龍 が 如く ピエール 瀧。 ピエール瀧氏が演じた『ジャッジアイズ』羽村京平の新モデルが公開。北米版の最新映像で披露される

JUDGE EYES新価格版発売!ピエール瀧の代役は?【変更点まとめ】

龍 が 如く ピエール 瀧

2019年3月13日、セガゲームスは、俳優・ミュージシャンとして活動するピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、PS4向けタイトル 『JUDGE EYES:死神の遺言』の を行った。 その結果、通販サイトなどで本作が高騰するといった傾向を見せている。 (画像はより) Amazon. jpでは、2019年3月13日23時22分ごろ、ゲームカテゴリの売れ筋ランキングで1位を獲得していた。 事態が少し落ち着いた記事執筆時点でもゲームカテゴリの総合2位にランクイン、マーケットプレイス出品価格は 新品が1万円近く、中古が7600円近くと、2018年12月13日に発売されたタイトルとしては高騰している様子が確認できる。 楽天、ゲオマート、メルカリといったサイトでも中古が定価(8290円・税別)近くかそれ以上の価格で販売されており、駿河屋では新品が14800円(税込)という倍近い価格になっている。 また、過去の作品であるため『JUDGE EYES』と比較するとそれほど大きな変動ではないが、同じくピエール瀧氏が出演した 『SIREN2』や、彼がゲームクリエイターとして関わった 『グルーヴ地獄V』や 『バイトヘル2000』も同様の動きを見せているようだ。 販売が自粛される前の駆け込み需要が高騰の理由のひとつであることは間違いないだろう。 本作はPlayStation StoreでもDL版の販売が停止されており、各公式サイトも閲覧できなくなっている。 今後、ピエール瀧氏が担当していた作品が手に入らなくなる、あるいはオリジナルの作品とは異なる変更が加えられる可能性もあるわけで、需要が高まるのも不思議ではない。 セガゲームスはPS3向けタイトル 『龍が如く4』のPS4向けリマスターを行う際に、「谷村正義」というキャラクターのモデルと担当声優を変更するという措置を取っている。 これは谷村正義を演じた成宮寛貴氏が、2016年12月に報道された違法薬物の使用疑惑に関連し、芸能界を引退したためだ。 本作は北米版となる 『JUDGEMENT』が2019年6月25日に発売予定であるため、それに向けて同様の手法で作中に手が加えられる可能性は十分にありそうだ。 なお、本件に関する話であるかどうかは明言されていないが、龍が如くスタジオの齋藤大輔氏は、「いつか、必ず、復活させる」と本作の再販の意思を示すような を残している。 PS3『龍が如く4』に登場する「谷村正義」。 (画像はより) このほか、ウォルト・ディズニー・ジャパンからは、 『アナと雪の女王』に登場するオラフの日本語版吹き替え声優をピエール瀧氏から交代するという が公開。 ピエール瀧氏が所属するソニー・ミュージックレーベルズからもCD・映像商品の出荷停止・在庫回収・デジタル配信停止が発表された。 このオラフは、スクウェア・エニックスが先日発売した 『キングダムハーツIII』にも登場している。 ピエール瀧氏の出演する作品では、ゲームだけでなく映画なども公開や販売の自粛が続いており、「作品に罪はないのだから販売を自粛する必要はないのでは」といった声も一部で出ている。 出演俳優が罪を犯した作品はどのように扱うべきなのか、今回の販売自粛に関連した騒動と議論はしばらく続きそうである。 ライター/.

