アメリカ クルーズ 船 コロナ。 クルーズ客船における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

米国が日本の二の舞、新型肺炎大流行の兆し 大型クルーズ船に打つ手なし、在米韓国宗教団体も感染源か(1/7)

アメリカ クルーズ 船 コロナ

名護市の生物資源研究所の入り口のケージ。 アヒルの鳴き声の凄まじさに驚いた 「アヒルもニワトリも研究用ではなくうちの門番だな。 僕はああいう鳥がとっても好きなのでね」 十数年前、ここの近くのまだ仮設施設だった同研究所を訪ねた時も、敷地内にニワトリのケージがあったことを思い出した。 生物に対するそんな眼差しを持つ根路銘さんは、同じような眼差しでインフルエンザ、そしてコロナのウイルスを見ているように思えた。 世界が「脅しに負けてしまった」 山根 先の2回の記事で、根路銘さんは、コロナウイルスは窓を開放して風で「鬼は外!」と外へ追い出せばいいとおっしゃいましたが、あれから3週間も過ぎた今ごろになって、専門家たちがしきりに「窓を開けろ」「風で追い出せ」と発言しはじめたのには驚いています。 根路銘先生の助言を知ったとしても、遅すぎませんか? ダイヤモンド・プリンセス号の海側の客室にはマンションの住宅のようなベランダがあり、サンデッキも置かれている。 寒さは厳しいが「扉を開け放つように」という助言が伝わっていれば、船内感染者を少しは減らす効果があったのではないか 山根 新型コロナウイルスの感染拡大が始まっておよそ3ヶ月ですが、その後の推移をどう見ていますか? 根路銘 コロナウイルスは、子孫を増やすために、増殖するために、試しにヒトの中に入ってみた。 しかしヒトの中は居心地が悪かったので、「これでは増殖は無理だな」と思いはじめていますよ。 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の世界での感染者数は9万3000人、死亡者は約3000人 (WHOデータ、3月4日)。 日本での感染者はおよそ300人、死亡者は6人です。 新型コロナウイルス (2019-nCoV)が病毒性が強いインフルエンザウイルスのようなものであれば、すでに世界で数百万人が感染し、数十万人が亡くなっているはずです。 意外かもしれませんが、この新型コロナウイルスの感染力、病毒性は、たとえば1918年から世界的な大流行をしたインフルエンザ、スペイン風邪 (推定死者5000万人以上)と比べればとても小さいんです。 それはなぜなのか。 新型コロナウイルスがヒトに無駄な戦争を仕掛けたものの失敗したことが明らかだからです。 コロナは今月末になればなりをひそめると私はみています。 一方、先にお話ししましたが、昨年12月から今年にかけて、アメリカではインフルエンザウイルスで1万2000人が亡くなっています。 日本でも毎年、イフルエンザが引き金となって亡くなる方がおよそ1万人です。 しかしそれには関心を抱かず、蚤のような小さな存在のコロナウイルスを、国とマスコミがゴジラのような怪物に仕立てているとしか思えません。 世界は、コロナウイルスの脅しに負けてしまったんです。 報じられていない系統図 生物資源研究所の「所長室・遺伝子設計室」で根路銘さんは、研究者仲間や弟子の研究者たちから、続々と届く今回のコロナウイルスに関する情報を繰っている。 新型コロナウイルスが勢力を拡げている世界を、あたかも宇宙から拡大鏡で覗いているかのようだった。 そして「これをご覧なさい」と、数ページからなるレポートを見せてくれた。

