電子 レンジ 臭い 重曹。 電子レンジの焦げや臭い取りはどうしてる?効果的な掃除方法

電子レンジの中の染み付いた臭いが取れない電子レンジの中の染み付いた臭いが...

電子 レンジ 臭い 重曹

電子レンジの燃える匂いを取得する方法 少なくとも一度電子レンジを使用しているときに誰もが事故に遭った。 ポップコーンの袋を燃やしたり、沸騰したスープのボウルを長時間放置したりすると、臭いが気に入らないことがあります。 ただし、臭いを取り除くためにデバイス全体を変更する必要はありません。 電子レンジを新品のように見せて香りを出すために使用できる多くのヒントとコツがあります。 ステップ1 電子レンジ対応のボウルに白ワイン酢を半分ほど入れます。 電子レンジに入れてください。 ステップ2 酢を1杯だけ入れて、電子レンジを5分間オンにします。 酢は臭いを吸収し、これは元の臭いのほとんどを除去します。 ステップ3 5分が経過したら、電子レンジから容器を取り出します。 ボウルと酢は非常に熱くなるので注意してください。 酢を捨て、ボウルを徹底的にすすぐ。 ステップ4 レモンを半分に切る。 電子レンジ対応の容器に入れて、半分ずつ水で切ります。 ステップ5 レモンの少なくとも半分を覆うのに十分な水でボウルを満たします。 ボウルを電子レンジに入れます。 ステップ6 電子レンジを5分間オンにします。 レモンの酸性ジュースは蒸発し、電子レンジの内部を覆うため、悪臭の原因となる残骸を除去しやすくなります。 また、さわやかな香りを提供します。 ステップ7 電子レンジからレモンとボウルを削除します。 ステップ8 カップに水を入れ、重曹を少なくとも大さじ2杯加えます。 スプーンでよく混ぜます。 ステップ9 重曹溶液に歯ブラシを浸します。 電子レンジの内部を掃除し、不要な臭いの原因となる可能性のある残骸を取り除くために使用します。 ステップ10 完了したら、ペーパータオルまたはふきんで電子レンジの濡れた内部を掃除します。 Our Choice 2020.

