菜の花 ゆで 時間。 菜の花のゆで方のコツや保存方法、レンジもOK?冷凍保存や苦みを抑えるには?

菜の花のおひたしのゆで時間・保存期間は?花の部分も食べて大丈夫?

菜の花 ゆで 時間

もやしの下処理はする?必要? あなたはもやしの 下処理はしていますか?「え?もやしってそのまま使うんじゃないの?」と思ったあなた、少し手間ですが、下処理をした方が断然美味しくなりますよ。 では、早速、 下処理の仕方です。 下ごしらえもたったこれだけです。 ただし、水にさらすのが長すぎると、水分を含み べチャッとしたり、 栄養が流れてしまったりするので、 手早く済ませてくださいね。 また、ひげ根を1本1本取るのはとても手間ですが、これをすることで料理が綺麗に仕上がり、口当たりも良くなります。 普通のもやしに比べると少し値段が高いですが、既に根を取り除いてある 「根切りもやし」と言う便利なもやしもでているので、忙しい方や時短にしたいときは使ってみてくださいね。 下処理をした方が美味しく、綺麗に仕上がるのですが、実はひげ根部分にも 栄養はあり、決して体に悪いわけではありません。 ですので、もやしの栄養を無駄なくいただきたい人は、 ひげ根を取らずに調理してくださいね。 ちなみにもやしは生で食べられるの?っていう疑問がある方もいるかもしれませんが、もやしは加熱調理をして食べることが前提で作られているので、食べる前には 必ず加熱しましょう。 ポイントは、 茹で時間です。 少しでも長く茹でてしまうと、すぐ シャキシャキ感が失われてしまうので、10~15秒でお湯から出すのがコツです。 また、ゆでる時に 大さじ1杯の油を入れると、もやしを入れた時に温度が下がりにくくなり、スピーディーに仕上がりますよ。 この方法だと、さっと入れてさっと出すのでもやしの 栄養が逃げにくいと言うメリットがありますが、茹で時間を気にしなければいけないと言うデメリットもあります。 お湯で茹でると、時間とともにシャキシャキ感が少しずつ失われていくのですが、水から茹でると、不思議なことに ずっとシャキシャキして、多少茹ですぎてもシャキシャキ感は残りますよ。 この方法は、 時間を計る必要がないと言うメリットがありますが、水に浸かっている時間が長いためもやしの栄養が逃げやすいと言うデメリットもあります。 水から茹でるのとお湯から茹でる方法の使い分け お湯で茹でる方法と水から茹でる方法、どちらもメリット・デメリットがあるので、 栄養面を重視する方はお湯で、手軽さを重視する方は水からと、お好みに合わせてください。 また、ラーメンやバンバンジーなどの トッピング用でシャキシャキしたもやしを使いたい場合は 水から、ナムルや和え物などの多少シャキシャキ感がなくでも良いものは お湯からと、用途に合わせて茹で方を変えても良いかもしれません。 茹でるときに 塩大さじ1杯を入れるともやしに下味が付き、何も入れないよりも美味しくなります。 なお、茹で上がった後、水にさらすと、栄養が流れるだけでなくシャキシャキ感もなくなってしまうので、茹で上がったら バットなどに広げて冷ましてましょう。 ナムルや和え物の際は、 熱いうちに味付けすると味がよく馴染みますよ。 もやしの保存方法、冷凍を活用すると便利ですよ。 あのコリコリ感がおいしいですよね。 普通のもやしと同じように茹でると、豆の部分に火が通っていない状態になってしまいます。 シャキシャキ感はなくなってしまいますが、大豆もやしは豆の部分に しっかり火を通すことが大切です。 茹で時間は、豆の大きさによって変わってきますが、 3~5分程度です。 様子を見ながら茹でてくださいね。 もやしの臭いを消すには? せっかくシャキシャキに出来上がったのにもやしが 何だか臭い…ってとっても残念ですよね。 先程紹介した茹で方でも ほとんど臭みは取れるのですが、やはり少しでも臭うと気になることもありますよね。 臭みが取れるだけでなく、酢の漂白効果でもやしが 白く綺麗に茹で上がります。 茹で上がったもやしからは、お酢の臭いも不思議としません。 また、もやしの臭いはどうやら ひげ根の部分に原因があるようなので、 下処理をきちんとすることで臭み取りにもなりますよ。 まとめ もやしのあの独特な臭みを消すことが出来れば、どんな味付けにしても美味しく食べられるでしょうし、茹で方を変えてシャキシャキ感を残したり残さなかったりすることで違った野菜のような感じにもなります。 例えば、シャキシャキに茹でたもやしを細かく切ってチャーハンに。 それプラス、もやしのナムルにもやしの中華スープなんていかがでしょうか。 もやし尽くしでお腹いっぱいにはなりますが、とてもヘルシーですね。 もやしは安いのでよく買っていたけれど、いつも同じような料理にしか使っていなかったと言う方、これからは様々な料理にアレンジして使ってみてくださいね。 スポンサーリンク•

