足 むくみ 取り 方。 【高齢者の足のむくみ】原因は?解消方法はある?

【セルフケア】足のむくみの取り方を紹介|むくみ解消法

足 むくみ 取り 方

1, むくみの正体 顔や足に頻繁に出てくるむくみ、よく目にすることはあってもその正体をちゃんと理解している方は少ないのではないでしょうか?一概にむくみといえども種類があります。 1-1, 押すとへこむむくみの正体 むくんできた部分を手や指で押してみて、へこむタイプのむくみの正体は「水分」や「血流」に起因するむくみです。 夕方や夜になると足がパンパンにむくんでくるけど、翌朝にはすっきり元通りになっているケースはほとんどがこれに当たります。 本日のテーマである、水分とむくみの関係性はこの対応のむくみと密接に繋がっています。 1-2, 押してもへこまないむくみの正体 それ以外にも押してもへこまないむくみのあります。 これは水分や血液ではなく、皮下にドロドロとしたリンパ液などが溜まることが原因です。 本日のテーマでは扱わないタイプのむくみですので、詳細をご覧になられたい方は にて、解説をしています。 2, 水分の取りすぎがなぜむくみになるのか 水分と過剰に摂るとむくみに繋がります。 そのメカニズムは血液と関係があるようです。 2-1, 血液中の水分量が増える 水分を摂り過ぎると血液が過剰に水分を蓄えるようになり、 毛細血管から水分が染み出します。 その水分は皮下の細胞の間に入り込み、脹れるため、それがむくみとなって表面に現れるのです。 3, 適量な水分ってどれくらい? 適量の水分って一体どれくらいなんでしょうか? 水分をたくさんとることがいいように伝えているメディアもたくさんあるため 「適量」をいかにジャッジするのかが非常に重要なポイントです。 今回は体重60キロの人を例に取り、説明をしていきます。 それより体重が重たい方はもっと水分が必要ですし、軽い方はそれよりも少ない量が適量です。 3-1, 1 日で失われていく水分 1日で失われる水分量は 2. 3リットルと言われています。 その内訳は、 不感蒸泄という気づかないうちに蒸発して失われていく水分が合計900ミリリットル。 尿として排出されるものが1,300ミリリットル。 便として排出されるものが100ミリリットルです。 この合計2. 3リットルが1日に失われるため、バランスを取るためにはそれを補う必要があります。 また夏場の暑いところに長時間いる場合には、不感蒸泄の量も増えるためそれに合わせてプラスの水分を摂ることが大切になります。 3-2, 飲み水で必要な量 つまり、 1日に2. 3リットルの水分を取る必要がありますが、水を飲んだりお茶を飲んだりすることで、その全てを補う必要は一切ありません。 身体の中では栄養分が利用されるときに出来る代謝水が毎日300ミリリットル、食事などで自然と摂っている水分が約500ミリリットルから1リットルあります。 そのため、 主体的に「水分」として摂取する水の量は1リットルから1. 5リットルで十分です。 1〜1. 5リットルと言うと、案外少ないことがお分りいただけるかと思います。 4, 正しい水分の取り方 適切な水分量がわかったところで、次は何を飲むのか、いつ飲むのか、飲んだらどうするのか、という非常に肝心な部分を解説していきます。 4-1, 何を飲めばいいの? なるべく、 水かお茶で水分補給をするようにしてください。 喉の渇きをいやすにはスポーツドリンクも効果的なのですが、糖分が含まれているためさらに喉が乾くことがあるため過剰な水分摂取に繋がってしまいます。 4-2, いつ飲めばいいのか? 一度に多くの水分を摂ると胃腸の血流が悪くなり体調不良の原因にもなります。 そのためこまめに適量を飲むことが大切です。 また、寝る前に1杯の水分を取り、朝起きてすぐや、ご飯の前にもコップ1杯の水を飲むと胃腸など身体のバランスが整うため、直接的なむくみの予防にもつながります。 4-3, 水分を摂ったら「出す」のが肝心 2章でも説明した通り、血中の水分量が増えることがむくみにつながるため、摂取した水分はちゃんと「出す」ことが大切です。 身体の水分量を調整しているのは腎臓であり、腎臓は血中の排出物をろ過して尿として身体の外に排出してくれます。 この尿をしっかり出さないことには、いくら水分量を調整してもむくみは治りません。 4-3-1, 漢方のすすめ その際に、身体の利尿作用を後押ししてくれるのが漢方薬です。 当帰芍薬散( とうきしゃくやくさん)や、 五苓散(ごれいさん)などが代表的なものとして挙げられるので、心配な方は一度試してみるといいかもしれません。 また、今回取材をした医療機関では 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)をお勧めしているということでした。 五苓散の数倍の効果が期待できるようです。 5, まとめ 今回はむくみと水分の関係性についてまとめました。 摂りすぎもよくないし、摂らなさすぎても別の弊害が発生します。 適切な量と摂り方を知って、むくみを解消した正しい生活を送ってくださいね。

