エクセル セル に 色 を 付ける。 条件付き書式で土日に色を付ける:Excel基本講座

条件付き書式を使って、特定の文字列を含むセルに色を付ける

エクセル セル に 色 を 付ける

条件付き書式の基本をご存知でない方は、「」をご覧ください。 必要な材料は、「 場所」「 条件」「 書式」の 3 つです。 今回は、 「 場所」は、セル 、 B3:D14 です。 「 書式」は、 塗りつぶしの色が 黄色です。 慣れるまでは、操作をする前に自分が何をしたいのかを書き出して当てはめてみるとよいと思います。 このとき、塗りつぶしたいのが、C 列 [アプリケーション] 列 だけなら、条件と一致するかどうかを判断するセルと、書式を適用したいセルが同じなので手っ取り早いのです。 今回は、B 列と D 列にも書式を適用したいので、条件と一致するかどうかを判断するセルと、書式を適用したいセルが異なります。 セルが 1 つの場合を見てみましょう。 だから、この条件付き書式を 1 つ下のセルにコピーすると、 「右に 1 つ進んだセルが Word と等しい」ため、セルが黄色で塗りつぶされます。 でも、さらに 1 つ右のセル C4 へ書式をコピーすると、書式が適用されません。 そりゃそうだ、セル C4 から見た 1 つ右隣のセルは D4 川島と入っているセル だから。 ということで、条件とする列は動かしちゃいけないのです。 Excel では、1 つ右とか、1 つ左、という相対参照という参照方法を使うと自動的に参照セルを動かしてくれます。 ただ、これがうれしくない場面が今回のような「列は動かさないでほしい」ときです。 動かさないでほしいときには、1 つ右とか、1 つ左じゃなくて、「C 列を見て」という指示をしなければいけません。 こうすると、「C 列を見て」という指示に変わります。 前置きが長かった!ということで、手順は以下です。 数式を使用して条件付き書式を設定する• 条件付き書式を設定する 場所 セル範囲 を選択し、リボンの [ホーム] タブの [セルのスタイル] グループの [条件付き書式] をクリックし、[新しいルール] をクリックします。 [新しい書式ルール] ダイアログ ボックスが表示されます。 ダイアログ ボックスの表示直後は、[セルの値に基づいてすべてのセルを書式設定] が選ばれているのですが、ここで使う [数式を使用して、書式設定するセルを決定] をクリックすると、ダイアログ ボックスの下半分の設定項目が変わります。 このとき、セル C3 をクリックして場所を指定することもできるのですが、ここはあえて手入力をおすすめします。 ということで手入力がおすすめです。 [セルの書式設定] ダイアログ ボックスが表示されます。 [塗りつぶし] タブを選択し、条件に一致したときに適用したい塗りつぶしの色を選択して、[OK] をクリックします。 プレビューに設定した書式が表示されます。 [OK] をクリックします。 条件付き書式が設定され、 選択しているセル範囲のうち、条件を満たす C 列が Word と等しい セルに、選択した 書式が適用されます。 条件となるセルの文字列を修正してみましょう。 たとえば、セル C7 の "Outlook" を "Word" に書き換えると、条件を満たすので書式が適用されることがわかります。 ポイントは、条件と一致しているかどうかを判断するセルと、条件付き書式を適用したいセルが同じなのかどうかです。 この 2 つが異なるときに数式を使わなければなりません。 このとき、「[アプリケーション] の列は数式使わなくてもいいじゃない」と思うでしょう。 それは正解です。 これって、バラバラってことなので、ミスがおきやすいし、管理がしづらくなるのです。 だから今回は 1 つの範囲に対して、同じ条件で条件付き書式を一括で適用しました。 ルールの編集方法などの基本は「 」で確認してください。 石田 かのこ•

次の

エクセルで重複データに色を付ける方法(セルと行に色を付ける)

