志賀 廣太郎 死亡。 志賀廣太郎さん、誤嚥性肺炎で死去

【訃報】 俳優の志賀廣太郎さん 肺炎で死亡 享年71

志賀 廣太郎 死亡

名脇役として活躍した俳優の志賀廣太郎(しが・こうたろう)さんが、誤えん性肺炎のため4月20日に死去していたことが30日、分かった。 71歳。 葬儀は29日に近親者で行った。 喪主は弟健二郎(けんじろう)氏。 新型コロナウイルスの終息後、所属劇団「青年団」の劇団葬としてお別れの会を予定している。 志賀さんは昨年4月に脳梗塞を患い、手術を受けてからは、復帰を目指しリハビリを続けていた。 40代でデビューした遅咲きの名バイプレーヤーが、志半ばで旅だった。 関係者によると、志賀さんは手術後、介護施設で生活していたが、4月に入って食欲が低下。 20日夕方に意識がもうろうとしていたため、緊急搬送された。 病院に到着した時には心肺停止しており、意識が戻ることはなく、死亡が確認された。 新型コロナによる肺炎の疑いはないと診断されたという。 兵庫県出身の志賀さんは、中学、高校時代は演劇部に所属。 桐朋学園大短期大学部で演劇を学び、専攻科修了後、ドイツ留学を経て、同校で非常勤講師として勤務。 42歳だった1990年、平田オリザ氏主宰の「青年団」に入団し、プロとして役者業に取り組むようになった。 05年からのDVDドラマシリーズ「THE3名様」での、「パフェおやじ」もハマリ役に。 14~19年のテレビ東京系「三匹のおっさん」シリーズでは、北大路欣也(77)、泉谷しげる(71)と共に主役に抜てきされた。 19年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」にも出演予定だったが、18年4月、体調不良を理由に降板を発表。 その後、仕事を再開させたが、脳梗塞で途中降板した19年4月期のテレビ東京系「きのう何食べた?」が最後の出演となった。 1年前に受けた脳血栓の除去手術により、志賀さんには右半身のまひと失語症の後遺症が残った。 リハビリに取り組み、今年2月には手すりにつかまった状態で歩いて、日常会話もある程度できる状態にまで回復。 周囲には「年内に朗読劇かナレーションができれば」と話して復帰へ意欲を見せていたが、願いはかなわなかった。

次の

俳優 志賀廣太郎さん死去 誤嚥性肺炎とは?名脇役ドラマ映画まとめ!

