ひかり の こ な 剣 盾。 【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と弱点・対策まとめ【ひかりのねんど壁張り型】

【剣盾】【議論】 害悪ミミッキュって麻痺光の粉型のが強いんじゃないか?

ひかり の こ な 剣 盾

【ポケモン剣盾】ピクシーの育成論と対策【積みエース無効化の天然の害悪】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はピクシーの育成論と対策を考えていきたいと思います。 もともとあったマジックガードも強力でしたが、によって夢特性てんねんが解禁されたことでさらに強力な型が増えたピクシーの強さの秘密に迫っていきましょう。 ピクシーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ピクシーの特徴1】そこそこ高い特殊方面の種族値 ピクシーはHP種族値95,特防種族値90とそこそこ高い特殊耐久を持ちます。 物理防御は73とそこまで高くないんですが、HPが100近くまであるとタイプ不一致弱点くらいなら耐えられます。 また、特攻種族値も95と決定力にはかけるもののバフをかければ打ち合えるほどの強さを持ちます。 【ピクシーの特徴2】広い技範囲 ピクシーが覚える技範囲は比較的広く、大抵の盤面で通る技を覚えさせることができます。 フェアリー• エスパー• ノーマル• ゴースト• 格闘 フェアリー単タイプなのでタイプ一致技はフェアリーしかありませんが、積み技・蘇生技を覚えるので想像以上の負荷を相手にかけることができるでしょう。 【ピクシーの特徴3】蘇生技ねがいごと・回復技つきのひかり持ち ピクシーは「次のターンの終了時にHPが最大HPの半分回復する。 」というねがいごとを。 これによってピクシーの後続にいるポケモンを交代によって回復することもできますし、ピクシー自体が回復することもできます。 また、つきのひかりという高速回復技も覚えるため、パーティに合わせて柔軟に回復することができるでしょう。 【ピクシーの特徴4】特性マジックガード ピクシーの通常特性の1つはマジックガードです。 火傷や毒に代表される状態異常ダメージはもちろん、ステルスロックや天候ダメージ、もちものによるダメージなどもろもろの直接攻撃以外のダメージを受けなくなる特性です。 これを活かした命の珠ピクシーなんていうのもいます。 【ピクシーの特徴5】夢特性てんねん そしてポケモンホームで解禁された夢特性てんねんです。 てんねんについてはヌオーやナマコブシで有名なのでいまさら説明するまでもないかもしれませんが、積みポケモンやダイマックスによる全抜き阻止ができます。 耐久に振ったピクシーであれば、ダイマックスポケモンの技も1回くらいは耐えるので回復技やまもるを搭載しておけば完全にストッパーになることもできます。 ヌオーは物理方面の種族値が高かったですが、ピクシーは特殊方面の種族値が高いので棲み分けができます。 また、相手のランクダウンも影響しない=りゅうせいぐんのCダウンが反映されないので、特殊ドラパルトやサザンドラ対面ではヌオーよりピクシーのほうが有効だと言えるでしょう。 ピクシーの育成論と戦い方 てんねん型とマジックガード型の両方とも環境にいて強い型です。 【ピクシーの育成論1】汎用マジックガードピクシー• 特性:マジックガード• 個体値:A抜け5V• もちもの:いのちのたま• わざ:ムーンフォース・だいもんじ・10まんボルト・くさむすび 特徴・戦い方: 対面で殴り合うピクシーで、技範囲が広く弱点をつける相手がいたら選出します。 特にドヒドイデ・ヌオー・ナットレイ・アーマーガア・トリトドン・カバルドンなどの受けポケモンが入っているパーティには特殊弱点高火力をうちこめるので非常に強く立ち回ることができるでしょう。 性格・個体値・努力値: を参考にしています。 強いトレーナーたちが完全無料で構築記事を公開してくれているのは嬉しいですね。 HB:ドリュウズアイヘ耐え調整 S:マホイップ抜き抜き C:あまりぶっぱ マホイップがS2ではそこそこ見かけたので、たしかにS振りは効果があったと思いますが、今後環境が変わったらSラインを調整してそれに合わせて残りCぶっぱがいいでしょう。 アーマーガア抜きならS60、アーマーガア抜き抜きならS68、バンギラス抜きならS12が候補のSラインだと思います。 (下記素早さ調整ライン参考) ドリュウズは強すぎておそらくいなくなることがないので、HBはこの調整で確定でいいと思います。 