たけ も ね ツイッター。 たけなしのーと

たけ坊日記

たけ も ね ツイッター

ここまででしたら、報告されてアカウントが BAN されたのだろうかで済むのですが、なんとそのアカウントの所有権が大学側に移管されていたというのですから驚くわけです。 この大学はニューヨークというので華やかな街を連想してしまいますが、ニューヨーク州立大学グループの一つで、どちらかというとカナダ国境に近い田舎町に存在します。 ここに在学しているアイザイア・ケリー氏は、寮の暖房が丸一日停止したり、図書館がアスベスト問題で閉館したりといったトラブルを茶化す目的で SUNYGenseeo というアカウントを作ってつぶやいていました。 大学の公式アカウントは SUNYGeneseo で e の場所が一箇所違うだけで、バナー画像なども模倣していたそうです。 大学を茶化すくらいのことはアメリカの法律でいうならば言論の自由に含まれますので問題がありませんが、アカウントのIDや画像を模倣するのはツイッターの利用規約的にはなりすましに該当しますので、大学側から報告が行われたならばアカウントが凍結されるのは理解できます。 しかし火曜日にアカウントにログインできないことに気づいたアイザイア・ケリーさんはそれだけではなく、アカウントのプロフィール写真などが変更され、つぶやきがすべて削除され、かわりに大学管轄の警察アカウントのツイートがRTされていて、アカウントが何者かの手に渡っていることがわかったのだといいます。 また、アカウントのメールアドレスは大学の管理人のものと推測できるアドレスに変更されていました。 ケリーさんは当初、大学側が彼のメールを盗聴し、そこからアカウントをハッキングしたのではないかと批判しました。 アメリカの edu ドメインの多くでは、管理上の理由で生徒のメールはこうした場合に閲覧可能な運用をされている場合もあって、それを疑ったわけです。 Contrary to popular belief, we have a sense of humor remember the time we taped a banana to the wall in the union and posted it on Instagram? ただし、ハッキングは否定しています。 そこで浮かび上がったのが、ツイッター自体によってアカウントの情報が大学側に提供されていたということです。 ツイッターはこれに対して「手違いがあった」と認めており、どうしてアカウントが大学側に渡されたのか調査中だとのことです。 これは大いに問題のある話で、権力をもった人や組織を、社会的に弱い立場にある人がツイッターを使うことで糾弾できるのはSNSの大きな利点の一つです。 それはもちろん、その人のプライバシーが守られていることが前提です。 たとえなりすましをしていたアカウントとはいえ、その情報が大学側に渡るのでは、安心してツイッターを使うことなどできません。 たとえば政府や企業を批判する立場のアカウントの個人情報が、その政府や企業に横流しされているようなものです。 こういうことが間違っても起こらないようでなければ、安心してSNSなど使えないのですが、このきな臭くなっている世の中で、安心なものなどなにもないのかという気持ちになってきますね。 引き続き、この件についてはフォローしておこうと思います。

次の

一世風靡!?たけやりへいが強すぎる!?

