郵便 スケール。 デジタルレタースケール KD

郵便の発送に便利!【厚さと幅を測定するスケール定規】を手作りする方法

郵便 スケール

小規模オフィスや、総務、経理、管理などの各部署単位で発送業務をおこなうお客さまにおすすめです。 請求書、領収書など通常の信書便から、各営業担当者が個別に発送する小規模なダイレクトメールや案内状など、日常の発送業務を速やかに処理します。 一通のみのハガキや封筒、定形外郵便やゆうパック(旧小包郵便物)も対応。 まとまった量の発送には、セミオートフィード機能を使って高速処理が可能です。 日常の発送業務から至急の発送業務まで幅広く対応。 また、発送量を25部門(オプションで最大100部門)まで別々に集計ができるので、郵便経費の把握や管理が簡単になります。 コンパクトな省スペース設計 電子スケールと一体になったコンパクトな設計。 電話、ファクスと同じようにデスクやカウンターに置いても場所を取りません。 また、インクジェットプリントによる静音設計なので動作音は最低限におさえられています。 セミオートフィードで業務の効率をさらにアップ 発送物の送り込み部分にはセミオートフィード機能を採用。 差し込み口に発送物を挿入するだけで、郵便料金スタンプを印刷できます。 ディファレンシャル・ウェイング機能で作業時間を削減 ディファレンシャル・ウェイング機能によって、発送物の計量や料金時間算出を大幅に短縮します。 まとまった発送物を電子スケールにのせ、そこから一通取り除けば、取り除いた分の発送物の料金を自動的に算出。 数種類の重さの発送物が複数ある場合に非常に便利です。 見やすいコントロールパネルで作業を管理 カナ表示の見やすいコントロールパネルによって、発送業務を正確に管理。 発送業務を記憶しておけるので、使用頻度の高い業務の設定をボタンひとつで呼び出せ、作業時間と手間を省くことができます。 広告とテキスト機能で郵便物に付加価値を 郵便料金の印影の横に、オリジナルの文字や画像を入れることができ、毎日送る郵便物が広告媒体になります。 また新機能のテキスト機能と合わせて使用すれば、郵便物により付加価値を与えられます。

次の

デジタルレタースケール KD

郵便 スケール

小規模オフィスや、総務、経理、管理などの各部署単位で発送業務をおこなうお客さまにおすすめです。 請求書、領収書など通常の信書便から、各営業担当者が個別に発送する小規模なダイレクトメールや案内状など、日常の発送業務を速やかに処理します。 一通のみのハガキや封筒、定形外郵便やゆうパック(旧小包郵便物)も対応。 まとまった量の発送には、セミオートフィード機能を使って高速処理が可能です。 日常の発送業務から至急の発送業務まで幅広く対応。 また、発送量を25部門(オプションで最大100部門)まで別々に集計ができるので、郵便経費の把握や管理が簡単になります。 コンパクトな省スペース設計 電子スケールと一体になったコンパクトな設計。 電話、ファクスと同じようにデスクやカウンターに置いても場所を取りません。 また、インクジェットプリントによる静音設計なので動作音は最低限におさえられています。 セミオートフィードで業務の効率をさらにアップ 発送物の送り込み部分にはセミオートフィード機能を採用。 差し込み口に発送物を挿入するだけで、郵便料金スタンプを印刷できます。 ディファレンシャル・ウェイング機能で作業時間を削減 ディファレンシャル・ウェイング機能によって、発送物の計量や料金時間算出を大幅に短縮します。 まとまった発送物を電子スケールにのせ、そこから一通取り除けば、取り除いた分の発送物の料金を自動的に算出。 数種類の重さの発送物が複数ある場合に非常に便利です。 見やすいコントロールパネルで作業を管理 カナ表示の見やすいコントロールパネルによって、発送業務を正確に管理。 発送業務を記憶しておけるので、使用頻度の高い業務の設定をボタンひとつで呼び出せ、作業時間と手間を省くことができます。 広告とテキスト機能で郵便物に付加価値を 郵便料金の印影の横に、オリジナルの文字や画像を入れることができ、毎日送る郵便物が広告媒体になります。 また新機能のテキスト機能と合わせて使用すれば、郵便物により付加価値を与えられます。

次の

SNSで「郵便物のサイズ確認用スケールが郵便局でもらえる」と拡散中

郵便 スケール

100円近く変わるので、梱包次第で3cmに収まるならば事前に確認したいところです。 クリックポスト発送 厚さ3cmの壁 クリックポストは、ヤフーのIDの登録をして利用できるサービスです。 一律 185円(10月1日からは188円)で最大1kgまでの物が送れて追跡が付いています。 場合によっては定型外郵便料金よりも安く送れることも! で登録する手間がありますが、メルカリなどのフリマアプリの発送に使っている方も増えてきました。 郵便の規格サイズは同じ そうなのです。 定型外の規格内で送れるサイズと、クリックポストで発送できるサイズが同じなのです。 規格のサイズを意識して梱包することが大切です。 この横幅と厚さに注目して、厚さ測定定規があれば自分で確認ができます。 厚さ測定定規は、既製品がアマゾンなどでも販売されています。 厚紙(段ボール)• ボールペン• カッター• カッター作業用マット(下に傷がつかないように、要らない雑誌など)• 定規(25cm以上あるもの)• ガムテープ(補強するのに使う) 必要な厚紙(段ボール)のサイズ 厚紙(段ボール)の必要サイズは 横30cmくらい縦7cm~10cmくらいの大きさがあればOK 厚紙はアマゾンで商品購入した時に底についてくる段ボールで作ってみました。 若干折れもありますが、最後にガムテープで補強すればしっかりします。 段ボールは厚さがあるので綺麗に切るのは難しいです。 大きい厚紙が自宅にあれば、精度が高く作れるかもしれません。 線を引く 上から3cmほどあけたところに、 横25cmと縦3cmの幅を引いて枠を書きます。 内側にガムテープを貼ったりするので、 出来上がると1mm~2mmくらい小さめになってしまうかもしれません。 (私はなりました・・) その分気持ち大きめに枠をひくのもいいかもしれません。 カッターで書いた枠に切り目を入れる 作業用マットの上で、厚紙(段ボール)を切り抜きます。 私は適当なので定規も当てずに線をなぞっていきました。 ガタガタになってる・・・ 3. くりぬく くるりんぱ 4. ガムテープで補強する 内側が、カッターの切りっぱなしで凸凹だったので、ガムテープをまいて滑らかにしました。 見てください、この適当ぶり! 厚さを測ってみると、3cmよりも狭いような・・・。 ま、まあ、大まかな目安を測る定規ということでいいということにしましょう! そこまで、3cmピッタリのものなんて作れません。 人間だもの・・・ しかし、 これを通れば確実に3cmの厚さの壁はクリアということです! 安心してポストに投かんできます。 さいごに 郵便を発送するときにはかかせない、厚さと幅を測定するスケールを手作りする方法でした。 家で確認するためのものなので、.

次の