学割 嘘。 Adobe CC を安く使う為に学生になろう!アカデミック版(学割)でも商用利用可

友達がアカデミック版を不正利用してます…

学割 嘘

『Prime Student』はAmazonプライムの学割版 Amazonプライムはご存知でしょうか。 プライムビデオでビデオ見放題だったり、Primeミュージックで音楽聴きまくれたり、プライムリーディングで電子書籍読みまくったりできるかなり楽しめるサービスなのですが、その学割プランとも言えるのが『Prime Student(プライムスチューデント)』です。 通常のプライム会員との違いでいえば「価格が半額で利用できる」のと「学生限定の企画がある」ことです。 ただでさえプライム会員ですらお得だと思うのに、Prime Studentとか超お得だと思います。 Prime Studentで利用できる特典と限定企画、価格や注意事項などを紹介します。 利用できる12の特典+限定企画 Prime Studentの特典は通常のプライム会員とほとんど同じです。 加えて、スチューデント会員ならでは限定特典が受けられます。 それぞれ紹介します。 『Prime Reading』で本・マンガ・雑誌が読み放題! 電子書籍のKindle(キンドル)で様々な本が読めるサービスです。 Prime Readingより マンガから啓発書、雑誌、小説などなど。 今調べた所で読める本の数は904点でした。 Kindleのアプリをインストールしていれば、スマホでもタブレットでも読書ができます。 暇つぶしには十分な量があります。 『お急ぎ便』か『日時指定便』が無料 Amazonでのショッピングでの配送オプションの『お急ぎ便(360円)』または『日時指定便(514円)』が無料で利用できます。 地味ですが、Amazonでショッピングする人ならありがたい特典です。 Amazonセール先行購入 Amazonではたまに大きなセールを行なっています。 サイバーマンデーセールとかAmazonプライムデイなど。 多くの商品を時間ごとにセールを行なっていくのですが、スチューデント会員なら通常よりタイムセールを30分早く受けられます。 このような大きなセールでは人気の商品は争奪戦となり、購入が難しくなる物もあるので、会員は有利になります。 『プライム・ビデオ』で映画やTV番組が見放題! 18年2月現在では、Amazonプライム・ビデオで見れる作品のタイトル数は30,542点。 これだけの本数があれば、1日中見ても見飽きることはありません。 あらゆるジャンルが揃っていて、アクション、SF、ドラマ、ミステリー、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティものなど取り扱っています。 Amazonオリジナルの作品も多数あって、テレビでは放送できないような過激な企画もあります。 松本人志の『ドキュメンタル』面白いです。 アプリをダウンロードすれば、スマホ・タブレットでどこでも視聴できます。 『Prime Music』で100万曲以上が聴き放題! Prime Musicより 100万曲以上の音楽が聴き放題。 ヒットチャートにランクインするような有名なアーティスト達の音楽もちゃんとあります。 プレイリストもたくさん用意されているので、たっぷり楽しめます。 『プライムフォト』でデータ保存し放題 溜まった画像データや映像をAmazonのストレージに無制限で保存できます。 例えばスマホに溜まっている写真とかをプライムフォトに保存することでメモリーを軽くできますね。 無制限ってのはすごいです。 データの予備バックアップ先として利用する手もありますね。 デジタルカメラで写真とか動画を撮影する僕にとってはかなりありがたいサービスです。 その他特典 特典はこの他にも…• Twitchが使い放題• 1時間で届く Prime Now• Amazonパントリー• これらの特典はなかなか学生で利用する機会は少なさそうです。 Prime Student限定の特典 これらの特典以外にもスチューデント会員以外にも限定の特典が4つあります。 ビジネス SNS「Wantedly」の『Wantedly プレミアム(月額:税込 3218 円)』が無料• YAMAHAヘッドホンアンプ割引• 就職四季報10%ポイント還元• Amazon買取サービス買取金額10%UP Wantedlyプレミアムは就活生は使ってみる価値ありですね。 他は…微妙ですね。 高校生も対象外とは意外です。 対象となるのは『日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校に在籍する学生』と記載されています。 高校生でなくて、高等専門学校生なら対象なんですね。 高校生ならの方をご検討を。 これでも安いと思います。 無料期間が6ヶ月と超長い!が… なんと、Prime Studentは無料体験の期間が6ヶ月、半年とかなり長いです。 長いことは嬉しいことなんですが、実は無料体験期間の間は『プライムビデオ』と『プライムmusic』が利用できません。 無料体験中に使えるのは電子書籍読み放題のプライムリーディングや配送特典、プライムフォトなどになります。 プライムビデオ やプライムmusicを利用するには年会費の1,900円を支払ってからになります。 まあでも、月額でなく年額で1,900円ですからだいぶリーズナブルだと思います。 月あたりだと159円です。 また、Prime Student対象の学生で、通常のプライム会員にすでに入っていた場合はその年の差額分を返金してくれます。 ありがたい。 『3月31日』までの登録で2,000円クーポンが貰える! 登録後6ヶ月は無料体験。 プライムビデオ、プライムミュージック、プライムリーディングなどの映像、音楽、本が体験し放題と多数の特典が使える学生用プラン『Prime Student(プライムスチューデント)』。 18年3月31日までに登録すればAmazonのショッピングで使える2,000円クーポンがもらえます。 まずは無料体験からになるので、ちょっと入ってみてどんな感じか試してみて、気に入ったら有料にすれば良いと思います。

次の

LINE MUSIC学割価格に抜け道が!嘘の学生情報でも使える? | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

