ちらほら 意味。 「ある意味」の意味ってわかりませんか?

「見受けられる」をビジネス文書で使いたいのですが

ちらほら 意味

頑張ると努力するの違い 頑張ると努力するの違いを分かりやすく言うと、 自分の考えや意志を貫こうと力を尽くすことか、目的を達成するために力を尽くすことかの違いです。 頑張るという言葉は本来、「我を張る(がをはる)」という表現で示されていたものです。 「我を張る」が転じて「がんばる」という音になり、当て字をつけて「頑張る」と書くようになりました。 我を張るという文字で示されている通り、頑張るというのは、自分の考えや意志を貫き通すことに力を尽くすことを意味しています。 また、困難なことにめげずに、身を張ってやり抜くことも頑張るという言葉で表現されます。 例えば、「会社の業績アップのために頑張る」という表現を使うと、それは「会社で業績を上げれば給料が上がると聞いたので、自分の意志により、業績アップを目指して尽力する」というような意味合いになります。 「会社のために頑張る」というような表現は本来は適切ではありません。 あくまで、自分のために力を尽くす際に、頑張るという言葉を使うようにします。 また、頑張るという言葉は、「頑張り屋」などと使われることが多くあります。 頑張り屋とは、自分の意志を貫き、困難に負けずにやり抜ける人のことを指します。 「あなたは頑張り屋さんだね」というように使います。 その他にも、頑張るという言葉は激励の際などに使われます。 スポーツ選手などに「頑張れ!」と声援を掛けるのは、「自分のために力を尽くして!」という意味になります。 受験生などに向ける「頑張ってね」という言葉についても、同じことが言えます。 一方、努力するという言葉は、ある目的にために力を尽くすことを意味しています。 ここで言う目的とは、自分の意志とは関係なくても問題ありません。 頑張ると違って、自我を示す意味を持たないのが努力するという言葉です。 努力するという言葉は、「努力家」などと使われることが多くあります。 努力家とは、目的の為に尽力することが出来る人のことを指します。 「彼は努力家です」という表現は、「彼は自分の利益を度外視にしても励める性格です」という意味の言葉です。 自分の意志を抜きにしても、目標達成のために力を尽くそうとする際には「努力する」という表現を使うようにしましょう。 例えば、「会社の業績アップのために努力する」という表現を使った場合、それは「会社の業績アップという目的のために力を尽くして励む」というような意味合いになります。 頑張ると違って、純粋に目標に向かって尽力することを意味しています。 努力という言葉が使われる際には、「努力せよ」や「努力しなさい」など命令調であることが多くあります。 立場が上の者から下の者への指示などで使用されることが多く、頑張るよりも、事務的な意味を含みます。 頑張るを同じように命令形で使った場合は「頑張りなさい」や「頑張れよ」などと表現します。 それは自分の中にある力を出して、周囲に負けずに我を張りなさいというような意味合いになります。 同じ力を尽くすという意味を持つ言葉でも、頑張るは自分の中にある力を自分の為に出すことであり、努力するというのは、自我を抜きにしても目標達成に向けて尽力するという意味があるということを覚えておくようにしましょう。 頑張るを英語にすると「do my best」「try hard」「hold out」となり、例えば「私は英語の勉強を頑張る」を英語にすると「I do my best to study English」となります。 頑張るの意味 頑張るとは、 自分の意志や考えを貫いてやり抜くことを意味しています。 頑張るというのは、自分のために力を出すことを意味していて、張り切ると似た意味を持っている言葉です。 また、困難に直面した際などに、挫折をせず、我慢をしてやり抜くことも「頑張る」と表現することが出来ます。 ここで言う我慢という言葉も、自我を貫くという意味を含んでいる言葉です。 頑張るを使った分かりやすい例としては、「頑張り屋さんだねと言われたら好きになる」「頑張ることができない自分が嫌いだ」「新社会人として頑張る息子を応援している」「明日から頑張ろうと先延ばしにする癖がある」「一人で頑張りすぎると潰れる」などがあります。 