次の

足のむくみはマッサージで解消できる?原因とマッサージ方法

足 むくみ 取り 方

Contents• 高齢者の足のむくみとは むくみって何? 体の一部や全体が太ったり筋肉が増えたわけでもないのに太くなっている、膨らんでいるような状態を「むくんでいる」と言われます。 むくみとは通常なら循環している体の水分が流れずに溜まってしまうことで体の一部や全体が膨らんでしまう状態です。 むくみなの? 太ったの? 見分け方 ただ足が太くなっただけなのかむくみなのか、簡単に見分ける方法があります。 むくんでいると思われる場所を指で数秒押します。 指を放した時に押した部分が凹んだまま戻らない場合はむくみです。 むくみって何が起きているの? むくみとは水が溜まっている状態ですが、針を刺して水を抜くというようなことができません。 むくみは水疱のような水の溜まり方とは少し違います。 通常水分は血液とともに体を巡り、毛細血管から各細胞へと受け渡され、古い水分は老廃物とともに排泄されます。 しかし何らかの原因でそれがうまくいかなくなったとき、水分が細胞と細胞の間で溜まってしまいます。 スポンジが水をすっているような状態になります。 それが体の一部や全体で起こるため、ぼってりとふやけたような膨らみ方になります。 また皮膚が広がれる限界に達すればパンパンに皮膚が張った状態になります。 なぜ足がむくみやすいの? 水分は重力によって下にたまりやすくなります。 人間は基本的に活動しているときは立ったり座ったりしていて足が一番下になります。 そのため足が一番むくみやすく、臓器や水分の循環で異常が起きた時にむくみの症状が出やすくなります。 高齢者の足のむくみの原因 足の筋肉を使わない 体の血液を送り出すポンプの役割をしているのはどこでしょうか。 実は心臓だけではありません。 心臓によって送り出された血液は各筋肉の収縮の力も使いながら全身を流れていきます。 特にふくらはぎの筋肉は第二の心臓とも言われています。 重力によって下に溜まりやすい血液を重力と逆の方向に押し上げる働きをしています。 足の筋肉を使う機会が減ったり、筋力が低下することで足のポンプとしての機能が弱くなり水分がたまりやすくなります。 座りっぱなし 高齢者は腰膝等の痛みや筋力の低下で歩く機会が減ったり、車椅子を利用して座っている時間が長くなりがちです。 足の筋肉を使うことが少なくなるのでポンプの作用が弱くなり足がむくみやすくなります。 冷え 体が冷えると血管も収縮します。 体を巡る血液の循環も悪くなるので水分の排出がうまくいかなくなり体がむくみやすくなります。 塩分、水分などの取りすぎ 塩分は体に水分を取り込もうとする働きがあります。 体の水分が増えるとそれを排出する機能が間に合わないことで水分が体にたまっていきます。 行き場をなくした水分はむくみとなって現れます。 内蔵、循環器の機能低下・老化 水分がうまく体をめぐるようにする循環器や排泄のための臓器の機能が低下しているとそれだけ水分をうまく排出できなくなります。 病気とまではいかなくても老化によりこれらの機能が低下してむくみが起きやすくなります。 病気 むくみは体の異常を知らせるサインでもあります。 高齢者の場合は特に急激に強いむくみが出た時は臓器や循環器などに異常が起きている場合があります。 高齢者で足の強いむくみ等がある場合、他にも何か目立った症状がないかなどよく観察すると病気の早期発見につながることもあります。 薬の副作用 薬の副作用でむくみの症状を引き起こす場合があります。 薬を飲んでからむくみが出やすくなった場合や飲んでいる薬に心当たりがある場合は医師に相談しましょう。 高齢者足のむくみの予防と対策 足を高くする 足を高くすることで足にたまった水分が低い方へ移動します。 重力を利用して水分を循環させます。 足の筋肉が弱い高齢者でも簡単に取り組める方法です。 方法としては、仰向けに寝て足の下にクッションなどをいれて体より高い位置にします。 また椅子に座った状態で足を乗せられる台などを用意して足を乗せます。 できれば座っている椅子より高い位置に足があると効果的です。 足が上手く上がらない場合は背中を少し倒せるような姿勢になると足が上がりやすくなります。 歩く、立つ(足を使う) 歩行が可能であれば出来るだけ立ったり歩いたりという機会を増やします。 足の筋肉の低下を防ぐことでむくみを予防します。 ただしあまり動いていなかった高齢者が急に取り組もうとすると体を壊したりしますので注意が必要です。 マッサージ 足の血流を良くすることで細胞に溜まった水分の排出を促します。 マッサージは基本的には末端から心臓へ向かって行います。 自分でやる場合は力を入れすぎると筋肉を痛めたりしますので注意しましょう。 温める 温めることで血管が拡張して血流が良くなります。 入浴や足浴などで温めたり衣類等で温めたりします。 入浴は心臓に負担がかかるので心配な場合は足浴でも温めることができます。 衣類で温める場合は部分的に締めつけすぎたりするとかえって血流が悪くなりますので注意しましょう。 食生活の改善 塩分や水分の摂り過ぎでむくみやすくなっている場合があります。 塩分の調整を行うなどしてむくみを防ぎます。 塩分の摂り過ぎは確かに体に良くないのですが高齢者の場合 必ずしも塩分が原因のむくみとは限りません。 また味気ない食事になることで生活の楽しみが減ってしまうこともあります。 