おせち 料理 の 由来。 おせち料理ってどんな料理?:農林水産省

知って驚き!「れんこん」がおせちに入る意味・由来って?

おせち 料理 の 由来

おせちの由来や意味をご存知ですか? 日本のこころ「おせち料理」について学びましょう! 正月の料理として古くから日本に伝わる「おせち」。 本来のおせちは広い意味で使われ、興味深い歴史を歩んできたことをご存知でしょうか。 今回は、おせちの由来と意味にスポットを当て、おせちの詰め方や使われる食材・料理について詳しくご紹介します。 家族の健康と子孫の繁栄、豊作などの祈願のほか、新年に縁起を担ぐ内容など、「日本のこころ」として受け継がれるおせちの文化をお楽しみください。 「おせち」の由来と意味 初めに、本来のおせちの由来と意味についてご紹介します。 本来の「おせち」とは 「おせち」とは季節の節目(ふしめ)に当たる「節(せち)」の日を指す言葉で、漢字では「御節」と書きます。 かつて平安時代の朝廷は、正月を含む5つの節に「五節会(ごせちえ)」の儀式を行い、特別な料理である「御節供(おせちく)」を神に供えていました。 その後、3月3日などの日本の文化と関わる5つの節の日「五節供(ごせちく・ごせっく)」の行事が導入されます。 江戸時代に入り、幕府が「節句(せっく)」の名称で公式な祝日として定めると、庶民の生活にも浸透しました。 やがて、御節供は最も大切な正月の料理を指し、「おせち」と呼ばれるようになりました。 おせち料理は、正月から7日または15日の「松の内(まつのうち)」までの来客に出すため、もてなし自体を「おせち」や「おせち振る舞い」という場合もあります。 従来のおせち 当時のおせちは季節の野菜や、豆腐、こんにゃく、昆布などを使った料理が中心で、収穫の報告やお礼の意味を込めて神に供えました。 「福が重なる」といわれる重箱(じゅうばこ)に詰めて保存する方法は、江戸時代に入ってからのことです。 地域によっては、縁起がよいとされる5や7などの奇数で料理を詰め、向きや並べ方などのしきたりが残ります。 なお、三が日は「縁を切る」につながる包丁は使わないなどのいい伝えや、接待で忙しいなどの理由から、年末のうちにおせちの味を濃く作って保存を効かせ、正月は台所に立つ回数を減らしたといわれます。 現代のおせち 現代では、伝統的なおせちに加えて洋風や和洋折衷(わようせっちゅう)、中華風などのオードブルが増え、ワンプレートに盛りつけるおしゃれなアレンジも見かけます。 さらに、近年の冷凍技術の向上により、老舗(しにせ)の旅館や料亭、有名なシェフなどが作るおせちを通販で楽しめるようになったため、予約して購入する家庭も増えています。 海外のおせち 年越しから新年にかけて祝う風習は、海外の国々でも見られます。 アメリカの南部ではジャスミンライスと豆の煮込み「ブラック・アイド・ピー」を混ぜた「ホッピン・ジョン」、イタリアでは豚足の皮に豚のひき肉を詰めた「ザンポーネ」にレンズ豆の煮込みを添えたものを食べます。 ロシアでは、牛肉や羊肉のひき肉を包んだ水餃子「ペリメニ」を年末から新年にかけて用意します。 アジア諸国は旧正月を盛大に祝い、中国では水餃子が定番で、韓国では「トックク」と呼ばれる雑煮が定番です。 台湾では「長年菜(ツァンニェンツァイ)」と呼ばれるゆでたホウレンソウ、シンガポールでは「魚生(ユーシェン)」と呼ばれる魚と野菜の海鮮サラダなどを食べます。 一般的なおせちの分類と詰め方 それでは、日本のおせちの分類と一般的な重箱(じゅうばこ)の詰め方をご紹介します。 