学割 嘘

LINE MUSICのチケット購入、課金がお安くなる学割登録する方法です。 LINE MUSICの課金は学割システムが搭載されています。 学割を使うことで本来のお値段の6割でLINE MUSICを使うことができます。 LINE MUSICで学割を設定するには、アプリ内で「学生認証」を行っておく必要があります。 ということでLINE MUSICで学割を適用させるための「学生認証」設定方法です。 [注意] LINE MUSICの学割は学生証が不要と思われるので、誰でも設定できる気がします。。 社会人のみなさんはウソついてやっちゃダメですぜ。 この辺はモラルですぜ。 なんらかの「学生」であれば、年齢などは問わず学生扱いしてもらえます。 学生認証はアプリ内から設定できる LINE MUSICを開きます。 左上のメニューアイコンをタップします。 メニューが登場します。 この中にある「設定」をタップします。 設定画面が開かれて、「学生認証」という項目が登場します。 こいつをタップします。 誕生日と学校名を入力する場所が登場します。 ここに情報を入力すれば完了(だと思います。 学生じゃないのでできませんでした。。 認証されてしまえば学割が適用されると思います。 みなさんのツイートとか見てると、学校名とかかなりアバウトでも通っちゃうみたいです。 officeのアカデミーパックといい、line musicの学割といい、抜け道を知れば、難しい訳でもなくできそうだな。 凛 2. こと thedaisos2 LINE MUSIC今日から有料だけど 機能いいから学生割引で使お笑 でもね、誕生日と学校名おしえなんらしい… そんで「北高」って書いてやった笑笑笑 いろんな北高があるもんねー???? — しらい もえ moe00225 が、これはやっぱりモラルの問題。 社会人の方はやっちゃダメですぜ。 そもそも1,000円で数万という音楽が聴き放題という、CD全盛期の頃には絶対に考えられないオンラインミュージックサービス。 LINE MUSICはさらに学割という嬉しいシステムがあるので、学生の人はせっかくなので学割使っちゃいましょー。

次の

【Apple Music】学割の手続が嘘みたいに簡単すぎた!

学割 嘘

友達がアカデミック版を不正利用してます… こんばんは。 タイトルの件ですが… だからといって特に私には関係ないし別に良いのですが、こういうのってばれないものでしょうか? 友達は、大学生の親戚の子が代わりに買って自分のMacには自分の名前で登録してます。 オンラインのヘルプとか使えるの?と聞いたら使ってるといってます。 実は私も昔、一時期だけコピーソフトを使ったことがありました。 その時、オンラインのヘルプは使わないほうが良いみたいなのを聞いていました。 でも、私はうっかり使ってしまい、怖くなってそのソフトをアンインストールしました… 今でも反省しています。 今じゃオークションでもアカデミックを売ってて、普通に『正規のものです、登録はご自身の名前で可能。 更にアカデミック版は教育関係に従事さえしていれば誰でも購入可能です。 これは幼稚園児も含まれます(保育園児は不可) 他、アカデミック版購入当時に学生で有っても、卒業する事が見込まれますし 卒業後に就職したとしても合法的に継続使用は出来ます。 勿論、就職した後はアカデミック版購入は認められなくなります。 幼稚園児が複雑なソフト類を使える訳が無いので親使用は一目瞭然ですね。 アカデミック版は教育関係者の方が購入できるだけで登録は誰でも出来ます。 実際問題、アカデミック版は購入さえ出来たら誰でも使える現実が有ります。 更にアカデミック版は以前だと通常版と比較して一部の製品に機能制限が 有りましたが、今だとアカデミック版と通常版との差は有りません。 実際に不正コピー品が出回っている事実は有ります。 それらの不正コピー品はオンライン登録、アップグレードは出来ませんし 当然、違法となりますので仮に発覚すると処罰の対象になります。 不正使用個人が特定出来たらメーカーから法的効力を持つ文書が 届けられる可能性が有り、法的な裁きを受ける事も考えられます。 確かに通常版が高価なのは誰しもが思う所です。 一例にAdobe社のPhotoshop CS4 通常版は10万円近いですが 同製品のアカデミック版だと半額の4万円はしませんですし 画像処理ソフト関係が幾つも梱包された製品だと通常版は25万円程します。 (一例・Creative Suite 4 Design Premium) しかし同製品のアカデミック版だと10万円少々で入手可能です。 最早、Adobe社のPhotoshop CS4 通常版の単体購入と然程変わりません。 不況に喘いでいる写真業界(特に個人経営)等だとソフト購入が 相当な痛手になる事実も多いのが現実です。 確かにメーカー側でも開発に巨額な費用と手間隙が掛かっているのは 誰しもが認める所ですが、例え高価製品で有っても購入し 手順(シリアルナンバー打ち込み等)に従ってインストールを行なえば いとも簡単に製品を使用可能になり、一回インストールさえ終わると 二回目に使用する事は先ず無いので「容易」に考えがちなのが現実です。 要するに例え何十万で購入しても製品自体に手を触れて使うのは インストール時のみなので大枚を叩いたのにあっけないとでも 言いましょうか、ソフト自体の「重み」が実感出来ないのも有ります。 それが数々の不正的な使用に結びつき易い温床にもなり易いと思います。 アカデミック版を親が教育関係者(息子等)の証明を使用して購入し 親が使用したとしても息子名義で有れば息子が使用していると見なされ 法的問題自体は発生しません(勿論、奨励している訳では有りません) 実際、そこ迄見分けが付きませんし、仮に本人名義で登録しても 判別は出来ません。 アカデミック製品が容易に目に入り易いのも原因の一つなのでしょうね。 でも堂々と通常版を購入し、堂々とユーザー登録を行ない、サポートも得られ 堂々とアップグレード版購入で常に最新バージョンを使い続けて行く事を 当然ですが、行なうべきとして考えています(高価なのは事実ですが…).

次の