緑風 荘。 座敷わらしの宿 緑風荘|岩手県二戸市金田一温泉郷

特別養護老人ホーム
緑風荘

緑風 荘

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

座敷わらしの宿 緑風荘|岩手県二戸市金田一温泉郷

緑風 荘

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

2020年 亀麿神社へ行く前に!見どころをチェック

緑風 荘

インターネット成功塾です。 ご感想頂き御礼です。 私はボランティアで学生の頃から 姓名判断やなんだか風水学(架橋の)とか6星占術的な 資格など取りまして、随分たくさんの方々の相談相手にも ならせて頂いて来ましたが(私の先祖的な背景もあって)真言宗の僧侶資格も・・・なんだか下っ端の坊主のはしくれのような部分で取らせて頂きましたが・・・ う〜ん 亀麻呂さんにはけしてご利益的な部分で会いに行った 訳ではないつもりで。。。 なにか日本の不思議なノスタルジーとでもいいますか もちろんいい意味での霊感の強い私ですので 本当にそのような福の神は存在するのかな? なんて端的な福の神って 座敷わらしって・・・????何・・・ って感じで行きました。 東北は日本でも不思議なところなんです 近くにキリストの墓なる所があったり 難病でも治る温泉なんかも秋田の玉川温泉とか 福島のやわらぎの湯とか まさにみちのくって不思議が一杯あるところだなって おもっています。 さて現世利益とは ただ・・・ 二戸に足を運んで ただ座敷わらしの間に泊まれば それだけで大なり小なり いい事いただけるのかもしれませんが 仏道を少なくとも歩む今の私には(在家で普段は会社経営者です) やはりこの修行の苦の場・・・私たちの生きるまさに 刑務所のようなこの現世で 何の苦労もなくご利益を求める事事態が やはり正しい人の道ではないかな・・と痛感しています。 無償の愛で他愛の心でなんの見返りも求めず 他が為に尽くしてこそ 求めずしても仏様からその人に見合うご利益 がもらえるのではないかななんて・・・ 心から思います。 それが苦の世界であるこの現世にて唯一 徳を高めて帰るべき世界へ帰る その大きな修行ではないかなって思います。 生・老・病・死 ですからね まさに生まれる事イコール死へのスタートですから その短い時間で どれだけ他の為に そして他に幸せを与える事が出来るか? が 私たちの生まれた意味であると信じます。 だから何年も毎日毎日知らない人が ただ何の苦労もせずに座敷わらしさんに よい事を授けてくれと・・単なるご利益を求めて また興味半分でこの宿を訪れる人達が私も含めて いかに幸せになりたいか?日々が苦しい毎日か? 悩みと苦悩ばかりの人達ばかりだからこそ このような所に集中して人々が集まってくるのでは とも思います。 もちろん不幸だから苦しいからだけと言う訳では ないですし、もちろん幸せだからこそさらに・・・ と言う人もいるでしょう ロマンと不思議を求めての人もいるでしょう でも世間の出来事をニュースを見渡せば 私は・・・今の世の中のいかに不幸なさらに苦の世界なのかを 実感せずにはいられないのです。 しかしですよ・・・ あなたがもし・・座敷わらしさんだったら?????? 毎日毎日・・・来る日も来る日も知らない人が 訪ねて来る(もちろん何度もの人もいるでしょうが・・) 失礼ながら本当に 心がこもっているのかわからない・・・単なるご利益を求めて 見返り求めてだけなのかもしれないおみやげのおもちゃを持ってくる人々に 均等に誰にでも果たして毎日毎日・・・これから何年も 無償のご利益を与えたいと思いますか??? あなたがもし座敷わらしさんだったらですが・・・ そのご利益とは一体なんなんでしょう? まるで線香花火のように一瞬で消えてしまうような かげろうのようなその場限りの喜びなのかも 知れないし 人間って欲深いからそのご利益を求める心は 終わりがないんですね・・・ そして何がご利益なのかは 正直わからないのでは・・・とも思います。 もちろん一夜のロマンを味わって 不思議な幸せな気持ちにただなれただけでも 有り難いと思えればそれは素晴らしいなって思います。 では あなたは・・私も含めて 座敷わらしさんにどれだけの恩返しが出来るのかな? とも思います。 何の努力もなく頂いたご利益 これは座敷わらしさんに限らず寺社仏閣なんかの信仰でも そうですが 必ずそんな求め方をして得たご利益は 一時の灯明で後は泡と消えても・・ 一度すがればその神様は代々までついてくる と仏教の教えは説きます。 やはり神仏や霊を勝手な自分だけの願いで使い物にして しまう事になるとはっきり私はそれは正しいご利益の 頂き方ではないと思うんです。 