ご 笑納 いただけれ ば 幸い です。 「幸いです」の意味とは?ビジネスで使える敬語の言い換え表現を紹介

「いただけると幸いです」の意味と使い方とは?敬語表現や例文紹介

ご 笑納 いただけれ ば 幸い です

添え状(送り状)の書き方とマナー お中元の品物だけを送ることは、受け取る側への挨拶を欠くことになり失礼にあたります。 いらぬトラブルを防ぐためにも添え状(送り状)はかならす添えるようにしましょう。 添え状(送り状)は手書きが基本 添え状(送り状)は基本は手書きですが、印刷したものを使用する場合は、最低限手書きで署名をするなどして感謝の気持ちをあらわすようにしましょう。 添え状(送り状)はいつ送るの お中元の添え状(送り状)は、品物に添えて送る場合と、品物が到着する前に届くようにする場合とがあります。 品物に添えて送る ネットショップなどではお中元の品に添付する形で送り状を作成できるサービスを行っている場合があります。 その他にも自分で放送して送る場合なども品物に同封して送ることになります。 品物より先に届くようにする 品物とは別に、手紙やハガキで添え状(送り状)を送る場合は、品物が届くであろう日時の2~3日前に添え状(送り状)が届くように前もって送ります。 特にフルーツやスイーツなどの生ものなどをお中元の品とした場合は、受取時期が遅れてしまうと傷んでしまう可能性がありますので、必ず品物の予想到着日を記入するようにします。 添え状(送り状)の形 添え状(送り状)は、 手紙・ハガキ・電話・メールと4種類が考えられます。 贈る方と贈られる方の関係の遠近に合わせてふさわしい方法を選べば良いでしょう。 手紙 丁寧な添え状(送り状)となります。 目上の方や仕事関係など自分より目上の人に対する時にふさわしいでしょう。 ハガキ 万能に使える基本的な方法です。 電話 親しい友人や親類などに対しては電話でも失礼には当たらないでしょう。 メール もっとも今風でお手軽な添え状(送り状)です。 日常的にメールでやりとりをする親しい友人などには手間いらずで良いでしょう。 添え状(送り状)に書くべきポイント 添え状(送り状)に記入したい項目は• 時候の挨拶(季節に合わせた内容にする)• 日頃のご無沙汰をわびる内容• 日頃の感謝の気持ちを述べる内容• 贈り物(お中元)を送ったことを知らせる内容• 今後もお付き合いを願う内容 ただし上記すべてを入れなければということはありません。 状況により変化させるのももちろんOKです。 添え状(送り状)の例文 品物が届く前に送る場合 取引先などビジネス関係へ 拝啓 厚さ厳しい折柄、貴社におかれましては益々ご清栄のことと大慶の至りに存じます。 平素は格別のお引きたてを賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、本日、お中元のしるしまでに心ばかりの品をお送り致しました。 ほんの心ばかりの品ではございますが、なにとぞご笑納くださいますようお願い申し上げます。 まずは右、ご挨拶かたがたご案内まで 敬具 勤務先の上司へ 拝啓 厳しい暑さが続いておりますが、ますますご健勝の趣、お慶び申し上げます。 日頃は公私にわたり何かとお世話になり、深く感謝申し上げます。 さて、かねがねワインがお好きだと伺っておりましたので、ささやかながらお中元の印として海外製のワインをお送り致しました。 心ばかりの品ではございますが、お納めいただければ幸いに存じます。 まずは、お中元のご挨拶まで。 敬具 お世話になった方へ 拝啓 昨今の厚さはまた格別でございますが、皆様にはお変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。 日頃は主人が大変お世話にあずかり、誠にありがたく、心より御礼申し上げます。 さて、お中元と申すほどの品ではございませんが、本日、清涼飲料の詰め合わせをお送り致しました。 ご笑納頂ければ幸いです。 末筆ながら、皆々様のご自愛を心からお祈り申し上げます まずは右、ご案内まで かしこ 品物に添付する場合 取引先などビジネス関係へ 暑さが一段と厳しくなって参りました。 皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも大変お世話になり、心から感謝申し上げます。 さて、本日は日ごろの感謝を込めまして心ばかりの品をお送りいたします。 どうかご笑納ください。 今後とも、変わらずのご厚情を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 これからが夏本番、今年の夏はことのほか暑いようですので、どうぞご自愛ください。 私たちはおかげさまで皆元気に過ごしています。 お召し上がりいただければ幸いです。 いつもお世話になってばかりの私共ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。 まずはお中元のご挨拶まで お世話になった方へ 拝啓 盛夏の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素はひとかたならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ご笑納いただければ幸いです。 酷暑が続きますが、お体の具合を崩されませぬように、何卒ご自愛下さいませ。 まずはお中元のご挨拶まで.

