やっ さる 意味。 「○○さる」という北海道の方言は便利すぎて標準語にしたいレベル

『さるさる日記』が滅ぶべくして滅んだ本当の理由

やっ さる 意味

・スコップの持ち手が呼び鈴に触れて「押ささった」 ・目当てのアイコンにうまくタップできず別のアイコンが「押ささった」 ・背中がエレベーターのボタンに触れて違う階のボタンが「押ささった」 ・自分の肘が触れてスイッチが「押ささって」電気が消えてしまった 皆さんもこのように意図せずにしてしまった経験はありませんか? 要するに、「押すつもりはなかったんだけど、自分の意思とは関係なく押されてしまった」という考えを伝えています。 この場合、北海道弁では「押ささった」の五文字で対応可能です。 意味合い的には標準語の「ボタンを押してしまった」「ボタンが押される」という表現に近いのですが、自分が主語であったり、意思をもって押したことがなんとなく伝わってしまいますので、厳密には意味を正確に伝えきれていません。 ですから「押ささる」は「押してしまった」「押される」とイコールではありません。 「押ささる」は「押ささる」であり、他に適当な言葉が思い浮かびません。 道民も、自分が意思をもって押すときは「ボタン『を』押す(押してしまう)」、誰かが押したときは「押される」を使います。 それとは別に、自分の意思に反する場合には「ボタン『が』押ささった」を使いわけているのです。 反応しないボタンに対して別のボタンは「押ささるよ」、つまり押すことができるよ、押せるよ、と同義のように使われます。 また、「押ささっている」という場合は、押されたままの状態になっている、という意味合いがあります。 押してるのにボタンに原因があるのか「押ささんない」 逆に、否定形の「押ささんない」「押ささらない」。 これは、ボタンを何度も押そうとしているんですが、壊れているんでしょうか、なかなか反応してくれない、という意味を伝える言葉です。 「押すことができない」「押せない」という標準語はこれに対応しないのでしょうか? もしこの言葉を使うと、そもそもボタンに触れないので自分では押すことが不可能、自分に押せない理由がある、とも解釈できてしまうでしょう。 でも「押ささらない」は、自分は押す行為はしていますが、押した結果になってくれない、ボタンに原因があるので結果的に押したことになっていない、という意味で使われます。 ですから「押ささらない」は「押せない」とイコールではありません。 「押ささる」以外にもこんな場面で使われる 「押ささる」は、意図せずに不可抗力でなされることが多いため、道民の間でもよく使われる言葉ですが、ほかにも使われる回数が多い言葉としては「書かさる」があります。

次の

友引とはどんな日?意味や読み方、やって良いこと悪いこと。忌事は凶

やっ さる 意味

うぁ、ちょっと驚いたので反応させてくだい。 今は「腐るな」というのが通じないのですね。 人をくさす・・・とも、言います。 まさに、悪口をいって、腐らせるわけですね。 だから、「くさるな」と励ます。 腐って、ダメになるということで、腐す、腐るなという使い方。 冗談にも、「腐るなよ」といわれると「既に発酵しているよ」という返し方も酒飲んだりするとします。 細菌学では腐る・腐敗も発酵も同じことで 役に立つのは発酵で、役に立たないのは腐敗。 ですので「既に、腐りきって、でもダメになっていないときに・・・・発酵している」という冗談もアリです。 うーん、私たちおばちゃんですが、「腐る」のも「既に発酵している」というのもよく使うのですが、「くさす、くさる、くさるな」というのが 通じないというのはちょっと驚きました。 Q 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。 熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。 今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。 平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。 でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか? 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 A ベストアンサー 30代既婚者男です。 失ってから気付くことは多いですね。 なぜ、人は失わないと気付くことができないのか?ですが、 これは、当たり前と思う傲慢さが原因だと思います。 今あるものが全て当たり前で、永遠に続くものだと勘違い してしまいます。 