不滅 の 恋人 14 話。 韓国ドラマ「不滅の恋人」公式サイト|ポニーキャニオン

不滅の恋人 12話 動画

不滅 の 恋人 14 話

03-07. 14放送時に紹介したものです。 ) 以下、詳しいあらすじを知りたくない方は 見どころをご覧になり、あらすじは視聴後の確認用にどうぞ。 またには、時代背景や実在の人物紹介、取材会や直前番組の再現レポートなどまとめている。 正論を吐く弟イ・フィに憤懣やるかたないイ・ガンは、立ち去る弟に向けて矢を放とうとするが…。 その後イ・ガンは、ヤンアン大君以下、味方の大臣たちを集めて武力行使への決意表明する。 イ・ガンに対してどこか遠慮がちだったイ・フィが、今回ばかりは一歩も引かない構え。 イ・ガンの憤怒の矢はどこに突き刺さるのか? 大妃はイ・フィの進言を受け、世子の王への即位式を早める。 そしてイ・フィを武官の長に就かせ幼い王を守らせることに。 イ・フィは、チャヒョンの縁談を破談にしてほしいと頼むが、大妃はイ・フィが連れて来たルシゲの事が気になる。 このことはチャヒョンの耳にも入るが、チャヒョンは一抹の不安を感じるものの、愛するイ・フィを信じる。 前回の動物対決に続いて、ルシゲとチャン尚宮との対決。 行儀見習いのためにチャン尚宮はどんな手を使うのか? 不在時に何者かが部屋に侵入したことに気づいたイ・フィは、おそらく証拠の書状を探すためのイ・ガン指示だろうと察したが、しばらくこのまま様子を見ることに。 だが、これでイ・ガンが自分を見捨てて女真族と裏取引したことがはっきりし、やりきれない思いになる。 イ・フィはなぜ、ホン尚宮たちの侵入に気づいたのか?簡単な仕掛けは空き巣対策にも活用できそうだ。 翌日、幼い世子が王位に就き、大妃は大王大妃となり摂政「垂簾聴政」が始まる。 大王大妃は、イ・フィの戦功を称えて武官の長である兵曹判書に任命する。 兵曹判書だったイ・ガンの義兄ジャジュンが事務方に回わされたことで、イ・ガンは次なる作戦に出る。 新王の笑顔とイ・ガンの苦々し気な表情に注目。 果たして、イ・ガンが目論んだ次の作戦とは? ナギョムは、イ・フィのためにもチャヒョンとの婚礼を認めてやるべきと大王大妃に進言する。 3年前とは一変したナギョムの態度を訝しがる大王大妃だが、幼い王を守るためにチャヒョンの父ソン・オクの力はぜひとも欲しい。 結局、ナギョムが婚姻の申し込みをソン家に届ける。 わざわざ友の印の飾りを身に付けてきたナギョムを見て、何か魂胆があるはずと睨むチャヒョンだが…。 その頃、芸妓ヨギョンは密かにある人物を訪ねていた。 その姿をイ・ガンの部下ウルンが確認する。 郡夫人についてはで解説。 ソン家を出たナギョムのほくそ笑みをお見逃しなく。 ヨギョンは何の目的で刺客らしい人物を訪ねたのか? やがて、イ・フィとチャヒョンの祝言の日が決まる。 幸せな2人の婚礼の準備が進むなか、その裏でイ・ガン一派は、謀反を起こしてイ・フィを陥れようとたくらんでいた。 新居で幸福感に浸るチャヒョンは、ルシゲから敵地で過ごした3年間を詳しく聞き、涙を流して礼を言う。 これまでヤンアン大君が主導権を握っていたが、ここからはイ・ガンがイニシャチブをとる。 イ・フィたちのために新居の用意をする裏で恐ろしい謀反を企てる。 ヤンアン大君に話す計画の一端から、その全貌を想像してみよう。 一方、ルシゲの言葉と回想シーンでチャヒョンに涙を流させた、イ・フィたちの凄惨な3年間と、ルシゲのイ・フィへの想いも見てとれる。 イ・フィとルシゲの息の合った救出劇をお見逃しなく。 ところで、決起の日に選んだ婚礼の日が「癸酉年四月三日」とあるが、正史に残る首陽大君が起こしたクーデータ(癸酉靖難)がまさにこの年の10月10日だ。 癸酉靖難についてはで詳しく解説。 ついに婚礼の日。 イ・ガンの付き添いで新郎イ・フィが到着。 喜んで出迎えるソン・オクたち。 ところが突然、婚礼の品を運んで来た者たちが刀を取り出して列席した大臣たちに斬りつける。 イ・フィたちが必死で抗戦する中、イ・ガンが傷を負い、左議政キム・チュが殺される。 驚くチャヒョンを守ろうとするイ・フィに、傷を負ったイ・ガンは王宮に行って幼い王を守るようにと促す。 ソン家に残ったイ・ガンは…。 本作では大王大妃が摂政となるが、当時の厳しい儒教の教えでは、朝廷で女が直接表立つことが好まれなかった。 そのために玉座の後ろに簾を掛けて摂政を行ったために「垂簾聴政」と呼んだ。 王朝で最初にこの垂簾聴政を行ったのは貞熹王后。 これが誰かはで詳しく説明している。 04-12. 29 毎・日23:00~ 地上波初放送 2019. 03-07.