このように、自分自身の意志によって行動する場合に「頑張る」という言葉を使います。 頑張るという言葉は、自分に対しても他人に対しても使える言葉ですが、他人に対して使う場合には「自我を貫いて踏ん張れよ」という激励の意味が込められています。 頑張るという言葉の漢字は当て字であり、本来は「我を張る」という言葉であったことを覚えておくとわかりやすいでしょう。 頑張るという言葉の「頑」という字を含んだ単語としては、自分の態度や考えを改めようとしないことを意味する「頑固」、物の作りが丈夫なことを意味する「頑丈」、自分の態度や考えを強く守っていることを意味する「頑強」などがあります。 頑張るの類語・類義語としては、気力を出してこらえることを意味する「踏ん張る」、精一杯働くことを意味する「精を出す」、力一杯努力することを意味する「奮闘する」、勇敢に戦うことを意味する「敢闘する」などがあります。 努力するの意味 努力するとは、 目的のために力を尽くすことを意味しています。 努力するとは、自分の意志を含まずとも、目的達成のために尽力することを意味しています。 努力するを使った分かりやすい例としては、「正しい方向性を向いた努力でなければ意味がない」「努力しても必ず報われるとは限らない」「長年にわたり努力を続けられる才能こそが天才だ」「努力は決してあなたを裏切らない」「目標を持って努力しよう」などがあります。 例えば「企業努力」という言葉があります。 これは個人が自分の意志を通すために力を尽くすという意味ではなく、企業全体が職場の環境や売り上げなどを向上させようと尽力することを意味しています。 そこに自我は含まれず、目標達成をすることにこそ意味があります。 こういった、自分の意志とは関係なく、目的のために力を出すことを「努力する」と表現します。 また、努力して目的が達成されたことを「努力が実る」という言葉で表現したりします。 自分の意志や自我を差し引いた上で、目的や目標の達成に力を尽くしている場合に「努力する」という言葉を使うようにしましょう。 努力と似た意味を持つ言葉としては、勉学や仕事などに精を出してつとめ励むことを意味する「精励」、気力をふるい起こして努め励むことを意味する「奮励」などがあります。 努力するという言葉の「力」という字を含んだ単語としては、教育を通して身につけた能力を意味する「学力」、元気よく動いたりすることを意味する「活力」、何かを行うための精神力を意味する「気力」、筋肉の力を意味する「筋力」などがあります。 頑張るの例文と使い方 5.小さい頃、祖母から「頑張り屋さんだねぇ」と言われたことがある。 この言葉がよく使われる場面としては、自分の意志を貫くために力を尽くす時などが挙げられます。 頑張るという漢字は当て字で、本来は「我を張る」という言葉でした。 そこから転じて「がんばる」という言葉が出来ました。 そういった由来から、自我を貫き通して力を尽くしていくことを「頑張る」という言葉で表現するようになりました。 「頑張り屋」などの言葉で使われることが多く、自分の利益のためにやり抜くことを頑張ると言います。 例文3などで、子供たちが頑張っている、などと使う場合は「子供たちが自分の力を尽くしている」という意味になります。 努力するの例文と使い方 5.目的を見失わずに努力することが大切だ。 この言葉がよく使われる場面としては、目的を達成するために力を尽くす時などが挙げられます。 自分の意志や自分の利益を度外視した状態でも、目標を達成するために力を尽くすことを努力するという言葉で表現します。 努力の「努」という字は、精を出して仕事をするという意味を持っていて、公共的な目的のために奉仕する精神を思わせる言葉です。 そこから転じて、努力というのは、自分のためでなくても力を尽くすことを言います。 もちろん、努力が実ったことで、自分自身への利益が生じる場合もあります。 しかし、ここで大切なのは、力を尽くす過程で自己を貫くことを重視しているかどうかということです。 自分自身の気持ちに重点を置く場合には「頑張る」という言葉を使い、自分のことよりも目的の達成に重点を置いている場合には「努力する」という言葉を使うようにしましょう。