志賀 廣太郎 死亡

来歴 [ ] 生まれで、幼稚園時代にに引っ越し 、その後へ移る。 の同級生にがいる。 幼稚園の園長や小学校の担任が児童演劇協会に所属するなど演劇に造詣が深かったことから 、中学・高校から演劇部に所属。 の養成所が移管されると聞き、桐朋学園大学短期大学部に入学。 大学では演技の他に狂言、日舞、バレエ、体操などを学んだが、なかでも能をに学んだことは印象に残っており 、音声学を学んだからは、「君の声はいい声だから大事にしなさい」と言われたという。 1971年、桐朋学園大学短期大学部専攻科演劇専攻修了。 卒業後はすぐ役者の道に進むつもりだったが、素晴らしいと思える先生に多数出会ったことから大学に残ることを決め 、1973年までゼミの助手を務める。 当時は翻訳劇の舞台が多く、ヨーロッパ原作の劇が現地でどう演じられているのかが気になったため、に渡り、語学学校を経ての専門学校へ入学。 そこでは演技の基礎と考えていた体操を1年近く学び、あちこち移動した後、で日本人補習授業校の小中学生の国語教師を務める。 30歳を前に、交際していた女性と結婚するため 1977年に帰国。 1978年より母校の演劇科にて非常勤講師を務める。 学生にはなどがいた。 吸収することがなくなり、自らも演じることが必要だと感じ始めていた40歳も目前となった頃、が主宰する劇団「」の舞台を観て共感し 、教材としての使用を申し出る。 しかし同時に自分が演じていない台本を学生に教えられないという思いが生じ、酔った勢いで平田に「次の舞台に出たい」と言ったところ出演が決まり、1990年、41歳で『光の都』に出演。 その後も教壇に立つ傍ら舞台に立ち続け 、1993年に正式に劇団員になる。 よく小劇場の演劇を観ていたに見初められ 、46歳の時にのCMに出演して注目を集める。 これを契機にオファーが増え始め 、1998年、『もう、ひとりじゃない』で映画初出演。 その後、2001年に『』、『』の「BLACK ROOM」など、2000年代になって引っ張りだことなる。 私生活では40代で離婚。 2003年のテレビドラマ『』の打ち上げで初めてと顔を合わせて「志賀さんいいですねー」と声をかけられ、『』の出演オファーを受ける。 そこで演じたパフェおやじ役が若者の間で評判になり、主演陣の人気を凌ぐほどの反響があったことから、DVD『【「THE3名様」スピンオフ】人生のピンチを救うパフェおやじの7つの名言』の制作が決定し主役を演じた。 2008年4月6日に渋谷で行われたDVD発売イベントには多数の若い女性が駆けつけ、女性ファンの歓声に囲まれながら「人生でこんないい日を迎えられるなんて」とコメントした。 2015年にシリーズで知られるが監督を務める青春映画『』に、メインキャストとして出演した。 原作は青年団主宰の平田オリザによる同名小説である。 2019年の『』に春野先生役での出演が予定されていたが、体調不良のため降板。 代役にはが立てられた。 2019年4月9日、4月5日から6日にかけてを発症し、緊急手術を受けて入院中であることが系枠のドラマ『』の公式サイト上で発表された。 主人公の父親・筧悟朗役で出演していたが、大事をとって降板することも併せて発表された。 なお、収録済の回については予定通り放送される。 残りの回の代役にはが立てられた。 4月30日、所属劇団「青年団」が、「命に別状なし」との報告を行った。 その後は復帰に向けてリハビリに努めていたが、2020年4月20日20時20分、のため、の病院で死去。 71歳没。 訃報は葬儀を終えた同月30日 、所属事務所の公式サイトにおいて公表された。 人物 [ ] ドラマや舞台において、上司役や刑事役、教師役や医者役などを持ち前の風貌と渋い声で演じ、様々な場面に欠かすことのできない名脇役として活躍している。 ドラマプロデューサーのは、「地味な存在の役を、そのままいい具合に地味に演じることができる。 地味な役でもカッコよく演じたい役者さんも多いなか、配役のキャラクターや演出を理解して演じる志賀さんは貴重な存在」と評価している。 私服は「チェックしか着ない」と話す。 酒と温泉が好き。 好きな言葉は「漂えど沈まず」。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (2001年、フジテレビ)• 「BLACK ROOM」(2001年) - 湯ノ本カズオ• 「採用試験」(2002年) - 試験官• 「サイゴノヒトトキ」(2004年)• 「人間電子レンジ」(2013年) - 久米清• (2002年、フジテレビ) - 楠木賢明• (2002年、フジテレビ) - 大森雄三• (2003年、フジテレビ) - 鶴巻幸雄• (2003年、) - 吉家係長• (2003年、フジテレビ) - 館林伸吾• (2003年、フジテレビ) - 商店街の会長• (2004年、) - 滝本始• (2004年、フジテレビ)• (2004年、フジテレビ)• (2004年、テレビ朝日) - 小野寺校長• (2004年、フジテレビ) - 平山修• (2005年、フジテレビ)• (2005年、) - 菅原• (2005年、) - 福田• (2006年、フジテレビ) - 安本正広• (2007年、NHK) - 中延五郎• (2007年、テレビ朝日) - 裁判長• (2007年、テレビ朝日) - 亀田陽吉• (2007年、テレビ朝日) - 田中社長• (2007年、テレビ朝日) - 一の瀬さんの旦那さん• (2007年、フジテレビ) - 大臣の秘書• (2007年、フジテレビ) - 善田秀樹• (2008年、NHK) - ナレーション• 大河ドラマ(NHK)• (2008年) -• (2010年) - 牢屋の老人• (2008年、フジテレビ) - 