たけ も ね ツイッター

2が始まり、日々新しい情報が入ってきています。 青さまは先日、お友達の エルコンさんのブログ記事を見てキラーマシーンの記事を出しました。 青さまが出した記事はこちら! そして青さまが今回気になったのは ホイミソさんのこの記事です。 気になるなあと思っていた矢先、 エルコンさんがこのような文章のツイートをしていました。 よろしくお願いします。 (たけやりへいの画像付きでした) これはもう、 たけやりへいを試してみるしかありません! だがしかし! 青さまは、たけやりへいを育てていませんでした。 なので イナミノ街道でつかまえました。 名前は、 えびふらいにしました。 ちなみに青さまは、 まるは食堂のエビフライが大好きです。 ツールで3万コインか300ジェム出してたけやりへいの たまごをもらって、 ふ化させることもできます。 さて、たけやりへいを手に入れたはいいけど、 11回も転生させたり、なつき度を300まであげたりしなければなりません。 とりあえず11回の転生は・・・。 試練をしたり・・・。 メタキン6枚メタボ2枚持ち寄りをしたり・・・。 さらにメタキン6枚メタボ2枚持ち寄りしたり・・・。 そして無事に11回転生を済ませました。 これらは一気にしました。 そのあと青さまは、すぐ落ちて、 ジェムを3000円分買って なつき度を300に上げました。 というわけで、1日でたけやりへいをカンストさせました! スポンサーリンク たけやりへい、機械のようにさみだれ突きをし続けるんですけど! あっという間にダークキングが黄色に! たけやりへいは一切休まずさみだれ突きをし続けています。 ダークキングが赤に! 3分5秒でたおしました! なんか・・たけやりへいって・・・すごいかも・・・・。 続いてメイヴ強さ1へ行きます。 サポは最初のままのメンバーです。 たけやりへいの動きが速い! たけやりへい、ちょっとは休憩したら!? 実際に体感してみたら驚きますよ! あのね、良い例えが見つかりました。 人が1回攻撃する間にたけやりへいは2回こうげきしてくれる。 行動間隔が短いから結局どんどんダメージを与えることができるのです。 あっという間に黄色になるメイヴ。 そしてさらにあっという間に赤になるメイヴ。 5分8秒でたおしました! キラーマシーンの時より速い! もちろんキラーマシーンも かなり強いです。 これも体感してみたら分かります。 最後はレグナード強さ1に行きます。 いやあ、ほんとたけやりへいは誰よりも素早く動きます。 そしてひたすらさみだれ突きをし続けます。 さみだれ突きのシャッシャッシャッシャッという音が絶え間なく続きます。 シャッシャッという音にだんだんハマってきます。 気持ちいいです。 レグナードが黄色に! レグナードが赤に! これ、速い討伐タイムになりそう・・・。 なんと! 4分33秒でたおしました!! これは相当速いですよぉぉ! まさかと思う人もいるかもしれないが、 たけやりへい本当にすごいぞ。 わしは、あのたけやりへいがここまで強くなるとは思ってもみなかったぞ。 だが武器装備がわりとしっかりしたものでないと、 このような驚きの効果は実感できないかも!? アンケートです。 回答、感謝します! 次のニコ生配信は6月16日(火)の予定ですうさ。 配信をしなくても ブログ記事は毎日24:01に出しますうさ。 そして今日は、わしの誕生日プラス57日じゃよ! 誕生日プラス57日のお祝いに下のバナーをクリックしてくれたら うさぎぱわーをプレゼントしますぞ!.

次の

たけなしのーと

たけ も ね ツイッター

ここまででしたら、報告されてアカウントが BAN されたのだろうかで済むのですが、なんとそのアカウントの所有権が大学側に移管されていたというのですから驚くわけです。 この大学はニューヨークというので華やかな街を連想してしまいますが、ニューヨーク州立大学グループの一つで、どちらかというとカナダ国境に近い田舎町に存在します。 ここに在学しているアイザイア・ケリー氏は、寮の暖房が丸一日停止したり、図書館がアスベスト問題で閉館したりといったトラブルを茶化す目的で SUNYGenseeo というアカウントを作ってつぶやいていました。 大学の公式アカウントは SUNYGeneseo で e の場所が一箇所違うだけで、バナー画像なども模倣していたそうです。 大学を茶化すくらいのことはアメリカの法律でいうならば言論の自由に含まれますので問題がありませんが、アカウントのIDや画像を模倣するのはツイッターの利用規約的にはなりすましに該当しますので、大学側から報告が行われたならばアカウントが凍結されるのは理解できます。 しかし火曜日にアカウントにログインできないことに気づいたアイザイア・ケリーさんはそれだけではなく、アカウントのプロフィール写真などが変更され、つぶやきがすべて削除され、かわりに大学管轄の警察アカウントのツイートがRTされていて、アカウントが何者かの手に渡っていることがわかったのだといいます。 また、アカウントのメールアドレスは大学の管理人のものと推測できるアドレスに変更されていました。 ケリーさんは当初、大学側が彼のメールを盗聴し、そこからアカウントをハッキングしたのではないかと批判しました。 アメリカの edu ドメインの多くでは、管理上の理由で生徒のメールはこうした場合に閲覧可能な運用をされている場合もあって、それを疑ったわけです。 Contrary to popular belief, we have a sense of humor remember the time we taped a banana to the wall in the union and posted it on Instagram? ただし、ハッキングは否定しています。 そこで浮かび上がったのが、ツイッター自体によってアカウントの情報が大学側に提供されていたということです。 ツイッターはこれに対して「手違いがあった」と認めており、どうしてアカウントが大学側に渡されたのか調査中だとのことです。 これは大いに問題のある話で、権力をもった人や組織を、社会的に弱い立場にある人がツイッターを使うことで糾弾できるのはSNSの大きな利点の一つです。 それはもちろん、その人のプライバシーが守られていることが前提です。 たとえなりすましをしていたアカウントとはいえ、その情報が大学側に渡るのでは、安心してツイッターを使うことなどできません。 たとえば政府や企業を批判する立場のアカウントの個人情報が、その政府や企業に横流しされているようなものです。 こういうことが間違っても起こらないようでなければ、安心してSNSなど使えないのですが、このきな臭くなっている世の中で、安心なものなどなにもないのかという気持ちになってきますね。 引き続き、この件についてはフォローしておこうと思います。

次の