もちもの: マジックガードと相性がよく、後少しの火力が足りないピクシーの火力補強になるいのちのたま確定です。 わざ: ムーンフォース・だいもんじ・10まんボルト・くさむすびで受けポケモン全般も見れますし、ついでにドサイドンやドリュウズ、ギャラドスなど多くのトップメタの弱点をつけるのであえて抜く必要はないように思います。 ただ、1枠を「めいそう」に変えて決定力を増やすというのはありかもしれません。 (ただし素早さは速くないので積んだ分を活かすには耐久をもう少し厚めに振らないと相手の交代先のポケモンに上から殴られて無駄になりそうな気はします。 ) 型は違いますがマジックガードピクシーを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【ピクシーの育成論2】全抜きストッパーてんねんピクシー• 特性:てんねん• 個体値:A抜け5V• もちもの:たべのこし• わざ:ムーンフォース・ねがいごと・まもる・めいそう 特徴・戦い方: 試合の中盤〜後半に相手が全抜き体制を整えてダイマックスしてきたらこのピクシーを出して全抜きを阻止します。 タイプ一致弱点(ドリュウズのアイアンヘッドなど)はさすがに後出しから耐えませんから死に出しで出して、まもるかダイウォールでしのぎます。 性格・個体値・努力値: ピクシーはB種族値が低いので性格補正をかけたHBぶっぱがいいでしょう。 現在の物理に偏った環境にも刺さりやすいです。 もちもの: まもるや瞑想の回数が多く、盤面に居座るのでたべのこしが活きます。 死に出しではなく受け出しでクッション的な役割もさせたい場合はオボンのみや混乱実もありですが、こちらの場合はねがいごとをしていると回復が間に合わない可能性があるのでつきのひかりがいいでしょう。 タイプ一致のメインウェポンとしてムーンフォースを採用します。 相手を詰めていくためと、特殊方面に強くなるためめいそうも採用推奨です。 他の技に変えるとしたら下記もあります。 ・マジカルフレイム:特攻を下げつつフェアリーが苦手な鋼に対する技範囲を広げられる。 ・ドレインキッス:回復しつつダメージを与えられる。 ・でんじは:後続のサポートをしたいときに ・ちいさくなる:回避率を上げて突破不可能に。 のしかかりなどに注意 ・つきのひかり:めいそう・ちいさくなる・コスモパワーとセットで害悪ピクシーに。 ・コスモパワー:物理特殊両方に強くなる。 てんねんピクシーを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 (2試合目はヒヒダルマの動画になっています。 ) ピクシーの対策 タイプ一致物理弱点で対策できます。 特にドリュウズのアイアンヘッドは強力です。 かたやぶりなら天然を無視して剣の舞を積んで突破できます。 特性てんねんと回復技により非常に固く感じますが、他にも物理攻撃性能が高い物理アタッカーはピクシー対策になるでしょう。 ちなみにマジックガードの場合は普通にギャラドスなどの積みエースによって突破が可能です。 ただ、選出段階ではどちらの特性のピクシーかわからないため両方を想定して動いたほうがいいでしょう。 ダイホロウによるBダウンも効果的でしょう。 ピクシーのてんねんは相手の能力変化を無視するだけで、自分の能力変化は通常通りかかります。 そのためダイホロウ連打で容易に突破が可能です。 マジックガードピクシーはいのちのたまを持っていて想像以上の火力がでる個体もいるので、ダメージ感覚を間違えないように立ち回ることが対策になります。 回復技のPPを枯らすのも対策になります。 つきのひかりはPP5,ねがいごとはPP10なのでPP合戦にはピクシーは比較的弱いです。 毒タイプも有効でしょう。 毒タイプポケモン自体は少ないんですが、マタドガスは1つの回答になります。 とてもおもしろい試合が紹介されていたのではっておきますね。 まとめ:【ポケモン剣盾】ピクシーの育成論と対策【積みエース無効化の天然の害悪】 いかがでしたでしょうか。 夢特性てんねんによって新たな強さが開拓されたピクシー、パルシェンなどの積みエースに困っているトレーナーがいれば使ってみるといいかもしれませんね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】ランクマッチで勝つための対策必須ポケモン!その①「ミミッキュ」「ドラパルト」「カビゴン」「アーマーガア」「オーロンゲ」