おせちの分類 一般的に、おせち料理は新年を祝う3品の「祝い肴(いわいざかな)」、酒のつまみになる「口取り(くちとり)」のほか、魚介を使用した「焼き物」、根菜などを使用した「煮物」、酢で味つけした「酢の物」の5種類に分けられます。 5段の場合 正式には5段の重箱に詰めますが、地域によって詰めるものが異なります。 なお、5段目は「福を詰める」場所として空箱にします。 壱(いち)の重(じゅう)・・・祝い肴と口取り• 弐(に)の重・・・焼き物• 参(さん)の重・・・煮物または酢の物• 与(よ)の重・・・酢の物または煮物 3段の場合 近年では3段の重箱を使用することが増え、一般的には下記のように詰めます。 壱の重・・・祝い肴と口取り• 弐の重・・・焼き物と酢の物• 参の重・・・煮物 おせちに込められた由来と意味 続いて、主なおせち料理と食材の由来や意味についてご紹介します。 祝い肴としてのおせち 「祝い肴」は、「祝い肴三種」や「三つ肴(みつざかな)」と呼ぶこともあります。 祝い肴は、子孫繁栄、不老長寿、豊作を意味する3品を用意します。 関東地方の祝い肴は「数の子」「黒豆(くろまめ)」「田作り・ごまめ」、関西地方は「数の子」「黒豆」「たたきごぼう」が一般的です。 数の子 ニシンの卵の数の子は、卵の数が多いことから子孫繁栄を意味します。 「春告魚」と書くニシンは縁起がよい魚とされ、さまざまな祝いの席にも出されます。 また、ニシンに「二親」の字を当てて、両親の長寿も祈願します。 黒豆 黒豆は正式には「黒大豆(くろだいず)」と呼び、黒は邪悪なものをよける色として古くから親しまれています。 豆は「マメに働いて暮らす」という意味があり、勤勉と健康を願っていただきます。 地域によっては黒豆にシワが出るように煮て、長寿を祈願します。 田作り・ごまめ 田作りは、カタクチイワシの肥料で米が5万俵も収穫できたことに由来し、「五万米」と書いて「ごまめ」と呼ぶこともあります。 小さいながらも頭と尾がそろうカタクチイワシは、縁起がよい食材とされています。 たたきごぼう 根を深く張るごぼうは、家族や家業が土地に根づいて代々続くという意味を持ち、細く長く幸せが続くことを祈願する食材です。 さまざまな薬効成分から健康を願うおせちとしても知られ、ごぼうをたたく動作は身を開いて開運に通じるといわれます。 かまぼこ かまぼこの形状が日の出に見えるため、古くからおせちにふさわしい食材とされています。 紅白のかまぼこは、紅が「魔よけ」や「慶び(よろこび)」、白が「神聖」や「清浄」を表す縁起物です。 現代では、画像のような絵柄や文字が入ったかまぼこも見かけます。 伊達巻 伊達巻は、もともと長崎県の「カステラかまぼこ」と呼ばれる料理です。 伊達巻の名は、しゃれた身なりをした「伊達(だて)もの」の着物に似ていることに由来します。 巻いた形状が書物や掛け軸を連想させるため、知性や文化の発展、学業成就の願いが込められています。 昆布巻(こぶまき・こんぶまき) 「喜ぶ」と関連づける昆布は「広布(ひろめ)」とも呼ばれ、「広める」につながる縁起物として使用されます。 北海道の特産の昆布は「夷布(えびすめ)」の名もあり、七福神の「恵比寿様」を連想して「福を授かる」という意味も含まれているようです。 また、「こぶ」に「子生」の当て字をして子孫繁栄も祈願します。 さらに、「養老昆布」の字を当て、中に「二親」と書くニシンを巻いて両親の長寿も願います。 