塩分は調整しても食事の楽しみが無くならないように工夫が必要です。 水分の調整は、うまく水分を排出できない状態で水分が入ってくるとどんどんむくんでいきます。 しかしむくんでいるからといって必要な水分が足りているとは限りません。 むくんでいても脱水症状を引き起こします。 食事や水分の調整は独断で行わず医師や専門の機関に相談しましょう。 サポーター サポーターで足を引き締めてむくみを予防したり改善したりする方法があります。 足の筋肉を引き締めることで水が溜まりにくい(むくみにくい)状態になり弱った足の筋肉のポンプ機能をサポートしてくれます。 締め付けすぎると逆に血液の循環が悪くなる場合もありますので心配な時は医師や専門の機関に相談しましょう。 薬 病院ではむくみに対して利尿剤などを用いて改善を図ります。 この場合心臓への負担やほかの病気への配慮から薬でむくみを治療します。 薬には副作用もありますので医師や薬剤師等とよく相談しましょう。 高齢者の足のむくみでのマッサージ 高齢者だけに限らない話ですが、足のむくみを解消するマッサージにおいて 「足先から心臓へ向かってマッサージする」というのは基本中の基本です。 しかしながら注意しなければならない点もあります。 高齢者というのは血管がもろくなりやすく、ちょっとの負担や圧が大きな負担になりやすいのです。 そのため、20〜30代の若い人の体にマッサージするように、強めの圧や負荷ではいけません。 体をあくまでも優しくさすったり温めたりすることが大切です。 たち仕事でむくんだ若い女性の足を揉みほぐすのと、高齢者の血管機能が低下したゆえのむくみでは、そもそも大きく原因も異なりますし、耐えられる負荷や負担も大きく異なります。 足のむくみでマッサージをするならば、揉むのではなく「さする」ようにしましょう。 優しくさすって血流を促すことが大切なポイントです。 介護の現場や医療の現場でも用いられているのは、足湯などの下半身から優しく温めるマッサージ法です。 体を足先から温める足湯や温浴マッサージというのは、体を優しく温めて負荷をかけることなく血流改善効果が期待できます。 心地よい足湯などの温浴マッサージは、心も体もホッとできるので高齢者にとってもストレス解消やリラックス効果となるでしょう。 注意点 高齢者の足のむくみにはいろいろな病気が隠れていることがあります。 老化によってむくみやすくなっているのか、病気なのか。 その違いは病院に行って検査をするのが一番間違いはないのですが、気になるたびに病院に行くわけにもいきません。 多くの場合むくみの他に症状が出たりします。 他の症状と合わせると病気を見つけるヒントになります。 リンパ浮腫 リンパ管が怪我や癌の手術などにより傷つき、機能に異常が生じたときに起きます。 代表的な症状:手や足に強いむくみが出やすい。 手や足のだるさ。 腎性浮腫 腎臓の異常によって起こるむくみです。 足だけではなく全身にむくみが現れます。 腎性浮腫のむくみは左右対称に現れます。 ひどい時は肺に水が溜まることがあります。 腎性浮腫を起こす病気としてネフローゼ症候群や慢性腎不全などがあります。 肝性浮腫 肝臓の異常によって起こるむくみです。 肝臓に異常が起こると血管に水分をとどめておく物質が分泌されなくなり、むくみを生じます。 むくみは全身に見られますが足から起こりやすくなります。 腹痛や腹水、黄疸などの症状が現れます。 肝性浮腫を起こす病気として肝硬変などがあります。 心性浮腫 心臓の異常によって起こるむくみです。 心臓の機能が弱くなり血流が悪くなることでむくみが起こります。 むくみは主に足に見られます。 夕方になるとむくみの症状が強くなったり呼吸が苦しくなったりします。 心性浮腫を起こす病気として心不全や肺性心などがあります。 内分泌性浮腫 内分泌系の異常によって起こるむくみです。 顔や手足のむくみ、汗をかかなくなったり、寒気をうったえるなどの症状があるときは甲状腺機能低下症の疑いがあります。 栄養障害性浮腫 栄養の取りすぎや不足、栄養吸収の異常などによって起こるむくみです。 栄養の種類によって様々な症状があります。 代表的なものはビタミンB1欠乏症で手足のむくみ、しびれ感、動悸、筋力低下などの症状がでます。 静脈性浮腫 静脈の異常により血液が心臓に戻れなくなることによって起こるむくみです。 足の静脈の怒張、立っているとき足がだるい、重い、痛いなどの症状がでます。 静脈瘤深部静脈弁機能不全症、深部静脈血栓症などの疑いがあります。 まとめ 足はむくみが出やすい場所であり、何らかの病気や異常を知らせるサインでもあります。 上記むくみを起こす病気に関してはごく一部です。 むくみを起こす病気や体内での異常は様々なものがあります。 むくみは心臓への負担や日常生活に支障がでたりします。 日頃から改善につとめ、気になることがあれば他の症状と一緒に早めに医師に相談しましょう。 介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス? 会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】 そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します! 空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら! LINEからのご登録はこちら! 関連記事.