次の

マスターしたい!「菜の花」基本のゆで方&おすすめレシピ

菜の花 ゆで 時間

菜の花の栄養や効果効能については、こちらもぜひチェックしてみてください。 ここでは、一般に スーパーなどで販売されている帯になった菜の花の下茹でや茹で方をご紹介します。 私もよく利用する道の駅などで販売されている地場産の菜の花は大きさも茎の太さもバラバラなことが多いので、大きさや茎の太さに合わせて、ゆで時間などは調整してくださいね。 菜の花の下処理は? 菜の花は茎の下の部分を少し切り落とせば、あとは茎も花もすべて食べられます。 また、水洗いはさっと 手早くすすぎます。 菜の花にはビタミンCなど 水に溶けやすい栄養素が含まれているので、あまり長く水にさらしたり、浸けておくことで、せっかくの栄養分が 水に流れでてしまいます。 ポイントは 長時間水にさらさないことです。 また、菜の花は アクがあるので、茹でるときはもちろん、保存するときも先に茹でておくと便利です。 炒めて食べるときも少し茹でておくとアクが取れて食べやすいですよ。 固くて 太い茎の方を先に茹でて、 1分ほど経過したら、 蕾や葉の先端の部分を30秒ほど茹でます。 そうすると 色鮮やかに仕上がります。 前述のとおり、菜の花には ビタミンCなどの水に溶けやすい栄養素が豊富に含まれているので、 さっと短く茹でるのが効果的です。 茹でるときのコツは茎と葉と花の部分に 分けて茹でることです。 菜の花は茹ですぎると歯ごたえがなくなって 食感が悪くなるので ゆで時間が大事です。 茹ですぎには注意しましょう。 また、苦みが特徴の菜の花ですが、お子さんに与えるにはちょっと気になったりしますよね。 菜の花を電子レンジで茹でる? 菜の花は レンジでも加熱ができます。 レンジだと アクが取れないのが気になりますが、急いでる時や時間がない時などは便利ですね。 スポンサーリンク 菜の花の保存方法は? 菜の花は日持ちがせず 傷むのが早いので、保存の取り扱いには注意が必要です。 菜の花の冷蔵庫での保存の仕方は? 冷蔵庫での菜の花の保存法は、そのまま冷蔵庫に入れてしまうと、 乾燥してすぐにしなびてしまいます。 ですので、 濡らした新聞紙やキッチンペーパーに菜の花をくるんで、ビニール袋などに入れます。 蕾を上にして、できれば立てて冷蔵庫の 野菜室で保存します。 冷蔵庫での 保存期間は2~3日です。 買ったときには緑色の菜の花も、日にちが経つと黄色い花が咲き始め、葉も黄色く変色してきて、風味が落ち味が変わってしまうので早く食べるのがおすすめです。 菜の花は冷凍保存できる? 菜の花は 冷凍保存も可能です。 冷蔵庫に入れておいてもあまり長持ちしないので、すぐに食べないと思ったら、早めに冷凍庫に入れておくのがベストです。 冷凍の仕方は、 生のままでも茹でてもどちらでも保存が可能です。 生のままで冷凍する場合は、 菜の花をさっと洗って、茎の下の方を1,2㎝カットして、食べやすい大きさに切ったら、ラップで包んだあと、密閉袋に入れて空気をしっかり抜いて冷凍庫で保存します。 茹でてから冷凍する場合は、 菜の花を下処理して、沸騰したお湯で茎と葉の部分を合計1分~1分半ほど茹でて、ザルに揚げ冷水に少しさらした後、よく水を切ります。 ラップに包み、さらにビニール袋に入れて空気をしっかり抜いて冷凍庫で保存します。 冷凍したものは凍ったまま炒め物に浸かったり、しっかり茹でたものだと自然解凍してお浸しにも使えますよ。 それぞれ 保存期間は約1ヶ月です。 アスパラガスや他のお野菜と保存方法は同じですね。 菜の花もぜひ、新鮮なうちに冷凍しておいしく食べましょう。 新鮮な菜の花の見分け方、選び方は? 新鮮な菜の花の見分け方、覚えておくとお買い物に行くときに便利ですね。 新鮮な菜の花は、次のような特徴があります。 また、茎の中を見たときに中が白くなっているものは鮮度が落ちているので避けましょう。 菜の花の美味しい食べ方は? 菜の花を使った料理は、シンプルに作れる お浸しや 辛し和えが定番でおすすめですが、他にもいろんな菜の花の料理があります。 酢味噌 などの 和え物、炒め物 味噌汁、てんぷらなどの和食だけでなく パスタなどの洋食とも相性がよく、最近ではレストランなどで使われる事も多いですね。 また保存食として お漬物にもできます。 菜の花は花が開く前が 食べごろで、前述のとおり、花が黄色くなると苦みが増しますが、葉っぱも花が咲いても食べられるので(開きすぎは無理かもしれませんが…)捨てずに食べてくださいね。 まとめ 今回は菜の花の保存方法や茹で方についてご紹介しましたが、菜の花は茎と葉の部分は茹でる時間をずらすこと、また傷むのが早いということがわかりましたね。 毎年あっという間に過ぎていく春の季節、旬の時期にしか味わうことができない菜の花ですから、せっかくですので1年に1度はぜひ、上手に保存して堪能してみてください。 スポンサーリンク•

