マスク の 洗い 方。 何度も使える!ガーゼマスク(布マスク)の洗い方は?

布マスクの洗い方の基本!1日1回の手洗いで清潔に長持ち

マスク の 洗い 方

新型コロナウイルスの感染拡大で深刻なマスク不足。 使い捨てマスクを洗って再使用している人も多いのではないでしょうか。 その場合でも問題はないと専門家は言います。 この記事では、前半で使い捨ての不織布マスクの、後半で政府も配布する布マスクの、正しい洗い方と注意点をそれぞれ紹介します。 正しく洗って少しでも長持ちさせましょう。 コロナで深刻化するマスク不足。 政府も対策 2月ごろからマスクを購入しづらい状況が続いています。 開店前のドラッグストアに列をなしたり、ネットで一時、高額転売が横行したり。 今でも、適正価格とは言えない値段で売られていることもありますよね。 そんなマスク不足を解消しようと、政府は4月から1世帯2枚の布マスクの配布を開始。 アベノミクスを掲げてきた安倍晋三首相が配布を決めたたことから、 ツイッターでは「アベノマスク」とも呼ばれています。 ただ、不良品が混入していたこともあり、現在配布が中断しています。 政府が配布している布マスク 不足が続くマスクですが、 使い捨ても再利用が可能だとか。 ここでは少しでも長くお手元のマスクを使えるよう、使い捨てと政府も配布する布製のもの、それぞれの洗い方を紹介します。 使い捨ての不織布マスクは「洗える」 使い捨てマスクは一般的に繊維を織らずに並べた「不織布」で出来ています。 この不織布は、性能は多少落ちるものの、洗って繰り返し使うことができるそうです。 製紙会社で不織布の研究をしてきた繊維部門の技術士、奥恭行さんが教えてくれました。 奥さんによると、不織布マスクは表面、中央、最内層の三層構造になっているものが一般的。 中央の繊維は、静電気と同じ帯電の原理で小さなホコリなどを集める仕組みになっていて、水や洗剤に浸けると効果が減り購入時の品質が保証できないという理由で、洗うことは推奨されていません。 ただ、奥さんの経験上、元の70%程度の効果は確保できるとのこと。 ガーゼを重ねている布マスクは、もともと効率が不織布の40%程度のため、「効果を重視される方は、洗った不織布マスクの方が良いかもしれません」と話します。 使い捨てマスクでも繰り返し使うことができたらいいですよね。 それでは奥さんがおすすめする洗い方を実践してみたので、紹介します。 分量は使っている洗剤に合わせる 標準的な洗剤で、水2リットルあたり0. 乾燥機を使わず、洗濯バサミを使って陰干しする 注意すべきポイント ・作業するときは清潔な手で ・不織布は耐久性が弱いので、強い力で揉み洗いしない ・熱に弱い合成繊維を含む可能性があるため、アイロンは使わない 奥さんによると、不織布はどうしても繰り返し洗うことで毛羽立ちが起きてしまうとのこと。 それでも、「マスクが適正価格で販売されるようになるまでの〝つなぎ〟として活用してもらえれば」と話してくれました。 布マスクも傷めず使いたい 「アベノマスク」などの布マスクを使う人は、その洗い方も知っておきたいですよね。 ここからは、厚生労働省・経済産業省の「布製マスクの洗い方」と取材からまとめた洗い方をご紹介しいます。 正しく洗って、傷めず長く使いましょう。 分量は使っている洗剤に合わせる 標準的な洗剤で、水2リットルあたり0. 水1リットルあたり15ミリリットルの割合で塩素系漂白剤を溶かして、マスクを10分ひたす。 乾燥機を使わず、洗濯バサミを使って陰干しする 注意すべきポイント ・作業するときは清潔な手で ・他人のマスクと一緒に洗わない ・柔軟剤は使わない ・「基本の洗い方」で使った洗剤液とすすぎ液にはウイルスが含まれている可能性があるため、すすぐときには注意する ・色物・柄物は変色する可能性がある ・漂白剤につけ込みすぎるとゴムが伸びるので長時間放置しないように ・洗濯機を使う場合には耳掛けゴムが傷むため、小さめのネットを使う マスクについた化粧・ファンデーションは? 女性の方はマスクにファンデーションがついてしまいますよね。 これをどのように落としたら良いのか、マスクの洗い方動画を作った厚労省や経産省の担当者に聞いてみました。 ネットには様々なマスクのメイク落とし術が書かれていますが、「現段階で推奨できる洗い方がなく、研究を進めているところ」(厚労省)とのこと。 繊維の素材やクレンジングオイルの成分によっては、マスクの品質を落とす可能性があるため、科学的根拠を持って推奨できるメイク落としの方法はないようです。 (経産省) 上記で説明した正しい洗い方でファンデーションの汚れが落ちないか試しましたが、残念ながらとれませんでした。 マスクを使う際にはベースメイクをせずに、使った方がいいのかもしれません。