ひかり の こ な 剣 盾

雨状態のとき、ターン終了時に自身の状態異常を回復する。 ただし、雨が止むターンは発動せず、眠気状態の眠りをそのターンに回復することもできない。 そのため、 どんなポケモンと対峙しても等倍技で殴り合うことができ、上記の「キョダイセンリツ」の効果も相まってタイマンで負けることはほぼ無いと言っても過言ではありません。 また、 殴り合いを拒否してくるような高耐久ポケモンには「ぜったいれいど」が有効で、環境でも特に対策の難しいポケモンになっています。 短所 攻撃・特攻が低い ダイマックスを積極的に使用するポケモンとしては攻撃・特攻の種族値がどちらも85と抑え目です。 ダイマックスすると技が強化される代わりに搦め手が使えなくなるため、 攻撃性能が低いこのポケモンがダイマックスしてしまうと耐久ポケモンに対処されやすくなってしまいます。 また、特攻を上げる積み技を覚えないことや、せっかく「りゅうのまい」を覚えるにも関わらずまともな物理氷技を覚えないことも火力不足を後押ししています。 素早さが低い 積極的にダイマックスを使っていきたいポケモンであるのに素早さが低いため、 技「みがわり」でダイマックスターンを消費する戦術に弱いです。 ドラパルトなどと対面してもすぐにダイマックスせず、相手のパーティを見て「みがわり」持ちなのか、ダイマックスを浪費しても勝てるのかなどを判断する必要があります。 ・ダイマックスすれば今作最強のタイマン性能 ・「ダイサンダー」で「あくび」耐性、「ぜったいれいど」で受けへの回答をそれぞれ持つ万能ポケモン 努力値調整 HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」持ち192 252 ガラルヒヒダルマの「ばかぢから」を96. 「キョダイセンリツ」で 上昇した耐久を倒しきるために相手は弱点技を撃ってくるのですが、それを逆に利用してこちらの火力を「じゃくてんほけん」で底上げします。 同様に、壁対策として使われる 「かわらわり」もラプラスの弱点を突いてくるので「じゃくてんほけん」を発動させることが可能です。 参考パーティ 【ポケモン剣盾】公式大会優勝 キョダイマックスラプラス入り対面構築 使用者:ふゆの() 粘土型(キョダイマックス) 特性 シェルアーマー または うるおいボディ 性格 ひかえめ 持ち物 ひかりのねんど 努力値 HP:12 攻撃:0 防御:76 特攻:196 特防:4 素早さ:220 実数値 207-81-110-143-116-108 技 うたかたのアリア フリーズドライ かみなり ぜったいれいど 入れ替え候補技 10まんボルト じわれ ねむる ねごと うたう ほろびのうた ・「ひかりのねんど」で延長された「オーロラベール」で後続をサポート ・「オーロラベール」下で一撃技の試行回数を増やす 努力値調整 C:余り HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」持ち「ごりむちゅう」192 252 ヒヒダルマの「ばかぢから」を確定耐え S:4振りフォルムチェンジロトム抜き 役割 ダイマックス、初手、壁貼り 解説 「キョダイセンリツ」による「オーロラベール」が持ち物「ひかりのねんど」の延長効果の対象であることを利用した型です。 「ひかりのねんど」によって 5ターンから8ターンに延長された「オーロラベール」を活かし、後続の積みポケモンのサポートを行います。 また、 一撃技である「ぜったいれいど」の試行回数をより増やすことができるので、ラプラスの火力不足を不安定ながらも補うことができます。 2%で耐え S:4振りアーマーガア抜き 役割 ダイマックス、崩し、初手 解説 ラプラスの特徴で述べた通り、 このポケモンは火力が低いせいで高耐久ポケモンの繰り出しによるダイマックスターン稼ぎに弱いですが、「いのちのたま」による火力の底上げによってそれらの後出しを返り討ちにすることができます。 例えば181-137 252-4 ナットレイであれば「キョダイセンリツ(ぜったいれいど)」で確定2発、267-131 252-4 カビゴンであれば「ダイストリーム(うたかたのアリア)」2回で倒しきることもできます。 その他にも、ダイマックスギャラドスを「ダイサンダー(かみなり)」で確定1発にできたり、ダイマックスドラパルトを「ダイストリーム(うたかたのアリア)」+「キョダイセンリツ(ぜったいれいど)」で「じゃくてんほけん」を発動させずに倒したりすることができるようになります。 調整意図にある通り、 トゲキッスに後投げして「キョダイセンリツ」を選択することで、例え相手が「いのちのたま」を所持して「ダイソウゲン」を撃ってきたとしても対処することが可能 です。 また、ピクシーやアシレーヌといった対処が難しく詰みやすいポケモンにも強く、このラプラスを構築に入れるだけで簡単に対策することができます。 ダイマックスを必要としない積みエース• 「キョダイセンリツ」は5ターンの間、 ラプラスだけでなく後続のポケモンの耐久を2倍にするので、積み技を持ったポケモンと相性が良いです。 ただし、「キョダイセンリツ」を使用するためにはラプラスにダイマックス権を使わなければならないため、トゲキッスやギャラドスなどのダイマックスして真価を発揮する積みエースではなく、 カビゴンやピクシーなどダイマックスせずとも積んだ後の性能が高いポケモンと組み合わせる必要があります。 ラプラスの対策 高耐久ポケモンで殴り合いを避ける• ラプラスと殴り合おうとすると「キョダイセンリツ」による耐久2倍、ダイマックスのHP2倍を考えると実質HP4倍のポケモンと戦うことになるためかなり分が悪いです。 そこで、上記のような 耐久の高いポケモンで殴り合いを避けるのが無難な選択となります。 ただし、ダイマックスしていないラプラスは「ぜったいれいど」でこれらのポケモンを一撃で倒してくるため、ガラルヒヒダルマなど ラプラスにダイマックスを強要できるポケモンと対面させ、そこから受け出しをするといった工夫が必要です。 強引に倒しきる• 「いのちのたま」持ちのパッチラゴンや特性「すりぬけ」で「じゃくてんほけん」持ちのドラパルトなどは ラプラスの高耐久・「キョダイセンリツ」による「オーロラベール」を貫通して強引に倒しきることができます。 ただし、パッチラゴンは特性「はりきり」のせいで命中8割になってしまっていたり、ドラパルトは受けポケモンへの引きや弱保型警戒の立ち回りといった相手次第な側面を持っているなど、どちらも 不安定な要素が多いため、これらの対策が決まる前提でパーティを組むのは少し危険です。