恋人が隣にいるというのが当たり前になってしまい、 優しさや思いやりに欠ける言動や行動をしてしまうのです。 恋人であったり、家族であったり、友人であったり、 それぞれ大切だと思えるものは違うのでしょうが、 全ては、いつか言えばいい。 いつか行動すればいい。 という思いが曲者なのです。 ありがとう、愛している、ごめんなさいを今言えるなら、 今言うべきです。 明日にしないで、今出来ることは今するべきなのです。 そうした先送りの癖をつけていると、いつか本当に後悔する 日がやってきます。 今を当たり前と思わないで、今日一日を、今を精一杯生きる ことこそ大切なことなのです。 明日が来るのは当たり前ではなく、奇跡なのです。 でも、心から大切なものを失う前に気付くことはとても 難しいことです。 失って初めて見つめることのできる心のシステムのような ものですからね。 だから人は、失恋や失敗、挫折から学ぶことが出来るのです。 でも、こうして普段から意識を集中させていれば、 いつか、今を感謝できるようになれるはずです。 後悔は悪いことではありません。 後悔が心を育てるからです。 たくさんの後悔の経験から得るものはとても大きいのです。 でも、一つ気をつけなければならないのは、あなたが今 感じている失って初めて大切に思える事が、単なる寂しさと 依存から来るものではないか?ということです。 この依存から来る思いでは、本当に大切なものを見過ごして しまうかもしれませんからね。 失えば得るのです。 逆に得ることで、失うのです。 失ってから気付くことは多いですね。 なぜ、人は失わないと気付くことができないのか?ですが、 これは、当たり前と思う傲慢さが原因だと思います。 今あるものが全て当たり前で、永遠に続くものだと勘違い してしまいます。 恋人が隣にいるというのが当たり前になってしまい、 優しさや思いやりに欠ける言動や行動をしてしまうのです。 恋人であったり、家族であったり、友人であったり、 それぞれ大切だと思えるものは違うのでしょうが、 全ては、いつか言えばいい。 いつか行動すればい... Q 今年、新卒で社会に出た男です。 金融機関に勤めています。 職場に女性上司がます。 以前から、私に対してだけ辛辣な言葉を投げられ、分からないことも分からないと言えず、聞きたいことも聞くことができず、時には理不尽な理由で詰められても、ただ「すみません」としか言うことができず、そのツケなのか、様々な大から小までのミスをしてきました。 気が弱いのです。 その人間関係のストレスからか、入社して半年で10キロも体重が落ちました。 そして先日、私の気の緩みから起きたミスで上司に恥をかかせてしまい、もうあなたには信用も期待も一切しない、と言い放たれてしまいました。 信用が第一の仕事をしているので、大変ショックでこの二日間その言葉が頭から離れません。 上司の言葉と顔を思い出すと、頭痛と吐き気が起き、ひどく孤独を感じ、泣きそうになります。 この不景気の中、せっかく入社することのできた念願の金融機関なのに、辞めるわけにもいきませんが、これから40年近く働いていけるのか、いつか鬱病になってしまうんじゃないかと不安です。 こんな時はどうすればいいのでしょうか…。 今年、新卒で社会に出た男です。 金融機関に勤めています。 職場に女性上司がます。 以前から、私に対してだけ辛辣な言葉を投げられ、分からないことも分からないと言えず、聞きたいことも聞くことができず、時には理不尽な理由で詰められても、ただ「すみません」としか言うことができず、そのツケなのか、様々な大から小までのミスをしてきました。 気が弱いのです。 その人間関係のストレスからか、入社して半年で10キロも体重が落ちました。 そして先日、私の気の緩みから起きたミスで上司に恥をかかせて... 辛らつなことを書きますが、あなたは自分に言い訳をしているから。 【職場に女性上司がいます。 】男性でも同じようなことを言うなら納得がいくのでしょうか? あなたは男性? 女に言われるから余計にプライドにひびくの? どうして、【女性】上司と書く必要があるのでしょうか? 「気が弱い」・・・だから、きちんと質問することもできないで ゴメンナサイで済ませてきた。 だから? 「気が弱い」というのはそれでオールマイティなのでしょうか? 【信用が第一の仕事】ではあなたの信頼すべき部分は ナニ? 気が弱くて、【女性上司】だとうまく仕事を回していけない、 デ、自分をこの半年間どうやって、【信用が第一の仕事】として 取り組んできましたか? 言い訳を並べてもだめです。 我が家の娘が金融で3年目です。 おなじ支店に配属になった同期が一人やめてます。 あと一人は長期休暇を繰り返しています。 