次の

不滅の恋人(大君-愛を描く) 13話・14話 あらすじと感想

不滅 の 恋人 14 話

CHECK! 韓国ドラマ「不滅の恋人」は女性だらけの家族の生き方を描いたホームドラマになります。 王位をめぐる争いを描いた時代劇作品になっています。 朝鮮時代、王の兄弟のうちの1人の次男イ・ガンは王宮外で育ちます。 三男のイ・フィは芸術の才能も持ち合わせ、誰にでも愛される性格でした。 重臣の娘のジャヒョンはイ・フィと出会い恋に落ちます。 2015年に韓国で放送されていました。 全24話で平均視聴率は12. 06%でした。 見逃してしまった方のために ・海外サイトのデイリーモーションやパンドラの『不滅の恋人』の検索結果 ・『不滅の恋人』のフル動画を無料で視聴する方法 ・DailymotionやPandoraの検索結果 をご紹介いたしますね。 詳細は各VOD公式サイトを確認ください。 本記事の あらすじやネタバレを読まずに動画で視聴したいという方は以下のリンクをご覧ください。 デイリーモーションやパンドラ、9tsuで見るには? どちらも見たい動画がアップロードされていたら視聴することができるサイトなのです。 しかしこちらのサイトでアップロードされている動画は一般的に違法アップロードされたものが多いです。 なので、色々なデメリットがあるのでご紹介したいと思います。 画質が悪い時がある 読み込みに時間がかかり、止まったりを繰り返す 削除要請でリンク先がいきなりなくなる 広告が多く表示される コンピュータウィルスの感染の可能性 これらの危険性はありますが、見れるなら無料で見た方がいいと思うのでこちらの方法もいいと思います。 しかし安全に綺麗に見たい方は次の方法も考えて見てください。 『不滅の恋人』を安全なVODサイトで視聴する方法は? 『不滅の恋人』を安全に見る方法はVODサイトで動画を見るということです。 ビデオオンデマンドとはいろんな映画やテレビ番組、雑誌などを見放題もしくはサイト内の課金で見ることが出来るサービスです。 その中でも管理人が特にサービスが優秀だと思ういくつかのサービスを紹介したいと思います。 ちなみにU-NEXTは映画が特に強いです。 FODは地上波のドラマや電子書籍などのサービスに強いです。 では『不滅の恋人』はどちらのVODサイトがおすすめなのでしょうか? FODプレミアム U-NEXT auビデオパス dTV 配信状況は以上のようになりました。 『不滅の恋人』を無料で視聴するにあたり、無料期間があること、お試しポイントがあることが重要です。 上記を満たしており、おすすめできるのはU-NEXTとFODプレミアムですね。 韓国ドラマの作品数は多いですが、お試しポイントがないため見放題作品でなかった場合に無料で視聴することはできません。 その代わり見放題作品ならdTVもおすすめできます。 ちなみに私がいろんなVODを見てきて経験したことは、最新作が配信されるのが早いのはU-NEXTが最速だと思われます。 韓国映画や韓国ドラマは特にそうです。 その次はFDOが後を追いかけているというところでしょうか。 これらのVODでもし目的のドラマがなくても他の韓国ドラマはたくさんありますので、一緒に視聴してみても良いのではないでしょうか? 関連おススメ記事• U-NEXT、FODの場合は無料期間のあいだに見て、解約すれば完全に無料です。 