栗きんとん きんとんの名は中国のまんじゅうの「餛飩(こんとん・こんどん)」に由来し、後に「金団」の文字を当てたといわれます。 鮮やかな色が小判や金塊に似ているため、金運の上昇を願っていただきます。 また、栗を臼(うす)でついて皮をむく作業を「搗つ(かつ)」ということから、栗は「勝ち栗」と呼ばれ勝負に強い縁起物とされています。 錦卵・錦玉子(にしきたまご) 錦卵は、2段重ねや市松模様、渦巻状に仕上げる場合もあります。 黄身は「金」、白身は「銀」を表し、「二色」に「錦」の字を当てた縁起物のおせちです。 金銀の糸で錦の布が織れることから、「財宝」や「豪華」の意味が込められています。 お多福豆(おたふくまめ) ソラマメの仲間であるお多福豆の呼び名は、大きくふっくらとした「お多福(おかめ)」の面に似ていることに由来します。 お多福豆はたくさんの福を運ぶ縁起物として、古くからおせち料理などの祝いの席で使用されます。 チョロギ シソ科のチョロギは、地下に伸びた「塊茎(かいけい)」の部分をゆでた後、梅酢に浸して着色します。 チョロギは「長老喜」や「長老木」「千代呂木」「千世呂木」などの字を当て、黒豆に添えてマメに働き、健康で長生きすることを祈願します。 タコ 関東より北では酢ダコ、関西より南ではうま煮にするのが一般的です。 タコは過熱すると体が赤く吸盤が白く変わり、見た目が紅白になるため、縁起がよい食材として使われます。 また、「多幸」の字を当て、墨を出して逃げる様子を「苦難や困難を煙(けむ)に巻く」に関連づけて縁起を担ぎます。 焼き物としてのおせち 焼き物は、主に魚介類を炭火などで焼いて作ったおせちを用意します。 鯛(たい) 七福神の恵比寿様が手にする鯛は「めでたい」につながる縁起がよい食材で、おせちでは切り身を重箱に詰めたり、「尾頭(おかしら)つき」を別の皿に盛りつけたりします。 鯛の赤い色は慶びを表し、姿が美しく味がよいことから、「結納(ゆいのう)」の儀式や赤ちゃんの「お食い初め(おくいぞめ)」などにも用いられます。 ブリ ブリは成長にともなって名前が変わる「出世魚(しゅっせうお)」と呼ばれ、おせちでは立身出世を意味します。 ブリは主に照り焼きにしますが、雑煮に入れる地域もあります。 海老(えび) 「海老」の漢字は、長いヒゲを老人に例えたことに由来します。 加熱した海老は腰が曲がった形になるため、長寿の象徴とされています。 また、海老の飛び出した目を「目出たし(めでたし)」、脱皮を繰り返す様子を「生まれ変わる」として多くの祝い事に用いられます。 貝類 おせちには、アワビやトコブシ、ハマグリなどの貝が使われます。 高級食材で知られるアワビの寿命は約15~20年といわれ、不老長寿の意味が込められています。 アワビの仲間であるトコブシは「フクダメ」の別名を持つため、「福がたまるように」と願っていただきます。 ハマグリは、対(つい)の貝がらだけがきれいに合って閉じることから、夫婦円満や良縁を表す食材としてひな祭りにも使用されます。 煮物としてのおせち 次に、煮物の呼び方や、使用する主な野菜についてご紹介します。 野菜は筑前煮や煮しめにするだけでなく、単品でも調理します。 筑前煮と煮しめ 根菜類と鶏肉などを油でいためて煮る「筑前煮」に対し、「煮しめ」は鶏肉を入れない地域もあり、具材はいためず煮汁を残さないように仕上げる点が特徴です。 どちらもたくさんの具材を同じなべで煮るため、家族が仲良く暮らすという意味が込められています。 れんこん 仏教で神聖な植物とされるれんこんは、おせちにふさわしい食材として使われます。 