次の

ゆでたまごの作り方(半熟から固ゆでまでのゆで時間のまとめ):白ごはん.com

菜の花 ゆで 時間

もしゆで加減が不安という場合は、一度に全部茹でず、動画を見ながら一本だけ茹でてみることをオススメします。 その具合を見て時間を微調整していくとうまくいきますよ。 菜の花は軽く水洗いし、根元側をほんの少し切り落とします。 半分にカットし、穂先と根元側に分けておきます。 水1Lに塩大さじ1を入れて沸騰させます。 菜の花はすぐに茹で上がるので、急冷できるように、近くにボウルに入れた氷水を用意しておきます。 根元側のみ入れ、30秒ほど茹でます。 茹で具合がわかりにくければ、一本だけ氷水にとって食べてみて、「まだ少し硬いかな」くらいでOKです。 続いて穂先側を入れます。 再び30秒ほど茹でます。 一本だけ氷水にとり、食べてみてほどよく火が入っていたら、全てを氷水に取ります。 (ここは手早く) 10. つけ地を作ります。 みりん20ccは小鉢に入れ、電子レンジで30秒加熱してアルコールを飛ばします。 アルコールを飛ばしたみりん20ccとうすくち醤油20cdをだし汁240ccに入れます。 和からし小さじ1をお玉に入れて少量のつけ地を加えて溶きのばし、つけ地に加えます。 よく混ぜたつけ地に急冷した菜の花をしっかり絞って入れます。 冷蔵庫で1〜2時間寝かせて、味を含ませます。 盛り付けて、削り節を少々のせれば出来上がりです。 【関連動画】 本格 菜の花のお浸しの作り方 《菜の花のお浸し 辛子和え 》・・・・大和の 和の料理《お浸し》 菜の花の辛し和えの作り方 菜の花のからしおひたしのレシピ 料理サプリ 【和】菜の花のからし和え【和】 =================== このチャンネルでは家庭料理のコツや初心者のギモンをわかりやすく紹介しています。

次の