ラインペイ スタバ。 LINEPay(ラインペイ)で決済できるスタバが急増中。福岡に2店舗追加へ。

LINE Payで入金もok!ラインスターバックスカードにチャージして支払う方法まとめ【Starbucks Card】

ラインペイ スタバ

前までは、LINE Payだと 「現金として出金できる」「請求書払いが出来る」などといった特徴がありましたが、その2点はPayPayでも出来るようになりました。 そのため、 両者の差は正直なところあまりない、というのが現状です。 LINE PayとPayPayを比較した時に、特に注目したいのは赤字の部分です。 簡単さ・お手軽さならLINE Pay 詳しくは後述しますが、LINE PayもPayPayも、使うためにはまず登録・そしてチャージが必要です。 実際にお買い物に使えるようになるまで、LINE Payは最短1分ほどで終わるのに対し、PayPayは色々な登録が必要となってきます(それでも数分くらいで終わりますが)。 多くの人が既にインストールしているであろう LINEアプリで始められるので、別でアプリをインストールする手間を省くことも出来ます👍🏻• 銀行口座を登録してそこからチャージする• コンビニでチャージする• セブン銀行ATMからチャージする PayPayはクレジットカードからチャージする方法もありますが、 チャージできるクレジットカードがのみのためここでは割愛します。 「セブン銀行ATM」からのチャージは、LINE PayもPayPayも差はないので、ここでは 「銀行口座」もしくは「コンビニ」からチャージする場合を比較します。 「銀行口座からチャージ」で比較 LINE Pay(ラインペイ)の場合は、銀行口座の情報を入力するだけですので、最短で1分で登録からチャージまで済ませることが出来ます。 PayPay(ペイペイ)で銀行口座からチャージする場合は、まず 「Yahoo! マネーの登録」が必要です。 「Yahoo! JAPANのアカウント」を持っていない場合は、このアカウントも作らなくてはならないので、更にやることが増えます。 関連: チャージ方法で比較した時のまとめ アプリに金額をチャージして使う場合は、PayPayよりも断然LINE Payの方が 「使うまでは簡単」です。 ただし 一旦登録を完了させてしまえば、LINE PayもPayPayもどちらも簡単に「銀行口座からチャージ」することが出来ます。 現金チャージについては、セブン銀行ATMからチャージすれば簡単ですよ👍🏻 💡PayPayにチャージする方法を解説👇🏻 💡LINE Payにチャージする方法を解説👇🏻 LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を決済方法で比較 次は決済方法で比較してみましょう。 還元率については次で記載しますが、10万円以上をLINE Payで支払うヘビーユーザーでない限りは、PayPayの方が還元率が高いからです。 果たして、LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)では、どっちがポイント還元率的にお得なのでしょうか? キャンペーンがない状態での比較 まずは、キャンペーンがない状態でのLINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)のポイント還元率について比較してみましょう。 ポイント還元率 LINE Pay PayPay 前月利用額0円~9,999円 0. しかし、このPayPay、 10月1日からは還元率が1. スマホ決済は、ちょっとしたお買い物くらいにしか使わないかな?という方にとっては、PayPayの還元率の方が高くなりますね👍🏻 ポイント二重取りでの比較 次は、LINE Pay(ラインペイ)やPayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録した時の、ポイント二重取りのしやすさについて比較してみましょう。 登録できるクレカの種類 LINE Pay VISA、MasterCard、JCB、American Express Diners PayPay VISA、MasterCard、 残高チャージの可否 LINE Pay できない PayPay ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)のみ可 クレカ払いの可否 LINE Pay LINE関連サービスのみ可 PayPay 可 表のように、PayPay(ペイペイ)に比べてLINE Pay(ラインペイ)の方が登録できるクレジットカードの種類は多いのですが、実際にクレカを利用できる範囲はかなり狭いです。 具体的には、 どちらにしろお金を支払うことに変わりはないんだけど、チャージされた金額分で支払いたいのに、 足りないからって勝手にクレカ払いにされると困るよね LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を使えるお店で比較 以前はLINE Pay(ラインペイ)の方が、PayPay(ペイペイ)を使えるお店の数よりも多かったですが、はっきり言って今はさほど変わりません。 LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)で使える主なお店は以下の通り。

次の

【朗報】スターバックスカードの入金でApple Pay(アップルペイ)が利用可能に! | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

