リブート 歌詞。 リブート miwa 歌詞情報

miwaの歌詞一覧リスト

リブート 歌詞

シングルのタイトル曲で、テレビドラマ『凪のお暇』主題歌でもある「 リブート」。 という、うじうじしている自分の背中を押してくれる応援ソングです。 miwa 特有の歌詞の使い方が、とても面白く感じます。 多く使われているカタカナ英語の部分に、伝えたい意味が強くある部分だと思うんです。 英語や日本語ではなく、カタカナ英語を選択することで意味は込められているんですけれど、言葉を重く感じさせないようにするということをしています。 この言葉の使い方のうまさは、miwaが支持される理由の1つですよね。 また、miwaはもともとがフィルターがかかっているような特徴的な声の持ち主ですが、この曲はいつもと違うフィルターのかかり方が印象的です。 輪郭がぼやけるような深みが増えている感じが、面白く感じました。 タイトル 「名古屋ウィメンズマラソン2019」の公式応援ソングである「 RUN FUN RUN」。 4曲目 聞き流してしまいそうな曲ですけれど、よく聞いてみると面白い曲です。 歌詞を見ないと走るための曲なのが分かりづらいですが、見ると分かるという…。 リミッターで上の音を抑えて打ち込み風で同じリズムなのですが、ランニングで長い距離を走る時はペースを一定で走ることがとても大切なんです。 ペースが早くなったり、遅くなったりするのはものすごく疲れて大変になるので、この同じリズムと感覚で聞こえる曲は、走ることを考えられています。 今回のシングルの中で聞いていて、とても面白く感じた曲です。 あとがき どうしてもジャケットに目に行ってしまう今回のシングルですが、タイプが異なる4曲のどれを聞いてもmiwaというのもポイントですね。 4曲中3曲がタイアップ付きの曲ということで、聞いてもらえる機会が増える反面、制限が付くという自由度もなくなっているはずなんです。 その中で自分を出すというのは難しくなるはずなのに、miwaという存在はしっかりと出しているのは、聞いていて面白さと同時にスゴイなと感じました。 タイアップが付くことが多いからこそ、自然にできているんでしょうね。 いろいろなことをしていますけれど、自然体なシングル。 聞き応えがありますよ。

次の

凪のお暇の主題歌歌詞は?miwaリブートの意味や評判は?

リブート 歌詞

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

映画のリブート(reboot)とリメイク(remake)の違いってなに?