次の

電子レンジの頑固な汚れ・臭いを除去!簡単お手入れ・お掃除術

電子 レンジ 臭い 重曹

本エントリーの目次• 今回は、電子レンジの簡単な掃除方法をご紹介します! 電子レンジの掃除をしていますか? 毎日の料理に欠かせない、電子レンジ。 でもあまり掃除をしていないなぁ、という方が、実は多いんじゃないでしょうか。 ガスコンロのように汚れがよく見える、というわけではないため、ついつい汚れたまま放置しがち。 ですがこれ、 本当は非常によろしくないんです。 電子レンジ庫内の汚れを放置すると、加熱効率が落ちる! 電子レンジ庫内壁面の汚れを放置すると、 電子レンジによる食材の加熱効率が下がる、というのは以前書いたとおり。 電子レンジは使用しているうちに、庫内の壁面に食材が付着して汚れます。 そして庫内の汚れを掃除せずに放置し、汚れが蓄積すると、電子レンジの加熱効率が下がります。 これはなぜか。 壁面に当たった電磁波は、本来であれば反射され、食材に向かうはず。 しかし壁面に汚れが付着していると、その汚れを温めるのに電磁波が使用されてしまいます。 そのため 食材を温める効率が下がります。 またそれだけでなく、ひどい汚れの蓄積があると、そこから 発火する危険性もあります。 より引用 というわけで、電子レンジの庫内の汚れを放置しておくと、加熱効率が下がるだけでなく、最悪の場合 発火の危険性がある、というわけ。 つまり電子レンジの庫内をキレイに保つことは、見た目がキレイである、という理由以外からも、とっても大切なんです! このは商品名のとおり、 チンしてふくだけでお掃除が可能です。 使い方はまず、洗浄成分が含まれたビニール袋を電子レンジに入れて、1分間チンを行います。 加熱が完了したら1~2分後に、ビニール袋を開けて、中から掃除シートを取り出します。 あとはこの掃除シートで、庫内をくまなくふきふきするだけ。 超楽チン! でもちょっと高い… さて、このとっても便利な電子レンジのお掃除グッズである、。 これには1つだけ弱点が。 それは ちょっとだけお高い、ということ。 3回分で実勢価格が250円前後で販売されていますが、これってよく考えると結構高いんです…。 たとえば週に1回程度の頻度で掃除を行った場合、毎月300円くらいはかかってしまうわけですから。 電子レンジでの加熱に使用可能な容器 耐熱ガラスの計量カップやマグカップなど に、水を200mlほど入れて電子レンジで3~4分加熱します。 そして加熱終了後、そのまま15分くらい放置して、庫内を蒸らします。 こうすることで 水蒸気が汚れに作用して、汚れが取れやすくなるのです。 放置が完了したら、布巾やで庫内を拭き掃除。 これだけで軽い汚れであれば、すっきりキレイになるはず。 布巾を使う場合は、布巾に水を含ませてから、軽く絞って電子レンジで3~4分加熱し、放置後にそのまま拭き掃除に使う、という方法も可能です。 ただ電子レンジの庫内の汚れは油汚れであることが多く、布巾がかなり汚れてしまいます。 そのため、そのまま捨てられるを使う方法が、はるるのおすすめ。 尚、この水蒸気による掃除方法は、軽い汚れには効果てきめんですが、ひどい汚れにはあまり効果がありません。 洗剤を使っているわけではないので、当然と言えば当然ですが…。 そのため日常のお手入れに向く方法、といえます。 では庫内の汚れがひどい時はどうするのか。 重曹とは? 重曹とはこのような製品で、1kg約400~500円ほどで販売されており、身の回りのさまざまな掃除に使用可能な万能掃除グッズです! その最大の特徴は アルカリ性である、という点。 ちなみに重曹と同じく掃除でよく使われるは、酸というくらいですから、もちろん 酸性です。 重曹水による掃除方法 これも超簡単! 先ほどの水蒸気を使用した掃除方法に、 重曹を加える。 たった、これだけ。 まず電子レンジで加熱に使用可能な容器に、 水200mlと重曹を大さじ2~3程度入れて、電子レンジで3~4分程加熱します。 加熱終了後はそのまま15分くらい放置して、庫内を蒸らします。 放置が完了したら、水蒸気の時と同様に、布巾やで庫内を拭き掃除。 こちらの方法でも、もちろんキッチンペーパーを使う方法が、はるるのおすすめ。 なぜ、重曹水が電子レンジの汚れに効くの? 電子レンジの庫内の汚れの多くは、 油汚れなど酸性の汚れ。 それに対し、重曹は先ほど書いたとおり、アルカリ性。 そのため、 アルカリ性の重曹水が庫内の汚れを中和し、その結果落としやすくなる、というわけ。 これについては、にて詳しく書いているので、興味がある方はぜひ併せてご覧ください。 重曹には消臭効果もあるので、一石二鳥! 重曹のもう1つの素晴らしい効果として、消臭効果が挙げられます。 重曹には、酸性の臭い物質を中和することによる、 消臭効果があります。 そのため電子レンジの庫内についた、食品の臭いや油汚れの臭いへの消臭効果が期待できるのです。 重曹はコストパフォーマンスが高い掃除グッズ! 先に書いたとおり、重曹は1kgで約400~500円ほどで販売されており、 非常に安価。 また、電子レンジの庫内の掃除にしか使えない! というわけではなく、さまざまな酸性の汚れに対して、効果を発揮する 万能クリーナーです。 はたしかに手軽で簡単。 ですが節約を考えると、重曹水による掃除の方が、お得度は断然高いです。 そのためはるるのおすすめは、この重曹水によるお掃除。 ポイントは定期的なお掃除! 電子レンジ庫内の汚れは放置すると、食品を加熱する度に一緒に加熱されてしまい、強固にこびり付いて 焦げ付いて しまいます。 そのため庫内の汚れを放置しないことが重要。 これはお掃除全般に言えることですが、 電子レンジ庫内の汚れは焦げ付くので、特に重要です! はるるの場合は、週に1回週末に水蒸気による掃除を行い、月に1回は重曹水による掃除を行うようにしています。 掃除の頻度は、多いに越したことはないんでしょうけど、これだけでも電子レンジの庫内をかなりキレイに保てていますので、良しとしています。 電子レンジの掃除なんてしたことがないなぁ、という方は、ぜひ一度お試しあれ! 補足:電子レンジ外側の掃除にはキッチン用アルコール! 肝心の庫内の掃除ばかり書いてしまっていて、電子レンジ外側の掃除方法を書くのを忘れていました! 電子レンジ外側の掃除は、このようなを使うのがおすすめ。