次の

ご笑納くださいの意味と使い方と例文

ご 笑納 いただけれ ば 幸い です

「ご笑納」は、贈り物をする時に、「粗末な品ですが笑って納めてください。 」という相手に対してへりくだる謙虚な気持ちを表現する言葉です。 この言葉を使う時は たとえば、例文で紹介しますと「先生のお好きなお菓子をお送りしました。 どうぞご笑納ください。 」「写真集が完成しました。 ご笑納ください。 」「自作の茶碗ですが、ご笑納いただければ幸いです。 」「感謝の気持ちをこめてお贈りします。 つまらないものですが、ご笑納いただければ幸いです。 」というように使います。 しかし、この言葉は、目上や目下に関係なく平気で冗談を言えるほどに親しい相手だけに使うものです。 それ以外のかしこまった関係の場合に、使うと「粗末な品ですが笑って納めてください。 」という意味合いが単に軽薄で失礼な印象を与えてしまうことにもなるからです。 失礼な印象を与えてしまうとなると、ビジネスの世界ではそのような態度を取ると社風にも影響が出てしまう可能性すらあります。 そのため、ビジネスレターでは例外を除いてはほとんどの場合、使わない方が良いとされています。 また、近しい関係の親戚であっても自分よりも目上の方の場合には、要注意することが必要です。 「ご笑納」という言葉には、素敵な日本人らしい謙虚な言い回しをしている内容がこのように含まれているわけです。 笑納という意味には 「つまらないものですが、笑ってお納めください」という意味があるので、贈り手が受け手に対して笑って納めて欲しいという真心が込められている奥深さがあります。 この言葉は、実際に会話で用いることはほとんどない言葉です。 実際に会話にしてみると「ショウノウ」とは何の意味だろうという程度の反応になります。 それほどに書面で使われている言葉として定着していることが分かります。 たとえば、ビジネスの世界で自社の製品へのお礼や好評をいただいたお客様に対しても、お礼状を書く際に最後に「ご笑納ください。 」とつけても悪くはない印象になります。 しかし、自社のサンプルを送付した場合、「つまらない粗品です。 」とへりくだり過ぎることで、お客様に取ればその会社はそんな風に自社への自信がないのだろうかというような誤解をも招く可能性も起こって来ます。 その懸念があるのであれば 親しい相手ではなくビジネスの世界でのお客様とのやりとりであれば、「ぜひ、一度お試しいただければ幸いです。 」という言い回しが適していると言えます。 こういう風に、送った品物に対してストレートにお客様に使っていただきたいという気持ちを伝えるのも、ビジネスの世界ではそれが最適になりますし、受け取ったお客様も試してみたいという気持ちを抱いてくれるようになるでしょう。 具体的には、「貴方の大好物だと知りほんの少しですがお菓子を同封しましたので、ご笑納ください。 」というように、送った品物を書く時に用いることが多くなっています。 「笑納」を使う時というのは自分が相手のためにお礼やお詫び 近況伺いなどで贈りたいという気持ちになった時にその品物に添えて贈ったり、あるいは、品物だけを宅配で送って同時期にハガキや封書で手紙を送る、あるいは、メールで連絡をするというケースが多くなって来ますので、その品物に対してただへりくだるだけではなく、相手の気持ち、嗜好、喜んでくれるであろう品物を自分なりに選らんだ経緯があるわけですので、文章に品物のことを書いても勿論失礼には当たりません。 しかしながら、選んだ品物に対しては、「お好みのものだと知りましたので」とか「趣味で焼いている器ですので」という程度の説明で充分です。 あまり長すぎる説明が入ると相手に対して負担をかけてしまう可能性が否めません。 品物に対する簡単な説明を加えると 相手も趣味で作ってくれたものだったのだと品物を見なおしたり、あるいは、大好物のお菓子を覚えてくれていたんだと嬉しい気持ちになったりします。 品物を送るというのはこうした短い情報を添えることで、真心が相手により伝わりやすくなるのです。 それだけ親しい相手だから相手の好みや嗜好を知っているということになります。 品物の説明を簡単に終えた後には、「ご笑納ください」「ご笑納いただければ幸いです」で結ぶと謙虚な気持ちがそれだけで伝わるのです。 日本語にはこんなにも書面で相手への気持ちを伝える言葉があるのです。 ストレートに「召し上がって下さい」「お試しください」だけで終わると何となく相手への押しつけのようになります。 「笑納」という言葉にも「笑」「納」と文字にも和やかさが伝わる物から構成されているので、書面の最後に書くことで相手への配慮がうかがえる素晴らしい文章になり引き締まります。 それと同時に受け取った相手も、早速、頂いてみようとか使ってみようという気持ちになるのでそれだけ親しい相手ならではの空気感が自然に生まれて来るようになります。 ぜひ、意味と例文を把握した上で使ってみるようにしてみましょう。

