通話に応答がありませんでした。 【これって…】仕事終わりに妻に電話をしました。通話にはなったが応答が無く、妻の周囲の状況が聞こえてきたので、聞いていると… : かぞくちゃんねる

【LINE】「通話中のため」は電源切ってる?電話の「通話中」について

通話に応答がありませんでした

LINE通話中に着信があったことは、みなさん一度は経験したことがあるかと思います。 現在自分が誰かと通話中かどうか、第三者に知られたとしても問題が無ければ良いのですが、中には自分が通話中だということを知られたくない方もいるでしょう。 自分が今通話中かどうかの情報は、立派な個人情報だと考える人も多くなってきています。 しかし、設定を変更しないと発信相手に自分が通話中であることがバレてしまいます。 本記事では、LINE通話中に普通の電話の着信があった際、発信者に自分が通話中であることを知られないよう、「通話中のため応答することができません」という表示をさせない方法や、LINE通話中に他の人から着信があった場合、どのように表示されるのかについて紹介していきます。 LINE通話中に通常電話の着信があったとき 現在では、従来の電話と同等にLINE通話を利用する人が増えてきています。 LINEの方がスマホの電話帳よりも登録している友だちの数も多く、何より、何時間通話しても無料であるという点から、安心して利用する方も多いのではないでしょうか。 最初の項目では、過去と現在の性能による違いで通話状態が変わっているのか、実際に着信があった時にどうなるのかという点について、それぞれの立場から見ていきましょう。 従来のスマホLINEと現在の性能の違い 従来の場合、LINE通話中に電話の着信が来ると、強制的にLINE通話が遮断されてしまいました。 なぜなら、LINEはアプリ内の通話機能を使用するのに対して、普通の電話はスマホ本来の機能を使っているからです。 当然のことではありますが、アプリよりもスマホ本来の機能を優先的に通知する必要があるため、LINE通話が遮断されてしまうという状態に陥るのでした。 また、遮断されると、通話相手には「相手が電話を着信をしました。 しばらくしてからもう一度かけ直してください。 」とポップアップが表示されてしまいます。 しかし、現在では性能が向上しているため、近年発売されているものであれば、LINE通話中に着信があっても強制的に遮断されることがなくなりました。 拒否マーク・着信切断• 終了して応答・LINE通話を終了させて着信に出る• 保留にして応答・LINE通話を保留にして着信に出る• 相手が切れるのを待つ・LINE通話が継続される もちろん着信音が鳴っている間も通話は継続していて、現在では、このように普通の着信が来てもLINE通話が遮断される心配もなくなりました。 従来だと、着信が来る度にLINE通話が途絶えてしまっていたため、ストレスを抱えることも多くありましたが、現在では自分で操作を選べるため、従来に比べてLINEの利便性が向上したと言えるでしょう。 また、後述しますが、LINE通話中に別の人からLINE通話の着信が来ても、自分が話している最中はキャッチが入りません。 しかし、普通の電話の着信が来た際は、上記のように画面が変わり、キャッチ音もスピーカー越しになるため、キャッチを受けていることにすぐに気が付けるようになっています。 電話を発信した側 電話を発信している人には、相手が通話中かどうかはわかりません。 ただひたすらにコールが鳴り続けるだけになるので、普通の電話では判断できないようになっています。 アプリと従来の機能では当然従来の機能が優先されますが、そもそも通話手段が違うので、発信者側はそれに気づくことができないのです。 通話相手側 今までは、普通の電話を相手が受けた時、強制的に遮断されて「相手が電話を着信をしました。 しばらくしてからもう一度かけ直してください。 」という表示が出ましたが、現在は相手側に選択する余地ができるようになったため、通話を終了した時はトーク画面に通話時間が反映します。 先ほど説明した通り、着信が来てもLINE通話は繋がっているので、相手が電話に出るか出ないかも口頭で分かるようになり、上記のような通知は基本的に来ません。 ただし、「相手が電話を着信しました」のポップアップが表示されることがあります。 それは、自分が別のアプリを起動していながら、LINE通話をしている状態の時に通知される場合です。

次の

着信拒否のアナウンス一覧!ドコモ au ソフトバンクで違いはある?

