コロナ 感染経路 言わない。 コロナウイルス感染はなぜ若者のせい?10代20代30代は外出禁止?と反論多数!ネットもざわつき

元阪神・片岡氏、コロナ感染経路は不明 タバコも吸わず「誰がなってもおかしくない」/阪神タイガース/デイリースポーツ online

コロナ 感染経路 言わない

巨人坂本勇人と大城卓三が新型コロナ感染!微陽性? 6月3日、巨人の坂本勇人選手と大城卓三選手が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。 5月29日から31日の間に球団が自発的に実施した抗体検査で、両選手を含む4人に感染後の回復を示す「IgG抗体」が確認された。 専門家の指導のもと念のためPCR検査を実施し、正常値にわずかに届かない「微陽性」にあたる判定結果が届いた。 この結果を受け、チームは西武との練習試合を中止した。 最初に抗体検査を行い、その後PCR検査で二人の感染が判明したそうです。 微陽性という言葉は初めて知りました。 坂本勇人と大城卓三は一体どこでコロナに感染したのか? 現時点で、坂本勇人選手と大城卓三選手はどこで新型コロナウイルスに感染したのかは分かっていません。 2人とも現時点で特に症状はなく、自分が感染していたことを知り、非常に驚いているそうです。 味覚や嗅覚の異常もないとのことで、どこで感染したのか検討もつかないような状況だと思います。 また、2人とも新型コロナウイルスの遺伝子量(CT値)が微量であり、正常値にわずかに届かない【微陽性】という診断を受けています。 それにより、今感染しているというわけではなく、感染からかなり時間が経過しているとみられています。 坂本勇人と大城卓三の感染経路や行動歴は? 大城卓三選手の感染経路に関してはまだ詳しく分かっていませんが、坂本勇人選手の行動歴に関しては徐々に分かってきています。 今日の取材で球団関係者が強調していたのは 選手の外出について。 「俺もずっと見てきたけれど、本当に外食、外出していない。 変なの(報道)出てきちゃうと抗議しないといけないくらい。 5月29日に感染したというのも可能性は低く、もう感染してかなり時間が経過していると見られているので、2週間前より以前に感染していた可能性が高いと思われます。 もう少し行動歴を前に遡って考える必要があると思います。 しかし、5月は緊急事態宣言も出ていましたので、外出はされていないはずです。 それより前となると、2月3月あたりでしょうか? ちょうどインフルエンザに2回感染していたというので、それが実はコロナウイルスだったのではともいわれています。 ら 坂本勇人と大城卓三の濃厚接触者は誰? 保健所は坂本勇人選手、大城卓三選手の濃厚接触者として球団外の野球関係者を含む9人がいることを発表しています。 更に、1メートル以内で15分以上会話をした者が17人、合わせて26人のPCR検査を3日に行ったそうです。 また、これ以外の巨人の関係者についても、念の為、4日にPCR検査をすることが分かっています。 感染者続出ということにならなければいいですが、、 プロ野球開幕への影響は? 現時点では、6月19日のプロ野球開幕に何ら影響はないということですが、濃厚接触者やその他首脳陣、チームメイトらのPCR検査の結果によっては大変なことになるかもしれません。 まだ19日までは日にちがありますが、この先、感染者が出なければ予定通り開幕されると思います。 絶対に開幕して欲しいです。 坂本勇人と大城卓三コロナ感染に対するSNSの反応 坂本さんはインフルCではなくコロナでした泣 — さかも zb3OXLNQZZnzd8y 早く野球してる姿が見たい 無事に完全回復しますように???? 2019. 2020. 07 — みーやん???? みおりんご????