娘は3年目で転勤になりましたのでその後、長期休暇を繰り返している人がどうなっているかはわかりません。 最初の一ヶ月の研修期間に脱走者が複数いたというのもすでに 伝説です。 転勤先の支店での新しい同期は、9月の連休明けから体調不良です。 決して、娘も順調ではないです。 綺羅星大学の出身ではないからなおさらです。 でも、印鑑1つ顧客からもらい忘れたり、 渡すべき書類の控えを渡していなかったり、アレコレアレコレ・・・・・・。 ・・・。 どたばたしながら、修正して、訂正して、やり直して IDを着替えたスーツのポケットに忘れて、弟に届けさせたりと。 一つ一つ、後戻りして訂正して、出直して、そのたびに 「スイマセン」からのやり直しです。 言い訳している暇があったら、どうやって、ミスを取り繕うか、 ミスをなくすかに全力です。 【これから40年近く働いていけるのか、いつか鬱病になってしまうんじゃないかと不安です。 】 確かに採用側は「歩留まり」を考えているようです。 だとすると、淘汰されるほうにならないためには 「信用第一」で、できること、任せてもらうことを一つ一つ 増やしていくことでしかクリアできないです。 銀行は、資格を取るのも業務のほかにしないと 「座る席がないからね」と最初に娘は言われました。 これも、とり続ける。 まったくの畑違いの金融に娘が就職して、 するべきことがわかっているんだから、それをするようにすれば 問題ない、わからないことは事前に上司に聞くと、いっしょになって 考えてくれるし、顧客のまであたふたするより、同席してもらったりして 「これでいいですか? 」と一部を背負ってもらうようなやり方がラクチン。 とか、言ってました。 先取りして、ラクにということがない。 そのつど目先のことをあわてずに落ち着いて、1つ1つ、確実に。 まとめてドーンとと言う仕事ではないなと。 以上、お気楽な、娘の極意です。 娘が指導した今年2年目になる前の支店での新人も 使えないといわれて、食堂でないていたと食堂のおばちゃんが 言っていたそうです。 背が大きい男の子だから目だったようです。 みんなイロイロ抱えて、残るのです。 楽な道はないです。 そして、3割は淘汰される。 もしかしたらそれ以上かもしれない。 そういう職場です。 辛らつなことを書きますが、あなたは自分に言い訳をしているから。 【職場に女性上司がいます。 】男性でも同じようなことを言うなら納得がいくのでしょうか? あなたは男性? 女に言われるから余計にプライドにひびくの? どうして、【女性】上司と書く必要があるのでしょうか? 「気が弱い」・・・だから、きちんと質問することもできないで ゴメンナサイで済ませてきた。 だから? 「気が弱い」というのはそれでオールマイティなのでしょうか? 【信用が第... Q 飲み会の席などで、よく「あそこのボスは、裸の王様だよね~」という例えを聞くことがあります。 が、その意味合いは、人や場合によってまちまちの様な気がするのです。 具体的には、 (1)自分は「それは違うのではないか?」という疑問を持ってはいるが、周囲が自分と相反する意見を主張すると、リーダーのくせに何も発言することなく「そういうものか。 それでは自分が間違えているのだろう」とあっさり引き下がる人 (2)自分では何も見聞していないのに人の言うことを全て鵜呑みにする、判断力に欠けたリーダー (3)自分にとって都合の良いことを言ってくれる連中だけを周りにおき、都合の悪い話には聞く耳を持たない人 (4)本当は威厳も権威も既に失墜しているのではあるが、他人にそのことを指摘されてもなお、威厳や権威があることを見せつけようとする人 といったところです。 「裸の王様」のストーリーからすれば、確かにどれも正しいような気がするのですが、本来はどのような意味合いで使用すべき比喩なのでしょうか? ご存じの方、ご教示下さい。 なお、辞書は一応調べてみたのですが、掲載されていないようでした。 飲み会の席などで、よく「あそこのボスは、裸の王様だよね~」という例えを聞くことがあります。 が、その意味合いは、人や場合によってまちまちの様な気がするのです。 具体的には、 (1)自分は「それは違うのではないか?」という疑問を持ってはいるが、周囲が自分と相反する意見を主張すると、リーダーのくせに何も発言することなく「そういうものか。 それでは自分が間違えているのだろう」とあっさり引き下がる人 (2)自分では何も見聞していないのに人の言うことを全て鵜呑みにする、判断力... Q 低レベルなミスの多い新人は見捨てられてしまうのでしょうか。 こんばんは。 今年の4月に某金融機関に入社した者です。 入社して三ヶ月経ちますが、 本当に自分のふがいなさにあきれ返ると言いますか、 本当にありえないミスを毎日のようにしてしまい、 正直、内心先輩達も心底困っているのではないかというような事態です。 