複数の穴があるれんこんは「将来をよく見通せる」という意味があり、タネが多いことから子孫繁栄も祈願していただきます。 また、「ん」がつく食材は運がよいとして大切にされます。 にんじん にんじんは、古くから縁起がよいといわれる梅の花の飾り切りをほどこし、煮物の彩りとして使用します。 にんじんの赤はおめでたい色とされ、れんこんと同様に「ん」がつくことから、運がよい食材といわれます。 里いも・八つ頭(やつがしら) 里いもは、親となるいもの下に子いも、さらに下に孫いもが連なるように育ちます。 里いもの仲間である八つ頭は、親いもと子いもがひとつになって育ちます。 どちらも、おせちでは子孫繁栄を祈願する食材です。 また、「八」の字は下部が広がる「末広(すえひろ)がり」の形をしているため、広く栄えるという意味があります。 さらに、八方に頭があり親いもが大きい様子から、人の先頭に立って活躍することを願う縁起物としても知られます。 たけのこ たけのこは生育のスピードが速くすくすくと伸びるため、おせちでは子どもの健やかな成長や、立身出世、家運の向上を祈願していただきます。 筑前煮などに入れるほか、かつお節を使用した「土佐煮(とさに)」に調理することもあります。 くわい 「畑のくり」とも呼ばれる「くわい」は、地下に伸びた塊茎部分と芽を食用にします。 大きくまっすぐに伸びる芽は立身出世を意味し、「芽出たい(めでたい)」の字を当てます。 また、子株がたくさんつく様子から子孫繁栄を願い、調理の際は亀の甲羅(こうら)の八角形にして不老長寿も祈願します。 ゆり根 ゆりの球根を食用にしたのは、江戸時代からといわれます。 球根の周りに重なる「鱗片(りんぺん)」の見た目から、歳を重ねることや仲のよさ、子宝をイメージして子孫繁栄を願います。 また、ゆり根は漢方薬に使用されるため、「無病息災(むびょうそくさい)」の意味もあります。 こんにゃく おせちには、中央に切れ目を入れてねじった形の「手綱(たづな)こんにゃく」が使われます。 馬をあやつる手綱は、戦いに向けて心を備え、気持ちを引き締める意味があり、自己を律することにつながります。 また、手綱が結び目に見えるため、良縁や縁結びの意味も含みます。 酢の物としてのおせち 最後に、酢の物として詰めるおせちをご紹介します。 紅白なます 「なます」の名は、だいこんやにんじんのほかにかつて生の魚を使用したことに由来します。 色合いと形が祝いの飾りに使用する「水引き(みずひき)」に似ているため、縁起がよいおせちとして知られます。 菊花(きっか)かぶ かぶを菊の花のように仕立てた「菊花かぶ」は、不老長寿を祈願する定番のおせちです。 日本を象徴する菊は縁起がよく、邪気をはらう意味もあります。 中央に唐辛子の輪切りを乗せたり、かぶを赤く染めたりして紅白の色合いも楽しめます。 粟(あわ)は、「米」「麦」「豆」と「黍(きび)」または「稗(ひえ)」の5つの穀物の豊作を願う「五穀豊穣(ごこくほうじょう)」を意味します。 おせちの由来や意味を知ってよい1年を願おう 今回は、おせちの歴史と食材や料理の由来・意味についてご紹介しました。 さまざまな縁起を担いだおせち料理を新年にいただく文化は、今も日本のこころとして根づいています。 おせちのしきたりは地域によって異なりますが、現代ではおせち料理が多様化しつつあります。 おせちは各家庭のスタイルに合った方法で無理なく継承し、1年間の健康と幸せを願いましょう。 関連コラム.