『不滅の恋人』のネタバレやあらすじは? 王は病気になって倒れます。 ウンソン大君であるイ・フィは北から帰ってきます。 しかしフィは死んだことにされていて宮殿に入れずにいました。 出てきた女官を追って中に入れるようにします。 フィの兄のイ・ガンには王になるという野望がありました。 ガンは遺言を手に入れようとしていました。 その後のある日、ガンは伯父のヤンアンと狩りに出かけます。 フィは宮殿から外出し、街を歩きます。 そこで重臣の娘のジャヒョンと出会います。 画房絵画用品を売っている店にいたジャヒョンは探していた青い絵具見つけますが予約があるからと売ってもらえませんでした。 ジャヒョンは店主から絵具をとろうとするとこぼしてしまいます。 弁償するようにと言われて高い費用を請求されます。 それを見ていたフィはそんなに高いものではないと店主にいいジャヒョンをかばいます。 しかし絵を描いているのにそんな知識もないのかとばかにされてしまい・・・。 その後、宮中の中で撃球大会が行われることになり、ジャヒョンは父と行きたいといいます。 しかし嫁入り前の娘がいくところではないと連れて行ってもらえませんでした。 あきらめられないジャヒョンは付き人の服を交換して家を抜け出して観戦しに行きます。 ガンが仕掛けたワナでフィは馬から落ちますがすぐに起き上がります。 馬が負傷したのを見たフィは審判に交代を告げます。 馬に釘が刺さっているのを見たフィはだれかの仕業だと思います。 ジャヒョンは兄に見つかってしまい隠れます。 そこでフィと思わぬ再会を果たす2人。 だんだんと惹かれあうフィとジャヒョン。 ガンはそんな2人を邪魔するためにジャヒョンを自分のものにしようとしますが・・・。 ガンの罠にはまってしまうフィはジャヒョンと引き離されることに。 公式予告動画 — 2019年 4月月22日午前4時31分PDT ユン・ナギョムを演じたのはリュ・ヒョヨンさんです。 1993年4月22日生まれ。 「家族の秘密」(2014年) ジョンヨン夫婦の娘のコ・ウンビョル役を演じています。 失踪した娘を探す母親の孤独な思いや戦いを描いています。 内容や展開がゆっくりなのですが最後まで楽しめました。 「黄金のポケット」(2016年) 番組制作会社のクム・ソルファ役を演じています。 主人公の出生の秘密や恋愛などを描いています。 恋愛関係になるまでが長かったと感じました。 『不滅の恋人』の評価・口コミはどうなの? 本編と関係ないがOPがやけに短いなと思ってたら調べたらこんなカッコイイシーン。 なぜカットしたんだろう。 — るびR Lapisruriruby 韓国ドラマ「不滅の恋人」第16回は、フィが幼い上王を連れ出すドキドキハラハラなシーンでした。 写真はそんなシーンのオフショット。 サンウクさんの演技に評価があるようです。 なかなか展開がすすまないという声も。 サスペンスが好きな人におすすめの作品です。 まとめ ここまで「不滅の恋人」をあらすじ、キャスト、評価、口コミなどの観点から紹介してきました。 王位をめぐる争いを描いた時代劇作品になっています。 朝鮮時代、王の兄弟のうちの1人の次男イ・ガンは王宮外で育ちます。 三男のイ・フィは芸術の才能も持ち合わせ、誰にでも愛される性格でした。 重臣の娘のジャヒョンはイ・フィと出会い恋に落ちます。 まだご覧になっていない方はぜひご覧ください。