次の

セガ、『JUDGE EYES(ジャッジアイズ)』の販売停止 羽村役ピエール瀧の逮捕を受けて

龍 が 如く ピエール 瀧

セガゲームスはPS4『JUDGE EYES:死神の遺言』を2018年12月13日に発売すると発表しました。 本作の主演を務めるのは、俳優・アーティストとして知られる木村拓哉氏。 現在の東京で繰り広げられる連続猟奇殺人をテーマとした、本格リーガルサスペンスアクションが展開します。 また、主要キャラクターには谷原章介氏、ピエール瀧氏、滝藤賢一氏、中尾彬氏といった豪華俳優陣がキャスティングされているのも、魅力のひとつでしょう。 本作は早くも、本日9月10日から「先行体験版」が配信中。 『龍が如く』シリーズで知られる「龍が如くスタジオ」が3年以上もの月日をかけて制作した渾身の作品を、ぜひこの機会に味わってみてはいかがでしょうか。 株式会社セガゲームスは、俳優・アーティストの木村拓哉氏が主役を演じるリーガルサスペンスアクション『JUDGE EYES:死神の遺言』を、2018年12月13日(木)にPlayStation4用ソフトウェアとして発売することを決定いたしました。 『JUDGE EYES:死神の遺言』は、現代の東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う、本格リーガルサスペンスアクションです。 木村拓哉氏が演じるのは、失意のどん底に突き落とされながらも再び立ち上がる主人公・八神隆之。 木村氏は開発スタッフとさまざまな打ち合わせを重ね、1000分以上にわたるドラマパートのボイス収録を実施。 新たな主人公像を濃密に作り上げていきました。 また、主人公を取り巻く主要キャラクターとして、谷原章介氏、ピエール瀧氏、滝藤賢一氏、中尾彬氏といった実力派俳優陣が集結。 さらに、ロックバンド[ALEXANDROS]が本作のために書き下ろした主題歌「アルペジオ」と挿入歌「Your Song」がドラマを盛り上げます。 なお、本作を開発するのは、全世界で累計出荷本数1,100万本を超える『龍が如く』シリーズを生み出した、セガゲームス取締役CPO・名越稔洋率いる「龍が如くスタジオ」。 スタジオが信念としてきた「大人が満足できるコンテンツ」を目指し、3年以上の月日をかけてストーリーを制作。 また、『龍が如く』シリーズとは一線を画する新たな要素「調査アクション」を駆使しながら、プレイヤーは事件の真相に迫っていきます。 木村拓哉氏と「龍が如くスタジオ」が強力なタッグを組み開発を進めるリーガルサスペンスアクション『JUDGE EYES:死神の遺言』に、ぜひご期待ください。 本作の序盤の物語や、新感覚調査アクションの一端を体験することが可能です。 特典は数に限りがございますので、お早めにご予約をお願いいたします。

次の

ピエール瀧逮捕でジャッジアイズはどうなる!?

龍 が 如く ピエール 瀧

販売自粛に伴い、『JUDGE EYES:死神の遺言』に関するツイート等は削除いたしました。 何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 発表では「ピエール瀧容疑者が逮捕されたことは、大変遺憾なことと受け止めております」とコメント。 「 逮捕報道を受け、現在事実を確認中」としながら、「 当面の間、当該製品の出荷及びDL販売、製品HPの掲出等を自粛させていただくことといたしました」と説明している。 すでに公式サイトにアクセスできず、YouTubeにアップロードされていたPVなども閲覧できなくなっている。 木村拓哉の出演でも話題の『JUDGE EYES:死神の遺言』 現代の東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う、本格リーガルサスペンスアクションとして2018年12月に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』。 開発したのは「龍が如く」シリーズを生み出した、名越稔洋さん率いる「龍が如くスタジオ」だ。 任侠モノとして知られる「龍が如く」シリーズに新たな要素「調査アクション」を加え、事件の真相に迫っていくという物語。 主人公・八神隆之を演じる木村拓哉さんをはじめ、主要キャラクターには、 谷原章介さん、ピエール瀧さん、 滝藤賢一さん、 中尾彬さんといった実力派俳優が出演していた。 体験版が配布された時点から、「龍が如く」の世界観が想像以上に再現され、木村さんの存在感が凄まじいためか、"キムタクが如く"とも呼ばれ話題を呼んでいた。 メルカリやAmazonでは価格高騰の兆し? 販売自粛の発表を受けて、予想されるのがECサイトなどでの『JUDGE EYES:死神の遺言』の価格高騰だ。 3月13日15時30分の段階で、Amazonでは、Amazonが販売・発送する商品はすでに削除されており、小売店などの出品者からのみ購入できる状態だ。 価格は新品の場合は1万数千円ほど。 定価がおよそ9000円だったことを考えると、やや値上がりしている。 一方、フリマアプリ「メルカリ」でも、急激な価格の上昇は見られず、発表前から出品されていたものはいずれも7000円前後。 今後、より高い価格での出品が増える可能性もあるだろう。 ピエール瀧の携わった作品はどうなる? また本作にとどまらず、オラフ役の日本語声優を務めた『アナと雪の女王』や、現在放送中の大河ドラマ『いだてん』、電気グルーヴの楽曲など、ピエール瀧さんが携わる作品への影響も懸念されている。 これに関しては、海外での販売も予定されていたことから海外メディアでも取り上げられており、コカインに関する認識の違いもありつつ、「本気か? ゲームがコカインをやったってのか?」「なぜゲームの出荷をキャンセルする必要があるのか理解できない」などの声もネットでは挙がっている。

次の