リブート 歌詞

カテゴリ• ああすれば こうすれば こうしたら なんて考えて 進めないでいるなら 複雑な感情 全部捨てちゃえ 求めたのは ユートピア あなたからは ノーリプライ どこにいるの マイマエストロ あなたじゃないの プライオリティ 嫌なことはもう デリート いますぐ リセット 復活の メソッド ああすれば こうすれば こうしたら なんて考えて 時間まで無駄でしょ 胸の痛み 蹴飛ばし舞い上がれ 愛してる 愛してる 愛してる なんて 本音さえ言えないでいるなら 複雑な感情 全部捨てちゃえ 迷い込んだ ラビリンス あなたには 隠すエスオーエス 話聞かない ホープレスマン 求めてないの フィードバック 誰に言うでもない ツイート 強気な バレット 新しい チケット ああしたい こうしたい こうしたら なんて言わなくちゃ 叶わないままでしょ 高いヒール 蹴散らし 舞い上がれ 信じてる 信じてる 信じてる 私は私 幸せになるんだ 複雑な感情 全部捨てちゃえ これで良いの 間違ってないよね 微妙なメリット 気まずいサルート 華麗にイグジット 共に笑うアミーゴ ああすれば こうすれば こうしたら なんて考えて 時間まで無駄でしょ 胸の痛み 蹴飛ばし 舞い上がれ 愛してる 愛してる 愛してる なんて 本音さえ言えないでいるなら 複雑な感情 全部捨てちゃえ 目次• はじめに 『リブート』とは2019年8月2日にネット上で公開された楽曲です。 同年8月14日に miwa 25th Single としてリリースされました。 TBS系金曜ドラマ「凪のお暇」主題歌として知られ多くのファンや 視聴者から認知された人気ナンバーとなっています。 動画再生回数は動画公開から3週間経過した現在で200万を優に超え る大人気となっています。 今回の曲調はファンの意表を付く仕上がりになっていたのではないで しょか。 miwaさん前作でも類を見ないほどのアグレッシブなロックチューン は全身が痺れるほどの衝撃を与えてくれました。 そしてシンプルでありながら意味深いタイトルの裏話も大変興味いも のがありました。 この点は後の部分で説明したいと思います。 今回タイアップのドラマ内容について少し触れてみたいと思います。 TBS系金曜ドラマ「凪のお暇」 都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島 凪 黒木華 は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み「わか る!」と周りに同調することで自分の平和を保っていた。 そんな 「なんだかな ぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・ 我聞慎二 高橋一 生 からの一言がきっかけで心が折れてしまう。 それをきっかけに「わたしの人 生、これでいいのだろうか…」と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決 意する。 後のインタビューからもわかるのですが、miwaさんは今回ドラマ主人公の凪と 自分を重ね合わせている部分があるようです。 その思いや作品への思い入れを続く部分で見てみたいと思います。 タイトル『リブート』とは 『リブート』とは「再起動」を意味する英単語です。 パソコンやスマホなどで当たり前のように耳にする言葉になりましたね。 問題の解決策を図るため、またアップデートの際に必要になる手段です。 タイトル設定に関してmiwaさんご自身がインタビューの中でこのように コメントされていました。 ご紹介します。 miwaさん コメント 今回「凪のお暇」のドラマ主題歌というお話をいただけたことが、タイミング的にはピッタリだったなと感じていて。 これまでのことを全部 リセットして新たな生活を始める主人公の(大島)凪ほどではないにしても、今の私に は心機一転のような気持ちがあるんです。 なので楽曲に関しては凪の気持ちに共感をしながら、楽しく書いていくことができましたね。 「凪のお暇」は、「自分も変わりたいな」とか「何か 新しいことを始めたいな」とか、 一歩踏み出す勇気をもらえる作品だと思うので、そのメッセージを後押しできるような、より勢いをつけられるような曲にしたいなとは思いました。 「今のままでいいのかな」ってモヤモヤ悩んでいる人たちが、この曲を聴くことでスカッとして、今までの自分に踏ん切りをつけてくれたらいいなって。 ナタリー より 上記コメントからも十分わかるとおり、心機一転や進取の気性を促すような作品 になっているようです。 ドラマ主人公のように変化を求めるものの二の足を踏んでしまっている人の、背 中を押すような楽曲に仕上がっているんですね。 それではさっそく気になる歌詞の考察を初めていくことにしましょう。 『リブート』歌詞の意味 行き詰まったら捨てる ああすれば こうすれば こうしたら なんて考えて 進めないでいるなら 複雑な感情 全部捨てちゃえ 歌詞冒頭では人生における模索について言及 しています。 あれこれと考える余り行動できなくなってい る人たちをターゲットにしています。 人は誰しも失敗したくないという気持ちから リスクやリターンについて考えるものです。 しかし過度にそうした事柄について思い煩う ならば決定ができなくなる場合もあります。 歌詞はそうした複雑な感情をすべて捨てるよ う提案しているのです。 筆者はこの点を部屋の整理整頓に例えられる と考えました。 なかなか物を捨てられない人がいるとします。 これがいるのかいらないのかがわかりません。 そして物をどこに移動したり収納すれば部屋 が整理されるのかわからないでいます。 そうしたタイプの人はまず物を捨てて減らす ことが望ましい場合があります。 物が多いと整理整頓や管理が難しくなるもの です。 気持ちや感情面でもこれは類似しているので はないでしょうか。 理想と現実の折り合い 求めたのは ユートピア あなたからは ノーリプライ どこにいるの マイマエストロ あなたじゃないの プライオリティ 嫌なことはもう デリート いますぐ リセット 復活の メソッド 「ユートピア」とはイギリスの思想家トマス・モアが1516年にラテン語で出版 した著作『 ユートピア』に登場する架空の国家の名前です。 簡単に「理想郷」という意味で用いられる場合が多いです。 「ノーリプライ」とは返事がないことです。 「マイマエストロ」とは芸術家・専門家さらには指揮者を意味しています。 「プライオリティ」とは優先順位を意味する用語です。 上記の意味を考慮し要点を導き出してみましょう。 歌詞は人間が描く「理想の相手」に言及しているのです。 現在の交際相手と理想の相手を比較し、もっと特別で自分を幸せへと導く ような存在を求める人間の欲求を表現しています。 しかし続く歌詞はそれらをリセットし終わらせることを求めています。 そして新たな現実を見据えたメソッドつまり手段や方法を取るよう励まし ています。 生活の中で誰しもが夢や理想を描きます。 しかしどこかで理想と現実の折り合いをつけなければなりません。 そうしないとお金や労力そして時間の面で破産するリスクがある かもしれないからです。 意味ある発言で前進 迷い込んだ ラビリンス あなたには 隠すエスオーエス 話聞かない ホープレスマン 求めてないの フィードバック 誰に言うでもない ツイート 強気な バレット 新しい チケット ああしたい こうしたい こうしたら なんて言わなくちゃ 叶わないままでしょ 高いヒール 蹴散らし 舞い上がれ 信じてる 信じてる 信じてる 私は私 幸せになるんだ 複雑な感情 全部捨てちゃえ 人生は時にラビリンスつまり迷宮入りするように 感じるときがあります。 しかし身近にいる人にはSOSを出さないで自己解 決してしまうものです。 そして他者からの「フィードバック」つまり指摘 やアドバイスを受け入れられないときもあります。 特に女性の場合、指摘やアドバイスより感情移入 や話に耳を傾けてくれるだけで良いのです。 そして前述のリプライ、そして歌詞にある「ツイー ト」が現代のSNSを意識していることが理解できま す。 本音を語れない現状を嘆いているのと同時に、理想 はしっかりと日常で発言しなければ形にならないと いう事実に触れているようです。 変わりたければ発言し行動し努力していくという筋 の通った歌詞に感じました。 「私は私」というフレーズは自分に自信を持ち個人 を尊重することの大切さを物語っています。 ここまで考えてきたすべては自分をリブート、そう 新たな自分を生み出すための大切なステップなのです。。 まとめ いかがだったでしょうか。 ドラマ主人公の凪にも心が折れる出来事があり 自分を変える必要がありました。 皆さんにもそういったことが最近あったでしょうか。 何かの分野でいま自分の性格や見方・考え方を変えな ければならない人もいることでしょう。 今作はそんな人たちに寄り添い背中押す作品だったの ではないでしょうか。 メジャーデビュー10年目を迎えるmiwaさんの第2章を意 識した『リブート』でしたが、聴く人たちにもとても 考えさせる内容構成でしたね。 miwaさんの今後の活動と次回作に期待し注目していき たいと思います。 奥深くこれからの人生の歩み方を考えさせる素敵な作品 を有難うございました。

次の