあるように、ガンプラの山を崩すことは至上命題です。 ガンプラの山の崩し方は次のとおりです。 1.ガンプラを作る時間を生み出す 2.ガンプラをプレゼントする 3.ガンプラを売る 詳しく解説していきます。 1.ガンプラを作る時間を生み出す ガンプラの山を崩すには、組み立てていく時間が必要です。 私の知人には、 ガンプラを作るために朝活している人がいます。 朝早く起きて、30分とか1時間をガンプラ制作の時間に充てています。 あくまで本人は楽しむためにやっています。 本を読んでもいいし、映画を観てもいい、ガンプラを作ってもいいという時間を毎日決まった時刻でとるようにしてガンプラを少しずつ作っています。 やり方はそれぞれですが、ある程度ルーチンワークとしてガンプラを作る時間があると、どんどんガンプラの山は崩れていきます。 2.ガンプラをプレゼントする もしガンプラを作る時間がどうしてもとれない場合は、ガンプラをプレゼントしてみてはどうでしょうか。 さすがに知らない人に配るとおかしいので、 同僚や親戚の子供、甥っ子や姪っ子にタダでプレゼントしてみると喜ばれます。 その他、休日、模型屋さんとかに行くと、プラモデルが好きな子供が集まってたりします。 最近はミニ四駆が流行っていますが、そういった子供たちにプレゼントするのも良いかと思います。 あくまで不審者と間違われないようにご注意ください。 3.ガンプラを売る ガンプラを作る時間も、プレゼントする相手もいないよ、という方はガンプラを売ってみるのはどうでしょうか。 積んでしまったガンプラは結局いつまでも作る気にならないことが多いです。 一旦、クリアするという意味でも、売ってみることをおすすめします。 きっとあなたが売ったガンプラは、他の作りたい人の元へ届くので一石二鳥です。 ガンプラを高く売る方法は「」で紹介していまうので参考にしてください。 まとめ いかがだったでしょうか。 ガンプラの山を眺めながら、「積むなら買うな」という名言が頭をよぎることもあります。 しかし、カッコいいガンプラが出るとついつい買ってしまいます。 それは止めることが出来ません。 もしガンプラの山で悩んでいたら、この記事を参考に崩してみてください。 最後に 最後までお読みいただきありがとうございました。 当サイトでは、他にも「」を紹介していますのでぜひ参考にしてください。

次の