トイレット ペーパー 芯 遊び。 トイレットペーパーの芯で工作に挑戦!簡単なおもちゃの作り方や遊び方紹介!(3ページ目)

トイレットペーパーの芯が華麗に変身!?工作アイデア特集!【DIY】

トイレット ペーパー 芯 遊び

まず、1つのトイレットペーパーの芯を半分に切り、周りにちょうちょの胴体のデザインとして折り紙を貼り、顔等を描きましょう。 次に、ちょうちょの羽の形に切った画用紙にクレヨンで好きな模様を描き、先程の胴体に貼ります。 そして、ちょうちょの触覚として短く切ったモールを2本頭に貼ります。 残った2本のトイレットペーパーの芯に好きな色の折り紙を貼り、それぞれに1カ所ずつ切り込みを入れます。 このトイレットペーパーの芯を、先程入れた切り込みがお互いに向き合うようにしてちょうちょの胴体の後ろに貼付けます。 後は、このトイレットペーパーの芯を好きに飾り付けをして完成です。 切り込みの部分に写真を挟んで、フォトスタンドとして使います。 トイレットペーパーの芯を使って手作りする一つ目の人形は、とんぼです。 トイレットペーパーの芯、画用紙、タコ糸、のり、キリ、セロハンテープを用意します。 トイレットペーパーの芯に好きな画用紙を貼り、トンボの胴体にします。 画用紙を使って目や羽も付ければトンボの完成です。 後はこのトンボを吊るせるように、羽の中央と胴体を貫通させるようにキリで穴を開け、そこにタコ糸を通し、裏側からテープで固定します。 これで天井やカーテンレール等から吊るせる、トンボの人形の完成です。 たくさん工作すれば、家の中の華やかなインテリアになります。 秋のインテリアとして活用するのも良いでしょう。 トンボの目の部分は、先述した目玉のシールを活用しても構いません。 まずはトイレットペーパーの芯をぐるっと1周、好きな色の折り紙を貼ります。 トイレットペーパーの芯からはみ出ている部分は、切っておきましょう。 次に2つ穴が空いている内のどちらか一方を、尻尾の形になるように切ります。 後は折り紙を好きな形に切り、鳥の羽として貼付けます。 一緒にくちばしを画用紙で作り、それも貼ります。 鳥の目も同じく折り紙等で作っても良いですし、クレヨンやペンで描いても構いません。 これでカラフルバードの完成です。 もし天井等から吊るして楽しみたい場合は、トンボを作った時のように、鳥の胴体にキリで穴を開け、そこにタコ糸を通し、裏からセロハンテープで固定します。 何羽か作って部屋のインテリアとして飾っても良いでしょう。