次の

「御用達」とは?意味や使い方を解説!

ちらほら 意味

頑張ると努力するの違い 頑張ると努力するの違いを分かりやすく言うと、 自分の考えや意志を貫こうと力を尽くすことか、目的を達成するために力を尽くすことかの違いです。 頑張るという言葉は本来、「我を張る(がをはる)」という表現で示されていたものです。 「我を張る」が転じて「がんばる」という音になり、当て字をつけて「頑張る」と書くようになりました。 我を張るという文字で示されている通り、頑張るというのは、自分の考えや意志を貫き通すことに力を尽くすことを意味しています。 また、困難なことにめげずに、身を張ってやり抜くことも頑張るという言葉で表現されます。 例えば、「会社の業績アップのために頑張る」という表現を使うと、それは「会社で業績を上げれば給料が上がると聞いたので、自分の意志により、業績アップを目指して尽力する」というような意味合いになります。 「会社のために頑張る」というような表現は本来は適切ではありません。 あくまで、自分のために力を尽くす際に、頑張るという言葉を使うようにします。 また、頑張るという言葉は、「頑張り屋」などと使われることが多くあります。 頑張り屋とは、自分の意志を貫き、困難に負けずにやり抜ける人のことを指します。 「あなたは頑張り屋さんだね」というように使います。 その他にも、頑張るという言葉は激励の際などに使われます。 スポーツ選手などに「頑張れ!」と声援を掛けるのは、「自分のために力を尽くして!」という意味になります。 受験生などに向ける「頑張ってね」という言葉についても、同じことが言えます。 一方、努力するという言葉は、ある目的にために力を尽くすことを意味しています。 ここで言う目的とは、自分の意志とは関係なくても問題ありません。 頑張ると違って、自我を示す意味を持たないのが努力するという言葉です。 努力するという言葉は、「努力家」などと使われることが多くあります。 努力家とは、目的の為に尽力することが出来る人のことを指します。 「彼は努力家です」という表現は、「彼は自分の利益を度外視にしても励める性格です」という意味の言葉です。 自分の意志を抜きにしても、目標達成のために力を尽くそうとする際には「努力する」という表現を使うようにしましょう。 例えば、「会社の業績アップのために努力する」という表現を使った場合、それは「会社の業績アップという目的のために力を尽くして励む」というような意味合いになります。 頑張ると違って、純粋に目標に向かって尽力することを意味しています。 努力という言葉が使われる際には、「努力せよ」や「努力しなさい」など命令調であることが多くあります。 立場が上の者から下の者への指示などで使用されることが多く、頑張るよりも、事務的な意味を含みます。 頑張るを同じように命令形で使った場合は「頑張りなさい」や「頑張れよ」などと表現します。 それは自分の中にある力を出して、周囲に負けずに我を張りなさいというような意味合いになります。 同じ力を尽くすという意味を持つ言葉でも、頑張るは自分の中にある力を自分の為に出すことであり、努力するというのは、自我を抜きにしても目標達成に向けて尽力するという意味があるということを覚えておくようにしましょう。 頑張るを英語にすると「do my best」「try hard」「hold out」となり、例えば「私は英語の勉強を頑張る」を英語にすると「I do my best to study English」となります。 頑張るの意味 頑張るとは、 自分の意志や考えを貫いてやり抜くことを意味しています。 頑張るというのは、自分のために力を出すことを意味していて、張り切ると似た意味を持っている言葉です。 また、困難に直面した際などに、挫折をせず、我慢をしてやり抜くことも「頑張る」と表現することが出来ます。 ここで言う我慢という言葉も、自我を貫くという意味を含んでいる言葉です。 頑張るを使った分かりやすい例としては、「頑張り屋さんだねと言われたら好きになる」「頑張ることができない自分が嫌いだ」「新社会人として頑張る息子を応援している」「明日から頑張ろうと先延ばしにする癖がある」「一人で頑張りすぎると潰れる」などがあります。 このように、自分自身の意志によって行動する場合に「頑張る」という言葉を使います。 頑張るという言葉は、自分に対しても他人に対しても使える言葉ですが、他人に対して使う場合には「自我を貫いて踏ん張れよ」という激励の意味が込められています。 頑張るという言葉の漢字は当て字であり、本来は「我を張る」という言葉であったことを覚えておくとわかりやすいでしょう。 頑張るという言葉の「頑」という字を含んだ単語としては、自分の態度や考えを改めようとしないことを意味する「頑固」、物の作りが丈夫なことを意味する「頑丈」、自分の態度や考えを強く守っていることを意味する「頑強」などがあります。 頑張るの類語・類義語としては、気力を出してこらえることを意味する「踏ん張る」、精一杯働くことを意味する「精を出す」、力一杯努力することを意味する「奮闘する」、勇敢に戦うことを意味する「敢闘する」などがあります。 