転生 し まして 現在 は。 暁 〜小説投稿サイト〜: 転生とらぶる: 1815話

悪役令嬢(仮)の奮闘

転生 し まして 現在 は

仮に完結せずに終わるとするなら「作者側」からの都合になるかと思われます。 原作者が「完結させないで終わらせたい」とムリヤリ打ち切らせるとか 漫画家さんが病気や事故等の理由でどうしても休載せざるを得なくなりそのまま打ち切りとか。 完結するのか?という質問ですが、おそらく出版社的にはむしろ 『完結しないでほしい』『長く長く続いてほしい』 と願っているかと思われます。 転生したらスライムだった件はとにかく売れています。 2018年の年間コミック売り上げランキングを知っていますか? 転スラは9位346万部の売り上げです。 本が売れないと言われているこのご時世に、ジャンプ漫画級の売り上げを誇ります。 ランキング10位圏内の集英社の漫画は7冊、講談社の漫画が3冊です。 このうち講談社からの漫画「七つの大罪」は最終回を迎えたので、今後このランキングからは去ります。 すると講談社はトップ10には「進撃の巨人」と、「転生したらスライムだった件」だけになるのです。 なので講談社的には転スラは 「もっともっと売れてほしい」「もっともっと続いてほしい」 「今後も長く講談社の看板作品になってほしい」 のが本音だと思われます。 新規の漫画をここまで人気が出るまでに育てるのは大変です。 この人気を維持させるほうが得策と考える筈 転スラが掲載されている雑誌は「月刊少年シリウス」と言いますが、ここに掲載されている他の漫画と比較しても1強で突出しています。 週刊少年ジャンプにおけるONE PIECEに当たる漫画です。 転スラが連載続いてるうちはシリウスは安泰だと思われます。 例えばONE PIECE、今の人気、売り上げがあるのに「長期連載」だからといきなり打ち切られると思いますか? 「進撃の巨人」が、まだまだ人気あるのに「長期連載」になったからといきなり打ち切ると思いますか? 【人気が無くなった】【売り上げが極端に落ちた】ならばしょうがないとしても、年間売り上げトップ10に入る漫画なんてものを 【出版社から打ち切るなんてことはありえないのです】ましてや 【巻数が多くなって長期連載になったから打ち切ります】 なんてことになる筈が無いのです。 転生したらスライムだった件は、年間売り上げトップ10に入るまでに急成長してしまったので、 その昔、ドラゴンボールの鳥山明先生がDBを終わらせたくとも人気がありすぎて終わらせることができなかったように 転生スライムの現在の売り上げを考えたら出版社側から「終りです」と言い出すことは無いと思われます。 連載が終わるとすれば 『打ち切りラインまで極端に売り上げが落ちる』 『漫画作者が事故や病気になり続けることができなくなる』 この二つのいずれかの理由だけになるかと思われます。 ましてや原作はまだまだ長期続けられるだけあります。 講談社がこの「金の生る木」を現状捨てるわけが無いのです。 アニメ2期が早々に決まったのもおそらく今講談社が転スラを『かなり推している』からだと思われます。