ミスの内容を具体的にはいえませんが、本当に小学生並の低レベルなミスです。 提出しろと言われた課題を出し忘れたり、 必要だと言われたものを捨ててしまったり、なくしてしまったり です。 まだ、業務の中でわからなくて よく知らなくて ミスをした。 ならば仕方がない部分もあると思います。 勿論ミスないのが一番ですが しかし、どうも私のしてるミスはそれ以前の、人間としてダメなミスが多いのです。 とあるところで「新人が使えるか使えないかは3ヶ月で決まる」と聞いたことがあります。 もうすぐ入社して3ヶ月経ってしまいます。 私の他に二人いる同期とは、職種もまったく違うので、一概比べることもできませんが、 同じように失敗はいっぱいしてても、私みたいな低レベルな失敗をしたとは聞いたこともありません。 それこそ入社したての頃に一回くらいはあったかもしれませんが・・・ 私のようにいつまでも幼稚な どうしようもないミスばかり続けているような新人は見捨てられてしまうのでしょうか。 自分では、同じようなミスをしないようにメモを残したり、管理に注意したりと再発防止には力を入れてるつもりです。 それでも同じようなミスが起こってしまうことがあります。 きっとまだまだ甘えがあり、自己管理ができていないんだと思います。 一度見捨てられてしまっても、信頼を取り戻したりすることは出来るのでしょうか。 「あの人新人時代はすごく問題児だったけれど、成長したなぁ」というように言われている方が、 ご自身でも周りの方でもいらっしゃらないでしょうか。 もし、いらっしゃったらどういう風に自分を高めていかれましたか。 逆に、成長が見られない、本当に駄目な新人とはどういう人なんでしょうか。 長々とまとまりのない文章で申し訳ありません。 ご意見お願いします。 低レベルなミスの多い新人は見捨てられてしまうのでしょうか。 こんばんは。 今年の4月に某金融機関に入社した者です。 入社して三ヶ月経ちますが、 本当に自分のふがいなさにあきれ返ると言いますか、 本当にありえないミスを毎日のようにしてしまい、 正直、内心先輩達も心底困っているのではないかというような事態です。 ミスの内容を具体的にはいえませんが、本当に小学生並の低レベルなミスです。 提出しろと言われた課題を出し忘れたり、 必要だと言われたものを捨ててしまったり、なくしてし... A ベストアンサー 教育に関する仕事をしているものです。 自分を含め、人間のミスについて、分かっていることを書かせていただきますね。 まず、私の経験からです。 私も、新人時代もとても多くミスをしていました。 それどころか、年齢的にはベテランの仲間入りをしてからも、仕事の配置が変わったり、転勤したりしたときに、考えられないようなミスを繰り返したりもしました。 ミスというのは、個人の性格にも左右され、私のような「不注意型」の人間は、どんなに気をつけていても、必ずミスをしてしまいます。 ただ、分かっているのに、同じようなミスを繰り返すというのは、ストレスが原因であることも多いのです。 小さなミスを執拗に責める上司がいたり、或いは自分自身がそのミスを責めて悩んだり…ということが続くと、脳が通常の判断ができなくなり、(余計なことに神経が行ったり、過度の緊張感から、逆に集中力がなくなったり)余計にミスを繰り返すということがあるようです。 これは悪い悪循環を生みます。 このような新人の人が、見捨てられるか、それともしっかりと励まされ立ち直らせてもらえるか…は、職場の周りの先輩たちの心の広さ次第です。 私も、転勤が伴う仕事なので、たくさんの仕事仲間や上司と接してきましたが、多くの人は、仲間のミスを笑顔で許してくれたし、励ましてくれました。 そのおかげで、自分としては、気持ちよく仕事を続けてこれたと思っています。 (ごくたまに、すごく意地悪な上司もいて、そのときは、それこそ、ウツになりそうでしたが…。 ) さて、ミスの多い私が、見捨てられずに仕事を続けてこられたことを振り返り、大切なことをまとめてみました。 1 ミスをしたときの対処・解決方法を探すこと。 (例えば、すぐに電話。 ちゃんと謝る。 頼りになる人に相談…など) 2 日ごろから「本当に忘れっぽいので、声をかけてください。 」といろんな人に言っておく。 声をかけてもらったら、感謝の言葉を忘れずに…。 3 人の嫌がる仕事を引き受ける、雑用も進んで行う、作業などやっている人を見たら積極的に手伝う…など、一生懸命さをアピールする。 4 自分自身を責めない。 やけくそになったり、あきらめたりしたら負けですから。 5 他の人のミスも絶対に責めない。 いつも人を責めていると、ミスをしたとき、「ほれ見たか…」といわれますよね。 