次の

11【剣盾】「ひかりのねんど」「はがねのつばさ」「あなをほる」の場所

ひかり の こ な 剣 盾

雨状態のとき、ターン終了時に自身の状態異常を回復する。 ただし、雨が止むターンは発動せず、眠気状態の眠りをそのターンに回復することもできない。 そのため、 どんなポケモンと対峙しても等倍技で殴り合うことができ、上記の「キョダイセンリツ」の効果も相まってタイマンで負けることはほぼ無いと言っても過言ではありません。 また、 殴り合いを拒否してくるような高耐久ポケモンには「ぜったいれいど」が有効で、環境でも特に対策の難しいポケモンになっています。 短所 攻撃・特攻が低い ダイマックスを積極的に使用するポケモンとしては攻撃・特攻の種族値がどちらも85と抑え目です。 ダイマックスすると技が強化される代わりに搦め手が使えなくなるため、 攻撃性能が低いこのポケモンがダイマックスしてしまうと耐久ポケモンに対処されやすくなってしまいます。 また、特攻を上げる積み技を覚えないことや、せっかく「りゅうのまい」を覚えるにも関わらずまともな物理氷技を覚えないことも火力不足を後押ししています。 素早さが低い 積極的にダイマックスを使っていきたいポケモンであるのに素早さが低いため、 技「みがわり」でダイマックスターンを消費する戦術に弱いです。 ドラパルトなどと対面してもすぐにダイマックスせず、相手のパーティを見て「みがわり」持ちなのか、ダイマックスを浪費しても勝てるのかなどを判断する必要があります。 ・ダイマックスすれば今作最強のタイマン性能 ・「ダイサンダー」で「あくび」耐性、「ぜったいれいど」で受けへの回答をそれぞれ持つ万能ポケモン 努力値調整 HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」持ち192 252 ガラルヒヒダルマの「ばかぢから」を96. 「キョダイセンリツ」で 上昇した耐久を倒しきるために相手は弱点技を撃ってくるのですが、それを逆に利用してこちらの火力を「じゃくてんほけん」で底上げします。 同様に、壁対策として使われる 「かわらわり」もラプラスの弱点を突いてくるので「じゃくてんほけん」を発動させることが可能です。 参考パーティ 【ポケモン剣盾】公式大会優勝 キョダイマックスラプラス入り対面構築 使用者:ふゆの() 粘土型(キョダイマックス) 特性 シェルアーマー または うるおいボディ 性格 ひかえめ 持ち物 ひかりのねんど 努力値 HP:12 攻撃:0 防御:76 特攻:196 特防:4 素早さ:220 実数値 207-81-110-143-116-108 技 うたかたのアリア フリーズドライ かみなり ぜったいれいど 入れ替え候補技 10まんボルト じわれ ねむる ねごと うたう ほろびのうた ・「ひかりのねんど」で延長された「オーロラベール」で後続をサポート ・「オーロラベール」下で一撃技の試行回数を増やす 努力値調整 C:余り HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」持ち「ごりむちゅう」192 252 ヒヒダルマの「ばかぢから」を確定耐え S:4振りフォルムチェンジロトム抜き 役割 ダイマックス、初手、壁貼り 解説 「キョダイセンリツ」による「オーロラベール」が持ち物「ひかりのねんど」の延長効果の対象であることを利用した型です。 