ラインペイ スタバ

前までは、LINE Payだと 「現金として出金できる」「請求書払いが出来る」などといった特徴がありましたが、その2点はPayPayでも出来るようになりました。 そのため、 両者の差は正直なところあまりない、というのが現状です。 LINE PayとPayPayを比較した時に、特に注目したいのは赤字の部分です。 簡単さ・お手軽さならLINE Pay 詳しくは後述しますが、LINE PayもPayPayも、使うためにはまず登録・そしてチャージが必要です。 実際にお買い物に使えるようになるまで、LINE Payは最短1分ほどで終わるのに対し、PayPayは色々な登録が必要となってきます(それでも数分くらいで終わりますが)。 多くの人が既にインストールしているであろう LINEアプリで始められるので、別でアプリをインストールする手間を省くことも出来ます👍🏻• 銀行口座を登録してそこからチャージする• コンビニでチャージする• セブン銀行ATMからチャージする PayPayはクレジットカードからチャージする方法もありますが、 チャージできるクレジットカードがのみのためここでは割愛します。 「セブン銀行ATM」からのチャージは、LINE PayもPayPayも差はないので、ここでは 「銀行口座」もしくは「コンビニ」からチャージする場合を比較します。 「銀行口座からチャージ」で比較 LINE Pay(ラインペイ)の場合は、銀行口座の情報を入力するだけですので、最短で1分で登録からチャージまで済ませることが出来ます。 PayPay(ペイペイ)で銀行口座からチャージする場合は、まず 「Yahoo! マネーの登録」が必要です。 「Yahoo! JAPANのアカウント」を持っていない場合は、このアカウントも作らなくてはならないので、更にやることが増えます。 関連: チャージ方法で比較した時のまとめ アプリに金額をチャージして使う場合は、PayPayよりも断然LINE Payの方が 「使うまでは簡単」です。 ただし 一旦登録を完了させてしまえば、LINE PayもPayPayもどちらも簡単に「銀行口座からチャージ」することが出来ます。 現金チャージについては、セブン銀行ATMからチャージすれば簡単ですよ👍🏻 💡PayPayにチャージする方法を解説👇🏻 💡LINE Payにチャージする方法を解説👇🏻 LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を決済方法で比較 次は決済方法で比較してみましょう。 還元率については次で記載しますが、10万円以上をLINE Payで支払うヘビーユーザーでない限りは、PayPayの方が還元率が高いからです。 果たして、LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)では、どっちがポイント還元率的にお得なのでしょうか? キャンペーンがない状態での比較 まずは、キャンペーンがない状態でのLINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)のポイント還元率について比較してみましょう。 ポイント還元率 LINE Pay PayPay 前月利用額0円~9,999円 0. しかし、このPayPay、 10月1日からは還元率が1. スマホ決済は、ちょっとしたお買い物くらいにしか使わないかな?という方にとっては、PayPayの還元率の方が高くなりますね👍🏻 ポイント二重取りでの比較 次は、LINE Pay(ラインペイ)やPayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録した時の、ポイント二重取りのしやすさについて比較してみましょう。 登録できるクレカの種類 LINE Pay VISA、MasterCard、JCB、American Express Diners PayPay VISA、MasterCard、 残高チャージの可否 LINE Pay できない PayPay ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)のみ可 クレカ払いの可否 LINE Pay LINE関連サービスのみ可 PayPay 可 表のように、PayPay(ペイペイ)に比べてLINE Pay(ラインペイ)の方が登録できるクレジットカードの種類は多いのですが、実際にクレカを利用できる範囲はかなり狭いです。 具体的には、 どちらにしろお金を支払うことに変わりはないんだけど、チャージされた金額分で支払いたいのに、 足りないからって勝手にクレカ払いにされると困るよね LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を使えるお店で比較 以前はLINE Pay(ラインペイ)の方が、PayPay(ペイペイ)を使えるお店の数よりも多かったですが、はっきり言って今はさほど変わりません。 LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)で使える主なお店は以下の通り。

次の

LINE Pay(ラインペイ)がスタバで使える!店舗限定なし!!

ラインペイ スタバ

目次 Apple Payはスタバの店舗では使えないが、スタバカードのチャージなら利用可能! iPhoneやApple Watchから便利にスマホ決済ができるApplePayですが、「スタバでApple Payは使えないの…?」といった声が多くあります。 「スターバックスカード」といえば、スターバックスでキャッシュレス決済が可能なプリペイドカードですが、スタバの公式アプリを使えば、 クレジットカードやApple Payからチャージして、アプリからでも決済ができるようになります。 スターバックスカードへのチャージにApple Payを利用するメリット・デメリット スタバカードのチャージでApple Payを利用するメリット・デメリットは以下の通りです。 メリット1:スタバのアプリにクレジットカードの情報を取り込む必要が無くなる• メリット2:お得にポイントを貯められる• デメリット1:オートチャージには未対応• デメリット2:一部Apple Payでの支払いに対応していないものもある メリット1:スタバのアプリにクレジットカードの情報を取り込む必要がなくなる! スタバカードへのチャージをApple Payで行えば、 アプリ内にクレジットカードを読み込む必要が無くなります。 入金時も「支払い方法」の部分で特定のクレカ情報を記入する必要が無くなるので、Apple Payに登録されたカードの情報を自動で読み込ませてチャージできます。 メリット2:お得にポイントを貯められる Apple Payを使ってチャージすれば、Apple Payに登録したクレジットカードにて、 お得なポイント還元も受けられます。 各クレジットカード会社によって独自のポイント還元率がそれぞれ設定されてますが、スタバカードへのチャージする際も、大抵のカードはしっかりポイント還元が受けられるので、 現金で支払うよりオトクだと言えるでしょう。 デメリット1:オートチャージには対応していない Apple Payでスタバカードへチャージする場合は、 オートチャージが利用できません。 これがApple Payを使う大きなデメリットとなるでしょう。 そもそも、スタバカードでは残高が少なくなると自動で入金できる「オートチャージ機能」がありました。 しかし、それに対応するのは通常のクレジットカードのみで、 現状Apple Payでは不可能となっています。 デメリット2:一部Apple Payでの支払いに対応していないクレジットカードもある なお、Apple Payで支払う際のカードがVISAやSuicaの場合だと、 スタバカードでのチャージに利用できません。 筆者も実際にスタバカードへの入金をApple Payで行ってみましたが、MasterCardブランドのクレカなら入金できたものの、 VISAのクレカやSuicaなどは使えませんでした。 このように、Apple Payでは Webサイト上での支払いでVISAカードやSuicaを利用できません。 なので、Apple PayでスタバカードにチャージできるのはVISAやSuica以外のカードであることに注意しておきましょう。 なので、を使えばスタバでお得にコーヒーを飲めるでしょう。 と考える方は、是非に登録してみてください!.

次の