胆嚢 炎。 胆嚢摘出術について|外科(消化器一般乳腺・呼吸器外科)|診療科|各診療科・部門紹介|東京都立広尾病院

胆嚢炎(たんのうえん)とは

胆嚢 炎

[どんな病気か] 胆嚢炎(たんのうえん)は胆嚢に、胆管炎(たんかんえん)は総胆管(そうたんかん)と総肝管(そうかんかん)に炎症がおこったものです。 両方合併しておこることが多く、合わせて胆道感染症(たんどうかんせんしょう)と呼びます。 [症状] 胆嚢炎には、その経過から急性と慢性とがあります。 急性胆嚢炎(きゅうせいたんのうえん)は中年の肥満した女性に比較的多く、過食(かしょく)後3~4時間して急に吐き気、上腹部痛、悪寒(おかん)・高熱を生じます。 深夜の腹痛発作(ふくつうほっさ)で、夜間に救急病院を受診することがよくあります。 尿の色が濃く染まったり、黄疸(おうだん)を生じることもあり、右上腹部をたたくと、炎症のために強い痛みがあります。 慢性胆嚢炎(まんせいたんのうえん)は、無症状のものから、食後に上腹部痛をおこすものまで、その程度はさまざまですが、急性胆嚢炎に比べると症状は軽く、断続的です。 急性胆管炎(きゅうせいたんかんえん)は悪寒・発熱、右上腹部痛、黄疸が三大症状です。 急性胆管炎の重症型に急性閉塞性化膿性胆管炎(きゅうせいへいそくせいかのうせいたんかんえん)があります。 この病気は胆道感染にともなって敗血症(はいけつしょう)を生じ、意識障害やショック症状などの重篤(じゅうとく)な症状が出現するため、救急処置が必要になります。 [原因] 急性胆嚢炎の90%に胆石(たんせき)がみられます。 急性胆嚢炎は、胆嚢内結石(たんのうないけっせき)が胆嚢管へ嵌頓(かんとん)し(はまり込み)、そこに腸内細菌(ちょうないさいきん)(十二指腸(じゅうにしちょう)内の細菌が総胆管を経由して胆嚢に至ることが多い)が感染して発生します。 急性胆嚢炎の数%には胆石がみられないものがあり、無石胆嚢炎(むせきたんのうえん)と呼ばれます。 これは、外傷、手術後の合併症として発生し、絶食のために胆嚢の収縮が不良となり、胆嚢に胆汁(たんじゅう)がうっ滞(たい)するのが発症に関係しているとされます。 慢性胆嚢炎は胆嚢結石にともなう慢性的炎症で、慢性胆嚢炎の経過中に突然、急性炎症を生じる場合もあります。 胆管炎は、総胆管結石(そうたんかんけっせき)あるいは胆管がんによる胆汁うっ滞に、細菌感染を併発して生じるものです。 原因菌は、胆嚢炎・胆管炎とも、大腸菌(だいちょうきん)がもっとも多く、最近は嫌気性菌(けんきせいきん)による感染も増加しています。 [検査と診断] 胆嚢炎、胆管炎とも血液検査で白血球数(はっけっきゅうすう)の増加、血沈亢進(けっちんこうしん)、CRP陽性がみられます。 腹部超音波検査は、腹痛があっても行なえ、診断能力も高く、とても有用です。 CT検査も行なわれます。 原因菌の特定には血液培養(けつえきばいよう)や、採取した胆汁の培養が必要です。 [治療] 胆嚢炎、胆管炎ともに、安静、禁食を保ち、点滴(てんてき)による補液(ほえき)、鎮痙(ちんけい)・鎮痛薬(ちんつうやく)、抗生物質を使います。 通常は数日で快方に向かいます。 急性閉塞性化膿性胆管炎では、貯留した膿(うみ)を体外へ排出する必要があるため、体外からまたは内視鏡(ないしきょう)を使って十二指腸から、細い管を総胆管内に挿入して、排膿(はいのう)する方法がとられます。 これらの方法でも排膿が不十分なときには、開腹手術が行なわれます。 日常生活の注意は胆石症と同様、暴飲暴食を慎み、過労を避け、規則正しい食生活をすることがたいせつです。 出典 家庭医学館について.