次の

おせち料理ってどんな料理?:農林水産省

おせち 料理 の 由来

Contents• おせち料理の種類 おせち料理の基本は、祝い肴三種(三つ肴、口取り)、煮しめ 酢の物、焼き物を用意します。 祝い肴三種は関東と関西など地方によって多少違っています。 関東風の肴三種 ・数の子 ・黒豆 ・田作り 関西風の肴三種 ・数の子 ・黒豆 ・たたき牛蒡(ごぼう) おせち一つ一つの料理は、火を通したり干したり、酢に漬けたり味を濃くするなど、日持ちする物が多いのが特徴です。 これは歳神を迎えて共に食事を行う「正月の火を聖なるもの」として捉え、神と共食する雑煮をつくる以外は火を使う煮炊きをできるだけ避けるべきという風習に基づいています。 お正月くらい家事から女性を解放するためといういいつたえが一般的ではあります。 おせち料理それぞれの意味 祝い肴(口取り) 紅白かまぼこ・・・かまぼこの半円のかたちが日の出をイメージし、紅白は祝の色で紅は慶びとめでたさを白は神聖を表しています。 お多福豆・・・読んで字のごとく、福が多からんことを祈願しています。 伊達巻・・・すり身などと溶き卵、出し汁をみりんや砂糖で味付けし、厚焼きにして熱いうちに巻き簾で巻いて形を整えたもの! 錦玉子・・・ゆでたまごの白身、黄身を別々に分けて裏ごしし、調味してから蒸し型に黄と白の二段に重ね入れ、蒸した料理です。 だし巻き・・・すり身などと溶き卵、出し汁で焼き上げたもの。 あじも甘いものから塩味、薄く巻いたものから厚焼きまで味、形は様々! 栗きんとん(栗金団)・・・和菓子の栗きんとんとは別のもの! 金の団子の意味。 金塊や金の小判などに例えられ商売繁盛・金運・財運を運んでくれる「福食」として、正月のおせち料理の定番となりました。 また、勝負運の勝ち栗にもあやかっています。 現在ではくりの甘露煮をそのまま出すことも多い。 黒豆・・・「黒く日焼けするほどマメに働けるよう」という語呂合わせ。 また黒は邪気を払う色とされています。 たたきごぼう(酢ごぼう)・・・ゴボウを擂粉木などで叩いて酢などで和えたもの。 瑞鳥(豊年の象徴)を表したもので豊作と息災を願ったもの 田作り(ごまめ)・・・片口鰯の幼魚の佃煮です。 五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。 小さくても尾頭付きで縁起が良いとされています。 数の子・・・ニシンの卵の塩漬け。 「二親 にしん から多くの子が出るのでめでたい」の意味 酢の物 紅白なます・・・生の魚の身と大根、にんじんと酢で作ったことから、「なます」の名がつけられました。 今は生の魚介の代わりに、干柿や昆布、ゆずの千切りも用いられます。 酢蓮・・・れんこんの酢の物。 先が見通せる、穴が多数ある蓮根は将来の見通しがきく食べ物として縁起が良い。 ちょろぎ・・・植物の根をシソ酢で赤く染めたもので「長老木」、「千代呂木」あるいは「長老喜」の字をあて長寿を願っています。 焼肴 鯛・・・めでたいの語呂合わせ。 尾頭付きは縁起がよく祝いの席には鯛がよく使われます。 鰤の照り焼き・・・出世魚の代表格で縁起が良い。 鰻の焼物・・・うなぎのぼりの語呂合わせでえんぎが良い。 えび・・・長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きするという長寿の象徴! 長生きを願って正月飾りやおせち料理に使われます。 最近では豪華な姿伊勢海老や車海老など華やかなイメージでおせち料理の主役になっています。 スポンサードリンク 煮物 昆布巻・・・「喜ぶ」の語呂合わせ。 (よろこんぶ) 「昆布」に「子生」の字をあて子孫繁栄を願った意味もあります。 陣笠椎茸・・・椎茸の傘を陣笠に見立てたもので武家社会の名残です。 楯豆腐・・・豆腐に焼き目を付けて楯に見立てたものでこれも武家社会の名残です。 手綱こんにゃく・・・コンニャクを手綱に見立てたもので武家社会の名残ですが現代でもこんにゃくに味がからまりやすいのでよくみかけます。 芽出しくわい・・・最初に大きな芽が一本出ることから「めでたい」にかけたものです。 花蓮根・・・酢の物で先述したように穴が多数ある蓮根は将来の見通しがきくという意味の縁起かつぎの意味です。 