次の

空気感染、外遊びは大丈夫?風で漂うの? 正しく恐れる [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ 感染経路 言わない

東京のコロナ感染者には経路不明が多いというが、 どこまで聞き取り調査がなされているのか? どのような分析がなされているのか? 感染経路を追うための聞き取り調査をするのは 保健所だと言われる。 保健所職員のキャパオーバーの一因とも。 しかし、これは保健所でなければできない仕事なのかどうか。 どうやって感染するのかが高らかに訴えられている今、 感染者の行動履歴の中で、どこにそれに合致するものが あるかは、保健所でないと出来ないことではない。 詳細な調査ができる組織は他にいくらでもある。 一方、渋谷や銀座など、主要な場所での人出の増減が 取り上げられるが、実際の感染者と関わりがあるのかどうか 確認は出来ない。 外出ということに関しての目安にはなるが、 今は住居近くでの外出が中心と言われている。 行動履歴から突き止めることが不可能なので、 大きな枠を設けて、とりあえず少なければ可能性が減ずる と言っているに過ぎないとしか思えない。 北大の西浦教授がやっていることに、本当に学問的意味が あるのかどうか? おそらく感染症対策の基本なのだろうけど、そこに人の行動が 見えないので、今ひとつ納得感がない。 感染者は、どのような自粛生活をしていたかを知りたくなる。 そこから、注意すべきはなんなのかを見出すことは出来ないのか? それをやった結果が、専門家会議で言われていることとならば、 データを示して、何が悪いのか、感染確率を示して欲しい。 そもそも、感染初期には行動履歴から感染経路を突き止め クラスターをつぶすことを中心にしていた。 そのため、感染している確率が高い人に絞り込んで PCR検査を行った。 限られた数しかこなせない検査は 重症者を中心に行うべきとも言われた。 しかし、検査で陽性が判明した頃、重症者は聞き取り調査に 応じることが出来ない状態になっていることが少なくない。 やっていることの、ちぐはぐさが感じられて、 いくら未知のウィルスとはいえ、他に対処の仕方が あるのでは? と、無知を承知の上で、思わずにはいられないのです。 >しかし、検査で陽性が判明した頃、重症者は聞き取り調査に >応じることが出来ない状態になっていることが少なくない。 それもありますが、重症化を待つので、その感染者の濃厚接触者がそれを知らされるのは、それが判明してからずいぶん時間が経ってしまってからになります。 自分がウイルスに感染しているかもしれないという自覚を持たず、普通に生活をしていたら、誰とどこで会ったかとか、立ち寄り先でどんな行動を取ったか、何に触ったかなんて記憶は、時間の経過とともにどんどん薄れて行きます。 ですから、いざ濃厚接触者ですと言われても、自分が誰にウイルスを感染させたか記憶をたどるのが困難になっている可能性が高いのです。 クラスター潰しをやりたいなら、周囲の接触者の記憶が鮮明なうちに追いかけるべきなのに、何日も経ってからやることになる日本のやり方は、はっきり言って矛盾していたということです。 >いくら未知のウィルスとはいえ、他に対処の仕方が >あるのでは? 韓国や他の先進国のように、早くから大規模にPCR検査を実施すべきでした。 韓国はすでに新規の感染者をゼロに近づけられており、感染者数は日本よりもすくなく、死者は日本の半分以下、そして感染者のすでに9割近くが完治(日本はまだ3割)しているのですから、どちらが正しかったかは自ずと明らかだと思います。 それどころか韓国だけでなく他の先進国も、あの医療崩壊を起こしたと言われたイタリアやスペインさえ、回復者が新規感染者を上回って、患者数を減らし始めているというのに、日本はまだ増加中です。 このままでは、世界はどんどん終息に向かうのに、日本だけがダラダラと同じような状況が続き、いつまで経っても終息させられない、という状況になる可能性もあります。 ***** 検査精度が低いとか言う人がいますが、たとえ精度が低くても検査をして陽性と判定された人は、他者と接触しないようにできるのです。 