次の

不滅の恋人 12話 動画

不滅 の 恋人 14 話

全ての準備が整い、後はガンが先祖の墓参りに行く日を迎えるばかりとなりました。 否が応にも緊張感は高まっていきますが、ネガティブな雰囲気は全くありません。 なぜなら、フィ陣営には順風が吹いていて、士気が大いに高まっていたからです。 一方、ガンはヤンアン大君を失い、民衆の評判は悪くなる一方、明るい材料なしです。 そしてついに、歴史が動くであろうその時がやって来ました!ガンが先祖の墓参りに出発したという情報が入り、フィと仲間たちが行動を開始・・。 フィたちの作戦は、ガンが通る道に待ち伏せし、彼が現れたところで襲撃するというものです。 卑怯な作戦ではありましたが、ガンに廃位を迫る方法はこれしかないと思いました。 そしてガンは何も気づかず王宮を出て、墓参りへと向かいます。 彼はフィが予測したルートを通っていき、徐々にフィたちが待ち伏せする地点に近づきます。 まさかここまで上手くいくとは思わなかった・・これは案外簡単に事がすむかもしれんぞ・・。 そんな楽勝ムードが漂いますが、果たして、ガンは本当に策略に気づいていないのか!?やがてガン一行が待ち伏せポイントに差し掛かり、フィたちは襲撃を開始します。 それ!一気に攻めかかれ!あの駕籠だ!あそこにガンが乗っているぞ!奇声を上げながら襲いかかる反乱軍・・その勢いは凄まじいばかりですが・・。 ガンが乗っているはずの駕籠の中には、誰も乗っていませんでした。 これは!?ど、どういうことだ!誰もいないとは・・ガンはどこだ?フィ率いる反乱軍は動揺しながらガンを探しますが、どこにも見当たりません。 そして右往左往するうちに、悪い知らせが飛び込んできます。 実はガンは策略を読んでいて、あらかじめ部隊を二つに分けていたということです。 さらに態勢を素早く立て直し、反乱軍の討伐に向かっているとのこと・・。 新情報を聞いたフィは素早く考え、思いきった指示を出します。 ここも大変だが、王宮はもっと大変なことになっているはずだ!決めた!我々は今すぐ王宮へ戻る!ここはルシケたちに任せた!と。 こうしてルシケたちが現場に残り、フィ一行は王宮へと急ぐのでした。 そしてフィを援護しながらルシケは奮闘しますが、正規軍の勢いがそれを上回り・・。 ついに反乱軍は壊滅させられ、ルシケは捕えられてしまうのでした。 勇敢によく戦いましたが、あと一歩及ばず・・。 一方、王宮ではフィの不安が的中していました。 反乱軍の作戦を読んでいたガンが、墓参りに行かず王宮に残っていたのです。 そしてそこへジャヒョンとギドゥクがのこのこと現れて・・。 どういう結果になるかは、子供でも分かることでした。 二人はあっさりとガンに逮捕され、一緒に連れて来た先王の身柄も抑えられます。 しまった・・計画がバレていたのね・・油断してしまった・・。 ジャヒョンは悔しがりますが、全ては後の祭りです。 やがてガンが姿を見せ、ジャヒョンは死を覚悟するのでした。 私はいつでも死ねる・・悔いはないし・・思い残すこともない・・。 しかし、ガンはこの期に及んでなおジャヒョンを自分の妻にしようとします。 そして彼女の気持ちを探りますが、それは無駄な試みというものでした。 なぜなら、ジャヒョンはすでにフィの妻になっていたからです。 ガンに対しては恨みしかなく、愛する気持ちなどこれっぽっちもありません。 そのことにようやく気付いたガンは、自分の手で彼女を殺そうとします。 どうしても俺の愛を受け入れないというのか?そうか・・ならば死んでもらおう!ジャヒョンは絶対絶命のピンチを迎えますが、そこへ現れた大妃に助けられます。 一方、王宮にはガンに不満を持つ勢力もいました。 彼らは表向きガンに従うふりをしながら、反旗を翻す機会を伺っていたのです。 するとそこへフィ一行がやって来て・・不満分子たちはフィを大歓迎します。 よくぞ来てくださいました!これであの憎きガンを滅ぼすことができます!と。 これで強力な味方を得たフィは、一気に王宮の中に突入していくのでした。 そしてガンはこれを迎え撃ち、ついに両雄の直接対決が始まります。 長い間、交わることのなかった二人が久しぶりに相まみえ、激突することになったのです。 ここにおいてはさすがのガンも卑怯な手を使わず、正々堂々、フィと戦いました。 フィも死力を尽くしてガンに立ち向かい、本気で命を奪いに行きます。 やがて戦いは終わりを告げ、結果を迎えますが、勝利したのは・・フィでした!力尽きたガンは捕えられ、監禁され、廃位させられます。 さらにその後、先王が王座を奪還して即位し直し、政変は完了するのでした。 こうしてフィは初志を貫徹し大業を成しますが、一方で大きな犠牲も伴いました。 それは、彼の部下として忠実に従ってきた女真族とのハーフ、ルシケの死です。 彼女はガン一味の残党に捕らえられ逃げようとしましたが・・。 それに気づいたヨウル・ウンの剣の餌食になり、死んでしまったのです。 こうして収穫と犠牲を伴ったクーデターが、ようやく収束を迎えます...。 感想 フィ陣営は押せ押せムード、一方のガンは衰退ムード・・もはや勝負あり! 誰もがそう思いましたが、さすがに曲者のガン、簡単には終わってくれませんでしたね。 それどころかフィの作戦を見抜き、裏をかいて反乱軍を壊滅させました。 この辺りはさすがヤンアン大君の薫陶を受けているというか・・一筋縄ではいきませんね。 フィが立てた作戦も良かったのですが、ガンが一つ上回っていたということでしょう。 ただ、正規軍の攻撃を受けたとき、フィが王宮に向かったことは良かったと思います。 あそこでルシケたちと一緒に残って戦っていたら・・。 今頃、彼は捕えられて処刑されていたか、もしくは監禁されていたでしょう。 それに加えて、王宮内にガンに反対する勢力がいたことも大きかったです。 彼らの支援がなければ、フィは王宮に入ることすらできなかったかもしれません。 それどころか勢力を盛り返し、ガンと再対決できるところまで持っていきました。 勝利をもぎ取るには運も必要といいますが、どうやらフィは強運の持ち主でもあるようです。 そしてその運にも後押しされて、フィはついにガンを打ち倒しました。 全てが間一髪の戦いでしたが、最後は国を思う気持ちが強いフィが勝利を引き寄せました。

次の