努力するの意味 努力するとは、 目的のために力を尽くすことを意味しています。 努力するとは、自分の意志を含まずとも、目的達成のために尽力することを意味しています。 努力するを使った分かりやすい例としては、「正しい方向性を向いた努力でなければ意味がない」「努力しても必ず報われるとは限らない」「長年にわたり努力を続けられる才能こそが天才だ」「努力は決してあなたを裏切らない」「目標を持って努力しよう」などがあります。 例えば「企業努力」という言葉があります。 これは個人が自分の意志を通すために力を尽くすという意味ではなく、企業全体が職場の環境や売り上げなどを向上させようと尽力することを意味しています。 そこに自我は含まれず、目標達成をすることにこそ意味があります。 こういった、自分の意志とは関係なく、目的のために力を出すことを「努力する」と表現します。 また、努力して目的が達成されたことを「努力が実る」という言葉で表現したりします。 自分の意志や自我を差し引いた上で、目的や目標の達成に力を尽くしている場合に「努力する」という言葉を使うようにしましょう。 努力と似た意味を持つ言葉としては、勉学や仕事などに精を出してつとめ励むことを意味する「精励」、気力をふるい起こして努め励むことを意味する「奮励」などがあります。 努力するという言葉の「力」という字を含んだ単語としては、教育を通して身につけた能力を意味する「学力」、元気よく動いたりすることを意味する「活力」、何かを行うための精神力を意味する「気力」、筋肉の力を意味する「筋力」などがあります。 頑張るの例文と使い方 5.小さい頃、祖母から「頑張り屋さんだねぇ」と言われたことがある。 この言葉がよく使われる場面としては、自分の意志を貫くために力を尽くす時などが挙げられます。 頑張るという漢字は当て字で、本来は「我を張る」という言葉でした。 そこから転じて「がんばる」という言葉が出来ました。 そういった由来から、自我を貫き通して力を尽くしていくことを「頑張る」という言葉で表現するようになりました。 「頑張り屋」などの言葉で使われることが多く、自分の利益のためにやり抜くことを頑張ると言います。 例文3などで、子供たちが頑張っている、などと使う場合は「子供たちが自分の力を尽くしている」という意味になります。 努力するの例文と使い方 5.目的を見失わずに努力することが大切だ。 この言葉がよく使われる場面としては、目的を達成するために力を尽くす時などが挙げられます。 自分の意志や自分の利益を度外視した状態でも、目標を達成するために力を尽くすことを努力するという言葉で表現します。 努力の「努」という字は、精を出して仕事をするという意味を持っていて、公共的な目的のために奉仕する精神を思わせる言葉です。 そこから転じて、努力というのは、自分のためでなくても力を尽くすことを言います。 もちろん、努力が実ったことで、自分自身への利益が生じる場合もあります。 しかし、ここで大切なのは、力を尽くす過程で自己を貫くことを重視しているかどうかということです。 自分自身の気持ちに重点を置く場合には「頑張る」という言葉を使い、自分のことよりも目的の達成に重点を置いている場合には「努力する」という言葉を使うようにしましょう。

次の

コマンドラインってなんですか?

ちらほら 意味

A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー 商売の街、大阪の者です。 「これナンボ?」は、「これおいくら(値段)ですか?」 要するに、「苦労してナンボ」は、その苦労をオカネに換算して言っているわけです。 なので、「ヤクザもんがナンボのもんじゃい」というのは、 「ヤクザの方ですか?で、それが何か価値があるのですか?」ということです。 「苦労してナンボ」とは、苦労してこそ価値あるものが得られる、ということですね。 A ベストアンサー No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいですが、気を使う、でもOKだと思います <気遣う> 見舞いのお礼 「お気遣いありがとうございます。 」 「気を使っていただいてありがとうございます」って言ったらイヤミです。 父親が子供に 「静かになさい。 お母さん疲れてるんだから、気遣ってあげなきゃ。 」 基本的に、『気を使う』は「使う」ので、意図的であり、あれこれ考えて行動します。 NO.2の方のおっしゃるとおり、疲れます。 笑 『気遣う』は、自発的・内在的にある優しさがベースの概念だと思います。 『気を使う』ときは何らかのフィードバックを期待する策略を巡らせている場合もありえますが、『気遣う』のは無償のいたわりです。 No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいで... A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。

次の