次の

正しい「アベノマスク」の洗い方とは 「小さい」と冷評も…しないよりしたほうがいい理由

マスク の 洗い 方

布マスクを着用し、答弁のため挙手する安倍首相(2020年4月1日午後)=共同通信社提供 新型コロナ対策のため、466億円の税金を投入し、4月17日から全世帯に2枚ずつ配布されるアベノマスク。 使い捨てではなく、洗って何度も使えるのですが、布マスクで新型コロナの感染予防はできるのでしょうか。 感染症に詳しい太融寺町谷口医院の谷口恭先生に伺いました。 経済産業省が推奨するアベノマスクの洗い方もご紹介します。 谷口恭先生(以下、谷口) ウイルスは大きいもので約0. 1um(マイクロメートル)で、新型コロナウイルスも同じくらいの大きさです。 一方、サージカルマスクの穴は5um、コロナウイルスの50倍もの大きさの穴が開いているので、ウイルスはやすやすとマスクを通過してしまいます。 N95マスクの場合は0. 3umと小さいのですが、それでも完璧とは言えません。 谷口 布マスクやガーゼマスクは、素材や作り方によって穴の大きさが変わると考えられますが、サージカルマスクよりも大きな穴が開いていることは確実です。 比較した実験では、布マスクはサージカルマスクよりも劣ることが分かっています。 谷口 布マスクやガーゼマスクがまったく無駄かというと、そういうわけではありません。 ガーゼマスクの穴は5um以上なのでウイルスを通してしまいますが、くしゃみや咳に含まれるしぶきの侵入を多少は防げます。 また、自分が偶発的にくしゃみや咳をして大きなしぶきを飛ばしてしまう可能性もあるので、人が集まるところに行く時は、エチケットとしてガーゼや布マスクを付けるのは好ましいことです。 マスクは、「感染しないため」につけても効果がないので無意味です。 しかし、「感染させない」ための効果はあるのです。 特に、満員電車に乗る時や換気の悪い場所などでは、マスクをつけるようにしてください。 あなたが偶発的にくしゃみや咳をすることがあるかもしれないからです。 谷口 すべてのマスクに言えることですが、表面が汚れているので、ひもの部分を持って取り外します。 マスクの中央部は触らないでください。 アベノマスクは手洗いする 経済産業省では、布マスクの洗い方を「布マスクをご利用のみなさまへ」と題してYoutubeで紹介しています。 塩素系漂白剤を薄めた液で押し洗いします。 洗濯用洗剤を使う場合も、一度目は洗濯用洗剤で洗い、その後、塩素系漂白剤で洗います。 直接口や鼻に触れるものなので、洗濯機には入れず、必ず手洗いします。 一日一回洗い、汚れた場合は、その都度洗うことが推奨されています。 サージカルマスクですが、経産省によると、現在、国産、輸入したもの共に政府調達に回しているそうです。 感染症指定医療機関では、本来なら汚れるたびにマスクを取り替えたいところですが、回数を減らして対応しています。 最前線の現場で働く医療従事者に必要なマスクを届けることで、私たちの健康も守られます。 すでにアベノマスクを手にした方々が「小さい... 介護職員に配られたけど誰も使ってない」「職場に届いた アベノマスク やはり小さい ダサい 気がして」とSNS上で感想を投稿しています。 手持ちのマスクがない人は、アベノマスクもしくは布マスクを使いましょう。 アベノマスクは小さすぎるという批判もありますが、それでもしないよりずっとましなのです。 猫も杓子のマスクの時代。 早朝からホームセンターの前に並んで感染リスクを高めている人がいますが、マスクを過信しないことが大事です。 感染しないためにマスクをしても効果はないのです。 予防のためには、三密を避ける、手洗い、うがいをする、人と2m以上距離を取るといった基本的なことに加え、顔を手で触らないようにすることが重要です。 4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。 研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。 同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。 その後現職。 大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。 日本プライマリ・ケア連合学会指導医。 日本医師会認定産業医。 労働衛生コンサルタント。 主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。 太融寺町谷口医院。 (まいどなニュース特約・渡辺 陽).

次の

【マスクの洗い方】使い捨てや布製は食器用(台所)洗剤・メイク落としは使える?簡単洗濯方法!