人のミスを見たら、「私なんて、そんなことしょっちゅうですよ。 気にしないでください」ぐらいのフォローができるといいですね。 参考になるといいですが。 教育に関する仕事をしているものです。 自分を含め、人間のミスについて、分かっていることを書かせていただきますね。 まず、私の経験からです。 私も、新人時代もとても多くミスをしていました。 それどころか、年齢的にはベテランの仲間入りをしてからも、仕事の配置が変わったり、転勤したりしたときに、考えられないようなミスを繰り返したりもしました。 ミスというのは、個人の性格にも左右され、私のような「不注意型」の人間は、どんなに気をつけていても、必ずミスをしてしまいます。 Q 冷静に見ても、 「ハキハキしていてポンポン物を言い、弁舌滑らかでキツめの毒を普段から吐く(軽口を叩くことが簡単にできる)性質の人たち」というのは、 逆のタイプ(「おっとりした物言いで、言葉を選びながらしゃべり、反論・悪口を言う事無く、いろいろと我慢してしまう性質の人」が犯したミスにはキツくあたることが多いです。 また、このような人達(ハキハキしている強気の人)は、仲間内のミスには優しく甘く、まるでなかったことのように接するのですが、逆のタイプ(おっとりしていて反論しない人)のミスには、一つ一つ騒ぎ立てて目くじらを立てます。 彼ら(気が強い人達)は、自分たちの態度や見方の不公平さに、気づいているのでしょうか?不公平さに、引け目を感じることがないのでしょうか?ターゲットにした大人しくて弱く見られがちな人に聞こえるように、言葉でボコボコに攻撃すれば、彼らは満足感が得られるのでしょうか?一体、どういう心理なのでしょうか?おっとりした人を、精神的に追い込んで、周囲にもその人のミスを認知させ、追放しよう(辞めさせよう)と努力しているのでしょうか? 冷静に見ても、 「ハキハキしていてポンポン物を言い、弁舌滑らかでキツめの毒を普段から吐く(軽口を叩くことが簡単にできる)性質の人たち」というのは、 逆のタイプ(「おっとりした物言いで、言葉を選びながらしゃべり、反論・悪口を言う事無く、いろいろと我慢してしまう性質の人」が犯したミスにはキツくあたることが多いです。 また、このような人達(ハキハキしている強気の人)は、仲間内のミスには優しく甘く、まるでなかったことのように接するのですが、逆のタイプ(おっとりしていて反論しない... A ベストアンサー たぶん、その人たちは、そうすることで自分を守っているんでは。 自分がおとなしくないなら色々言われないだろうって思っているか、おとなしい人を責めとけば、みんながそのおとなしい人が仕事出来ないと思うから、自分は仕事出来ないとは思われないと思っているとか。 または、人とつるみ、人にこびることで自分のミスをごまかしてもらおうとしているとか。 だれかを標的にして自分を守るしかすべがないのかも。 中には他人にきつくあたることでストレス発散している人もいます。 私の職場にそっくりですね。 どこも同じなんですね。 あきれる。 私は、むやみやたらにすみませんを言うのはやめました。 そして、言い訳にならないようにはっきり堂々とものを言うようにしました。 そしたらだいぶ変わりましたよ。 会社では別人格になりましょう。 演技です。 そして、私はミスをなくす努力をたくさんしました。 仕事がはやくなるように努力もたくさんしました。 でも、まだ、誰にも何も損失をあたえないささいなミス(誰もいない、何も置かれていない場所を歩いていてうっかりこけそうになっただけで叱られるとか)を拾い上げてつつかれます。 わざわざ拾い上げてやろうと必死な人もいます。 だから、いびりに慣れるしかありません。 いびりが当たり前、いびられて給料がもらえると考えるしかありません。 私なんて腕が人に少し軽くあたっただけで、骨折して病院に行くことになったら病院代払えよ、会社休んだら休んだ分の保証を払えよ、骨折したらどう責任取るんじゃって言われました。 そんなの毎日です。 たぶん、その人たちは、そうすることで自分を守っているんでは。 自分がおとなしくないなら色々言われないだろうって思っているか、おとなしい人を責めとけば、みんながそのおとなしい人が仕事出来ないと思うから、自分は仕事出来ないとは思われないと思っているとか。 または、人とつるみ、人にこびることで自分のミスをごまかしてもらおうとしているとか。 だれかを標的にして自分を守るしかすべがないのかも。 中には他人にきつくあたることでストレス発散している人もいます。 私の職場にそっくりですね... Q こんにちは。 当方25歳の女です。 入社三年目、現在の部署では半年経ちました。 先輩から仕事をなめてると言われ戸惑っています。 