検査をしなければそういう行動をとることもできません。 ちょっと微熱があったって、平熱に戻れば普通に会社に出勤してしまいます。 仮に検査の精度が7割だとして、実際には5%が感染している1万人の集団を検査する時、1万人を検査すれば350人は見つけられて、150人を見逃すことになる。 これを検査前に精査して本当に疑わしい者1千人を選んだとして、その際に10%まで感染者の比率を引き上げられたとしても、見つけられるのは70人で、430人を見逃すことになる。 検査対象を選別するときの見逃しをゼロにできない限り、検査を絞ることは感染者を見逃す可能性を確実に高めます。 どうもこのPCR検査の精度がどうのと言う人々は、検査数を絞ればその見逃しが減るとでも思っているみたいなんですが、そんなこと、全くあり得ないんですけどね。 精度が7割なら、検査を絞ろうが広めようが、3割見逃すことに変わりはないのです。 で、現在は検査を絞っているために市中に見逃された感染者が溢れていると言う状況。 だから、誰から伝染させられたかわからない感染者がたくさんいるわけで、感染していることを自覚していない無症状感染者が病院を訪れ、院内感染の原因にもなっているのです。 また陽性なのに陰性と判定されたお墨付きを貰った人が活動してしまうとか言う人もいますけど、そんなおバカさんが世の中どれだけいます? 陰性というのは抗体があるわけではないのですから「お墨付き」も何も、これからも感染の可能性があると思って行動しなければならないのであり、そもそも検査がなされていない人と、状態は何も変わらないのです。 このお墨付き話は検査をしないことを正当化するためのおとぎ話にすぎません。 ちなみに陰性の人を陽性と判定してしまう可能性は、検査のレベルにムラがないと言う前提なら、日本では0. 5%を超えることはないと言えます。 これまで日本では累計で31237人に対して空港検疫を実施していますが、陽性と判定された人は147人しかいません。 つまり全員が実は陰性で、この147人全てが誤判定だと仮定しても、0. 47%にしかならないのです。 ということで、広く検査をした場合と狭めた場合、どちらが感染抑制や院内感染の抑止に効果があるかは自明です。 従来の医学は、一人一人が対象なのに対し、北大の西浦教授は統計的なアプローチ。 結果は数値に出ているので、成果があったといっていい。 特筆は大阪でしょう。 東京でも一定の成果。 全国的にもそう。 懸念は、専門家は、感染症の専門家。 経済や精神医学には全く責任を持たない。 バランスを考えると5末以降の延長はあり得ない。 第二波は、必ず来ます。 連休明け2週後と6月2週。 厚労省と医療機関におかれてては、6月2週までに体制を整えていただきたい。 なお、PCR陽性の無症状者と検査していない重症者でのトリアージの順番がクルーズ船で検討されたようです。 日本はこれまで衛生面で優れていたがために、感染症の経験が他国より弱い。 医療が最適効率で動いていないと言えます。 ただ、第二波や今後起こり得る中国発の新たな感染症に適切に対応すべく、経験を積み、PDCAを回して頂きたい。 官僚はPDPDしかないと思いすぎ。 日本は人口100万人当たりCT検査機保有数が世界でも飛び抜けてます。 オーストラリアの1. 7倍、米国の2. 5倍、ドイツの3倍、カナダの7倍、英国の10倍。 日本では肺炎と疑われる患者はまず胸部CT撮影検査を受けます。 その上でウィルス性肺炎と診断されたら、臨床検体PCR検査の許可が出ます。 軽症患者・無感症者であっても集団感染の場合はPCR検査の許可が出ます。 PCR検査機の精度が70%位しか無く、PCR検査の専門技士が不足する現状では、この様なアプローチの仕方が有効と思われます。 日本医師会は「 国内の 感染者数については議論の余地があるが死者数は概ね正確」と述べてます。 日本ではたまたまS型が先に流入し、L型は3月末以降、急激に蔓延する様になったのかもしれません。 英ケンブリッジ大学によると、新型コロナウィルスには現在、3タイプが見つかってます。