次の

トイレットペーパーの芯で簡単工作!アイデアと作り方をご紹介|Milly ミリー

トイレット ペーパー 芯 遊び

赤い折り紙を巻いたトイレットペーパーの下の部分だけを半分に折り、ハサミで切込みを入れて半分に切る、また半分に折って切る、を繰り返して写真のように8つに分割します。 切った部分の先をペンなどで丸めて、タコの足を作ります。 折紙で目を作って貼り付ければタコの出来上がりです!頭の部分にクリップをつけて、裏側をセロテープで止めておきます。 ビニール袋にペンで模様をつけておきます。 青い折り紙を巻いたトイレットペーパーの内側に両面テープを貼り、ビニール袋を貼り付けて尾ビレをつけ、ペンなどで魚の目やウロコを描けば魚の出来上がり! 口の部分にクリップをつけて、裏側をセロテープで止めておきます。 魚を釣る釣り針には磁石とクリップを使います。 クリップは少し開いて、魚につけたクリップが引っかかるようにしておきます。 新聞紙を丸めて竿を作り、PPロープ(または荷造り紐)で磁石とクリップの仕掛けをつければ、釣りざおが出来あがります。 折り紙やペン、スタンプなどを使うと、いろいろな魚ができますので、アイデア次第でいろいろな海の生物を作ってみましょう。 遊び終わった魚はクリップの位置を付け替えて 紐をつけてモビールにすれば、夏休みの自由工作などにも活用できます。 飛ぶ!ビュンビュン・ロケットの材料• トイレットペーパーの芯• アルミホイル• 割り箸 2本• 輪ゴム 1本• ビニールテープ• 両面テープ• ハサミ• まずは余分なトイレットペーパーの芯を半分に折ってハサミで切り離して2つに分け、片方だけをロケットの羽根をつける印付けに使います。 長さ4cmの部分にペンで印をつけておきます。 トイレットペーパーに両面テープをつけ、アルミホイルで巻いてロケット本体を作ったら、ロケット本体に1の印付け用のトイレットペーパーの芯をかぶせ、ペンで印をつけます。 印をつけた部分にハサミを入れて、羽根をつける切込みを入れます。 折り紙でロケットの頭と羽根、窓などの飾りを作り、本体に両面テープで貼り付ければ、ロケット本体の出来あがりです。 割り箸を割ってから半分の長さに折り、両端にビニールテープを巻いて中央に輪ゴムをつけておきます。 割り箸の先に5のゴムを挟み、ビニールテープで巻けば、打ち上げ用の棒の出来あがりです。 できあがったロケット本体を打ち上げ用の棒の先端に差し込んで引き寄せ、手を離すと勢いよく飛び出します。 ゴムの太さや棒の長さなどを変えると跳ぶ距離が変わりますので、変化をつけて 飛距離を比べ、自由研究の題材にするのも面白いです。 走る!プルバック自動車の材料• トイレットペーパー• 竹ひご• ペットボトルのキャップ• ストロー• クリップ• 折り紙• 段ボール• ハサミ• ボンド• 穴あけパンチ• トイレットペーパーの芯に好きな折り紙を巻き、ボンドで貼り付けて、車の本体を作ります。 タイヤの穴をあける位置の印をつけるため、余分なトイレットペーパーを半分に折って2つに切り分け、端から1cmの位置に4つに印をつけた印付け用のトイレットペーパーの芯を作っておきます。 印付け用のトイレットペーパーを本体に巻き、本体にタイヤ穴の印をつけます。 穴あけパンチを使って本体にタイヤ穴を開けます。 タイヤ穴にストローを差し込み、外側も内側も0. 5cm程度を残して余分を切り落とします。 ストローはボンドを外側部分につけて、固定しておきます。 キリを使ってペットボトルキャップの中心に竹ひごが通る大きさの穴を開けます。 段ボールは1. 5cmの幅でリボン状に切っておきます。 キャップに段ボールのリボンを巻き付けてタイヤのもとを作ります。 段ボールの長さによってタイヤの大きさが変わりますので、好みの大きさで作ってみてください。 段ボールを巻き終わったらビニールテープをグルグルと巻いて、タイヤが出来あがります。 タイヤ4本を竹ひごを使って本体に取り付けます。 タイヤの後輪の中央に、輪ゴムを取り付けます。 ゴムにクリップを取り付けます。 竹ひごの下を通してゴムを伸ばし、クリップ本体の前の下の部分にとめ、内部にセロハンテープを貼って固定したら、プルバック自動車のできあがり! ペットボトルキャップの色を変えたり、ビニールテープの色を変えたりするだけで、いろいろな雰囲気の車が作れます。 余分なトイレットペーパーの芯を切り取って リアウィングなどを取り付けて、オリジナルのおもちゃを作っても楽しめます。 できたプルバック自動車は、タイヤを押し付けながら後ろに引っ張り、手を離すと勢いよく前へ動きます。 ゴムの性質を利用して動くおもちゃなのですが、 なぜ動くのか、もっと早く動かすためにはどんな工夫をすればよいのかなどを子供に考えさせると、理科の勉強にもなります。 トイレットペーパーの芯でリサイクル学習 トイレットペーパーの芯の良いところは、軽くて扱いやすいところです。 小学校低学年の男の子でも簡単に加工ができるので、子供が自主的にアイデアを形にし、制作する技術を養う自由研究にもピッタリの材料だといえるでしょう。 トイレットペーパーの芯以外にも、ペットボトル、ラップの芯、クズ野菜などでリサイクル学習などができますので、ぜひ子供と一緒に楽しくおもちゃを作ったりリサイクルについて学んだりしてみてください。