武藤三男(捜査一課長)• (2008年、フジテレビ) - 井上雄一• (2008年、TBS) - 柿沼高太郎• (2008 - 2009年、フジテレビ) - ナレーション• (2009年、NHK) - 太田さん• (2009年、NHK) - 松田警備員• (2009年、TBS) - 土田吾一• (2009年、フジテレビ) - 三島• (2009年、) - エージェント• (2009年、) -• (2009年、フジテレビ) - 松崎恒夫• (2009年) - 芝重男• (2011年) - 芝重男• (2012年) - 芝重男• (2009年、フジテレビ) - 鈴江光男(鈴さん)• (2010年、NHK)• (2010年、) - 寺尾裁判長• (2010年、日本テレビ) - 神林悟• (2010年、NHK) - 長岡昇• (2010年、TBS) - 葉月荘一郎• (2010年、フジテレビ) - 保坂次郎• (2010年、テレビ東京) - 裁判長• (2011年、フジテレビ) - シューティングスターズのマスター• BSプレミアム 黄金の扉(2011年 - 、NHK) - ナビゲーター• (2011年、TBS) - 谷健之助• (2011年、WOWOW) - 絹道教授• (2011年、テレビ東京) - オザル• (2012年、NHK) - 佐藤医師• (2012年、TBS) - 川田吾一• (2012年、フジテレビ) - 葛城博昭• 「」(2012年1月21日、テレビ朝日) - 有島輝夫• (2012年、フジテレビ) - 辻義人• 第6話(2012年、フジテレビ) - レストラン シーラスの店員• (2012年、TBS) - 戸村一郎• (2012年、TBS) - 亀山日出夫(花の父)・ナレーション• (2012年、TBS) - 浜野祐二• 土曜ワイド劇場「」(2012年5月26日、テレビ朝日) - 羽田社長• 「」(2012年 - 、フジテレビ) - 村山剛• NHK• (2012 - 2013年) - 中津留賢二• (2014 - 2015年) - 黒沢秘書• (2016年、NHK) - 弓岡柳生• (2013年、NHK) - 語り• 雲霧仁左衛門2(2015年、NHK)• 雲霧仁左衛門3(2017年、NHK)• (2013年、日本テレビ) - 菅原健太郎• (2013年、TBS) - 木ノ本道元• (2013年、) - 榊利久• (2013年、テレビ東京) - 秦路行• (2013年、TBS) - 浅沼兼男• 「1」(2013年、テレビ東京) - 木村茂• 金曜プレステージ「」(2013年1月18日、フジテレビ) - 餃子屋の店主• (2013年、フジテレビ) - 浜岡孝太郎• (2014年、NHK) - 久兵衛• (2014年1月 - 3月、テレビ東京) - 有村則夫• (2015年4月 - 6月、テレビ東京)• (2017年1月 - 3月、テレビ東京)• 三匹のおっさんスペシャル〜正義の味方、史上最大、最後の戦い!…かも?〜(2018年1月2日、テレビ東京)• 「タクシードライバーは語る」(2014年、フジテレビ) - ヒトミの父• (2014年、テレビ東京) - 大橋幸三• (2014年、フジテレビ) - 小林春男• (2014年、日本テレビ) - 伊丹秀夫• (2014年、テレビ朝日) - 斉藤三郎• 月曜ゴールデン「5」(2015年、TBS) - 曽根• (2015年、テレビ朝日) - 武藤重之• (2015年、フジテレビ) - 白石孝夫• (2015年、フジテレビ) - 財部栄一• (2016年、フジテレビ)• (2016年、TBS) - 芳井一(番頭)• (2016年、フジテレビ) - 高柴善太郎• (2016年、テレビ東京) - 清田平吉• (2016年、テレビ東京) - 岩木渉• 第6話(2016年) - ロラリラス星人• (2016年、フジテレビ) - 志賀廣太郎(本人役)• (2017年、フジテレビ) - 笹島太一• (2017年、TBS) - 広沢忠司• (2017年、TBS) - 富島玄三• (2018年、TBS) - 小林孝蔵• (2018年12月14日、テレビ東京) - 市川雄作• (2019年1月 - 3月、日本テレビ) - 湯布院和人• 遺作 映画 [ ]• (1998年) - 峰村高人• (1999年) - 山本賢司• (2003年) - ガシ先生• (2004年)• (2004年)• (2004年) - タクシー運転手• (2005年) - 本社の藤本• (2006年) - 南ちゃん• (2007年) - 林田• ざくろ屋敷 バルザック『人間喜劇』より(2007年) - 主演:ガストン• (2008年) - 神主• (2008年) - 倉持事件の裁判長• UFO食堂(2008年)• (2009年) - マスター・早乙女• (2009年) - 中延五郎• (2009年) - 中学校の英語教諭• (2009年) - 木村忠男• (2009年) - 池坊保友(頭取)• 代行のススメ(2009年) - 司会者• (2009年) - 芝重男• (2010年) - タツキチ 役• (2010年)• (2010年) - 伊藤• (2010年)• (2010年)• (2012年) - 芝重男• 演劇1(2012年、監督)• (2012年、内田伸輝監督)• (2013年、監督)• (2013年、監督)• (2013年)• (2013年)• (2014年1月11日、監督) - カラオケ店の店長• (2014年2月22日)• (2014年3月1日、、監督)• (2014年5月30日、監督) - デパート社長・鈴木由三郎• (2014年6月7日、福田雄一監督)• (2015年2月28日、監督) - 滝田先生• シリーズ(2015年 - 2016年)全6作 - 村沢• (2016年4月1日) - 中田次郎 役• (2017年6月10日公開)- 坂上教授 役• (2017年7月14日、福田雄一監督)• (2018年3月17日、監督) - 伊勢大二郎• (2018年4月27日、監督)• (2018年5月12日、監督) - 幸男 舞台 [ ]• 東京ノート(1998年)• ソウル市民(1998年)• 海よりも長い夜(1999年)• ソウル市民1919(2000年)• ナイス・エイジ(2000年・2006年)• 上野動物園再々々襲撃(2001年)• パン屋文六の思案〜続・岸田國士一幕劇コレクション〜(2014年)• 宮本武蔵(完全版)(2016年8月19日 - 29日、東京芸術劇場シアターイースト) - 山伏• バージン・ブルース(2017年5月4日 - 21日、こまばアゴラ劇場)• 朗読劇「画狂人 北斎」(2017年) - ラジオ [ ]• () - 矢田三郎• 「こんぴら夫婦」(2012年9月22日、) DVD [ ]• 第1巻 - 第4巻(2009年、)• 」 2001年、Victor Entertainment ビデオ [ ]• (2005年) - パフェおやじ CM [ ]• 「アップルマジック'95」(1995年)• 「ビオレ」ナレーション(1996年)• (1996年)• 「いきなさいTBC篇」(1997年)• ・「Let's Note」(1998年)• 「誕生篇」(1999年)• 「BOSS7年末篇」(1999年)• 「」(1999年)• (2000年)• (2001年、2015年) - 2015年出演時は「シニアスマホ「二人の悩み」篇」でと共演• 公共広告機構(現:)「IMAGINATION」(2001年)• (2002年)• (2002年)• 「キレートレモン」(2007年)• 「同窓会篇」(2008年)• 「」 (2014年)• 「」(2016年)• 「」(2017年) WEB [ ]• 『親父のメール』• 『おかえり -manzumamake-』 その他 [ ]• (2018年12月23日、) 脚注 [ ] []• レトル. 2018年12月14日閲覧。 インタビュー. 『』(). 2018年1月7日閲覧。 インタビュアー:西條耕一. の2015年4月29日時点におけるアーカイブ。 2016年5月3日閲覧。 インタビュー. 2018年5月20日閲覧。 くにまるジャパン. 2014年1月19日. 2014年9月10日閲覧。 インタビュー. 『』(). 2018年1月7日閲覧。 高田文夫『誰も書けなかった「笑芸論」』(講談社)P. 209• 志賀廣太郎 2018年1月2日. インタビュアー:西森路代. 2018年1月7日閲覧。 インタビュアー:西森路代. 2018年1月7日閲覧。 2016年5月3日閲覧。 インタビュー. 『』(). 2018年1月7日閲覧。 シネマトゥデイ 2008年4月7日. 2015年4月29日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年4月26日. 2018年4月26日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年4月9日. 2019年4月9日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年4月11日. 2019年4月11日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年4月30日. 2019年4月30日閲覧。 - 時事ドットコムニュース 2020年4月30日• - Sponichi Annex 2020年4月30日• - サンスポ 2020年4月30日• 志賀廣太郎 2008年3月26日. インタビュアー:国領雄二郎. 2015年4月29日閲覧。 インタビュー. 『』(). 2018年1月7日閲覧。 2013年9月30日. 2015年9月9日時点のよりアーカイブ。 2017年11月22日閲覧。 2015年4月23日. 2015年4月29日閲覧。 2017年11月16日. 2017年11月22日閲覧。 modelpress. 2014年12月1日. 2014年12月1日閲覧。 cinemacafe. net 2015年6月25日. 2016年5月3日閲覧。 2016年4月16日. 2016年5月3日閲覧。 テレ東プラス. 2018年12月14日. 2019年1月5日閲覧。 2018年12月8日. 2019年1月5日閲覧。 ドラマ24「きのう何食べた?」. テレビ東京 2019年4月9日. 2019年4月9日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月6日. 2015年11月6日閲覧。 2016年4月1日. 2016年5月3日閲覧。 プレスリリース , , 2017年6月2日 , 2018年5月20日閲覧。 SPICE. 2016年8月22日. 2018年6月24日閲覧。 公式Twitter、 2018年6月24日閲覧。 ナターシャ 2017年2月14日. 2018年6月24日閲覧。 ナターシャ 2017年9月21日. 2018年5月20日閲覧。 ザテレビジョン. 2016年11月10日. 2016年11月10日閲覧。 プレスリリース , 株式会社明治, 2017年7月24日 , 2019年4月30日閲覧。 - 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - レトル• Schau1948spiel -• 『』 - この項目は、に関連した です。