やはりその後 あなたか・・・あなたの子孫・・親戚・・・血縁に その後・・・始末をしなくてはならない事が 大なり小なり起きてきます。 それは先祖からの因縁もあいまって因縁が深ければ 強くその反動も現れてしまいます。 現代の世紀末的な世界の不幸や事件・・・現代の人々の 苦悩はまさに 私たちの先祖が勝手に自分だけの利益を求めて 神様を使い物にしたその後始末の結果とも仏教的には 言われています。 先祖がした事行い・・・・いい事も悪い事も綺麗に「みごとに」まさに今・・・先祖の川の流れの河口にいる 私たちにフィードバックされて来るんです。 どんな川でも上流は綺麗です しかし川下・・・河口に来れば すべての汚れがたどり着き 濁っています。 汚いです。 これと私達と先祖の関係は同じです。 あなたのお母さまの先祖・・・お父様の先祖 合流して良い物・・・悪い物・・・汚い物 善行・・・罪・・・ すべて今の私達に流れ着くんです。 これが現代の難病や不足の事故や不幸・・もちろん現代の さまざまな不幸の元であると(いじめや自殺・・その他) 益々混濁とした現代の不幸の生まれる背景にはこんな 私達が歴史の末端に居ると言う事に他ならないと確信します。 徳のある人こそ順現とすぐ気が付かせてくれますが 因縁も重ければ自分・・・そして子供の代・・・その次の 代で現れる最も怖い順不定となります。 私はそうは言ってもこの緑風荘に行っていますが 最近はこのある種・・成仏 出来ないでこの五日市家を守っている のか住み着いているのかのわかりませんが 座敷わらしさんの供養を出来ればと念じています。 江原さんも亡くなった丹波さんも言っていますが 人は亡くなればこの世(次元的に)には居られない もので、いわゆる幽界(あの世)に旅立たなくては ならない訳です。 ですからこの座敷わらしさん(亀麻呂さんと他数体の霊体 はあきらかに500年前か600年前にこの五日市家の 南北朝時代のご先祖様で、6歳で亡くなった方なんですね。 福の神と言わしめたのはまさに風評であり、今まで訪れた 方々の歴史でかなり作られたものがあるのではないかなって 思います。 確かに福の神、神様になったのかもしれませんが、この家だけでいつも遊んでいる『無邪気な子供の霊体が』いつのまにか神様に作り上げられたのかもしれません。 江原さんてきに言えば精霊だったりするのかもしれませんが 仏道を学ぶ私から今考えれば 申し訳ないながら、座敷わらしさんは、成仏出来ない自縛の霊であるとも言えるのかもしれません。 ですから私は経験者としてご利益などはなかったけど 感謝といつも(亀麻呂さんって大変だな・・) と言う心で・・これからは供養を捧げて行きたいと切に思うのです。 長文でしたが 違う角度からの経験者の意見でした。 けして皆様の夢を壊すつもりはないので こんな風に考えている奴もいるって読んでくれれば幸いです。 またまた当時の写真を載せておきます。 亀麻呂君に感謝・・・合掌• かんねさんありがとう御座いました 本当に 違う角度からの経験者の意見でした。 けして皆様の夢を壊すつもりはないので こんな風に考えている奴もいるって読んでくれれば幸いです。 と書いたつもりなんですが 文章がへただから批判文のようなつもりでは一切ないんで お許しください。 亀麻呂君に感謝・・・合掌これが日々私の気持ちと思いです。 私は社会で会社経営を営みながら在家で真言宗の下っ端ですが僧侶の部分からも 仏教・・・特に密教ですね 研鑽しています。 亀麻呂君はすでに昇華された私たちと同じ次元でお働き下さる福の神になられているのだと思います。 tim. hi-ho. yawaragi-no-yu. ocn. geocities. tba. t-com. htm などで 本当に医者にも見離されて抗がん剤も聞かずぼろぼろ 状態、そして手術をしても再発再発で まさに死と向き合う、(生きたい)という究極のご利益を 求める末期がんの人達の壮絶な姿もたくさん拝見して来て います。 これも人々が求める純粋な御利益だとも思いますが 世界にはこのような部分で色々な角度から 人々を救ってくれたり、夢を与えてくれたり 幸せにしてくれる何か不思議なものがある 場所がある事がこれこそが神様が与えてくれた恩恵では ないかなって思っています。 sumnet. infoseek. geocities. html 色々な部分で人々が求める御利益・・・幸せを 私はけして否定はしていませんし、私もその一人である と思っています。 ただ私なりにもっと深く深く考えると色々な事が浮かび 経験やいままでの体験が自分なりの正しき答えに導いて 一人でも多くの人に微々たる部分でも幸せ与えられる 人になりたいなって思っています。

次の