次の

トイレットペーパーの芯で工作遊びをしよう

トイレット ペーパー 芯 遊び

トイレットペーパーの芯を使って作るおもちゃの工作に必要な主な材料や道具は、どこの家でもある、又はなくても100均等ですぐに手に入る物ばかりです。 まずは、はさみやカッターといった切る為の道具、のりやボンド、ビニールテープといった何かを貼る為の道具は必ず用意しましょう。 そして、輪ゴムや定規も用意しておくと便利です。 後はデコレーションに必要な、ペン類やマスキングテープ等のシールも用意しておきましょう。 又、後程紹介するトイレットペーパーの芯を使った人形を工作する際に便利な、目玉のシールも用意しておくと便利です。 これらがトイレットペーパーの芯を使った、おもちゃ工作をする際に必要な主な物です。 ない物があっても、100均等ですぐに購入できます。 まず、コピー用紙にトイレットペーパーの芯の型を鉛筆でとって、その型通りに切ります。 切ったコピー用紙を、トイレットペーパの芯に1周巻きのりでとめます。 次にできたトイレットペーパーの芯のボーリングピンに、マスキングテープやカラーペンを使って好きにデコレーションしていきます。 もちろんこの時に、マスキングテープやカラーペン以外の物を使って、トイレットペーパーの芯のピンをデコレーションしても構いません。 そして、新聞紙をくしゃくしゃに丸めて、周りに小さく切ったガムテープを貼り、丸いボールにしていきます。 この時に使うガムテープは、どんな色のガムテープでも構いません。 これでトイレットペーパーの芯で作る簡単おもちゃの一つ目、ボーリングの完成です。 トイレットペーパーの芯を使って作る二つ目のおもちゃは、ぺたぺた押して楽しいスタンプです。 ここでは花火のスタンプを作ります。 用意する物は、トイレットペーパー芯と黒か紺等の暗めの画用紙、好きな色の絵の具、はさみです。 作り方はとても簡単で、トイレットペーパーの芯に均等な幅、均等な長さの切れ込みを好きな数入れ、その切れ込みを外側に花のように広げれば、スタンプの形が完成します。 あとは、パレットや紙皿に好きな色の絵の具を出し、広げた切れ込みの所に色を付け、黒や紺等の画用紙に押せば、花火のようなスタンプを押すことができます。 色が汚くならないように、様々な色の花火を作りたい時はその分スタンプをたくさん作りましょう。 まず、トイレットペーパーの芯の真ん中より少し上辺りにキリで穴を開け、その穴を鉛筆を使って太いストローが入る程度に広げます。 この時にそのまま反対側の側面まで貫通するように、同じ大きさの穴を鉛筆で開けておきます。 開けた穴に太いストローを貫通させ、それぞれの穴から2cm程度出した状態で切ります。 外に出てる片方のストローに、5カ所程切り込みを入れて広げ、テープで貼付けます。 この時にストローの穴を塞がないように、切り込みだけを貼付けるようにします。 次に紙に鉛筆でトイレットペーパーの芯の底の型を取り、取った型よりも少し大きめに切ります。 切った物の周りに小さく何カ所か切り込みを入れて内側に折り曲げ、芯の片方の底に貼ります。 そして、輪ゴムをトイレットペーパーの芯から出ているストローの下に引っかけ、高さがストローの高さに合うように調節しテープで留めます。 今の工程で弓が完成したので、次は矢を作ります。 作りたい分、細いストローを用意しましょう。 まず、細いストローをトイレットペーパーの芯よりも少し長めに切ります。 次に綿棒を半分に切り、細いストローに綿棒のふわふわの部分を出した状態で入れ、テープで固定します。 そして綿棒を通していない側のストローを「く」の字になるように切ります。 これで完成です。 遊ぶ時は、トイレットペーパーの芯に刺さった太いストローに細いストローの矢を入れ、細いストローのくの字の部分に輪ゴムを引っ掛け一緒に引き、飛ばします。

次の