次の

「ご笑納」の意味と使い方・例文・「お納め」との違い|食べ物

ご 笑納 いただけれ ば 幸い です

「ご笑納」の意味と使い方 「ご笑納」の意味と読み方 「ご笑納」とは、字のとおり「たいした品物ではないのですが、笑ってお納めください」という意味です。 ご笑納は「ごしょうのう」と読み、「ご笑納(ごしょうのう)ください」という形で使われるのが一般的です。 「ご笑納」の使い方は「ご笑納ください」 「笑納(しょうのう)」という名詞の頭に謙譲語にあたる「ご」がつき、「ください」という丁寧語で締められている「ご笑納ください」という言葉は、相手に謙遜の意味を伝えることができます。 「ご笑納」という言葉自体は、相手に対して自分がへりくだった言い方ではありますが、少々フランクな印象を与えてしまうこともあるので、使い方には注意が必要です。 ビジネスシーンで使える3つの例文 ここでは実際にビジネスシーンで使える3つの例文をご紹介します。 「ご笑納」の使い方に自信がないという方はぜひ参考にしてください。 お中元を贈る場合 「夏のご挨拶としてささやかではございますがお中元の品をお贈りいたします。 お笑納いただければ幸いです。 」 お歳暮を贈る場合 「日頃の御礼と歳末のご挨拶の代わりに心ばかりのお歳暮の品をお贈りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 」 お礼の品を贈る場合 「先日は大変お世話になりました。 感謝の気持ちを込めてお贈りいたします。 つまらないものではありますがご笑納いただければ幸いです。 」 「ご笑納」を使う際の注意点 「ご笑納」をビジネスシーンで使う場合にまず考えるべきなのは、相手と自分の関係性と置かれている状況です。 使う相手や状況を間違えると失礼にあたるので十分に注意をしましょう。 「ご笑納」を目上の人に使うのは失礼 フランクな印象を与える「ご笑納」という言葉は目上の方には失礼にあたるため、使わないのが普通ですが、相手と信頼関係が十分に築けていて、冗談が言い合えるような仲であれば許される場合もあるでしょう。 しかし、相手との関係性が崩れてしまう可能性はゼロではありませんので、目上の方に「ご笑納」を使う場合は、相手との関係と状況をしっかりと見極めましょう。 自信がなければ使わない方が無難です。 「ご笑納」をお詫びの際に使うのはNG 相手にお詫びをしなければならない状況で「ご笑納」はどんなに相手と仲良しであってもNGです。 「たいしたものではありませんが、笑って納めてください」という意味である「ご笑納」は、お詫びの際に使う言葉としては相応しくないからです。 相手を更に怒らせてしまうことになりかねません。 相手も写る写真を送るときは「ご笑納」は使わない 親睦会や視察で取引先など外部の方と写真を撮るようなことがあった場合、後日お手紙と共に写真を送付するかと思いますが、このときに「ご笑納」を使うのは不適切です。 しつこいようですが、「ご笑納」には「たいしたものではありませんが」「つまらないものですが」といった意味があります。 