次の

福岡三越従業員がコロナ感染も福岡市からは発表無し!従業員はどこの誰なのか、感染経路とあわせて調べました。

コロナ 感染経路 言わない

東京のコロナ感染者には経路不明が多いというが、 どこまで聞き取り調査がなされているのか? どのような分析がなされているのか? 感染経路を追うための聞き取り調査をするのは 保健所だと言われる。 保健所職員のキャパオーバーの一因とも。 しかし、これは保健所でなければできない仕事なのかどうか。 どうやって感染するのかが高らかに訴えられている今、 感染者の行動履歴の中で、どこにそれに合致するものが あるかは、保健所でないと出来ないことではない。 詳細な調査ができる組織は他にいくらでもある。 一方、渋谷や銀座など、主要な場所での人出の増減が 取り上げられるが、実際の感染者と関わりがあるのかどうか 確認は出来ない。 外出ということに関しての目安にはなるが、 今は住居近くでの外出が中心と言われている。 行動履歴から突き止めることが不可能なので、 大きな枠を設けて、とりあえず少なければ可能性が減ずる と言っているに過ぎないとしか思えない。 北大の西浦教授がやっていることに、本当に学問的意味が あるのかどうか? おそらく感染症対策の基本なのだろうけど、そこに人の行動が 見えないので、今ひとつ納得感がない。 感染者は、どのような自粛生活をしていたかを知りたくなる。 そこから、注意すべきはなんなのかを見出すことは出来ないのか? それをやった結果が、専門家会議で言われていることとならば、 データを示して、何が悪いのか、感染確率を示して欲しい。 そもそも、感染初期には行動履歴から感染経路を突き止め クラスターをつぶすことを中心にしていた。 そのため、感染している確率が高い人に絞り込んで PCR検査を行った。 限られた数しかこなせない検査は 重症者を中心に行うべきとも言われた。 しかし、検査で陽性が判明した頃、重症者は聞き取り調査に 応じることが出来ない状態になっていることが少なくない。 やっていることの、ちぐはぐさが感じられて、 いくら未知のウィルスとはいえ、他に対処の仕方が あるのでは? と、無知を承知の上で、思わずにはいられないのです。 >しかし、検査で陽性が判明した頃、重症者は聞き取り調査に >応じることが出来ない状態になっていることが少なくない。 それもありますが、重症化を待つので、その感染者の濃厚接触者がそれを知らされるのは、それが判明してからずいぶん時間が経ってしまってからになります。 自分がウイルスに感染しているかもしれないという自覚を持たず、普通に生活をしていたら、誰とどこで会ったかとか、立ち寄り先でどんな行動を取ったか、何に触ったかなんて記憶は、時間の経過とともにどんどん薄れて行きます。 ですから、いざ濃厚接触者ですと言われても、自分が誰にウイルスを感染させたか記憶をたどるのが困難になっている可能性が高いのです。 クラスター潰しをやりたいなら、周囲の接触者の記憶が鮮明なうちに追いかけるべきなのに、何日も経ってからやることになる日本のやり方は、はっきり言って矛盾していたということです。 >いくら未知のウィルスとはいえ、他に対処の仕方が >あるのでは? 韓国や他の先進国のように、早くから大規模にPCR検査を実施すべきでした。 韓国はすでに新規の感染者をゼロに近づけられており、感染者数は日本よりもすくなく、死者は日本の半分以下、そして感染者のすでに9割近くが完治(日本はまだ3割)しているのですから、どちらが正しかったかは自ずと明らかだと思います。 それどころか韓国だけでなく他の先進国も、あの医療崩壊を起こしたと言われたイタリアやスペインさえ、回復者が新規感染者を上回って、患者数を減らし始めているというのに、日本はまだ増加中です。 このままでは、世界はどんどん終息に向かうのに、日本だけがダラダラと同じような状況が続き、いつまで経っても終息させられない、という状況になる可能性もあります。 ***** 検査精度が低いとか言う人がいますが、たとえ精度が低くても検査をして陽性と判定された人は、他者と接触しないようにできるのです。 