エクセル セル に 色 を 付ける

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 条件付き書式を使って、横方向に色を付ける方法です。 エクセルの表で、行に色を付けるのは、• タスクリストの完了したものをグレーアウト• QA票一覧の解決したものに色付け• 縦方向のスケジュールの土日に色付け• 金額や数字がある値より小さい行の色を変える こんな時かと思います。 私も以前はやり方がよく分からず、解説されている記事も説明がイマイチで困った経験がありました。 でも、分かってしまえばとてもシンプルで、ちょっと条件付き書式を設定をすれば出来ちゃいます。 今回も画像を使いながら説明していきたいと思います。 ちなみに条件付き書式で列全体に色を付ける方法は、こちらの記事をご覧ください。 スポンサーリンク 条件付き書式で、〇〇列の値を元に色を付ける方法 今回は、下図のようなToDoリストを例に説明します。 やりたいことは、条件付き書式を使ってD列が「完了」の場合にグレーアウトさせること。 まず、条件付き書式を適用させたい範囲を選択します。 次に、条件付き書式から、新しいルールを作ります。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選んで、数式を設定します。 肝心の、数式の書き方を次に説明します。 ステータスのD列の値を元に、「完了」の場合色を付けたいので、数式は次のようになります。 もう「完了」の行に色が付きました!! やってみると、ホントに簡単なことが分かると思います。 今度は、「未着手」の行を「完了」に変更してみます。 変更したタイミングでグレーアウトしました。 条件付き書式を意図したとおり設定できていることを確認できました。 作った条件付き書式を修正する 作った書式を変更するなら、条件付き書式の中の「ルールの管理」から行います。 先ほど設定したルールが表示されました。 数式を編集したり、「書式」からセルの色を変えたり、やっぱり文字に色を付けるよう変更したりすることも出来ます。 行に色を付ける使用例 土日と祝日の行に色を付ける 先日の記事では、土日の列に色を付けました。 今回は、列ではなく行に色を付けます。 10月は祝日が含まれるので、祝日一覧を使って、「祝日の一覧に含まれる日付なら色を付ける」という設定をします。

次の

Excel2010

エクセル セル に 色 を 付ける

Excelで指定行おきに色をつける Excelの行に、1行おきに色を付けたい、2行おきに色を付けたい、というときの方法です。 まず、色を付ける範囲を指定します。 「新しい書式ルール」で、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックし、「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の欄に、以下のように入力します。 セルの書式設定画面で、「塗りつぶし」をクリックし、好きな色を選択して「OK」をクリックします。 「新しい書式ルール」に戻るので、「OK」をクリックします。 指定した範囲の行が1行おきに色がつきました。 このほか、3行おきに色を変える場合は、数式を以下のようにします。 Excelで起動時にフォームを表示し、Excelそのものの表画面は非表示にする方法です。 なお、ブックを生成した後は、各自で保存します。 コード Worksheets … ExcelでVBAをつくるときに「開発」メニューを使いますが、最初は表示されていません。 通常、自動計算する設定になっていますが、これが手動計算に変わっていることが原因です。 … Excel VBAで他のプログラムを実行した際に、実行しているプログラムのウィンドウを最小化表示にする方法です。 R… ExcelVBAを使って、フィルタで絞り込んだ内容を解除する方法です。 FilterMode Then Workshe… ExcelVBAでシート内のデータを並び替える方法です。 End xlD… Excelにおいて、別ファイルにハイパーリンクを付けて、リンクをクリックすると指定したファイルが開くようにします。 更新情報• コンテンツ• 230• 人気記事• 95,840 views• 91,115 views• 80,787 views• 70,330 views• 62,591 views• 51,981 views• 45,252 views• 35,946 views• 34,160 views• 27,339 views• は管理人KUUURが気になった言葉を取り上げて調べ見識を深めるサイトです。 の内容には誤りがあることがあります。 の内容を信用した結果損害等を被った場合にKUUURは責任を負うことはできません。 この点をご理解の上をご利用ください。 内容の訂正などのご意見はお問い合わせからお願いします。 はリンクフリーです。 KUUURへの連絡も不要です。 ただし次の2点についてご留意ください。 1 フレーム内表示など自分のサイトのコンテンツであるかのような表示はしないでください。 2 リンクしたページのURLは予告なく変更されることがあります。 のコンテンツは他に著作権が存在するものを除きすべてKUUURに帰属します。

次の