次の

胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープ:胆道の病気と治療

胆嚢 炎

胆嚢炎の入院期間「自分の場合」 まずは自分の体験談から治療期間と入院期間を数えてみました。 胆嚢炎の入院期間は合計18日間 入院は胆嚢ドレナージを受けるための入院と胆嚢摘出手術入院の二つがありました。 入院期間はそれぞれ、• 胆嚢ドレナージ入院:12日間• 胆嚢摘出手術入院:6日間 でした。 胆嚢ドレナージ目的の入院期間にやったこと 胆嚢の様子次第ではすぐに手術を行う場合もあるようですが、自分の場合は 胆嚢が腫れていて手術が難しいと判断されました。 そのため、まずは胆嚢ドレナージで腫れを抑えることを目的とした入院をすることになりました。 横腹から刺し込んだドレナージチューブで古い胆汁を出しつつ抗生物質で腫れを抑える。 その治療にかかった日数が12日間でした。 胆嚢摘出手術の入院期間は手術方法次第で変わる 胆嚢摘出手術には腹腔鏡手術と開腹手術の2種類があります。 自分は 腹腔鏡手術を選択できたので、術後の治りが早く手術後5日間で退院することができました。 仮に開腹手術だった場合は 退院までの日数が倍近くになると説明されていました。 手術が腹腔鏡になるか開腹になるかは胆嚢の様子次第です。 胆嚢の腫れが治っていなかったり隣の臓器との癒着が見られた場合は執刀医が開腹手術を選ぶケースが多いようです。 胆嚢炎の治療期間は合計33日間 自分の場合、• 腹痛で救急搬送• ドレナージ入院• 自宅待機• 手術入院• 完治 という流れで治療が進みました。 救急搬送から最後の完治までにかかった日数は 合計33日間。 ちなみに「胆嚢炎と戦った期間」というくくりで語った場合、自分は診断までに数ヶ月間謎の腹痛(胆嚢炎の痛み)に悩まされ続けたので相当長いものとなります。 痛みの原因を胃炎だと思っていたのが診断が遅れた理由でした。 胆嚢炎の一般的な入院期間・治療期間は? 自分の場合は33日間でしたが、他の患者さんの場合はどのようなケースがあるのでしょうか。 胆嚢ドレナージの有無• 腹腔鏡手術か開腹手術かの選択 大きくこの2点が治療期間を左右する要因です。 ドレナージを行い、なおかつ開腹手術になった場合が一番治療が長くなります。 また、手術後には肺炎(全身麻酔の影響)や腹膜炎(古い胆汁が胆嚢外に溢れる)等を発症する場合があり、その場合は更に長く治療を受けることになってしまいます。 まとめ「胆嚢炎の入院期間は症状によって数日から数ヶ月まで大きく変わる」 自分には胆嚢炎を発症した知人が2人います。 いずれもドレナージ無しでいきなり腹腔鏡手術になり、退院まで1週間程度というパターンでした。 つまりは早めの発見が重要です。 ちょくちょく激痛が起きるようになったら我慢せずに消化器内科を受診してくださいね。

次の

胆嚢炎

胆嚢 炎

脂肪を分解する胆汁を分泌する「胆嚢」 たんのう に発生する炎症のこと。 経過によって、急性胆嚢炎と慢性胆嚢炎に分けられる。 それ以外の急性胆嚢炎は無石胆嚢炎と呼ばれる。 症状は、上腹部痛・右肋骨下の痛み・発熱・悪心・などで、進行して えそ 性胆嚢炎・ せんこう ・・・など重症化する場合もある。 治療法は、・・鎮痛剤や抗菌薬の投与などであり、胆嚢摘出などの手術が行われることもある。 慢性胆嚢炎の場合、症状はほとんどないか軽いが、進行するととなることもある。 2014-5-26 出典 知恵蔵miniについて の解説 胆嚢の炎症で、胆石の物理的刺激、胆汁うっ滞により起こる細菌感染、膵液の逆流などが病因と考えられる。 感染の経路には、上行性、血行性およびリンパ行性があり、大腸菌がもっとも多く、ブドウ球菌、レンサ球菌(連鎖球菌)がみられる。 大部分は胆石を合併しているが、胆石を伴わない無石胆嚢炎もまれにある。 急性と慢性に分けられる。 急性胆嚢炎は、ほとんどが胆石を有する患者に突然発症し、発熱、悪寒 おかん 、戦慄とともに右季肋 きろく 部(右側の最下方にある肋骨 ろっこつ 部)痛を訴え、悪心 おしん 、嘔吐 おうと などもしばしば伴う。 黄疸 おうだん はあっても軽度で、白血球増加、腹部超音波検査で緊満腫大した胆嚢と肥厚した胆嚢壁を認め、胆嚢内部には膿性分泌物を描出したデブリーdebrisがみられる。 治療は抗生物質を投与する。 超音波検査で改善所見が認められないときには経皮経肝胆嚢ドレナージで排膿する。 胆嚢蓄膿や穿孔 せんこう の危険が予想される場合は、すみやかに胆嚢摘出手術を行う。 慢性胆嚢炎は、胆石を有する患者に発症し、急性胆嚢炎に引き続いて起こるもの、最初から慢性に経過する場合がある。 症状は右季肋部の不快感や微熱を訴え、しばしば胆石を伴う疼痛 とうつう を訴える。 治療は胆嚢摘出術を行う。 [中山和道].

次の