「ひかりのねんど」によって 5ターンから8ターンに延長された「オーロラベール」を活かし、後続の積みポケモンのサポートを行います。 また、 一撃技である「ぜったいれいど」の試行回数をより増やすことができるので、ラプラスの火力不足を不安定ながらも補うことができます。 2%で耐え S:4振りアーマーガア抜き 役割 ダイマックス、崩し、初手 解説 ラプラスの特徴で述べた通り、 このポケモンは火力が低いせいで高耐久ポケモンの繰り出しによるダイマックスターン稼ぎに弱いですが、「いのちのたま」による火力の底上げによってそれらの後出しを返り討ちにすることができます。 例えば181-137 252-4 ナットレイであれば「キョダイセンリツ(ぜったいれいど)」で確定2発、267-131 252-4 カビゴンであれば「ダイストリーム(うたかたのアリア)」2回で倒しきることもできます。 その他にも、ダイマックスギャラドスを「ダイサンダー(かみなり)」で確定1発にできたり、ダイマックスドラパルトを「ダイストリーム(うたかたのアリア)」+「キョダイセンリツ(ぜったいれいど)」で「じゃくてんほけん」を発動させずに倒したりすることができるようになります。 調整意図にある通り、 トゲキッスに後投げして「キョダイセンリツ」を選択することで、例え相手が「いのちのたま」を所持して「ダイソウゲン」を撃ってきたとしても対処することが可能 です。 また、ピクシーやアシレーヌといった対処が難しく詰みやすいポケモンにも強く、このラプラスを構築に入れるだけで簡単に対策することができます。 ダイマックスを必要としない積みエース• 「キョダイセンリツ」は5ターンの間、 ラプラスだけでなく後続のポケモンの耐久を2倍にするので、積み技を持ったポケモンと相性が良いです。 ただし、「キョダイセンリツ」を使用するためにはラプラスにダイマックス権を使わなければならないため、トゲキッスやギャラドスなどのダイマックスして真価を発揮する積みエースではなく、 カビゴンやピクシーなどダイマックスせずとも積んだ後の性能が高いポケモンと組み合わせる必要があります。 ラプラスの対策 高耐久ポケモンで殴り合いを避ける• ラプラスと殴り合おうとすると「キョダイセンリツ」による耐久2倍、ダイマックスのHP2倍を考えると実質HP4倍のポケモンと戦うことになるためかなり分が悪いです。 そこで、上記のような 耐久の高いポケモンで殴り合いを避けるのが無難な選択となります。 ただし、ダイマックスしていないラプラスは「ぜったいれいど」でこれらのポケモンを一撃で倒してくるため、ガラルヒヒダルマなど ラプラスにダイマックスを強要できるポケモンと対面させ、そこから受け出しをするといった工夫が必要です。 強引に倒しきる• 「いのちのたま」持ちのパッチラゴンや特性「すりぬけ」で「じゃくてんほけん」持ちのドラパルトなどは ラプラスの高耐久・「キョダイセンリツ」による「オーロラベール」を貫通して強引に倒しきることができます。 ただし、パッチラゴンは特性「はりきり」のせいで命中8割になってしまっていたり、ドラパルトは受けポケモンへの引きや弱保型警戒の立ち回りといった相手次第な側面を持っているなど、どちらも 不安定な要素が多いため、これらの対策が決まる前提でパーティを組むのは少し危険です。

次の