矢羽根蓮根・・・蓮根の煮しめで破魔矢の矢羽根に見立てたものです。 八ツ頭・・・里芋の煮しめで里芋は親芋に子芋がたくさん育つことから子宝を願ったものとされています。 親芋の大きさに因んで人の上に立ち頭になれることを願った意味もあります。 金柑・・・財宝としての「金冠」を意味しています。 また「ん」は「運」に通じ運を重ねるの意味もあります。 筑前煮・・・たくさんの野菜を一緒に煮物にしているのでおせち料理の煮物として使われています。 上記の様々な煮しめを一品で済ませる煮しめの代表格でもあります。 重箱に詰める形式には、市松、七宝、八方、段取、升詰、隅取といった形式がありますが一つの重の品数は奇数とされています! おせち料理のいわれ・由来 おせち料理とは御節料理(おせちりょうり)と書き本来、節日(節句)に作られる料理のことを指しています。 しかし、節日のうち最も重要なのが正月であることから、正月料理(しょうがつりょうり)のことをを指すようになったのです。 「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」の略で、中国から伝わった五節供の行事に由来しています。 当時は現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであったとされています。 現在の重箱におせちを詰める手法が完全に確立した時期は第二次世界大戦後のことでデパートなどが見栄えの良い重箱入りのおせち料理を発売したことによるとも言われています。 まとめ 現在では、食品の保存技術も進んだため、生ものや珍味のほか、中華料理、西洋料理など多種多様な料理を重箱に詰めて供することも多いですよね。 また、これらの御節料理を宅配サービスや予約を前提とした食料品店、百貨店、スーパー、料亭、インターネット上の店舗が販売し、通販などでそれらを買い求める人も増えています。 人気記事ランキング• 249件のビュー• 227件のビュー• 218件のビュー• 143件のビュー• 135件のビュー• 103件のビュー• 73件のビュー• 72件のビュー• 66件のビュー• 54件のビュー• 最近のコメント• に 管理人 より• に ホオノキダ アツシ より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

おせち料理の種類とその意味、いわれや由来は?

おせち 料理 の 由来

おせち料理の由来 子供 子供の頃から、当たり前の風習として、 お正月にはおせち料理を食べてきたという方は多いと思いますが、 その由来などについては、改めて思い出そうとすると、 案外よく知らない…という方も、多いのではないでしょうか? これは、上記のように、当たり前の風習すぎて、深く気にすることなく調べる事も無く 今まで過ごしてきてしまったからではないかと思います。 誰かが話題にしたり説明してくれなければ、わざわざ知る機会もないですし、 また、知らなくても、今まで特に支障が無かったから、というのも大きな理由でしょう。 しかし今までがそうだったとしても、これからも知らないままでOKとは限りません。 また、子供から質問が無かったとしても、おせち料理を食べながら、 さりげなく「これを食べると良く勉強ができるようになるよ~」なんて話してあげるのも、 お正月の家族団欒の楽しい話題づくりとして、役立ちますよ。 もしかしたら、料理のおめでたい効果を信じて、 苦手な食材なども、食べてくれるようになるかもしれませんしね。 というわけで、今回はこの、おせち料理の由来について、ご紹介します! 子供に説明がしやすいように、説明の仕方なども、わかりやすくまとめてみましたので、 お正月の家族団欒での話題として、 また子供からの質問にきちんと答えて、好奇心を満たしてあげるための知識として、 ぜひ、お役立て下さいね! まずは先に大人が理解しておこう!おせち料理の由来について おせち料理のはじまりは? おせち料理は、漢字では「お節料理」と書きます。 