西野七瀬 がるちゃん。 西野七瀬の衰えない“商品価値”次回出演作オファー精査中

マツコ、久保田直子アナに「もうちょっと評価されてもいいと思う」|E

西野七瀬 がるちゃん

27日に放送された日本テレビ系音楽特番「ベストアーティスト2019」に出演した西野。 同番組で乃木坂46が「インフルエンサー」などをパフォーマンスする際に登場して曲紹介。 ネット上でファンからは歓喜の声が上がり、ツイッターで「西野七瀬」というワードがトレンド入りした。 イメージキャラクターを務めるカラーコンタクト「me me mar(メメマール)」も売れ行き好調。 さらに、西野が表紙と、50ページにわたる巻頭グラビアを飾ったビジュアル誌「WHITE graph 002」は、11月25日付オリコン週間BOOKランキングの写真集部門で初週2・6万部を売り上げ、初登場1位を獲得した。 グループ卒業後も西野のブランド価値が衰えていないことを示している。 ファンは次に出演する作品を待ち望んでいるが、関係者によれば「今は届いた映画やドラマなどのオファーを精査している段階です」と語る。 それもそのはず。 来月2日に「大賞」が発表される今年の「新語・流行語大賞」にもノミネートされた「あな番」だけに、西野の次回作はいやが上にも真価が問われることになるからだ。 「『あな番』で女優として一定のポジションを確保した西野さんですが、次の映画やドラマでハマり役を演じることができれば、確固たる地位を築くことにつながるでしょう。 次の一歩がとても重要になるだけに、事務所サイドも役柄も含めて慎重になっている」(ドラマ関係者) 西野が次回作で女優としての価値を高めることができるか注目だ。

次の

マツコ、久保田直子アナに「もうちょっと評価されてもいいと思う」|E

西野七瀬 がるちゃん

(写真左上から時計回りに)辻希美、浜崎あゆみ、板野友美、前田敦子、沢尻エリカ、指原莉乃、菜々緒、北川景子 週刊女性PRIMEで好評のアンケート企画『セキララアナリティクス』で反響が大きかった、記事。 こちらで票が集まったのは、 浜崎あゆみ(40)、 板野友美(27)、 菜々緒(30)、 前田敦子(27)、 辻希美(31)、 北川景子(32)、 指原莉乃(26)、 沢尻エリカ(32)など。 浜崎さんは昨年40歳になりましたが、アンケートでは「最近は若作りが痛々しいし太り過ぎ。 高須「 浜崎さんはアイドルとして活躍していたころから目がクリっとして可愛く、特に顔が変わった印象はないかな。 体重の増減もこの年齢なら当たり前にあるでしょうし、衣装によって太って見えたりするもの。 メイクもお上手です。 では次に、元AKB48の板野友美さんですが、デビュー当時と比べて目や鼻、顎など大幅に顔が変わった印象があるのか、メディアに出るたびに整形疑惑が持ち上がります。 高須「 やっていたとしても、鼻と涙袋はヒアルロン酸でしょう。 それに一時期よりナチュラルになった感じだし、もしかしたら追加注入をやめたか、溶解注射をしたのかもしれないね。 今はいい感じです。

次の

指原莉乃の“上から目線”連発に「失礼過ぎ」「この人ヤバいよ」

西野七瀬 がるちゃん

フリーアナウンサーで女優としても活動するが、8月8日放送のフジテレビ系木曜劇場『ルパンの娘』(毎週木曜 後10:00)第5話にゲスト出演することがわかった。 田中が演じるのは、甘い言葉とパンチラを武器に男を誘惑し、金品を奪う女泥棒・双葉美羽(ふたば・みう)。 大胆な衣装を着こなした田中は「30歳を過ぎて、これほど露出することになるとは思いませんでした。 お見苦しいところも多いかと思いますが、そこは作品の世界観として大目に見て頂けたら幸いです(笑)!」とお茶目に呼びかけている。 「ストーリー自体はファンタジーだけど、女性の等身大の悩みを投影しているのではないでしょうか。 だけど美羽のむき出しの感情を、深田さんとのシーンで感じ取っていただけたらうれしいです」とアピールする。 今回、深田とはドラマ初共演となるが「深田さんが出演されている作品が大好きで、自分が青春時代にみていたドラマの多くに出られている女優さんを前に、内心すごく緊張していました。 撮影では、お会いしてすぐにバチバチやり合うシーンだったのですが、本当は敵対関係なんて嫌でした(笑)」と本音をポロリ。 「俳優さんは、まとってる空気が違うと改めて感じました。 こんな私をサポートし支えてくださって、本当に救われました」と周囲の環境に感謝した。 また、アクションシーンについては「難しかったです。 2〜3時間しか練習する時間が無く、その間ムチを振り回しすぎて、手に力が入らなくなりました。 まず、こんなにも体力が衰えていることにショックを受けました(笑)」と反省。 「元々、器械体操をやっていたし、ジムにも通っているから体力には自信がある方だと思っていたんですけどね、アクションは全く別物だと感じました。 今後もしアクションをする機会があれば、今回の経験を生かして、もっとうまくできるよう頑張りたいです!」とリベンジを誓っていた。

次の