次の

志賀廣太郎の住まいは神奈川の集合住宅?息子や元嫁妻等家族は?死因は誤嚥性肺炎!

志賀 廣太郎 死亡

俳優の志賀廣太郎さんが20日、誤嚥性肺炎のため亡くなったことが30日、分かった。 所属事務所・レトルが、公式サイトを通じて発表した。 71歳だった。 志賀廣太郎さん 所属事務所は、「弊社所属俳優の志賀廣太郎が、2020年4月20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため満71歳で永眠いたしました」と報告。 「2019年春に脳梗塞で倒れて以降、復帰に向けてリハビリを続けてまいりましたが、かないませんでした」と明かし、「ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます」とつづった。 「ご遺族の意向により、葬儀は4月29日に近親者のみにて執り行われました。 誠に勝手ながらご香典ご供花の儀はご辞退申し上げます」とし、「なお、『お別れの会』等の実施につきましては、新型コロナウイルスに関連する一連の状況を見極めながら、ご遺族や所属劇団の青年団と相談の上開催させていただく予定でおります。 決定しましたらご報告させていただきますので今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます」と結んでいる。 志賀さんは『アンフェア』 06・フジテレビ系 、『三匹のおっさん』 14〜・テレビ東京系 、NHK連続テレビ小説『純と愛』 12 、『マッサン』 14 、『とと姉ちゃん』 16 、大河ドラマ『篤姫』 08 、『龍馬伝』 10 など、数々の人気作の名脇役として活躍した。 外部サイト.

次の