この言葉は、「節供(せっく)」「節句(せっく)」または「節日(せちにち)」という、 大昔に中国から暦と共に日本に伝わってきた、季節の変わり目の祝日と、 その日に神様へのお供えとして作られていた 「御節供(おせちく)」という料理からきています。 節句には、以下の5つの日(五節句)があります。 人日(じんじつ):1月7日 七草の節句 上巳(じょうし):3月3日 桃の節句・雛祭 端午(たんご):5月5日 菖蒲の節句 七夕(しちせき):7月7日 七夕(たなばた) 重陽(ちょうよう):9月9日 菊の節句 そう、節句とは、よく知られている、ひな祭りとか、こどもの日とか、 七夕とかの祝日のことなんですね。 大昔は、日本の宮廷において、この5つの節句の日全て、節会(せちえ)と呼ばれる 宴会が開かれ、祝儀料理が作られており、 そのすべてが御節供(おせちく)と呼ばれていました。 やがて、この「御節供」は五節句の中でも最も重要な、 人日の節句の正月料理の事だけを指すようになり、 この風習が江戸時代になると庶民にまで伝わると、「おせち料理」と呼ばれ、 正月三が日若しくは七日にかけての松の内食べるものとされるようになりました。 ただし、現代でもお正月のおせち料理とは別に、人日の七草粥や、上巳の白酒など、 節句の祝賀料理の風習として残っているものもありますよ。 おせち料理をお正月に食べる意味は? お正月とは、五穀豊穣を司る年神様をお迎えし、 新年を幸福を授けていただく行事です。 そして、おせち料理は前述したとおり、元々は節句に神様に供える祝賀料理でしたが、 お正月の料理のみを指すようになったことで、 このお正月にやってくる年神様に供える、縁起物の料理、という意味になりました。 ですので、おせち料理の中身には、 五穀豊穣や、家内安全、家族の健康、子孫繁栄などの、年神様への祈りを込めた、 海の幸や山の幸をふんだんに盛り込まれています。 ちなみに、「神様へのお供えの料理なのに、私たちが食べてもいいの?」と 思われる方も居るかもしれませんが… これは、日本には昔から、神様と一緒に食事をする共食という考え方があり、 おせち料理も、家にお迎えした年神様と、一緒に頂くもの、 と考えられているので、家族で美味しくいただいて全く問題ありません。 また、お正月の三が日(1月1日~3日まで)は、 火や刃物を使うことや、洗い物をしてはいけないといわれています。 これは、 火を使わない=かまどの神様を休ませる 洗い物をしない=福の神を流して追い出してしまわないように という意味があります。 これを守り、三が日に調理をせずとも、料理が食べられるように、 日持ちがするおせち料理を大晦日に用意し、年が明けたら皆で頂くわけです。 このように、お正月に食べるおせち料理には、 ただの、お正月を楽しく祝う豪華で美味しいごちそうというだけでなく、 年神様や、かまどの神様、福の神様など 神様への祈りや、気遣いの意味があるのです。 子供にも分かりやすい!おせち料理の意味と由来 前述では、大人向けのおせち料理の由来を解説しましたが、 これをそのまま子供にペラペラ話しても、多分、 「難しくてよくわからない」「つまんな~い」と言われちゃいますよね。 そこで、子供にもわかりやすい、おせち料理の由来の説明の例文をご紹介します。 子供からの質問を想定して、まとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。 質問2:どうしてお正月におせち料理を食べるの? お正月は、みんなの家に年神様という、神様が来る日なんだよ。 この神様に、今年も良い年でありますようにとお願いするために、 おめでたいおせち料理をたくさん作ってお供えして、みんなで食べるんだよ。 それにお正月は、いつも台所で家族を守ってくれている、かまどの神様に 休んでもらう日でもあるんだよ。 台所で火や包丁を使うと、神様が私たちを守るお仕事を休めないから、 お正月は台所を使わずに、おせち料理を食べて、神様に休んでもらうんだよ。 おせち料理について子供から訊かれる質問は、大抵は以上のふたつなのですが、 おせちに関して要点をまとめて答えるのが一番難しい質問も、このふたつだと思います。 ですので、これらを、あまり長くなりすぎずにまとめた感じで、 答えの例文を作ってみました。 