取引先の方が写っている写真を「つまらないもの」と記して送付するのは失礼と受け取られてしまう場合があります。 「ご笑納」の類語 では、「ご笑納」がそぐわない状況や相手にはどのような言葉を使うのが相応しいのでしょうか。 それは「ご笑納」の類語を上手に使い分けることで解決することができます。 「つまらないものですが」の意味と使い方 「つまらないものですが」は相手に贈り物をするときによく使うフレーズですが、本当につまらないものを贈るわけではなく、謙遜して「つまらないもの」としているだけです。 自分がへりくだることで、相手を立てることができるのです。 他にも「ささやかではありますが」「心ばかりですが」は謙遜を表す言葉であり、目上の方やお詫びの際に使うのが良いでしょう。 「お納めください」の意味と使い方 「お納めください」は汎用性が高く、ビジネスシーンではよく使われる言葉です。 「ご笑納」を使うことに少しでも疑問を感じたら、「お納めください」を選ぶと失敗しません。 他にも「お受け取りください」という言葉が同じ意味で使われます。 どちらも目上の方やお詫びの際に使える言葉ですが、「お納めください」の方がよりかしこまった言葉になります。 食べ物を送る場合の「ご賞味」「ご笑味」 贈る物が食べ物の場合は「ご笑納」の同義語である「ご賞味」や「ご笑味」を使うことができます。 どちらも「ごしょうみ」と読みますが、意味が異なります。 「ご賞味」の意味と使い方 「ご賞味」とは、「味わいながら食べてください」「おいしいので食べてください」という意味となります。 「ご賞味ください」は飲食店の人がお客さんに対して使うことが多い言葉です。 ただし「味わいながら」という意味を含むため、目上の人に対して使ってしまうと失礼に当たりますので注意が必要です。 「日頃の感謝の気持ちを込めてお菓子をお贈りいたします。 ぜひご賞味くださいませ。 」 「ご笑味」の意味と使い方 「ご笑味」は「ご賞味」に比べてへりくだった言い方になります。 「おいしいか分かりませんが笑って食べてください」と謙遜の気持ちが現れた言葉です。 目上の方には、「ご笑味」を使うようにしましょう。 「当社の新商品のお菓子でございます。 皆様でご笑味いただけると幸いです。 」 「ご笑納」と似た言葉の違い 「ご査収」は「調べて受け取る」という意味 ビジネス用語で「ご笑納」と「ご査収」は類語であると間違えて覚えている方もいるかもしれませんが、実は全然違う意味の言葉です。 確かに「ご査収」には「受け取ってください」という意味があるのですが、「しっかりと調べて、受け取ってください」というのが正しい意味なので、贈り物を受け取ってほしいというよりは資料や書類を送るシーンで使われる言葉となりますので覚えておきましょう。 まとめ 「ご笑納」を使う際に注意するべきポイントは「目上の方ではない」「お詫びをする状況ではない」「贈る物は食べ物ではない」この3つです。 「ご笑納」を正しく使うことができれば社会人としてのマナーを心得ていると、相手に良い印象を与えることができます。 使えるビジネス用語の1つとして機会があったらぜひ活用してください。

次の