次の

別のプリンセス・クルーズの客船でもウイルス感染…以前の乗船客2人の感染発覚、うち1人が死亡

アメリカ クルーズ 船 コロナ

WHO,欧州,欧米各国はクルーズ船の数字を隠蔽しています。 クルーズ船を含む世界各国の感染者数の情報 クルーズ船を含む世界各国の感染者数の情報は、たとえば以下で見ることができます。 ECDC(欧州疾病予防管理センター)のクルーズ船の数字 ECDC(欧州疾病予防管理センター)では、" Other: International conveyance in Japan 696. "という表記でダイヤモンドプリンセス号の死亡者と感染者数が表示されています。 これは日本国内の死亡者数、感染者数とは別個に分けられています。 しかし、他のクルーズ船の数字はありません。 WHOのクルーズ船の数字 WHOも世界各国・地域の感染者数、死亡者数をまとめています。 "International conveyance Diamond Princess :712 cases"という数字が見つかりますが、他のクルーズ船の数字はありません。 ジョンズホプキンス大学 ジョンズホプキンス大学のページは新型コロナウイルスの感染者数の数字を把握する民間のサイトとして有名です。 ここでも" 712 Diamond Princess"という表記でダイヤモンドプリンセス号の数字がありますが、他のクルーズ船の数字はありません。 小括 では、他のクルーズ船は感染者は出ていないのでしょうか? まったくそんなことはありません。 現在検疫中のクルーズ船は10隻以上、感染者数も100人以上のものがあります。 しかし、ほとんど報道されません。 オーストラリアのルビープリンセス含めたクルーズ船の感染者数 26日夜の時点でシドニー沖には、地元ニューサウスウェールズ州が入港を認めない 11隻がいる。 いずれも乗客2千~3千人規模の大型船だ。 州は乗客の下船を認めるのは「入港の新たな方法が決まった後」と説明している。 この措置は、シドニーに19日、到着したクルーズ船「 ルビー・プリンセス号」の失敗例の後に始まった。 同号では、到着時にインフルエンザのような症状があった乗客と乗員計13人が新型ウイルスの検査を受けたが、 結果が出る前に州当局がほかの乗客2700人の下船を許してしまった。 翌日に4人の陽性結果が判明。 その後、下船済みの乗客からも州内で感染が続々と発覚し、27日には162人に増えた。 オーストラリアのクルーズ船の検疫の実態はこんなものです。 この中には死亡者も出ています。 詳しくは以下の記事などで分かりますが、ルビープリンセスに関しては「低リスク」と評価されたためにそのような対応になったとあります。 結局、この失敗を受けて他のクルーズ船は14日間の隔離をしているようです。 もはやルビープリンセス号の乗員乗客の追跡はしていないのでしょうか? This is just appalling. A dereliction of national responsibility. And rank incompetence. Putting the nation at risk as infection now spreads from this cruise ship across Australia. Good grief. — Kevin Rudd MrKRudd アメリカのグランドプリンセス号は? 21日23日に各1名60代前半乗客死去 陽性103名 陰性699名 を確認 HHS発表 Two Grand Princess cruise passengers with coronavirus die; 103 have tested positive for COVID-19 — もやっと 6MRsRXqzDWB3R7J アメリカのグランドプリンセス号は乗員乗客を分散させて対応していました。 米沖で待機のクルーズ船、オークランドに9日入港へ(AFP=時事) アメリカは「敵」の戦力を分散させて対応するみたいですね。 この数字もなぜかWHOやECDC等の数字には上がってきていません。 他の国でもクルーズ船での感染が広がっている クルーズ船が立ち往生してるのはオーストラリア沖だけじゃないよう…パナマ沖のクルーズ船では既に4人が死亡、130人以上がインフルのような症状でパナマ運河通行拒否されているらしい… 'Help us': After deaths on coronavirus-hit ship, guests clamor to leave Reuters — Miki Hirano mikihirano イタリアを到着地点とするクルーズ船コスタルミノサは、アンティグア、プエルトリコ、マラガ、スペイン、カナリア諸島、マルセイユに停泊しましたが、何人もの感染者が出ているにも関わらずそのトータルの数字は不明です。 以下の記事ではオーストラリア外務大臣のマリセ・ペインの言として、 世界中で3000人クラスのクルーズ船が30ほどあり、閉じ込められているということを紹介しています。 各国はクルーズ船の新型コロナ感染者数を隠蔽してると言ってよいのでは WHOや欧米各国は、なぜクルーズ船の新型コロナ感染者数の数字をHPに掲載しないのでしょうか?なぜ日本の数字だけを掲載し続けるのでしょうか? そういえばカンボジアに寄港したクルーズ船も検査なしで全員下船させてその後のフォローアップもないようですね。 これはもう、 日本以外の各国はクルーズ船の新型コロナ感染者数を 隠蔽してると言ってよいのではないでしょうか? このままだと世界の市民らには、クルーズ船の対応として日本のダイヤモンドプリンセス号の事案だけが刷り込まれた状態になってしまわないか心配です。 以上 Nathannate.

次の

クルーズ客船における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

アメリカ クルーズ 船 コロナ

無理だと思いますよ。 今回の新型コロナウィルスは、チョット厄介な性質ですからね。 先ず『感染力が強すぎ』で、おそらくですが、中国からの報告でウワサにしかされてませんが、エアロゾルの空気感染していると思いますから。 PCR検査でマニュアル通りに対面で採取する検査員は防護服を着てれば大丈夫な様ですが、離れた係員 防護服の着用無し が感染してますし、感染者の中にも鼻口からの検体採取では『陰性判定』なのに、痰からの採取では『陽性判定』が出ているのも、大気中の微量なウィルスを吸い込んで肺の内部で増殖したと考えた方が合点がいきますからね。 それに、感染対策に熟知した看護師も感染していますので、エアロゾルでしょうね。 もしくは、マスクで直接の飛沫は防げても、髪の毛に付着したウィルスを家に帰って髪を触った手で、間接的に鼻口に触れたのかも知れませんが。 あとは何て言っても、『ステルス性が高すぎ』で、感染していて陽性なのに無症状だったり、風邪の様な症状が出ているのに『陰性』と出てしまい、後日『陽性』に変わる場合があるので、手放しで開放出来ませんからね。 感染して治療を受けた後に再び発症する患者も居ますし、中国の報告では二種類のタイプが存在するとも言われてますから。 アメリカが完全に封じ込めるには、感染の疑いのある乗船者とは全て防護服で対応して、なおかつ、人数分の完全隔離部屋 施設が都合良く近場にあるのか? を与えて、潜伏期間内の観察治療を経て開放とするしかないでしょうね。 ただし、アメリカ人以外の人間にも隔離治療をしている間に本国の感染者の対応が出来るのか?施設の規模にもよるかと思いますが、まぁ無理でしょうね。 また、日本人が4人?だが居るとの事で、前例を学ばない日本人らは実費でチャーター機で帰国させるべきですね。

次の