その先輩ははっきりと何事も発言される方で、しかしながら困っていると必ず助けてくれ、先輩への礼儀もきちんとしている、尊敬している先輩です。 その先輩から、よく、『お前は仕事なめてるからな~』と言われます。 なめて取り掛かったことは一度もないので、そう言われる度にショックを受けます。 しかし、そう思われるような言動を自分がしているのかなとも省みています。 自分は職場では努めて明るく振舞っています。 しかし気配りや周りを見る力にかけていて、よくドジをやらかしてしまったり、気遣ってるつもりがひとり空回りしてしまっているところがあります。 直そうと試みているのですが、なかなかうまくいかず、この点は自分でも悩んでいます。 自分では上記の点しか浮かばないのですが、もしかしたら他にもあるのかもしれません。 自分のどういう点がなめてると思われているのか、直接その先輩に聞いてみたいとも思うのですが、なかなかタイミングがありません。 仕事中は出来ないし、休憩中も先輩は他の先輩方と話していますし、場の空気としてもこの話はしづらいです。 他の方からもそう思われているのか、仲の良い先輩もいないので、自分の至らないところについては聞けません。 早急に自分の至らないところに気付いて、なおすように努力したいのですが、どうしたら良いでしょうか。 アドバイス頂けたらうれしいです。 こんにちは。 当方25歳の女です。 入社三年目、現在の部署では半年経ちました。 先輩から仕事をなめてると言われ戸惑っています。 その先輩ははっきりと何事も発言される方で、しかしながら困っていると必ず助けてくれ、先輩への礼儀もきちんとしている、尊敬している先輩です。 その先輩から、よく、『お前は仕事なめてるからな~』と言われます。 なめて取り掛かったことは一度もないので、そう言われる度にショックを受けます。 しかし、そう思われるような言動を自分がしているのかなとも省みていま... A ベストアンサー 気配りや周りを見る力に欠けていて、ドジをやらかしてしまったり、気遣ってるつもりが空回りしてしまうところがあって、直そうとしても、なかなかうまくいっていないなら、先輩の目から見て、仕事を舐めているように見えて当たり前なのでは? ダメな点があって、それを直そうとしただけで、直せていないのに、仕事を舐めてかかったことなど一度もないとか、自分を正当化しちゃってるところが、自分に甘すぎるし、仕事を舐めてるってことになるんじゃないですかね。 仕事はどれだけ努力したかじゃなくて、結果が出せなきゃ何もしないのと同じなんです。 努力してるんだから、多少ダメでもいいでしょ、みたいな考え方は変えなくちゃ。 でも、いい先輩に恵まれて、優しく厳しく指導してもらっている様子がうかがえるし、嫌われても見はなされてもいないし、努力していることはわかってもらっているんだろうから、あとは、きちんと結果を出すことなんじゃないですか。 二度とドジをやらかしたり、空回りしたりしないで、完璧な仕事をすることですね。 ガンバレ。 Q 今日、上司と面接がありました。 人事評価が良いと昇格できたのですが、充分な評価ではありませんでした。 私は普通の人と比較すると、6年昇格が遅れています。 もう何年もこの状態が続いています。 何とか追いつきたいと思っていましたが、非常に残念です。 面接した直属の上司は、評価してくださったのですが、会議での席で、評価しない人がおり、結局それで負けてしまったとのことです。 (それが誰か教えてもらいました。 ) 上司は「申し訳ない」とおっしゃっていました。 私自身、評価する人としない人がはっきり分かれるタイプです。 評価というものは「レッテル」のように、1度付いた評価はなかなか覆るものではありません。 去年までの上司とは、どうも合わず、今年から以前から面識のある上司に代わって、期待していたのですが。 私もいい年ですし、(40代)この先トントンと上がって行けるような気がしません。 会社で限界を感じてしまった時、どうやって、仕事に臨めば良いのでしょうか? 今やる気を無くしています。 Q 毎日会社が嫌でたまりません。 すご~く暗い死人のような表情で社内を歩いてます。 もはや笑うことや笑顔になることはありません。 クレームの嵐はあるし、性格の悪い上司もいる。 これが病まないはずはない。 そして、同じ同期入社でも、すごいいい人間関係の部署に配属されて、しかもクレーム対応なしの・・・ていううらやましい人もいるんです。 なんで私だけ地獄の部署に・・・ 転職したいとも思ってます。 もともとやりたかった仕事ではありませんし。 やりたかった仕事のために、資格を取らなきゃいけないんです。 だから仕事から帰ったら資格試験のために勉強しなくちゃならないです。 今、病んでます。 なぜかというと・・・ 嫌な仕事でストレスたまりまくり(毎日辞めたい。 