これを答えたことで、もしかしたら更なる質問攻めにあうかもしれませんが、 その場合は、必要に応じて、前項の大人向けのおせち料理由来の解説から、 少し簡単な言葉に直して、教えてあげてくださいね。 大人も子供もわかりやすい!おせち料理の中身の意味 おせち料理のお重の中には、沢山の種類の料理が入っていますが、 その料理のひとつひとつには、全て、おめでたい意味が込められています。 たとえば、数の子なら子孫繁栄、栗きんとんは蓄財、とかです。 でもこれ、どの料理に、それぞれどんな意味がと、全てを詳しく知っている方は なかなか居られないのではないでしょうか? しかし、子供がおせち料理になぜ?という疑問を持ったら、 全体的なおせちの由来では済まず、中身にも触れてくる可能性は高いです。 そうなった時も、できれば、きちんと最後まで答えてあげたいですよね。 というわけで、ここでは、おせち料理の中身について、 入っている料理で主なものをいくつか選んで、わかりやすく意味を解説します。 大人にも子供にもわかるように、理解しやすい言葉で書いていきますので、 ぜひ、覚えてみてくださいね。 ・黒豆 「くろまめ」という名前から、「まめに働けるように」という願いが込められている ・数の子 玉子が沢山あるので、「こどもがたくさんできますように」 という願いが込められている。 ・田作り 昔は田んぼの肥料にコイワシを使っていたので、 「畑や田んぼが豊かに、豊作になりますよに」という願いが込められている ・昆布巻き 「昆布(こんぶ)」が「よろこんぶ」=「よろこぶ」と読めるので、おめでたい意味になる ・栗きんとん きんとんは漢字だと「金団」と書くので「金」の字が入っているのと、 料理の色が黄金色でおめでたい感じがするので、 「お金が貯まりますように」「もうかりますように」などお金の運の願いが込められている ・紅白なます お祝いの時に使う封筒などについている紅白の水引と見た目が似ているので、 おめでたいお祝いごとの意味がある ・紅白かまぼこ 紅白の色は昔からおめでたいことをあらわしている ・たたきごぼう ごぼうは細く長くしっかりと根を張る植物なので、そんなごぼうのような長所を持った 人間になってほしい、なりたい、という願いがこめられている。 ・伊達巻き 伊達巻きは、昔の書物である巻物に形が似ているので、 勉強がよくできるようになりますように、という願いが込められている ・海老 海老は長いひげを生やし、腰が曲がった形をしていて、 まるで長生きした老人のような見た目をしていることから、 「長生きできますように」という願いがこめられている ・鰤(ぶり) 鰤は、大きくなるたびに名前が変わっていく魚(出世魚という)であることから、 「出世できますように」「えらい人になれますように」という願いが込められている ・蓮根(れんこん) 穴があいているので、「見通しが良くなる」という意味がある ・金柑(きんかん) きんかんは、黄金のかんむりである「金冠」と読み方が同じなので、 宝物や財宝という意味があり、 「お金が沢山手に入りますように」など、お金の運の願いが込められている 以上、おせち料理について、 大人がざっと把握するための由来、子供に分かりやすく由来を説明するための例文、 また大人も子供も理解しやすい、おせち料理の中身の意味のご紹介でした。 項目があって、覚えるのが大変に思うかも知れませんが、 お子さんから質問された際に、わかりやすく、きちんと答えられれば、 「パパ(ママ)さすが、すご~い!」と、尊敬の眼差しを向けてもらえますし 「なんだ、知らないのか…」とガッカリさせてしまうこともないので、 いつまでも、子供の憧れの大人や親でいるために、ぜひ頑張って覚えてみてください。 もし、全て覚えるのが難しい!という場合も、 訊かれたり、必要になったらすぐに説明ができるように、 「ここを読めば解決!」とだけ覚えておいて、 この記事のページをスマホなどでブックマークしておいて頂ければと思います。 お正月にお子さんから、おせち料理について質問された際の答えの参考や、 家族でおせち料理を囲んでの、楽しい家族団欒での話題のひとつとして この記事が、お役にたてれば、とっても嬉しいです。

次の