次の

イベント27_有魂書研究―二葉亭四迷を転生させよ―

転生 し まして 現在 は

このトークンを手に入れて、ショップにあるナイトの強化欄にある効果を購入する事で ナイトそのもの を強化出来るというシステムになっています。 つまり、転生する事で、 強くてニューゲームの状態でスタート出来る、という事ですね。 ましてやトークンで購入出来るナイトの強化装備は、ドロップして手に入れる装備よりはるかに効果の高いものだらけなので、武器の攻撃力以上のダメージを与えることだって可能です。 そうなってくると、転生をしない理由がなくなるわけです。 階層を重ねていくうちに、装備の強化では確実に 攻略困難 な状態に陥る事が絶対に出てきます。 ゴールドも足らない、強化出来なくて敵が固い等、八方ふさがりになる前に転生をして、ナイトそのものを強化してもう一度立ち向かう事にしましょう。 転生のタイミングは、転生出来る階層に来たらすぐ転生で良い? と思います。 あまり長い事深く階層を潜っていっても良い事はないと思いますが。 だがしかあぁぁし!! 基本的に転生可能な階層は20階からだが、そこから転生しないでダンジョンを進み続けると、ボスを倒すごとにトークンが獲得できます。 一回の転生でより多くのトークンや、階層によって報酬である宝箱が増えたりと良い事づくめ?! うーん、転生は魅力的だけど、転生を置いておく事で報酬がデカくなっていく....... 転生のタイミングが重要となってきますね。 自分の中で転生のタイミングを考えておく必要がありますね。 私的ベストは三回まで20階で転生して、ナイトを強化した後、ドロップする装備の運の兼ね合いで転生を考えますね。 スキルのリープで一撃で倒せなくなってきたら考え時かな、と思います。 難しい転生のタイミング、参考までに!!

次の

転生の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿

転生 し まして 現在 は

仮に完結せずに終わるとするなら「作者側」からの都合になるかと思われます。 原作者が「完結させないで終わらせたい」とムリヤリ打ち切らせるとか 漫画家さんが病気や事故等の理由でどうしても休載せざるを得なくなりそのまま打ち切りとか。 完結するのか?という質問ですが、おそらく出版社的にはむしろ 『完結しないでほしい』『長く長く続いてほしい』 と願っているかと思われます。 転生したらスライムだった件はとにかく売れています。 2018年の年間コミック売り上げランキングを知っていますか? 転スラは9位346万部の売り上げです。 本が売れないと言われているこのご時世に、ジャンプ漫画級の売り上げを誇ります。 ランキング10位圏内の集英社の漫画は7冊、講談社の漫画が3冊です。 このうち講談社からの漫画「七つの大罪」は最終回を迎えたので、今後このランキングからは去ります。 すると講談社はトップ10には「進撃の巨人」と、「転生したらスライムだった件」だけになるのです。 なので講談社的には転スラは 「もっともっと売れてほしい」「もっともっと続いてほしい」 「今後も長く講談社の看板作品になってほしい」 のが本音だと思われます。 新規の漫画をここまで人気が出るまでに育てるのは大変です。 この人気を維持させるほうが得策と考える筈 転スラが掲載されている雑誌は「月刊少年シリウス」と言いますが、ここに掲載されている他の漫画と比較しても1強で突出しています。 週刊少年ジャンプにおけるONE PIECEに当たる漫画です。 転スラが連載続いてるうちはシリウスは安泰だと思われます。 例えばONE PIECE、今の人気、売り上げがあるのに「長期連載」だからといきなり打ち切られると思いますか? 「進撃の巨人」が、まだまだ人気あるのに「長期連載」になったからといきなり打ち切ると思いますか? 【人気が無くなった】【売り上げが極端に落ちた】ならばしょうがないとしても、年間売り上げトップ10に入る漫画なんてものを 【出版社から打ち切るなんてことはありえないのです】ましてや 【巻数が多くなって長期連載になったから打ち切ります】 なんてことになる筈が無いのです。 転生したらスライムだった件は、年間売り上げトップ10に入るまでに急成長してしまったので、 その昔、ドラゴンボールの鳥山明先生がDBを終わらせたくとも人気がありすぎて終わらせることができなかったように 転生スライムの現在の売り上げを考えたら出版社側から「終りです」と言い出すことは無いと思われます。 連載が終わるとすれば 『打ち切りラインまで極端に売り上げが落ちる』 『漫画作者が事故や病気になり続けることができなくなる』 この二つのいずれかの理由だけになるかと思われます。 ましてや原作はまだまだ長期続けられるだけあります。 講談社がこの「金の生る木」を現状捨てるわけが無いのです。 アニメ2期が早々に決まったのもおそらく今講談社が転スラを『かなり推している』からだと思われます。

次の