知人友人の誘いは断るのでもはや友人もいなくなってきた。 今地獄なんです。 今日、死すら考えてしまいました。 異常なクレームが来たときで、しかもできない上司が知らん顔してたときなんかにも。 しかも残業あったりで、勉強できない日もあるし。 何年も恋愛とは遠ざかっているし、婚期も逃しますわ。 ちなみに私は男です。 地獄なんです。 こういうきついめにあってる社会人の方いますか?同じ状況下の人とか。 試験勉強している人とか。 私は20代後半のこの時期を地獄の状況ですごしてるので泣きたいです。 いや、実は寝る前に泣いてたりするんです。 男なのにね。 他の20代のみんなはもっと楽しい生活してるんだろうなって思います。 実際、同級生とか結婚したり、合コン、彼女とデート。 みんなは天国の生活。 私は地獄の職場に、帰宅後孤独に勉強。 今日は一日、自分の不幸をあわれんで胸が苦しかったんで精神科に行こうかとも考えてました。 無理にでも笑顔でいたほうがいいんでしょうか? すごい死んだような表情で毎日います 毎日会社が嫌でたまりません。 すご~く暗い死人のような表情で社内を歩いてます。 もはや笑うことや笑顔になることはありません。 クレームの嵐はあるし、性格の悪い上司もいる。 これが病まないはずはない。 そして、同じ同期入社でも、すごいいい人間関係の部署に配属されて、しかもクレーム対応なしの・・・ていううらやましい人もいるんです。 なんで私だけ地獄の部署に・・・ 転職したいとも思ってます。 もともとやりたかった仕事ではありませんし。 やりたかった仕事のために、資格を取らな... A ベストアンサー 私も似た状況だったことがあります。 そして毎日布団で泣いていました。 (今思うと異常でした…) その時友人に言われた言葉、質問者様にも当てはまると思います。 『全部自分のせいでしょ。 我慢するか、状況を変えればいい。 ただ文句言うだけじゃバカみたいだよ』(友人の言葉、ほぼそのまま) 仕事が辛いのも、今の年齢で孤独に勉強をすることになったのも 自分の行動でそのようになっただけのことです。 全てが、自分で作った環境なのです。 私はその言葉を聞いて、そうだよなぁと思い、仕事を変えました。 両立は大変なままですが、精神的には楽になりました。 やりたいと思っていない仕事、嫌なら辞めたらいいです。 自ら選んでしまった生活を地獄だなどと言わないでください。 泣くよりも格好悪いことですよ。 折角目標をお持ちなんですから、自分で環境を変える努力をしてみましょうよ。 私も20代後半で、今でもやりたい仕事をする為に徹夜三昧、土日も遊ぶ暇の無い生活です。 こんなだけど、楽しいですよ。 確実に目標に近付いてるんですから。

次の

宮城の方言:仙台弁メモ【や行】

やっ さる 意味

公開日: 2018. 30 更新日: 2018. 30 誤用が多い「俄然」の正しい意味と使い方、類語、「断然」との違い 「俄然」という言葉をご存知でしょうか。 「俄然やる気が出た」「俄然忙しくなる」などと使います。 「俄然」は日常会話でよく使う表現ですよね。 では、「俄然」の使い方にどのくらい自信があるでしょうか。 使うことが多い言葉ですが、「俄然」は誤用されていることが多々あります。 言葉を誤って使用してしまうのは、非常に恥ずかしいです。 そのような思いをしないためにも、しっかりと意味を理解する必要があります。 そこで今回は「俄然」の意味や使い方、「断然」との違い、類語について解説していきます。 「俄然」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「俄然」は「断然」の意味で誤用されている 「断然」は< だんぜん>と読みます。 「断然」の意味は、 ・きっぱりとしたさま。 自分の意志や態度を明らかにするさま。 おしきって行うさま ・(下に打ち消しを伴って)決して。 断じて ・他とかけ離れて違うさま です。 「断然」は「きっぱりと決める。 絶対に。 他と比べてはっきりと違う」ということを意味します。 「断然」の「断」は「断固拒否」「断じて禁止」などと使われているように、「はっきりと決定する」という場合に用います。 例えば、「断然頑張る」だったら「しっかりと頑張る」、「断然美味しい」は「他と比べられないほど美味しい」という意味です。 「俄然頑張る」「俄然おいしい」とは言いません。 ちなみに、「ダントツ」という言葉がありますよね。 「ダントツトップ」「ダントツで強い」などと言います。 実は「ダントツ」は「断然トップ」の略です。 「他とかけ離れて一番」「他と並外れて一位」という意味になります。 「断然」は「きっぱり。 絶対に」という意味で、強調を表します。 「俄然」を「かなり。 ますます。 