次の

高齢者の足のむくみ解消法!簡単なマッサージ方法とは?

足 むくみ 取り 方

水分不足で体が水分を溜め込んでいた!? デスクワークでも、外回りの営業でも、接客などの立ち仕事でも、足のむくみに悩まされている人が多いよう。 「むくみを気にして水分を摂らないようにする人が多いようですが、水分不足からむくみを引き起こしていることもあります。 水分不足を感じた身体は水分を溜め込んでしまうんです。 むくまないためには、飲んで流すことも大切。 体重50キログラムなら1. 5リットルの水分が必要何ですよ」(代官山クリニック 蘆田英珠先生)。 むくみケアのために水を飲むべきとは目からウロコ。 水分なら、コーヒーやお茶などでもOKですか? 「コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、利尿作用があるので、水分不足を補うものとしてはオススメできません。 また、ジュースや炭酸飲料など、糖分の多い飲み物も避けてください」(蘆田先生)。 デスクワークの人は、1時間ごとにトイレへ! デスクワークのしごとなでしこさんなら、集中して書類作りをしていて、午後は1度もトイレに行かなかった、なんてこともあるかも? 「1時間に1度はトイレに立つように意識して欲しいですね。 実際にはトイレに行かなくてもいいのです。 何時間も座りっぱなしでいるのではなく、1時間に1度は立ち上がって足を動かして欲しい、という意味。 ふくらはぎの筋肉がポンプとなって、血液やリンパを流しているのですが、ずっと同じ姿勢でいると、このポンプ機能が働かなくなってしまうからです。 立つ暇も惜しい! なんていうときは、デスクで足首を回したり上下に動かしたりするだけでも、ふくらはぎの筋肉を動かすことができますよ」(蘆田先生)。 立ち仕事なら、かかと重心を意識してむくみを撃退! 外回りで1日中歩き回っていれば、ふくらはぎを使っているからむくまないはず。 なのにむくんでしまうのはなぜ? 「歩くときに前重心になっていませんか? この状態では脚の筋肉の使い方がアンバランスになり、使われ過ぎる部分の筋肉が硬くなり、リンパの流れが悪くなります。 重心がカカトの真ん中にくるようにしましょう。 歩くときは股関節から脚を動かし、必要以上に踏みしめて歩かないことも大切です。 立ち姿勢や歩き姿勢が正しくなれば、ふくらはぎを始め、脚のあらゆる筋肉が効果的に使われ、むくみにくくなるはずです」(蘆田先生)。 同じ姿勢で立っている時間が多い接客などの立ち仕事の場合は、カカトの真ん中重心で歩くこと、そしてデスクワークの人と同じく、「足を動かすこと」を意識するようにしましょう。 帰宅したら、ヒザ裏をマッサージしてリンパを流そう! 足がむくむと、自然にふくらはぎをもんでいるけれどこれは正解?「間違えではありませんが、むやみにもんでも効果を得られないことが。 余分な水分を運んでくれるリンパがたくさん集まる膝の裏を押して流してあげることをおすすめします。 膝を立てて座り、指の腹で膝の裏を押します。 痛みを感じない気持ちいい力加減で30秒ほど押して」(蘆田先生) 足のむくみはツライだけでなく、美脚を遠ざける原因に。 正しい立ち姿勢に気をつけること、同じ姿勢を続けないこと、膝裏のリンパを流すことを毎日の習慣にして、快適に過ごしましょう。 初出:しごとなでしこ.

次の