次の

電子レンジの燃える匂いを取得する方法

電子 レンジ 臭い 重曹

1.電子レンジの悪臭のもと 1-1.飛び散りに注意しよう 電子レンジの悪臭の原因で、最も多いのは食品の飛び散りです。 食品用ラップを使わずに電子レンジを使うなら、食品の水分が飛び散ります。 また、肉などは中の水分が行き場を失い、小さな破裂をおこすこともあるでしょう。 そのため、水分だけではなく、肉片や食べ物の破片が電子レンジの内部にこびりつくのです。 飛び散りは見た目でわかるだけではなく、うすい油の膜のようにはりつくケースもあるでしょう。 掃除をしないなら、取りにくい汚れになって、悪臭の原因となるのです。 1-2.焦げつく前に掃除しよう 電子レンジの内部へ食品が飛び散ったものを放っておくなら、電子レンジ内の壁にこびりつく焦げつきになります。 電子レンジを使用するたびに、その焦げつきはがんこな汚れになるのです。 電子レンジを使用して、ドアを開けた直後に異臭がするなら、焦げつきが原因である可能性が高いでしょう。 がんこな焦げつきは掃除も大変であり、電子レンジの機能効率も悪くなります。 そのため、焦げつく前にしっかりと汚れを取る掃除が大切なのです。 1-3.電子レンジの掃除方法 電子レンジは使った直後に掃除するのがベストです。 簡単な拭き掃除で十分でしょう。 とはいえ、拭き掃除に使うふきんはきれいなものを使ってください。 ふきんに雑菌が多いと、閉めきった電子レンジの中で、雑菌が増える結果にもなりかねません。 ターンテーブルは取り出して、普通の皿を洗うように中性洗剤で洗い、しっかりすすぎましょう。 電子レンジの壁部分には中性洗剤を使ってはいけません。 しっかりと拭き取ったと思っても、すすぎができないなら、十分ではないからです。 そのため、電子レンジを徹底的に掃除するには、次の項目をぜひ参照してください。 関連記事 2.電子レンジの臭いを取る3つの方法 2-1.コーヒーやお茶かすを使おう 電子レンジは定期的に掃除をしても、臭いが染みつきます。 魚や生肉を温めたあとなどに臭いが残ることもあるでしょう。 そのようなときは、コーヒーかすやお茶かすの利用がおすすめです。 ふたをしないで、30秒から1分温めてください。 燃えない程度に温めるのがこつです。 コーヒーかすやお茶かすに含まれている成分が、臭いの中和や臭みの吸収に役立ちます。 コーヒーかすやお茶かすはほかの掃除にも使えるため、捨てずに取っておきましょう。 水分を含まない状態で使う必要があるので、天日で乾かしてから使ってください。 2-2.みかんやレモンを使おう みかんやレモンも電子レンジの臭い取りに便利です。 皮だけを使うこともできますし、輪切りにしたフルーツをそのまま使うのもよいでしょう。 いずれの場合も、事前に乾燥しておく必要はありません。 そのまま電子レンジに入れて1分温めてください。 加熱の強度は温めるレベルを最も低く設定しましょう。 解凍機能では弱すぎるので、温める機能を使ってください。 みかんやレモンの成分が臭いを吸収するとともに、さわやかな香りづけにもなります。 2-3.重曹や酢で仕上げよう 電子レンジの内部を消臭したなら、最後の仕上げは内部の徹底掃除です。 重曹や酢を水でうすめて使いましょう。 きれいな布で重曹水か酢を含んだ水を使い、内部の拭き掃除をしてください。 そのあとの水拭きは不要です。 重曹や酢は防臭効果もあるので、内部をきれいにするとともに、臭いもつきにくくなります。 3.電子レンジの寿命と賢い処分方法 3-1.電子レンジの寿命 電子レンジの寿命は10年が目安です。 もちろん、電子レンジを使う回数によって寿命は変わるでしょう。 使用時間の目安は、1000時間から2000時間です。 ですから、毎日使う場合と、週末だけに使う場合では、寿命も違うでしょう。 同時に、メンテナンスをきちんとしているかどうかでも寿命は変わります。 電子レンジの内部を定期的に掃除するなら、寿命も最大限使えるでしょう。 もし掃除が行き届かないなら、内部の汚れが機能にも影響します。 その前に、電子レンジの臭みがたまらず、使い続けるのも困難になるでしょう。 電子レンジを寿命までしっかり使うためにも、定期的な掃除はかかすことができないのです。 3-2.買い替えの見きわめ時期 電子レンジの買い替え時期は、故障や寿命まで待つ必要はありません。 というのは、電子レンジの仕組みにあるマグネトロンが劣化すると、加熱にかかる時間が増え、効率が悪くなるからです。 ですから、まだ使えると思っても、以前より加熱の時間が遅いなら、買い替えの検討をおすすめします。 また、染みついた臭いが取れないときも、すでに5年以上使った電子レンジなら、無理に対策のために試行錯誤するよりも、買い替えたほうがはやいでしょう。 古い電子レンジを使い続けると電気代がより高くなるケースもあります。 また、新しい電子レンジのほうが調理時間が短く済み、より効率的になることも多いのです。 長い目で考えて、賢明に電子レンジの買い替え時期を見きわめましょう。 3-3.電子レンジの処分方法 不要になった電子レンジを処分するには、不用品回収業へ依頼するのがおすすめです。 その中でも、買い取りサービスを行っている業者を選びましょう。 買い取ってもらえる状態ではなくても、自宅まで回収に来てくれるので便利です。 また、この際にほかの不用品をまとめて回収してもらうなら、部屋もすっきりします。 買い取りが可能なら、古い電子レンジを買い取った価額をもとに、新しい電子レンジを買うのもよいでしょう。 買い取りの際には、電子レンジがきれいであることや、説明書や箱があることも有利になります。

次の