検査をしなければそういう行動をとることもできません。 ちょっと微熱があったって、平熱に戻れば普通に会社に出勤してしまいます。 仮に検査の精度が7割だとして、実際には5%が感染している1万人の集団を検査する時、1万人を検査すれば350人は見つけられて、150人を見逃すことになる。 これを検査前に精査して本当に疑わしい者1千人を選んだとして、その際に10%まで感染者の比率を引き上げられたとしても、見つけられるのは70人で、430人を見逃すことになる。 検査対象を選別するときの見逃しをゼロにできない限り、検査を絞ることは感染者を見逃す可能性を確実に高めます。 どうもこのPCR検査の精度がどうのと言う人々は、検査数を絞ればその見逃しが減るとでも思っているみたいなんですが、そんなこと、全くあり得ないんですけどね。 精度が7割なら、検査を絞ろうが広めようが、3割見逃すことに変わりはないのです。 で、現在は検査を絞っているために市中に見逃された感染者が溢れていると言う状況。 だから、誰から伝染させられたかわからない感染者がたくさんいるわけで、感染していることを自覚していない無症状感染者が病院を訪れ、院内感染の原因にもなっているのです。 また陽性なのに陰性と判定されたお墨付きを貰った人が活動してしまうとか言う人もいますけど、そんなおバカさんが世の中どれだけいます? 陰性というのは抗体があるわけではないのですから「お墨付き」も何も、これからも感染の可能性があると思って行動しなければならないのであり、そもそも検査がなされていない人と、状態は何も変わらないのです。 このお墨付き話は検査をしないことを正当化するためのおとぎ話にすぎません。 ちなみに陰性の人を陽性と判定してしまう可能性は、検査のレベルにムラがないと言う前提なら、日本では0. 5%を超えることはないと言えます。 これまで日本では累計で31237人に対して空港検疫を実施していますが、陽性と判定された人は147人しかいません。 つまり全員が実は陰性で、この147人全てが誤判定だと仮定しても、0. 47%にしかならないのです。 ということで、広く検査をした場合と狭めた場合、どちらが感染抑制や院内感染の抑止に効果があるかは自明です。 従来の医学は、一人一人が対象なのに対し、北大の西浦教授は統計的なアプローチ。 結果は数値に出ているので、成果があったといっていい。 特筆は大阪でしょう。 東京でも一定の成果。 全国的にもそう。 懸念は、専門家は、感染症の専門家。 経済や精神医学には全く責任を持たない。 バランスを考えると5末以降の延長はあり得ない。 第二波は、必ず来ます。 連休明け2週後と6月2週。 厚労省と医療機関におかれてては、6月2週までに体制を整えていただきたい。 なお、PCR陽性の無症状者と検査していない重症者でのトリアージの順番がクルーズ船で検討されたようです。 日本はこれまで衛生面で優れていたがために、感染症の経験が他国より弱い。 医療が最適効率で動いていないと言えます。 ただ、第二波や今後起こり得る中国発の新たな感染症に適切に対応すべく、経験を積み、PDCAを回して頂きたい。 官僚はPDPDしかないと思いすぎ。 日本は人口100万人当たりCT検査機保有数が世界でも飛び抜けてます。 オーストラリアの1. 7倍、米国の2. 5倍、ドイツの3倍、カナダの7倍、英国の10倍。 日本では肺炎と疑われる患者はまず胸部CT撮影検査を受けます。 その上でウィルス性肺炎と診断されたら、臨床検体PCR検査の許可が出ます。 軽症患者・無感症者であっても集団感染の場合はPCR検査の許可が出ます。 PCR検査機の精度が70%位しか無く、PCR検査の専門技士が不足する現状では、この様なアプローチの仕方が有効と思われます。 日本医師会は「 国内の 感染者数については議論の余地があるが死者数は概ね正確」と述べてます。 日本ではたまたまS型が先に流入し、L型は3月末以降、急激に蔓延する様になったのかもしれません。 英ケンブリッジ大学によると、新型コロナウィルスには現在、3タイプが見つかってます。

次の