通話に応答がありませんでした

「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 「この電話はお受けできません。 「この電話はお繋ぎすることができません。 「この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 「せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 「電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 「This is SoftBank. 」 ソフトバンクは他社よりも種類が豊富で、9種類の中から着信拒否の応答メッセージを選択することが可能となっています。 中には、着信拒否設定をしていると思わせない文言のメッセージもあるので、ユーザーの利便性は高いといえるでしょう。 着信拒否を設定するには事前に、へのオプションサービス加入が必要です。 iPhoneの着信拒否アナウンスは? 実は、キャリアの着信拒否設定以外にiPhoneユーザーであれば本体機能から拒否設定をすることが可能となっています。 詳しい設定、利用方法についてはこちらで紹介しています。 契約などを行う必要が無く使えるiPhoneの着信拒否は非常に便利ですが 電話発信者への応答メッセージはありませんのでご注意ください。 それでは、相手にはどのような対応になるかと言うと、「プープー」と言う音が流れた後に通話が勝手に終了する仕様となっています。 また、その際の発信者の画面には「通話中または通信中」と言うメッセージが表示されます。 発信者には具体的な内容が伝えられませんので、着信拒否設定が行われているとは悟られにくい仕様と言えるでしょう。 する際の料金は 無料で、事前申し込みが不要となっています。 着信拒否のアナウンスの違い まとめ ドコモ・auは、着信拒否設定を行っていることが伝わってしまうような応答メッセージとなっていましたね。 ドコモ・auの契約者で、iPhoneユーザーと言うことであれば、料金もかかりませんので本体機能の拒否設定を行ったほうが良いかもしれません。 ソフトバンク契約者であれば、豊富なメッセージから任意の内容のものを選択できるので、キャリアの拒否設定をお勧めします。 着信拒否が必要となるような人間関係にならないことが理想的と言えますが、明らかに着信拒否だと分かる応答メッセージも都合が悪いかと思います。 自身の希望の応答メッセージを選択し、より関係を悪化させないよう気を付けましょう。 他にもスマホを利用するうえで役立つ情報を紹介しています。 よければ併せて参考にしてください!.

次の

LINE通話で応答なしはブロックされてる?キャンセルや不在着信の表示は?

通話に応答がありませんでした

最後の原因が特殊で、Androidのスマホでだけ表示されます。 LINEをブロックされている相手にLINE電話をかけた場合、通話画面ですぐに「通話に応答がありませんでした」というメッセージが表示されます。 タップできるのは「確認」という文字だけで、 それをタップすると「応答なし」とあなた側に表示されます。 あなたの通話画面にはすぐに「通話に応答がありませんでした」と表示されますが、相手はトーク画面に何も表示されません。 Androidユーザー限定ですが、「通話に応答がありませんでした」と表示されたら、LINEのトークメッセージを送信してみて、反応を見ましょう。 既読にもならないし、返事もない場合は相手にブロックされています。 LINEの通知があり、トーク画面を開いてみると あなた側に「不在着信」があり、相手側に「キャンセル」と表示される原因はどちらもブロックや拒否をしていないので、「応答なし」とは違います。 ただLINEの「不在着信」機能の優れているところは着信があった時間がわかるだけです。 普通のスタンプやメッセージのように既読マークはつかないので、「不在着信」の表示を相手が確認したかどうかがトークの既読機能で分かるということはありません。 ただ他のスタンプやメッセージと同じトーク画面に表示されるので、普通の電話よりも「不在着信」を見てもらいやすいというメリットがあります。 また「不在着信」のアイコンをタップすると、相手に電話をかける画面に自動で切り替わるのでLINE電話をかけなおす手間もかかりません。 LINEにはEVENTで無料でもらえるスタンプのほかに、EVENTに登場しない無料スタンプがあります。 隠しスタンプというのですが、 iPhoneでLINEをブロックされているとこの隠しスタンプを送信することができません。 iPhoneにはAndroidと違い、有料スタンプをプレゼントする機能がないので、スタンプをプレゼントするなら無料スタンプ限定になります。 でもiPhoneの無料スタンプは種類が少ないのですでに持っている可能性もあります。 だから隠しスタンプをプレゼントして、プレゼントできればブロックされていない、プレゼントできなければブロックされているという意味です。 ただ隠しスタンプを発見するのに時間がかかるので、複数のスタンプをプレゼントしてみた方が早いです。 LINE電話をかけ始めてすぐには表示されませんが、はずっとかけ続けていても相手が出ない場合は「通話に応答がありませんでした」と表示されます。 ただブロックされていない場合と、されている場合では「通話に応答がありませんでした」というメッセージの下に表示されるメニューが違います。 ブロックされていない場合は「通話に応答がありませんでした」と表示された下に「もう一度無料通話を発信」「ボイスメッセージ」「終了」という3つのメニューが表示されます。 しかし 「通話に応答がありませんでした」と表示された下には「確認」しか出ていないときはブロックされているという意味です。 それ以外のメニューが表示されないので、ここで判断できます。

次の