より一層」という意味で使うのはNGです。 「断然」と「俄然」は発音が似ていることからよく間違えられますが、しっかりと区別できるようにしましょう! 例文 ・第二シリーズは第一シリーズよりも俄然面白い。 ・私はイチゴ味のかき氷より俄然ブルーハワイだね。 ・彼がそんな悪事に手を染めるなんて、俄然信じない。 ・何と言われて誘われても俄然拒否する。 ・私はダム建設に俄然反対だ。 では、「俄然」の正しい意味はどうなるのでしょうか? 「俄然」の正しい使い方と例文 「俄然」には2つの意味がありますが、主に1の「急に。 突然」という意味で使います。 1の「にわかに。 だしぬけに」という意味ではほとんど使いません。 その状態が急に現れた、突然ある状況に変化した、ということを表す場合に「俄然」を使います。 何らかの刺激を与えることによって、突然状況が変わることや感情が急に変化することです。 例えば、「彼は全然やる気なさそうだったが、賞金が出ると知り、俄然張り切り出した」などと言います。 「今までは消極的だったが、賞金が出ると知って突然意気込み出した」という意味になります。 何も変わった事がない場合や、急にではなくゆっくりと変化したという場合には「俄然」は使いません。 言い回しとしては、 ・俄然として ・俄然やる気が出る ・俄然勇気が出る ・俄然興味が湧く ・俄然張り切る ・俄然面白くなる ・俄然有利になる ・俄然忙しくなる ・俄然寒くなる などとなります。 例文 ・優勝すればご褒美が出るということを伝えたら。 彼は俄然張り切りだした。 ・長い間に渡る梅雨が明けたら、俄然蒸し暑い陽気が続くようになった。 ・少しだるかったが、数分間昼寝をしただけでも、俄然モチベーションが上がる。 ・応援団の迫力ある声援を受けて、チームは俄然巻き返しを図る。 ・Aチームがシーズン終盤から勢力を増してきたので、俄然首位がどこになるかは分からない。 ・1対1の接戦だったが、二者連続ホームランで試合は俄然Bチームが有利となった。 ・この業務にボーナスが出ると聞いた彼女は、俄然やる気を出していた。 ・憎たらしい敵が登場する場面から、映画が俄然面白くなってくる。 ・しーんと静まっている夜の街に、俄然発砲音が大きく響き渡る。 ・バレンタインデーが近づくと、俄然チョコレートが売れ始める。 ・私が事件の新事実を知り、俄然彼の私に対する態度は変わってしまった。 「俄然」の類語 急に (意味:突然で思いもかけないこと。 だしぬけ) 「彼は奇声をあげながら急に走り出した」 突然 (意味:にわかなさま。 だしぬけ。 不意) 「突然雨が降ってきた」 突如<とつじょ> (意味:突然なさま。 だしぬけなさま) 「彼女は突如立ち上がった」 にわかに (意味:急に変化が現れるさま) 「にわかに彼が現れてびっくりした」 不意 (意味:思いもよらないこと。 思いがけないこと) 「不意の出来事に対応できなかった」 いきなり (意味:だしぬけに。 突然) 「横道からいきなり子供が飛び出してきた」 急激 (意味:行動や変化がにわかで激しいさま) 「病状が急激に悪化する」 ついと (意味:いきなり。 ずいと) 「ついと立ち上がったままどこかへ消えた」 たちまち (意味:にわか。 急) 「限定品はたちまち売り切れた」 やにわに (意味:それまでの状況と変わって突然に) 「先生はやにわに怒り出した」 出し抜けに (意味:不意に事をすること。 事が起こること) 「出し抜けに胸倉を掴まれた」 ふと (意味:たちまち。 急に思いついて) 「ふと思い出した」 「俄然」の対義語 ゆっくり (意味:時間・空間・気持ちなどに余裕があるさま) 「どうぞ、ごゆっくりお過ごしください」 徐々に (意味:ゆるやかに進むさま。 少しずつ変化するさま) 「徐々に歩を進めていく」 漸進<ぜんしん> (意味:段階を追って次第に進むこと) 「成功できるように漸進する」 緩やかに (意味:動きなどがゆっくりしているさま) 「社会は緩やかに変化する」 のろのろ (意味:動作や物事の進行が非常にゆっくりしているさま) 「彼はのろのろと運転する」 じわじわ (意味:少しずつゆっくりと確実に物事が進行するさま) 「犯人をじわじわと追い詰める」 おもむろに (意味:落ち着いて事を始めるさま。 ゆるやかに) 「おもむろに口を開いた」 ゆったり (意味:ゆるやかに時間をかけて行われるさま) 「川がゆったりと流れている」 気長に (意味:性質ののんびりしていること) 「連絡を気長に待つ」 順々に (意味:次々と順序を追ってするさま) 「問題を順々に解決する」 次第に (意味:順次。 だんだん) 「次第にメンバーが変わっていく」 呑気<のんき> (意味:気分や性格がのんびりとしていること) 「本当に呑気な人だ」.

次の