マスク の 洗い 方

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で不織布(ふしょくふ)マスクが買えないので、ガーゼマスク(布マスク)を使うことにしました。 マスクは口元に触れるものなので、衛生面を考慮して1日1回洗濯するのが基本です。 まず気になったのが「ガーゼマスクは洗濯機で洗えるのか?」ということ。 調べてみると、ガーゼはメッシュ構造になっているため、強い力がかかる洗濯機で洗うと、生地がほつれる原因になるそう。 マスクを洗濯ネットに入れて洗う人もいるようですが、型崩れを防いで長く使うためにも、ガーゼマスクを洗う方法は手洗いがおすすめです。 ニュースを見ていたら、厚生労働省と経済産業省が「布製マスクの洗い方の動画」を公開したとのこと。 早速動画を参考にガーゼマスクを洗うことにしました。 マスクの洗濯で準備するもの• 使用済みの布マスク(ガーゼマスクなど)• 衣料用洗剤• 塩素系漂白剤(市販の「ハイター(衣料用)」など)• 清潔なタオル• 洗面器(大きめのおけ)• ゴム手袋(台所用手袋)• 洗濯バサミ ガーゼマスクの洗い方 ガーゼマスクなど、布マスクの洗い方は大きく2つのステップに分かれます。 ステップ1:衣料用洗剤で洗う ステップ2:塩素系漂白剤で洗う 衣料用洗剤は皮脂などの汚れを落とすため、塩素系漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムの成分でウイルスを不活化させる目的で使用します。 布マスクを洗濯するの際の注意点は以下です。 塩素系漂白剤を使用する際はゴム手袋を使うこと• なるべく複数のマスクを一度に洗わないこと• 洗濯液の飛沫に触れないように処理すること• 洗濯後は十分に手を洗うこと なお、ここで紹介する洗い方は、ガーゼマスクなど綿素材のマスクを想定したもので、銀イオンなどの効果をうたう抗菌マスクには適しません。 また、色物・柄物は塩素系漂白剤で変色する可能性があるため、注意しましょう。 ステップ1:洗剤で洗う 1.洗面器に水をため、衣料用洗剤を入れて混ぜます。 2Lの水に対して、約0. 7g(ティースプーン半分)の洗剤が目安。 2.洗面器にゆっくりガーゼマスクを入れて、そのまま10分待ちます。 3.10分たったら、ガーゼマスクを軽く押し洗いします。 マスクの繊維を傷める可能性があるため、もみ洗いしないこと。 4.洗面器の水を捨てます。 洗面器の中の水にはウイルスが含まれている可能性があるため、水が飛び散らないように注意しましょう。 5.洗面器に新しい水をためて、ガーゼマスクに付いた洗剤をすすぎ、水をゆっくりと捨てます。 ステップ2:塩素系漂白剤で洗う 6.洗面器に新しい水をため、塩素系漂白剤を入れます。 1Lの水に対して、15mLの塩素系漂白剤(「ハイター(衣料用)」ならキャップ7分目)が目安。 塩素系漂白剤の成分で皮膚を傷める可能性があるため、ゴム手袋を使用します。 7.洗面器にガーゼマスクを入れ、そのまま10分待ちます。 10分たったら、マスクを軽く押し洗いします。 マスクの繊維を傷める可能性があるため、もみ洗いしないこと。 8.洗面器の水をゆっくり捨て、新しい水を入れてガーゼマスクをすすぎます。 再度水を捨てて、もう1度新しい水でガーゼマスクをすすぎます。 塩素系漂白剤の成分をしっかり落とすため、2回すすぎます。 9.清潔なタオルでマスクを挟んで、たたいて水分を取ります。 ガーゼマスクの干し方 水気が取れたら、ガーゼマスクを日陰で乾かします。 乾燥機を使うとガーゼが縮んでしまうので、陰干しで自然乾燥させましょう。 型崩れを防ぐために、手でしっかり伸ばしてから洗濯物干しに干し、乾いてからアイロンで形を整えるのがおすすめです。 なお、洗濯によりガーゼマスクが縮んでも、性能に差はないとのこと。 1日1回しっかり洗濯しましょう。 おまけ:ウレタンマスクや不織布マスクの洗い方 その他のマスクの洗い方についても、気になったので調べてみました! ・ウレタンマスク(「ピッタマスク」など) ガーゼマスク同様、「洗えるマスク」として人気のウレタンマスクは、ポリウレタン素材でできているため、せっけんや衣類用洗剤で洗うと、傷んでしまう可能性があるそう。 ウレタンマスクは、台所用の中性洗剤で軽くもみ洗いしましょう。 ・不織布マスク 全国マスク工業会が公開した「マスクの再利用について」という指針によると、不織布でできた使い捨てマスクは「洗うと機能が落ちるのでおすすめできません」とのこと。 やむを得ない事情で不織布マスクを洗う場合は、中性洗剤で押し洗いし、十分すすいでから自然乾燥させましょう(塩素系漂白剤の使用やもみ洗いはNG)。 今回私が使っているガーゼマスクは、衣類用洗剤&押し洗いがおすすめだけど、マスクの素材によって、使う洗剤の種類や洗い方は違うよう。 正しい洗い方をマスターして、安全に長く使いたいですね。 新型コロナウイルスは潜伏期間が長いから、自分が保菌者ではないとも言い切れないわ。 感染症の拡大を防ぐためには、自分が感染を広げないようにマスクをすることが何より重要よね。 不要なマスクの買い占めは控えて、不織布マスクが手元にないときは、ガーゼマスクなどで代用することにしよう。 知ってるようで実は知らない? 参照:.

次の